*

紳士の日記

公開日: : 最終更新日:2012/05/28 高野秀行の【非】日常模様


「紳士の日記」を標榜するバンコク発の月刊風俗誌「G-Diary」の100号記念永久保存版が送られてきた。
細密画を思わせる異常に詳細なタイやカンボジアの風俗マップとともに
アフガンの危険地帯への突撃ルポもあるという異色誌で、
私が「ムー」と並んで愛読している雑誌でもある。
面白いのは「100号記念パーティー」の様子がカラー写真、十数ページにも及んで紹介されていること。
外国の新聞や雑誌ではときどき見かけるが、日本のメディアでは見たことがない。
写真の下には下川裕治や黒田信一、のなか悟空など、Gダイ系の作家やライターが祝辞を寄せている。
(私もちょこっと寄せている)
中には「匿名希望(大学教授)」とか「匿名希望(大手新聞社勤務)」なんていうのもあって笑える。
お祝いの場なのに匿名とは!
さすがは「紳士の日記」である。
「大学教授」の先生は、タイ政治の専門家だという。
タイ政治専門の大学教授なんて日本に何人もいない。
あの人かあの人、という感じで、業界ではバレバレなのだろう。
ちなみにこの先生曰く「『共産党の村を行く』が圧巻でした」とのこと。
とにかく「よそでは読めないものを載せる」という偏屈なポリシーは呆れるばかりだが、
他の追随を許さないことはたしか。
(ネットもこの雑誌の情報力にはかなわない)
これからも頑張ってほしい、というか、そんなことを言わなくてもきっとしつこく
頑張りつづけると思う。

関連記事

no image

雪男

第七回 開高健ノンフィクション賞の発表があり、 中村安希『バックストリートの旅−ユーラシア・アフリカ

記事を読む

no image

純文学とエンタメのあいだ

三崎亜紀『廃墟建築士』(集英社)を読む。 『となり町戦争』『バスジャック』を読んだときにも思ったが

記事を読む

ムエタイのちチュニジア飲酒紀行

3,4日前に発売になった「ゴング格闘技」7月号で、格闘家・ムエタイ研究家の菱田慶文先生(帝京平成

記事を読む

no image

エル・ニーニョ

レイモンド・チャンドラー『リトル・シスター』は、訳はいいんだけどいかんせん原作がぐちゃぐちゃの失敗作

記事を読む

no image

アスクル人、カンヌを制す!?

『アスクル』に登場している沖縄の映画プロデューサーの井手君が上京、またうちに泊まっている。 毎晩、真

記事を読む

no image

レベル7の衝撃をふたたび

高野秀行プロデュースの大野更紗「困ってるひと」がついに最終回を迎えた。 このウェブ連載の反響は驚くば

記事を読む

no image

ユーラシア大陸を超えて

ポルトガルのリスボン在住の言語学者・小坂隆一氏と 二時間以上、Skype(スカイプ)で話をする。 ス

記事を読む

no image

声が出ない!

たぶん風邪だと思うのだが、 昨日の晩から声が妙にガラガラになり、 今日にいたっては朝からまったく声が

記事を読む

no image

我が言い訳

昨日、なんと今月5度目の神楽坂詣で。 やっと「移民の宴」4回目の取材が終わった。 明後日までに原稿を

記事を読む

携帯電話が故障中&ここ数年でベストのサッカー本

携帯電話が帰国直後に突然壊れてしまった。 いつもなら慌てて修理に走るところだが、これまで2ヶ月

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

no image
イベント&講演会、テレビ・ラジオ出演などのご依頼について

最近、イベントや講演会、文化講座あるいはテレビ・ラジオ出演などの依頼が

ソマリランドの歌姫、来日!

昨年11月に、なんとソマリランド人の女性歌手のCDが日本でリリ

『未来国家ブータン』文庫はちとちがいます

6月23日頃、『未来国家ブータン』が集英社文庫から発売される。

室町クレージージャーニー

昨夜、私が出演したTBS「クレイジージャーニー」では、ソマリ人の極

次のクレイジージャーニーはこの人だ!

世の中には、「すごくユニークで面白いんだけど、いったい何をしている

→もっと見る

  • 2019年12月
    « 3月    
     1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    3031  
PAGE TOP ↑