*

勇午

公開日: : 最終更新日:2012/05/28 高野秀行の【非】日常模様


先週から慌しい日が続いている。
人に会ってばかりで、いつ誰と会ったのか忘れてしまうほどだ。
義兄のマイク・ノックが来日したことも書きそびれていた。
東京国際フォーラムで演奏したのだ。
もっとも土曜日、国際フォーラムの屋台村で演奏したときは、
やっぱり人と会う予定が入ってしまい、行けなかった。
また別の日、会って話をきいた人は本業が漫画原作だった。
刈田信二という名で『勇午』(講談社)という漫画シリーズを描いているという。
まったく知らなかったが、モーニングとアフタヌーンで通算14年も続いているというから
相当の人気漫画らしい。
最新刊のフィリピンODA�篇をいただいたので、さっき読んでみたところ、
話の途中からなのに強烈におもしろかった。
世界の裏情勢がからむところはゴルゴ13にちょっと似ているが、ゴルゴは頼まれて人を殺すのに、
勇午は頼まれて「交渉」によって事件を解決する。
ご本人はおっとりした知識人風で、とてもこんなエキサイティングかつロマンチックな
ものを書きそうにないから意外だ。


島田荘司『漱石と倫敦ミイラ殺人事件』(講談社文庫)と中村計『佐賀北の夏』(ヴィレッジプレス)を読む。
前者は奇書、後者は良書だった。

関連記事

no image

山松ゆうきちがインドだ

旅行者業界を震撼させた山松ゆうきち『インドに馬鹿がやって来た』(日本文芸社)の、なんと続編が出版さ

記事を読む

no image

マンセームー脳人間、読書界へ進出!

学研「ムー」的なものに脳が染まってフリーズしてしまうという恐ろしい状態、 それが「慢性ムー脳人間」。

記事を読む

no image

世の中は私の知らない番組であふれている

三日間、伊豆に行ってきた。 昼間は外であれこれやっていたのだが、 夜は何もやることがなくすごくヒマ。

記事を読む

no image

なぜ知っているのか

渋谷で、メディアファクトリーの担当Nさんと打ち上げ。 Nさんによれば、『間違う力』は社内ではたいへん

記事を読む

no image

発売が悲しい

まる一日かけて、『世界のシワに夢を見ろ!』(小学館文庫で1月8日発売予定)の 校正と、「文庫あとがき

記事を読む

携帯電話が故障中&ここ数年でベストのサッカー本

携帯電話が帰国直後に突然壊れてしまった。 いつもなら慌てて修理に走るところだが、これまで2ヶ月

記事を読む

no image

「人類最高の食品」、それはカロリーメイト

 先日、ヤングチャンピオン誌で連載している辺境バカ話コラムで、「背徳のカロリーメイト」というのを書い

記事を読む

no image

日本はフライ級ミステリの宝庫?

独裁政権下の小説を読みつづけている。 最近はオレン・スタインハウアー『極限捜査』(文春文庫)を読ん

記事を読む

no image

多忙で読書が進む

テレビの仕事は別に辛くないが拘束時間の長さが問題だ。 一方で移動時間と待ち時間が異様に長いので 皮肉

記事を読む

no image

今年も奇書で行きます

新年あけましておめでとうございます。 今年は高野本プチバブル最終年になる。 新刊、文庫合わせて5冊

記事を読む

Comment

  1. 北城 より:

    AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 8.0; Windows NT 5.1; Trident/4.0; YTB720; GTB6.5; .NET CLR 2.0.50727; .NET CLR 3.0.4506.2152; .NET CLR 3.5.30729)
    真刈信二さんは『勇午』も面白いですが10年以上前の作品で『オフィス北極星』という作品も良いですよ。
    ニューヨークでリスクコンサルタントとして活躍する日系人の主人公を通してアメリカ訴訟社会を描いた、決して派手ではないけれど隠れた名作です。
    単にアメリカの厳しい訴訟社会や日米の文化摩擦を描くだけでなく、様々なバックボーンを抱えた登場人物それぞれの生き方や人間性をていねいに描いて独特の余韻を残してくれる作品です。

  2. う。 より:

    AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 8.0; Windows NT 6.1; Trident/4.0; GTB6.3; SLCC2; .NET CLR 2.0.50727; .NET CLR 3.5.30729; .NET CLR 3.0.30729; Media Center PC 6.0)
    YUGO、大好きです!
    具体的には、北城さんが書いてくれてますので、重複を避けます。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

no image
イベント&講演会、テレビ・ラジオ出演などのご依頼について

最近、イベントや講演会、文化講座あるいはテレビ・ラジオ出演などの依頼が

ソマリランドの歌姫、来日!

昨年11月に、なんとソマリランド人の女性歌手のCDが日本でリリ

『未来国家ブータン』文庫はちとちがいます

6月23日頃、『未来国家ブータン』が集英社文庫から発売される。

室町クレージージャーニー

昨夜、私が出演したTBS「クレイジージャーニー」では、ソマリ人の極

次のクレイジージャーニーはこの人だ!

世の中には、「すごくユニークで面白いんだけど、いったい何をしている

→もっと見る

  • 2021年1月
    « 3月    
     123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    25262728293031
PAGE TOP ↑