*

平山夢明、幻の助言

公開日: : 最終更新日:2012/05/28 高野秀行の【非】日常模様

なぜかよくわからないのだが、『世界屠畜紀行』の内澤旬子さんとホラー作家(なのか?)の平山夢明さんと飲んだ。
一見、美人のお嬢様風なのに「ざけんじゃねえって言ってやりてえよ」と江戸っ子のような
罵詈雑言を連発する内澤さんも面白いが、
今回はなんといっても平山さんに驚いた。
三時間くらい、ノンストップでしゃべりまくりで、
それが「霊が近づくと色が変わるカメレオンのヨリちゃんの話」とか、
やたらめったら面白い。
そのまま寄席の高座にあがれそうなくらいだ。
意外にもおしゃれでかっこいい人なので、テレビでも人気者になれるだろう。
ときには同業者である私たちへアドバイスもくれた。
たとえば「作家とはおしまいの職業である」。
初めから作家という人はほとんどいない。
会社をやめたり、商売で失敗したり、人を殺して刑務所に入るとか、いろんなことを経て、みんな最終的に作家にたどりつく。そして、いったん作家になると、もう他の職業へ転身しないし、できないという話だ。
で、「だから作家は○○であるべきだ」と言ったのだが、
どうしてもその肝心な○○の部分が思い出せない。
もう一つ、私に向かって「タカノさんは照れ屋でしょ? 照れ屋は○○の小説に向いているから是非書いてみなよ」とも言ったのだが、
これまた肝心の○○が思い出せない。
夜中の2時まで飲んでいると、こういう弊害がある。
ついでに言えば、なぜ平山さんと内澤さんに呼ばれたのかという理由も聞いたはずだが、どうしても思い出せない。
もう一度平山さんにまとめて訊いてもいいが、
きっとあの人はそんな話をしたことすら忘れているだろうな。

関連記事

no image

驚愕必至!

「おとなの週末」5月号が発売された。 この雑誌は実に読み応えがあるのだが、私がいちばん気に入ってい

記事を読む

no image

驚異の山形勉強会

昨年に引き続き、山形大学医学部の先生主催による「勉強会」にお招きいただき、 週末は山形に行き、今さ

記事を読む

本の雑誌はみんなの実家なのか

ツイッターでつぶやいたので重複するようだが、昨日久しぶりに本の雑誌を読んだ。  いつも買おうと思い

記事を読む

no image

イスラム二日酔い紀行

昨日は扶桑社に用事があって浜松町へ。 数年ぶりにブックストア談に行って、「イスラム飲酒紀行」を探す。

記事を読む

no image

mahou no happa

koko niwa sake ga nai. zetsubouteki ni nai. soreho

記事を読む

no image

探検部映像50年史のお知らせ

早稲田大学探検部50周年映像史が、早稲田祭の期間中に 早大で上映されることになった。 ほとんどNHK

記事を読む

no image

撮影会はないのか

もうここ半年くらい、ずーーーっと思いつづけていることがある。 自分の泳ぐ様子をビデオに撮影してみる方

記事を読む

no image

同情無用

八王子の実家に行き、酒をたらふく飲んでから ホットカーペットの上でごろごろしていたら なぜかぎっくり

記事を読む

no image

友だちは反政府ゲリラだけ…

チェンマイにいる。 4年ぶりだが、驚くほど街が変わった。 見知っている建物がない。 だから自分がどこ

記事を読む

no image

夢のエンタメノンフフェア

丸善川崎ラゾーナ店という書店で「エンタメノンフフェア」をやっており、 しかもそこの書店員オリジナルの

記事を読む

Comment

  1. fjsm より:

    AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.1; SV1; .NET CLR 1.1.4322; .NET CLR 2.0.50727)
    読んでるこっちまで気になるじゃないですかっ!
    是非もう1回お聞きして教えてくださいな。

  2. 歌川 より:

    AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.1; SV1; .NET CLR 1.1.4322)
    私の希望は恋愛小説。
    「ワセダ三畳青春記」 の第6章、好きなんですよね。  

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

no image
イベント&講演会、テレビ・ラジオ出演などのご依頼について

最近、イベントや講演会、文化講座あるいはテレビ・ラジオ出演などの依頼が

ソマリランドの歌姫、来日!

昨年11月に、なんとソマリランド人の女性歌手のCDが日本でリリ

『未来国家ブータン』文庫はちとちがいます

6月23日頃、『未来国家ブータン』が集英社文庫から発売される。

室町クレージージャーニー

昨夜、私が出演したTBS「クレイジージャーニー」では、ソマリ人の極

次のクレイジージャーニーはこの人だ!

世の中には、「すごくユニークで面白いんだけど、いったい何をしている

→もっと見る

  • 2020年1月
    « 3月    
     12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    2728293031  
PAGE TOP ↑