*

深谷陽というアジア風天才漫画家

公開日: : 最終更新日:2012/05/28 高野秀行の【非】日常模様


日本にいる時間が残り少なくなってきたので、
駆け足で紹介。
先日行われたmixiのイベントに、純粋にお客さんとして深谷陽という漫画家の人が来ていた。
その後、深谷さんは自著『密林少年』(ヤングジャンプコミックス)というマンガを送ってくれた。
カンボジアで地雷を手で取ってそれを展示して暮らしているアキラというカンボジア人が
たどってきた壮絶な人生を漫画化したものだ。
私もこのアキラという人には会ったことがあるし、カンボジアの歴史は大筋では知っていたのだが、それだけにあまりに話が暗くて読むのが辛かった。
で、しばらく間があいて、昨日また深谷さんが自著を4冊も送ってきてくれた。
そのうち『スパイシー・カフェガール』とその姉妹編である『スパイスビーム』を読んだら、
こちらは在日外国人の世界を中心にすえたエンターテイメントで
ひじょうに楽しく、面白い。
実をいうと、深谷さんは絵がものすごく個性的なので、
最初はなかなか慣れなかった。
でも、ある一線を超えると、妙になじんできて、さらに進むとやみつきになりそうになってきた。
その感触は、まさにスパイスのギンギンに効いたタイやインドの現地料理のようで、
こんな強烈かつ複雑な絵柄を独自に編み出しているとは
天才としか言いようがない。
ネットで調べたら、アジア好きの間ではけっこうカルト的な人気があるらしい。
濃いマンガを好きな人にもおすすめだ。
今は時間がないけど、ブータンから戻ったらまたじっくり読みたい。
ちなみに、深谷さんはイベントのとき、即興で私のイラストを描いてくれた。
貴重なのでお見せします。

関連記事

no image

元気が出てしまう(?)自死の本

いわゆる「野暮用」ってやつで、仕事に専念しているわけでもないのにともかく忙しくて ブログを更新でき

記事を読む

no image

逃避の週末

大野更紗さんに『困ってるひと』の続編というか第2弾の連載を書いてもらうことになっていて、その構成案

記事を読む

no image

ハダカデバネズミのことはソマリ人に訊け?!

もうとっくに出発したと思ってらっしゃる方も多いだろうが、 実はまだいます。 やっと仕事が全部片付い

記事を読む

no image

意識が

「婦人公論」の書評コーナーでインタビューを受ける。 本を出すたびに、こういうふうに反響がくるのはあ

記事を読む

no image

おお、神よ、私は働きたくない

宮田珠己待望の新刊『なみのひとなみのいとなみ』(朝日新聞出版)が発売された。 単行本の新刊は一年半ぶ

記事を読む

no image

『間違う力』発売開始

『間違う力 オンリーワンの10カ条』(メディアファクトリー)が発売になった。 丸善川崎ラゾーナ店で

記事を読む

no image

両国の暴走特急相撲

金曜日。午前中は六本木ヒルズに行き、J-WAVEの番組を収録。 web本の雑誌BOOKSTANDなる

記事を読む

no image

タイの黄金のバーミヤン

バンコクから入り、西のラッブリー県というところに行った。 観光客はほぼゼロだが、なぜかバーミヤンみた

記事を読む

no image

鼠にも刺青を彫る?!――『バタス 刑務所の掟』

藤野眞功『バタス 刑務所の掟』(講談社)を今頃読んだ。2010年に出たとき、本屋で立ち読みしたが、な

記事を読む

no image

幻のポスター

最近、出版社が新刊の文芸書のゲラを書店員の人たちに前もって配り、 感想をいただくということがよく行わ

記事を読む

Comment

  1. 会長 より:

    AGENT: Mozilla/5.0 (Macintosh; U; PPC Mac OS X 10_4_11; ja-jp) AppleWebKit/531.22.7 (KHTML, like Gecko) Version/4.0.5 Safari/531.22.7
    イラスト似てますね!
    間違う力、手元に届きました。ありがとうございます。
    息子に読み聞かせております。
    たまに「えへ〜」と笑ってます。とくに意味はないと思います(笑)
    イエティ、楽しみにしています!

