*

mixiトークイベント終了

公開日: : 最終更新日:2012/05/28 高野秀行の【非】日常模様

土曜日はワセダでmixi高野秀行コミュニティによるトークイベントに出席。
ゲストはカメラマンの森清。
私と最初に会ったときの第一印象を訊かれて森が答えたのが、
「覇気のない人」。
まあ、当時はそうだったと思うが、ガクッと来た。
しかし、覇気のない人の語る壮大な西南シルクロード横断計画
なんか、ふつう乗るだろうか。
今回のイベントのサプライズは「野々村荘」の大家のロング・インタビュー映像。
あらためて素晴らしい人である。
参加した人はかなりお得だったのではないか。
二次会も40人くらい参加して大盛況。
本の雑誌の杉江さんやSPA!の担当である織田君もいて
参加者はかなりお得だったのではないか。
ソフトドリンクを頼む人が一人もいないという酒飲みばかりの宴会で、
私は結婚披露宴の新郎新婦よろしく各テーブルをぐるぐる回っていたら、
食事が全然できなかったし、みなさんが酒(ビールと紹興酒)をゴンゴン注いでくれるので
ひたすらそれをすきっ腹に流し込んでいたら、相当酔っ払い、
後半は記憶が断片的にしかない。
で、今日(日曜日)、二日酔いがやっと峠をこし、
吉祥寺に酒を買いに行ったところ、
ロンロンの入り口でばったり昨日、トークショーと二次会に来ていた女性に出くわしてしまった。
こちらは昨日と寸分たがわぬ格好で風呂にも入っておらず、
酒ビンをぶらさげていた。
なんとも間抜けである。
しかも「タカノさん、昨日のこと、ちゃんと憶えてますよね?」と言われてギクッ。
「え、なに?」
「未確認思考物隊のDVDを貸してくれるって言ったじゃないですか!」
「は?」
まったく記憶にない。
でもよかった。その程度のことで。
もっと変な約束をしていたらヤバかった。
というわけで、みなさん、お疲れ様でした。
次回はさらにお得なイベントをやりましょう。

関連記事

no image

未知動物より既知動物か

妻・片野ゆかの新刊『犬部!』がスゴイことになっている。 発売からまだ2ヵ月経ってないのに、もう4刷

記事を読む

no image

ゾウ本あらため辺境中毒!

すっかり忘れていたが、今週の20日(木)に『辺境中毒!』(集英社文庫)が刊行される。 『辺境の旅は

記事を読む

no image

「ダカーポ」に書評が載る

 新作『異国トーキョー漂流記』が「ダカーポ」(3月2日発売)という雑誌の書評欄(「旬の本」というやつ

記事を読む

no image

米軍による驚くべき支援

28日(月)調布市被災者支援ボランティアセンターの手配で、被災地の特養老人ホームに物資を届けるという

記事を読む

no image

オモロイ坊主

土曜日、「オモロイ坊主」こと藤川和尚を囲む会の新年会に参加させていただく。 藤川和尚はかつてタイで

記事を読む

no image

エンタメ・ノンフ・インタビュー

最近、加速的に「エンタメ・ノンフィクション」の普及が進んでいる。 今度は、「図書新聞」でインタビュー

記事を読む

no image

「移民の宴」ソマリ篇?

長生きはするものである。 かつてレトルトカレーを「めんどくさい」という理由で温めずに食っていた

記事を読む

no image

乃木坂☆ナイツで金メダリストと

今日も、というか今日こそ、アブディンと「トライデム」の練習。 今週末に、ちょっと遠乗りをする予定に

記事を読む

no image

どっちなんだ、奥泉光?

奥泉山登山、2回目は本屋大賞で5位にもなった『シューマンの指』(講談社)。 前回とはうって代わり、

記事を読む

本当の本物は深海で弾ける

いろんなことがありすぎて、ブログを書く暇がない。 ここ数日の出来事を簡単に羅列してみましょう。

記事を読む

Comment

  1. しー より:

    AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.1; SV1; .NET CLR 1.1.4322)
    トークイベント、2次会での楽しいひとときをありがとうございました。
    大家のおばちゃんを見れてすごいうれしかったです。
    それにしても、2次会終盤の高野さんの目、いっちゃってましたもん。
    面白かったです。
    ほんとにびっくりしましたね。
    散々昨日飲んでるくせしてまたお酒を買ってるのもがさすがです。
    昨日のに行ってなかったら声なんてきっとかけられませんでした。
    高野さん、絶対忘れてると思いましたが、だめもとで言ってみてよかったです!約束は約束です!!

