*

藤波辰爾の驚くべき腰痛秘話

公開日: : 最終更新日:2012/05/28 高野秀行の【非】日常模様


『藤波辰爾自伝』(草思社)がなぜか版元から送られてきたので、
即読んだ。
 あまりにも意外性のない告白がかえって意外なくらいの不思議な自伝だが、
いちばん驚いたのは藤波が三十代半ばで深刻な腰痛に陥り、1年3ヶ月も苦しんだというくだり。
 横になっても痛みがひどいのでソファで睡眠はソファにすわってうつらうつらするのみ、
満腹になっても神経が圧迫されて痛むから食事も満足にとれず、
壁をつたってトイレに行ってもズボンを一人で脱げないから奥さんに手伝ってもらう…。
 もちろん、ありとあらゆる治療法を試していて、そうなのだ。
私とは比較にならない悲惨さで、本人が「自殺も考えた」というのがよくわかる。
 
 治った経緯がこれまた驚き。
 どうやら本人にも一体何の治療が効を奏したのかよくわかっていないようだが、
(もっとも藤波の人生というのは本人にも理由がわからないことだらけである)
腰痛が改善の兆しを見せたと同時に、藤波本人がお産でとりあげたウィリーという愛犬がみるみる衰弱、
その犬の死(4歳)とともに腰痛は全快してしまったという。
「ウィリーが僕の痛みを取り除いてくれたのだとしか思えない」と藤波は語っている。
まるでスティーブン・キングの小説みたいな話だ。
腰痛はまったくもって摩訶不思議である。

関連記事

no image

今、日本で最も儲かっているかもしれない輸出業者はこう言った

昨日のブログで書いた調布の中古車輸出会社だが、ほんとうに儲かっている。 半年ほど前、初めて社長に会っ

記事を読む

no image

「激しくおもしろいブログ100」

 先週、突然見知らぬ人からメールが来た。 「あなたのブログは『激しくおもしろいブログ100』に選ばれ

記事を読む

no image

ラッシャー木村はツイていた

一昨日、夜ケーブルテレビでナイターを見ようとしたら、 たまたまNOAHの試合がやっていた。 しかも「

記事を読む

no image

「野々村荘」にほんとに復帰

ワセダの「野々村荘」(仮名です、念のため)の部屋が空き、 ちゃぶ台をもって初めて行ってみた。 アパー

記事を読む

no image

今月のエンタメノンフ文芸部はすごい

今月は宮田珠己部長の「日本全国津々うりゃうりゃ」(廣済堂出版)と 内澤旬子副部長の「飼い喰い」(岩波

記事を読む

no image

エンタメ・ノンフの秋!

「ダ・カーポ」の増刊「早稲田大学特集」の取材を受ける。 ワセダを出てへんなことをやっている人間のコー

記事を読む

no image

うう、気持ちわるいのに…

土曜日は、「アスクル」仲間の二村さん(ゾウに追いかけられている人)と 金澤さん(道場破りでリクルー

記事を読む

no image

連続飲酒は人体に影響がある

このところ、酒の飲み過ぎである。 金曜に日本酒とウィスキーで深酒をし、土曜日は久しぶりに家で晩飯を食

記事を読む

no image

「ダカーポ」に書評が載る

 新作『異国トーキョー漂流記』が「ダカーポ」(3月2日発売)という雑誌の書評欄(「旬の本」というやつ

記事を読む

no image

ホンノンボ

今月11日ごろ発売の「本の雑誌」7月号で、 ”タマキング”こと宮田珠己の『ふしぎ盆栽 ホンノンボ』

記事を読む

Comment

  1. KOW より:

    AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 8.0; Windows NT 5.1; Trident/4.0; GTB6.6; .NET CLR 2.0.50727; .NET CLR 3.0.4506.2152; .NET CLR 3.5.30729)
    藤波の腰痛は「あー、これは本当にダメかも」と
    当時のプロレスファンが思っていたくらい重症でしたよね。
    あと一時期、斜に構えたプロレスファンの間では
    (具体的にいうと吉田豪系のファン)
    藤波ゆかりのものを手に入れると呪われるという
    蛭子さん並の負のオーラがネタにされていました。
    いやまさか、ガチだったとは……。