  2. フカヤ より:

    AGENT: Mozilla/5.0 (Macintosh; U; Intel Mac OS X 10_5_8; ja-jp) AppleWebKit/531.22.7 (KHTML, like Gecko) Version/4.0.5 Safari/531.22.7
    おうっ
    普通にここ開いたらいきなり
    自分の本の画像が!
    驚きました。
    ありがたい、おそれおおい、もったいない。
    ありがとうございます。
    見に余る評をいただき恐縮です。
    絵にクセがあるとはよく言われるところで(笑
    その分、普段マンガを読まない方もには
    逆にあまりマンガマンガしてなくて入りやすいかと
    …これ見た人がアマゾンに注文してくれるといいなあ(←腹黒

  3. komari-ko より:

    AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.0; .NET CLR 2.0.50727)
    似てますね〜!ってプロの漫画家さんが描いたんだから当たり前ですよね。失礼しました。
    アマゾンに注文しようかと思いました(←思わく通り!笑)

  4. はにわ より:

    AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 7.0; Windows NT 5.1; .NET CLR 1.1.4322; .NET CLR 2.0.50727; IEMB3; .NET CLR 3.0.4506.2152; .NET CLR 3.5.30729; IEMB3)
    深谷陽さん、アキオ紀行をお描きになったころ、バリ島、影武者で何度かお目にかかりました。お元気に活躍中のようで何よりです。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

no image
イベント&講演会、テレビ・ラジオ出演などのご依頼について

最近、イベントや講演会、文化講座あるいはテレビ・ラジオ出演などの依頼が

ソマリランドの歌姫、来日!

昨年11月に、なんとソマリランド人の女性歌手のCDが日本でリリ

『未来国家ブータン』文庫はちとちがいます

6月23日頃、『未来国家ブータン』が集英社文庫から発売される。

室町クレージージャーニー

昨夜、私が出演したTBS「クレイジージャーニー」では、ソマリ人の極

次のクレイジージャーニーはこの人だ!

世の中には、「すごくユニークで面白いんだけど、いったい何をしている

→もっと見る

    • アクセス数1位! https://t.co/Wwq5pwPi90 ReplyRetweetFavorite
    • RT : 先日、対談させていただいた今井むつみ先生の『言語の本質 ことばはどう生まれ、進化したか』(秋田嘉美氏と共著、中公新書)が爆発的に売れているらしい。どんな内容なのかは、こちらの対談「ことばは間違いの中から生まれる」をご覧あれ。https://t.c… ReplyRetweetFavorite
    • RT : 今井むつみ/秋田喜美著『言語の本質』。売り切れ店続出で長らくお待たせしておりましたが、ようやく重版出来分が店頭に並び始めました。あっという間に10万部超え、かつてないほどの反響です! ぜひお近くの書店で手に取ってみてください。 https:/… ReplyRetweetFavorite
    • RT : 7月号では、『語学の天才まで1億光年』(集英社インターナショナル)が話題の高野秀行さんと『ムラブリ』(同上)が初の著書となる伊藤雄馬さんの対談「辺境で見つけた本物の言語力」を掲載。即座に機械が翻訳できる時代に、異国の言葉を身につける意義について語っ… ReplyRetweetFavorite
    • オールカラー、430ページ超えで本体価格3900円によくおさまったものだと思う。それにもびっくり。https://t.co/mz1oPVAFDB https://t.co/9Cm8CjNob8 ReplyRetweetFavorite
    • 文化背景の説明がこれまた充実している。イラク湿地帯で食される「ハルエット(現地ではフレートという発音が一般的)」という蒲の穂でつくったお菓子にしても、ソマリランドのラクダのジャーキー「ムクマド」にしても、私ですら知らなかった歴史や… https://t.co/QAHThgpWJX ReplyRetweetFavorite
    • 最近、献本でいただいた『地球グルメ図鑑 世界のあらゆる場所で食べる美味・珍味』(セシリー・ウォン、ディラン・スラス他著、日本ナショナルジオグラフィック)がすごい。オールカラーで写真やイラストも美しい。イラクやソマリランドで私が食べ… https://t.co/2PmtT29bLM ReplyRetweetFavorite
  • 2024年7月
    « 3月    
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    293031  
PAGE TOP ↑