  2. よっしぃ より:

    AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.1; SV1; GTB6.3)
    どうもありがとうございました。
    呼びかけ人のよっしぃです。
    一次会の大家のおばちゃん&怪獣記ビデオ再び、うけてましたねぇ。
    個人的には、森さんの「西南シルクロード、その後」で
    国境を、チェックがゆるそうなときに
    120キロで強行突破、という話が強烈におもしろかった。
    文庫の解説に「森さん目線でのシルクロード記」をつけてくれれば!
    と思いました。
    二次会はそれ以上に盛り上がりました。
    参加男性陣は、女性にキャーキャー言われる高野さんを見て
    「ジャニーズ状態(ただし一夜限り)」と言っていました。
    森さんも、二次会の最初は物静かで
    「さすが、クールな写真家」という印象でしたが
    いつのまにか、参加者と大爆笑していて
    楽しんでもらったようで、安心しました。
    高野さん、森さん、そして参加者の皆さん
    本当にありがとうございました。
    また、何か企画しましょう!

  3. NONO より:

    AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 8.0; Windows NT 5.1; Trident/4.0; GTB5)
    いや、もっと酔いにまかせ、デタラメな約束を沢山してるハズだ!
    まして女性には。
    みなさんも、あることないこと「約束したぞ」と高野に迫ろう。
    もっとお得になります。
    と、行けなかったヤツはひがむ。

  4. ドトウ より:

    AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 8.0; Windows NT 5.1; Trident/4.0; GTB6.3; .NET CLR 1.1.4322; .NET CLR 2.0.50727; .NET CLR 3.0.4506.2152; .NET CLR 3.5.30729)
    どうも、濃〜い時間を有難う御座いました。
    ファンレターズの表紙を描かせて頂いているドトウです。
    今回は「本の雑誌2月号」の巻頭特集”プロレス本座談会”に携わったばかりなので”ジャイアント馬場風高野秀行”を描いてみました。
    いかがでしたでしょうか?笑っていただけたら本望です。
    ズルズルと三次会まで同行してしまって森清さんを独占状態だったような記憶が薄っすらと残っています。失礼しました。
    是非次回も宜しくお願いします。

  5. mochiki より:

    AGENT: Mozilla/5.0 (Macintosh; U; PPC Mac OS X Mach-O; ja-JP-mac; rv:1.8.1.18) Gecko/20081029 Firefox/2.0.0.18 GTB6
    高野さん
    よっしぃさん
    トークイベントお疲れさまでした。
    ありがとうございました。参加できて非常に有意義な時間でした。
    ちなみに私も高野さんと約束しまして…。私が本を送る約束をしたんですが、名刺をいただきそびれました。
    ご連絡いただければ早急にお送りします。
    またの機会、たのしみにしております!

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

no image
イベント&講演会、テレビ・ラジオ出演などのご依頼について

最近、イベントや講演会、文化講座あるいはテレビ・ラジオ出演などの依頼が

ソマリランドの歌姫、来日!

昨年11月に、なんとソマリランド人の女性歌手のCDが日本でリリ

『未来国家ブータン』文庫はちとちがいます

6月23日頃、『未来国家ブータン』が集英社文庫から発売される。

室町クレージージャーニー

昨夜、私が出演したTBS「クレイジージャーニー」では、ソマリ人の極

次のクレイジージャーニーはこの人だ!

世の中には、「すごくユニークで面白いんだけど、いったい何をしている

→もっと見る

    • これはどう考えても文庫解説の域を超えた「暴走」。黒田さんにちょっと申し訳ない。 https://t.co/k9DRWYfN0c ReplyRetweetFavorite
    • やんちゃな高井先生は20歳も年上である山岸先生の発言に「屁理屈来たーー(笑)」とか「もう完全に逃げてるとしか思えない」などと全盛期のモハメド・アリ並の挑発を交えながら打ち合いを挑み、山岸先生も真正面から受けて立っている。こんな格闘技みたいな科学本があったとは。 ReplyRetweetFavorite
    • 山岸明彦・高井研著『対論! 生命誕生の謎』(インターナショナル新書)を読了。これはめっちゃ面白かった。生命がどこでどのように生まれたのかという超根本的な問題について、異なった意見の二人が真っ向からぶつかり合う。 ReplyRetweetFavorite
    • RT : 【サイン本販売中】本の雑誌社WEBストアでは高野秀行さんや坪内祐三さん、平松洋子さんなどなど貴重なサイン本を販売しております。また本の雑誌社特製グッズや宮田珠己さんのオリジナルグッズも。もちろん本の雑誌最新号と大人気のおすすめ文庫王国202… ReplyRetweetFavorite
    • 図星だったでしょ。 https://t.co/t5eQSgxKKf ReplyRetweetFavorite
    • 「本の雑誌」1月号が届いていた。恒例の2019年の総合&ジャンル別ベストテン。ランクインしたほとんどの本が未読であるのも驚きだが、中には買ったまま未読の本もあって二度びっくり。 ReplyRetweetFavorite
    • そして何とも嬉しいことにSWAは来年から本格始動するという。これほどの人気者&実力者が4人もよくぞ。来年はよい年になりそうだ。 ReplyRetweetFavorite
  • 2019年12月
    « 3月    
     1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    3031  
PAGE TOP ↑