*

火サスの人

公開日: : 最終更新日:2012/05/28 高野秀行の【非】日常模様

妻・片野ゆかが小学館ノンフィクション大賞を受賞、その授賞式兼パーティに行ってきた。
日比谷の東京会館で行われ、300とも400ともつかない人々が集まり、たいへんな盛況だった。
私の友人など、「すごーい! なんだか火曜サスペンス劇場って感じ。ここで殺人事件とか起きそう」と言うので笑ってしまった。
大げさな。芸能人が集まるパーティならともかく、ノンフィクション賞のパーティなんて有名人も少ないし(世間に顔が知られているのは猪瀬直樹くらい)、別に他の業界のパーティと比べても変わりない。
…と思ったのだが、よく見ると、中に一人、際立った人物がいた。
もうかなり年配のようだが、長身で、金髪に茶色のサングラスをかけた黒いスーツ姿の男。
おお、この人はほんとに火サスに出てくる悪の黒幕みたいな人物だ。
ていうか、この人物ひとりで、あたりが火サスっぽくするオーラを発している。
パーティも終わりに近づいたとき、その人物が誰だかやっと知った。
三浦和義。
ご存知「ロス疑惑」で逮捕され、長い裁判の末、無罪が確定したが結局拘置所に13年以上入っていた。今はシャバに戻ってきている。
文字通り火サスのような人生を送っている人だ。
私の友人の直感は正しかった。
それにしても、三浦さんは拘置所でも、ありとあらゆるマスコミを名誉毀損で訴え、裁判で勝ち倒してきたと聞いている。
だいたい、彼はマスコミのためにほぼ殺人罪の刑期に等しい年数を拘置所で費やしたようなものだ。
なのに、よくマスコミのパーティにやってくるものだ。
やっぱり、タダ者じゃないのである。
※昨日は「実刑判決を受け、刑期を終えて…」と書きましたが、誤りです。上のように訂正しました。あまりに長く拘留されていたので錯覚してしまいました。すいません。三浦さん、訴えないでくださいね。

関連記事

no image

すべての酒飲みに読んでほしい

大野更紗『困ってるひと』(ポプラ社)の影でひっそりとだが、 私の『イスラム飲酒紀行』(扶桑社)の見

記事を読む

no image

本の宴会

妻の大学時代の友人たちが集まる飲み会があり、私も混ぜてもらった。 場所は、やはり妻の友人で、本マニ

記事を読む

no image

butan no bukkyou

Zenkai no shasin no bijo wa watashi no zonka-go(bu

記事を読む

no image

高野秀行プロデュース第2弾! エンタメノンフ最終兵器登場。

もう高野本やこのブログの読者のみなさんにはお馴染みだと思うが、私の古い友人でスーダンから来た盲目の留

記事を読む

週末イラクで壮大に脱力?

月曜日、朝日新聞出版のPR誌「一冊の本」に掲載用に下川裕治氏と対談した。 下川さんとは初対面。

記事を読む

no image

超絶技巧!!

 私は現代アートというものが苦手だ。どうしても「意味」を探さなければならないという強迫観念にさらされ

記事を読む

no image

インドのビザがとれる

インド謎の怪魚ウモッカ探しだが、いいアイデアは何も浮かばない。現地の漁師に聞いて、網を毎日覗くくらい

記事を読む

no image

判断能力の急激な低下

うーん、参った。 内澤さんの話、何も問題なかったのか。 これでは私がただ赤っ恥をかいただけではない

記事を読む

no image

大藪春彦賞受賞パーティ

平山夢明さんが『ダイナー』(ポプラ社)で大藪春彦賞を受賞し、 私と妻も受賞パーティにお招きいただい

記事を読む

no image

ラストクエスト

「メモリークエスト」の募集が終わった。 最後の依頼は、今までにない斬新なモノ。 こういうムチャな依頼

記事を読む

Comment

  1. OPPU より:

    AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 5.17; Mac_PowerPC)
    確かに三浦和義さんと康芳夫さんの回りだけ、独特の空気が流れてましたよね。
    いろんな面で、タダ者じゃありません。

  2. ひとみ☆ より:

    AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.1; SV1; .NET CLR 1.1.4322)
    えっ!全然知らなかった・・・
    高野さんの周りも独特の空気だったような・・・

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

no image
イベント&講演会、テレビ・ラジオ出演などのご依頼について

最近、イベントや講演会、文化講座あるいはテレビ・ラジオ出演などの依頼が

ソマリランドの歌姫、来日!

昨年11月に、なんとソマリランド人の女性歌手のCDが日本でリリ

『未来国家ブータン』文庫はちとちがいます

6月23日頃、『未来国家ブータン』が集英社文庫から発売される。

室町クレージージャーニー

昨夜、私が出演したTBS「クレイジージャーニー」では、ソマリ人の極

次のクレイジージャーニーはこの人だ!

世の中には、「すごくユニークで面白いんだけど、いったい何をしている

→もっと見る

    • ご丁寧にどうもありがとうございます!「モディリアーニにお願い」は第3集までコンスタントに面白かったです。第4集も期待してます。奄美のケンモン話は私も好きです。 ReplyRetweetFavorite
    • 辺境ドトールで仕事してたら、店長がどこかから個人的に入手した「ウィスキーコーヒー」を飲ませてくれた。ウイスキーの樽にコーヒー豆を何年も寝かせて作ったものだという。アルコール分はもちろんないけど、香りも味も濃厚なウイスキー風味で、だんだん酔ってきた。 ReplyRetweetFavorite
    • ジュンク堂吉祥寺店では文化人類学特集をやっていたが、一冊だけ文化人類学と関係ない本があった。私の『謎の独立国家ソマリランド』。しかも、宮本常一『忘れられた日本人』とマリノフスキー『西太平洋の遠洋航海者』にはさまれて。何か間違ってると思うが、とても嬉しい。 ReplyRetweetFavorite
    • 仕事と雑務がちょっと一段落したので、勇気を振るってものすごく久しぶりに大型書店(ジュンク堂吉祥寺店)へ行ったところ、あまりに楽しくて、3時間近くも店から出られなかった。だから大型書店は怖い。 ReplyRetweetFavorite
    • 今日、休日だったのか! どうも普通の月曜日と様子が違うと思ってた。 ReplyRetweetFavorite
    • 勉強会と2次会には万城目学さんも来てくれたのであれこれ話す。小説にしてもご本人と話しても、どこか万城目さんの目の付け所や思考回路は自分に似てると思ったら、万城目さんも「高野さんの思考回路は自分に似てる」と言う。しかし、酔っ払った二人にはどこが似てるのか言語化することができず。 ReplyRetweetFavorite
    • とある中東系勉強会で発表。研究者の人たちがメインの参加者だったので、とても勉強になった。これで5月末からほぼ毎週続いた講演会&トークイベント強化期間はとりあえず終了。 ReplyRetweetFavorite
  • 2019年7月
    « 3月    
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    293031  
PAGE TOP ↑