*

藤波辰爾の驚くべき腰痛秘話

公開日: : 最終更新日:2012/05/28 高野秀行の【非】日常模様


『藤波辰爾自伝』(草思社)がなぜか版元から送られてきたので、
即読んだ。
 あまりにも意外性のない告白がかえって意外なくらいの不思議な自伝だが、
いちばん驚いたのは藤波が三十代半ばで深刻な腰痛に陥り、1年3ヶ月も苦しんだというくだり。
 横になっても痛みがひどいのでソファで睡眠はソファにすわってうつらうつらするのみ、
満腹になっても神経が圧迫されて痛むから食事も満足にとれず、
壁をつたってトイレに行ってもズボンを一人で脱げないから奥さんに手伝ってもらう…。
 もちろん、ありとあらゆる治療法を試していて、そうなのだ。
私とは比較にならない悲惨さで、本人が「自殺も考えた」というのがよくわかる。
 
 治った経緯がこれまた驚き。
 どうやら本人にも一体何の治療が効を奏したのかよくわかっていないようだが、
(もっとも藤波の人生というのは本人にも理由がわからないことだらけである)
腰痛が改善の兆しを見せたと同時に、藤波本人がお産でとりあげたウィリーという愛犬がみるみる衰弱、
その犬の死(4歳)とともに腰痛は全快してしまったという。
「ウィリーが僕の痛みを取り除いてくれたのだとしか思えない」と藤波は語っている。
まるでスティーブン・キングの小説みたいな話だ。
腰痛はまったくもって摩訶不思議である。

関連記事

no image

原稿と有酸素運動

 web本の雑誌で連載している宮田珠己「スットコランド日誌」http://www.webdokush

記事を読む

no image

おっぱいとトラクター

家に本があふれ出し、また本棚を買うか、古い本を処分するか、 あるいは「居間に本を置いてはダメか」と

記事を読む

no image

「ゴールデン・トライアングル秘史」

トウ賢著(トウはトウ小平のトウ)「ゴールデン・トライアングル秘史(以下GT秘史)」(NHK出版)と

記事を読む

no image

謎の猿人ナトゥー

作家の古処誠二さんが、「藤岡弘の最高傑作」と絶賛するミャンマーで猿人ナトゥーを追う DVDを本当に送

記事を読む

no image

お湯割をください。涙の数だけ

さまざまな困難を乗り越え、 イランでの「アルコールクエスト」を続けている。 イランに来て、やっと一週

記事を読む

no image

歯型

ワセダの野々村荘の三畳間を再度借りたはいいものの、 家から片道1時間もかかるし、行く用事も特にないし

記事を読む

no image

一言でいえば飲みすぎ

月曜日は、先日急逝した堀内倫子さんを偲ぶ飲み会を催した。 親しい友人、ご兄弟、それに彼氏だった人も交

記事を読む

no image

ヤノマミ読書VSサバイバル登山家

忙しくてなかなかブログの更新ができなかった。 そうそう、本の雑誌3月号の「冒険本・探検本特集」でと

記事を読む

no image

『怪獣記』本日発売

本日、『怪獣記』(講談社文庫)発売。 見所は森清の単行本未収録(もしくは単行本時にはモノクロだった)

記事を読む

no image

鼠にも刺青を彫る?!――『バタス 刑務所の掟』

藤野眞功『バタス 刑務所の掟』(講談社)を今頃読んだ。2010年に出たとき、本屋で立ち読みしたが、な

記事を読む

Comment

  1. KOW より:

    AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 8.0; Windows NT 5.1; Trident/4.0; GTB6.6; .NET CLR 2.0.50727; .NET CLR 3.0.4506.2152; .NET CLR 3.5.30729)
    藤波の腰痛は「あー、これは本当にダメかも」と
    当時のプロレスファンが思っていたくらい重症でしたよね。
    あと一時期、斜に構えたプロレスファンの間では
    (具体的にいうと吉田豪系のファン)
    藤波ゆかりのものを手に入れると呪われるという
    蛭子さん並の負のオーラがネタにされていました。
    いやまさか、ガチだったとは……。

