*

あのUMAサイトが本に!

公開日: : 最終更新日:2012/05/28 高野秀行の【非】日常模様

私がウモッカを知った伝説のウェブサイト「謎の未確認生物UMA」がムックとして登場。
管理人「さくだいおう」さんもついに本名(佐久間誠)を明かした。
おまけに、私が佐久間さんに書いてあげたサインも大きく載っている…。

関連記事

no image

やっぱり見つからない…

月刊『SWITCH』の読書欄で『怪獣記』の著者インタビューを受ける。 行きつけの書店で「旅」に関する

記事を読む

no image

あの湖が…!!!

Google Mapというのをご存知だろうか。 私は意外にも知っていたが、ミャンマーをちょこっと検索

記事を読む

no image

謎の音楽家or神秘思想の徒バウル

ソマリランド本の仕事から解放されてからは、本が思うように読めてとても嬉しい。 先週も面白い本を

記事を読む

no image

「激しくおもしろいブログ100」

 先週、突然見知らぬ人からメールが来た。 「あなたのブログは『激しくおもしろいブログ100』に選ばれ

記事を読む

no image

今月のエンタメノンフ文芸部はすごい

今月は宮田珠己部長の「日本全国津々うりゃうりゃ」(廣済堂出版)と 内澤旬子副部長の「飼い喰い」(岩波

記事を読む

no image

芥川賞受賞の衝撃作

あまりに評判がいいので、磯崎憲一郎『終の住処』(新潮社)を読んでみたら、 衝撃を受けた。 こ、これ

記事を読む

no image

ディズニーランド・デビュー

宮田珠己との「タカタマ対談」第3弾はなぜか東京ディズニーランドで。 以前「世界で行きたくない場所は

記事を読む

no image

Somaliland ni iru hutari no watashi

Twitter dewa mou kaiteirukedo,yatto Somaliland

記事を読む

no image

ファミコンって何だろう?

土曜日にアキバ系中国人のカリスマこと「魚干」君に会った。 まだ22歳、日本に来て半年なのに日本語は流

記事を読む

R-40本屋さん大賞ノンフィクション・エッセイ部門で1位(改訂版)

ワンテンポもツーテンポも遅れてしまったが、一昨日発売の「週刊文春」誌上で発表された 「R-40本屋

記事を読む

Comment

  1. AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.0)
    紹介ありがとうございます。
    本当なら、とっくの昔に高野さんへ献本が届いているはずなのですが、
    何を隠そう、本日、やっと献本の皆さんをサイトで発表できた遅さで、
    (高野さんも本日登場)本当に面目次第もございません。
    しかも、入手が中々できずにプレミアまでついたのが本日アマゾンに出て、
    単純に喜んじゃってしまいました(笑、私が献本を全部そろえるのに、
    今の段階で6月中旬という恐ろしさ…。
    なんだか奇妙な新しい経験をしております。
    (献本届くまで、買わないでお待ちくださいね)
    そうそう、留守電で途中で切れてしまった以前の話ですが、
    講談社で「10年は読まれつづける」バイブル本を出す企画でして、
    打ち合わせで東京へ行ったときに暇が合えばと思った次第です。
    (今のところ、釣り雑誌の被取材で時間が無く日帰りっぽいです)
    そうそう、以前のサツキマスの餌食いの件(前から養殖してるよのくだん)、
    ひょっとして魚類学者が高野さんに教えたのかな?と期待し、
    (もし魚類学者なら知識不足をネタにしようかなと)
    お友達なら、マスの区別はつかないから普通ですと
    一言フォローっぽいことも言わなくて悪かったと思っていました。
    この件↓新しく作って売り出し中(笑)の総合解説なんですが、
    あれって、どんな話しだったっけ?と気になられた場合に紐解いてください。
    http://homepage3.nifty.com/Daiou3/0SatukiSakuraGenkou.html
    (高野さんにとって古い話なのでスルーでオツケイです)
    長々書きましたけど、今度は印税方式で出したいと強く思うのでありました。
    今回、下手すれば献本で報酬は無くなる勢いです。
    処女作ですから、出せただけでシアワセと思わないとダメですけど(自分をしかる)
    ではまた〜

  2. さくだいおう より:

    AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.0)
    って、高野さんのコメントを読み直したら、
    ひょっとしてUMA本、買っちゃいました?
    その際は、献本+小物サービスで提案していますので・・・
    あうー、やっぱり、ごめんなさい……

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

no image
イベント&講演会、テレビ・ラジオ出演などのご依頼について

最近、イベントや講演会、文化講座あるいはテレビ・ラジオ出演などの依頼が

ソマリランドの歌姫、来日!

昨年11月に、なんとソマリランド人の女性歌手のCDが日本でリリ

『未来国家ブータン』文庫はちとちがいます

6月23日頃、『未来国家ブータン』が集英社文庫から発売される。

室町クレージージャーニー

昨夜、私が出演したTBS「クレイジージャーニー」では、ソマリ人の極

次のクレイジージャーニーはこの人だ!

世の中には、「すごくユニークで面白いんだけど、いったい何をしている

→もっと見る

    • アクセス数1位! https://t.co/Wwq5pwPi90 ReplyRetweetFavorite
    • RT : 先日、対談させていただいた今井むつみ先生の『言語の本質 ことばはどう生まれ、進化したか』(秋田嘉美氏と共著、中公新書)が爆発的に売れているらしい。どんな内容なのかは、こちらの対談「ことばは間違いの中から生まれる」をご覧あれ。https://t.c… ReplyRetweetFavorite
    • RT : 今井むつみ/秋田喜美著『言語の本質』。売り切れ店続出で長らくお待たせしておりましたが、ようやく重版出来分が店頭に並び始めました。あっという間に10万部超え、かつてないほどの反響です! ぜひお近くの書店で手に取ってみてください。 https:/… ReplyRetweetFavorite
    • RT : 7月号では、『語学の天才まで1億光年』(集英社インターナショナル)が話題の高野秀行さんと『ムラブリ』(同上)が初の著書となる伊藤雄馬さんの対談「辺境で見つけた本物の言語力」を掲載。即座に機械が翻訳できる時代に、異国の言葉を身につける意義について語っ… ReplyRetweetFavorite
    • オールカラー、430ページ超えで本体価格3900円によくおさまったものだと思う。それにもびっくり。https://t.co/mz1oPVAFDB https://t.co/9Cm8CjNob8 ReplyRetweetFavorite
    • 文化背景の説明がこれまた充実している。イラク湿地帯で食される「ハルエット(現地ではフレートという発音が一般的)」という蒲の穂でつくったお菓子にしても、ソマリランドのラクダのジャーキー「ムクマド」にしても、私ですら知らなかった歴史や… https://t.co/QAHThgpWJX ReplyRetweetFavorite
    • 最近、献本でいただいた『地球グルメ図鑑 世界のあらゆる場所で食べる美味・珍味』(セシリー・ウォン、ディラン・スラス他著、日本ナショナルジオグラフィック)がすごい。オールカラーで写真やイラストも美しい。イラクやソマリランドで私が食べ… https://t.co/2PmtT29bLM ReplyRetweetFavorite
  • 2024年6月
    « 3月    
     12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
PAGE TOP ↑