*

あのUMAサイトが本に!

公開日: : 最終更新日:2012/05/28 高野秀行の【非】日常模様

私がウモッカを知った伝説のウェブサイト「謎の未確認生物UMA」がムックとして登場。
管理人「さくだいおう」さんもついに本名(佐久間誠)を明かした。
おまけに、私が佐久間さんに書いてあげたサインも大きく載っている…。

関連記事

no image

時差ボケが治らない

珍しく時差ぼけになり、それがちっとも治らない。 朝頑張って起きても昼過ぎに眠くなり午後爆睡。 で、

記事を読む

no image

ミスター珍じゃないだろ!

今月の20日ごろ発売になる「怪しいシンドバッド」(集英社文庫)の見本が届いた。 表紙のイラストは、ア

記事を読む

no image

NHK「きょうのお料理」

立て続けに珍しいインタビューを二つ受けた。 一つは朝日新聞の受験生向けサイト。 テーマはパニック力

記事を読む

高野はぐれノンフィクション軍団に新メンバーが加入

前作『バウルを探して 地球の片隅に伝わる秘密の歌』(幻冬舎)で新田次郎文学賞を受賞した川内有緒(

記事を読む

no image

ミャンマーでまた政変?!

 さあ、「ビルマロード」へ行くぞ!と気合を入れ、さらに今年末には「イラワジ河ほぼ全流下りをやるぞ!」

記事を読む

no image

鍵は辺境にある!らしい

すごい本が出たものである。 内田樹『日本辺境論』(新潮新書)。 「日本人とは何ものか? 鍵は『辺境

記事を読む

no image

多忙で読書が進む

テレビの仕事は別に辛くないが拘束時間の長さが問題だ。 一方で移動時間と待ち時間が異様に長いので 皮肉

記事を読む

no image

異国トーキョー漂流記

先週、中島京子さんより初の生メール(?)をいただいた。 「高野さんの『異国トーキョー漂流記』を朝日

記事を読む

no image

2011年個人的ベストテン発表!

2011年はあんまり本が読めなかった。 1月に犬が死んで一時的にペット・ロスになり、それがやっと少し

記事を読む

no image

家宝、誕生

新刊「ミャンマーの柳生一族」のおどろおどろしい表紙に笑った人も多いだろう。 「昔の東映時代劇みたい」

記事を読む

Comment

  1. AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.0)
    紹介ありがとうございます。
    本当なら、とっくの昔に高野さんへ献本が届いているはずなのですが、
    何を隠そう、本日、やっと献本の皆さんをサイトで発表できた遅さで、
    (高野さんも本日登場)本当に面目次第もございません。
    しかも、入手が中々できずにプレミアまでついたのが本日アマゾンに出て、
    単純に喜んじゃってしまいました(笑、私が献本を全部そろえるのに、
    今の段階で6月中旬という恐ろしさ…。
    なんだか奇妙な新しい経験をしております。
    (献本届くまで、買わないでお待ちくださいね)
    そうそう、留守電で途中で切れてしまった以前の話ですが、
    講談社で「10年は読まれつづける」バイブル本を出す企画でして、
    打ち合わせで東京へ行ったときに暇が合えばと思った次第です。
    (今のところ、釣り雑誌の被取材で時間が無く日帰りっぽいです)
    そうそう、以前のサツキマスの餌食いの件(前から養殖してるよのくだん)、
    ひょっとして魚類学者が高野さんに教えたのかな?と期待し、
    (もし魚類学者なら知識不足をネタにしようかなと)
    お友達なら、マスの区別はつかないから普通ですと
    一言フォローっぽいことも言わなくて悪かったと思っていました。
    この件↓新しく作って売り出し中(笑)の総合解説なんですが、
    あれって、どんな話しだったっけ?と気になられた場合に紐解いてください。
    http://homepage3.nifty.com/Daiou3/0SatukiSakuraGenkou.html
    (高野さんにとって古い話なのでスルーでオツケイです)
    長々書きましたけど、今度は印税方式で出したいと強く思うのでありました。
    今回、下手すれば献本で報酬は無くなる勢いです。
    処女作ですから、出せただけでシアワセと思わないとダメですけど(自分をしかる)
    ではまた〜

  2. さくだいおう より:

    AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.0)
    って、高野さんのコメントを読み直したら、
    ひょっとしてUMA本、買っちゃいました?
    その際は、献本+小物サービスで提案していますので・・・
    あうー、やっぱり、ごめんなさい……

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

no image
イベント&講演会、テレビ・ラジオ出演などのご依頼について

最近、イベントや講演会、文化講座あるいはテレビ・ラジオ出演などの依頼が

ソマリランドの歌姫、来日!

昨年11月に、なんとソマリランド人の女性歌手のCDが日本でリリ

『未来国家ブータン』文庫はちとちがいます

6月23日頃、『未来国家ブータン』が集英社文庫から発売される。

室町クレージージャーニー

昨夜、私が出演したTBS「クレイジージャーニー」では、ソマリ人の極

次のクレイジージャーニーはこの人だ!

世の中には、「すごくユニークで面白いんだけど、いったい何をしている

→もっと見る

    • なんと、「飛んで埼玉」の中で「埼玉解放闘争」の都市伝説を流していたヤバイラジオ局FM NACK5から出演依頼が来た。早速闘争の同志として参加してほしいということか。私は東京都民だが出身は八王子で都会レベルはたしか「E」だしな。 ReplyRetweetFavorite
    • 昨日「翔んで埼玉」をずっと「飛んで埼玉」と書き間違えてツイートしていた。漢字が読めないと揶揄されている人がいるが、私も同類。 ReplyRetweetFavorite
    • この映画はコメディながらとても普遍性のあるテーマを扱っている。もし私が大学で民族問題を講義するときがあれば、まず「飛んで埼玉」を学生に見せたい。そうすれば、差別や偏見、反抗、弾圧、仲間割れ、利権、再蜂起などの展開がよくわかってもらえるはず。初回の授業は映画で終わってしまうが。 ReplyRetweetFavorite
    • ミャンマー東北部なら、シャン州軍とワ州連合軍が、この映画の埼玉と千葉の関係にちょっと似ている。まあ、ワ軍は千葉というより(この映画の中での)群馬みたいな立ち位置だが。 ReplyRetweetFavorite
    • 最初のうちはただ爆笑していたのだが、埼玉が千葉と抗争を始めるあたりから、なんだか妙になじみのある世界になってきた。ミャンマー辺りの民族紛争にすごくよく似てる。中央政府がマイノリティを切り崩していく感じとか、マイノリティの中でもいくつもに分裂している様子とか。 ReplyRetweetFavorite
    • Amazon Primeで武内英樹監督の「飛んで埼玉」を観た。どんな話か全く知らなかったので、まあ、びっくりしたのなんの。「埼玉解放運動」の“都市伝説”を流しているのが私がよく出演している大宮のFMNACK5だったし。あそこはそんなヤバいラジオ局だったのか。 ReplyRetweetFavorite
    • RT : 内澤旬子『着せる女』(本の雑誌社)内澤さんの最新刊は友人・知人のおじさんたちを素敵に大変身させるファッションエッセイです。出版業界で「ファッションセンス偏差値35あたりを彷徨う」と言われるおじさんたちの変貌やいかに。高野秀行さん、宮田珠己… ReplyRetweetFavorite
  • 2020年2月
    « 3月    
     12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    242526272829  
PAGE TOP ↑