  2. spanner より:

    AGENT: Mozilla/5.0 (Macintosh; U; PPC Mac OS X; ja-jp) AppleWebKit/312.9 (KHTML, like Gecko) Safari/312.6
    ボクも腰痛持ちなので、腰痛探検家とあわせて読みたくなりました。
    試合中にボデイスラムでマットに叩き付けられて、腰をさする藤波さんの姿が思い出されます。
    ところで高野さん、朝j-wave出てました?
    声になじみがないので聞き流していましたが、インタビュー後の別所さんのコメントで、あれっ!?もしかしてってなりました。

  3. コシチェイ より:

    AGENT: DoCoMo/2.0 N05A(c100;TB;W24H16)
    「もっとも藤波の人生は本人にも理由がわからないことだらけである」と云う下り、サイコーです!まさに「無我」。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

no image
イベント&講演会、テレビ・ラジオ出演などのご依頼について

最近、イベントや講演会、文化講座あるいはテレビ・ラジオ出演などの依頼が

ソマリランドの歌姫、来日!

昨年11月に、なんとソマリランド人の女性歌手のCDが日本でリリ

『未来国家ブータン』文庫はちとちがいます

6月23日頃、『未来国家ブータン』が集英社文庫から発売される。

室町クレージージャーニー

昨夜、私が出演したTBS「クレイジージャーニー」では、ソマリ人の極

次のクレイジージャーニーはこの人だ!

世の中には、「すごくユニークで面白いんだけど、いったい何をしている

→もっと見る

    • ご丁寧にどうもありがとうございます!「モディリアーニにお願い」は第3集までコンスタントに面白かったです。第4集も期待してます。奄美のケンモン話は私も好きです。 ReplyRetweetFavorite
    • 辺境ドトールで仕事してたら、店長がどこかから個人的に入手した「ウィスキーコーヒー」を飲ませてくれた。ウイスキーの樽にコーヒー豆を何年も寝かせて作ったものだという。アルコール分はもちろんないけど、香りも味も濃厚なウイスキー風味で、だんだん酔ってきた。 ReplyRetweetFavorite
    • ジュンク堂吉祥寺店では文化人類学特集をやっていたが、一冊だけ文化人類学と関係ない本があった。私の『謎の独立国家ソマリランド』。しかも、宮本常一『忘れられた日本人』とマリノフスキー『西太平洋の遠洋航海者』にはさまれて。何か間違ってると思うが、とても嬉しい。 ReplyRetweetFavorite
    • 仕事と雑務がちょっと一段落したので、勇気を振るってものすごく久しぶりに大型書店(ジュンク堂吉祥寺店)へ行ったところ、あまりに楽しくて、3時間近くも店から出られなかった。だから大型書店は怖い。 ReplyRetweetFavorite
    • 今日、休日だったのか! どうも普通の月曜日と様子が違うと思ってた。 ReplyRetweetFavorite
    • 勉強会と2次会には万城目学さんも来てくれたのであれこれ話す。小説にしてもご本人と話しても、どこか万城目さんの目の付け所や思考回路は自分に似てると思ったら、万城目さんも「高野さんの思考回路は自分に似てる」と言う。しかし、酔っ払った二人にはどこが似てるのか言語化することができず。 ReplyRetweetFavorite
    • とある中東系勉強会で発表。研究者の人たちがメインの参加者だったので、とても勉強になった。これで5月末からほぼ毎週続いた講演会&トークイベント強化期間はとりあえず終了。 ReplyRetweetFavorite
  • 2019年7月
    « 3月    
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    293031  
PAGE TOP ↑