*

『神に頼って走れ!』見本とどく

公開日: : 最終更新日:2012/05/28 高野秀行の【非】日常模様

『神に頼って走れ! 自転車爆走日本南下旅日記』(集英社文庫)
の見本がさきほど届いた。
すんごく派手な表紙なので、書店ではよくも悪くも目立つこと必至。
さっそく読み返したけど、面白かった。
今も自転車で旅をしているような、すごく不思議な気持ちになる。
今月19日ごろ、全国の書店で発売です。

関連記事

『バウルを探して』が新田次郎文学賞を受賞!!

川内有緒『バウルを探して 地球の片隅に伝わる秘密の歌』(幻冬舎)が 第33回新田次郎文学賞を受

記事を読む

no image

今日のアブちゃん

今週の講義のゲストでもあるアブディンのブログを発見した。 ていうか、どうして今まで気づかなかったんだ

記事を読む

no image

日本の冬

会社員を辞めて山岳ガイドになった後輩と一緒に箱根の山を歩いた。 ただ普通に山歩きをするだけのつもり

記事を読む

no image

パキスタンの辺境

週刊プレイボーイのインタビューで集英社の会議室に行ったら 探検部で3年先輩のTさんがふらっと現れた。

記事を読む

no image

祝&残念! タマキング酒飲み書店員大賞受賞!

宮田珠己ことタマキングが『東南アジア四次元日記』(文春+文庫)で、 第3回 酒飲み書店員大賞を受賞し

記事を読む

no image

切羽詰まったら本人伝説

 竹島問題と尖閣問題が勃発して以来、毎日が憂鬱でならない。特に尖閣は、もういつ軍事衝突になっても

記事を読む

no image

うなドン

日曜日、和光大学で教えているロバート・リケットさんという人と下北沢で会う。 リケットさんは南三陸のフ

記事を読む

no image

山松ゆうきちがインドだ

旅行者業界を震撼させた山松ゆうきち『インドに馬鹿がやって来た』(日本文芸社)の、なんと続編が出版さ

記事を読む

no image

天皇はロマン

どうも体がだるい。 春のせいだろうか。 「歴史観が覆る新・天皇論」という帯コピーに惹かれ、 本郷和

記事を読む

no image

FUTONと焼酎

事情があって中島京子の作品を読み返しているが、 『FUTON』(講談社文庫)はあらためて素晴らしい

記事を読む

Comment

  1. 天野才蔵 より:

    AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 7.0; Windows NT 5.1; .NET CLR 1.1.4322)
    税込500円ですか。(リンク先のamazon情報)
    毎回思うのですが、高野さんの本は定価が安すぎませんか?

  2. フレディ より:

    AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.1; SV1; .NET CLR 1.1.4322; .NET CLR 2.0.50727)
    昨日集英社の営業さんと商談していたところ、企画書の中に「エンタメノンフ」と「高野秀行」の文字が!
    2008年の集英社文庫の企画で毎月5〜6点の平台ミニセットが毎月あるそうで、8月が「今熱い、エンタメノンフ (高野秀行 椎名誠 開高健) 1980年のベストセラー商品」だそうです。
    結構書店が申し込みそうな企画ですので、8月は高野さんと「エンタメノンフ」にとっていい月になりそうですね。もちろんうちも注文しました。

  3. NONO より:

    AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.1; SV1)
    読みました!
    やっぱり面白い。
    なんの変哲もない(そうとも言えないが)自転車の旅が、
    タカノが書くと、どうしてこんなに面白いのだろう。
    オレのくだりも、まあ、その通り。
    一部正確じゃないところもあるが。
    例えば土地代は100万円です。
    あ、もっとヒドイか。
    ところでちと残念なのは、解説がなかったこと。
    毎回、楽しみにしてます。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

no image
イベント&講演会、テレビ・ラジオ出演などのご依頼について

最近、イベントや講演会、文化講座あるいはテレビ・ラジオ出演などの依頼が

ソマリランドの歌姫、来日!

昨年11月に、なんとソマリランド人の女性歌手のCDが日本でリリ

『未来国家ブータン』文庫はちとちがいます

6月23日頃、『未来国家ブータン』が集英社文庫から発売される。

室町クレージージャーニー

昨夜、私が出演したTBS「クレイジージャーニー」では、ソマリ人の極

次のクレイジージャーニーはこの人だ!

世の中には、「すごくユニークで面白いんだけど、いったい何をしている

→もっと見る

  • 2020年7月
    « 3月    
     12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    2728293031  
PAGE TOP ↑