  2. spanner より:

    AGENT: Mozilla/5.0 (Macintosh; U; PPC Mac OS X; ja-jp) AppleWebKit/312.9 (KHTML, like Gecko) Safari/312.6
    ボクも腰痛持ちなので、腰痛探検家とあわせて読みたくなりました。
    試合中にボデイスラムでマットに叩き付けられて、腰をさする藤波さんの姿が思い出されます。
    ところで高野さん、朝j-wave出てました?
    声になじみがないので聞き流していましたが、インタビュー後の別所さんのコメントで、あれっ!?もしかしてってなりました。

  3. コシチェイ より:

    AGENT: DoCoMo/2.0 N05A(c100;TB;W24H16)
    「もっとも藤波の人生は本人にも理由がわからないことだらけである」と云う下り、サイコーです!まさに「無我」。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

no image
イベント&講演会、テレビ・ラジオ出演などのご依頼について

最近、イベントや講演会、文化講座あるいはテレビ・ラジオ出演などの依頼が

ソマリランドの歌姫、来日!

昨年11月に、なんとソマリランド人の女性歌手のCDが日本でリリ

『未来国家ブータン』文庫はちとちがいます

6月23日頃、『未来国家ブータン』が集英社文庫から発売される。

室町クレージージャーニー

昨夜、私が出演したTBS「クレイジージャーニー」では、ソマリ人の極

次のクレイジージャーニーはこの人だ!

世の中には、「すごくユニークで面白いんだけど、いったい何をしている

→もっと見る

    • アクセス数1位! https://t.co/Wwq5pwPi90 ReplyRetweetFavorite
    • RT : 先日、対談させていただいた今井むつみ先生の『言語の本質 ことばはどう生まれ、進化したか』(秋田嘉美氏と共著、中公新書)が爆発的に売れているらしい。どんな内容なのかは、こちらの対談「ことばは間違いの中から生まれる」をご覧あれ。https://t.c… ReplyRetweetFavorite
    • RT : 今井むつみ/秋田喜美著『言語の本質』。売り切れ店続出で長らくお待たせしておりましたが、ようやく重版出来分が店頭に並び始めました。あっという間に10万部超え、かつてないほどの反響です! ぜひお近くの書店で手に取ってみてください。 https:/… ReplyRetweetFavorite
    • RT : 7月号では、『語学の天才まで1億光年』(集英社インターナショナル)が話題の高野秀行さんと『ムラブリ』(同上)が初の著書となる伊藤雄馬さんの対談「辺境で見つけた本物の言語力」を掲載。即座に機械が翻訳できる時代に、異国の言葉を身につける意義について語っ… ReplyRetweetFavorite
    • オールカラー、430ページ超えで本体価格3900円によくおさまったものだと思う。それにもびっくり。https://t.co/mz1oPVAFDB https://t.co/9Cm8CjNob8 ReplyRetweetFavorite
    • 文化背景の説明がこれまた充実している。イラク湿地帯で食される「ハルエット(現地ではフレートという発音が一般的)」という蒲の穂でつくったお菓子にしても、ソマリランドのラクダのジャーキー「ムクマド」にしても、私ですら知らなかった歴史や… https://t.co/QAHThgpWJX ReplyRetweetFavorite
    • 最近、献本でいただいた『地球グルメ図鑑 世界のあらゆる場所で食べる美味・珍味』(セシリー・ウォン、ディラン・スラス他著、日本ナショナルジオグラフィック)がすごい。オールカラーで写真やイラストも美しい。イラクやソマリランドで私が食べ… https://t.co/2PmtT29bLM ReplyRetweetFavorite
  • 2024年2月
    « 3月    
     1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    26272829  
PAGE TOP ↑