*

今までいちばんビビッたのは…?

公開日: : 最終更新日:2012/05/28 高野秀行の【非】日常模様

上智対談講義第3回目はミャンマーで辺境専門旅行会社を経営する金澤聖太師範。
(極真空手の猛者なので私はそう呼んでいるのだ)
のっけから、「道場破りで社員ゲット」というぶっ飛び話。
ヤンゴンに一人で初めて行って、極真の道場を見つけたから乗り込んでスパーリングして、片っ端から「伸ばした」。次に行ったとき、3人だけまたスパーリングにかかってきたから『見所がある』と社員にしたという。
その他にも、自分のツアーで死人を二人出しているとか、
インパール作戦に従軍した日本兵のしゃれこうべを今でも飾っているナガ族の家に行ったとか、
昔カンボジアに駐在していた頃、ピストルを持って殴りこみに行ったとか、
ヤバイ話のオンパレードで学生もアゼン。
でも、学生のひとりが「すごく危ない目にたくさんあっていると思いますが、今までいちばんビビッたのは何ですか?」と訊かれたら、
「妻に逃げられたときかな」と答えて爆笑を買っていた。
そのあとは一転して、「日本は文化的秘境で、郷土料理でもオタク文化でも、
欧米の客に売りたいものがたくさんある」と言い、必ずしも武闘派いっぺんとうでもないことを学生にアピール。
この「転調」も効いていた。
あとで師範に連絡先を訊いていた学生が何人かいたという。
もしや就職先の候補になったのだろうか。
就職が実現すれば「道場破り話で社員ゲット」という新しい伝説が加わることになる。
あとでオブザーバーの杉江さんとも話したのだが、
金澤師範は話しなれているわけでもないのに、すごく話がおもしろい。
これは第1回、第2回の二村さん、アドゥンさんとも共通するが、
「自分の言葉」を持っているからだろう。
話すべきことがあるから、多少口べたでも話は魅力的になるのだ。
次回は、女性ながら本場タイで、プロ・ムエタイボクサーになり、
現在はムエタイ・エクササイズ・インストラクター兼ライターの下関崇子さん。
格闘系がつづく。
(写真:金澤師範の会社のツアーで行ったカチン州3白4日の旅/今年2月)

関連記事

no image

未知の未知動物マリンダとは?

右絵:目撃者によるスケッチ。 彗星のごとく、私の前に現れた未知動物「マリンダ」の続報をお伝えするのを

記事を読む

no image

今こそ難民認定と合コンを!

いまこの瞬間も地震で揺れている。 いつまで続くんだろう、というか地震の巣の上に住んでいるようなものだ

記事を読む

no image

白水社のウェブ

つい2週間ほど前、本の雑誌の杉江さんとマラソン本の打ち上げをしたとき、 「全然執筆の依頼が来ないんで

記事を読む

no image

「占い」と「UFO」収録

雪の東京へ出て大阪のスタジオ収録へ。 箱根を越えたら雪などまったく降ってないのでちょっと驚く。 今回

記事を読む

no image

高野秀行の新刊、続々?!

「高野秀行」の本が続々と出ている。 今度は五段ではなくたしかに私の本なのだが、 韓国語版だ。 すで

記事を読む

no image

イスラムと仏教

土曜日はイスラム地域を研究している若手研究者の会合に参加させていただく。 研究地域は多岐にわたってお

記事を読む

no image

間違えてしまった…

「ミャンマーの柳生一族」が予想以上に好評だ。 あんなトンチキな本、誰が読むんだろうと他人事のように思

記事を読む

no image

新刊「世界のシワに夢を見ろ!」完成

いよいよお待ちかね、新刊「世界のシワで夢を見ろ!」(通称「しわゆめ」)が完成した。 これはヤングチ

記事を読む

黒豆納豆のアボガド・サラダ

今日届いた納豆セットのうち、たった一つだけ入っていた黒豆納豆「光黒」を使ってさっそく料理。

記事を読む

no image

エンタメノンフ居酒屋合宿

エンタメノンフ文藝部、第2回の部活は千葉合宿。 豚を飼うため、エエ市(仮名)に期間限定で移住したウ

記事を読む

Comment

  1. なつ より:

    AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 7.0; Windows NT 5.1)
    私の片思い中の大好きな人が高野さんファンと今日知りました。
    なので、初めてブログ読ませていただきました。
    私もがんばるので、この際、高野さんもがんばってください!!

  2. yuu2980 より:

    AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 5.5; Windows 98)
    講義楽しそうですね。私も聴講したいです。
    でも、こっそり紛れ込んだとしたら…、年齢的に浮くな…、ギリギリアウトだな… (と、いうことにしといてください)

  3. gadogado より:

    AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.1; SV1; BT Openworld Broadband; .NET CLR 1.1.4322; .NET CLR 2.0.50727)
    5年ほど前にミャンマーへ行ったときにカナザワ氏にお世話になりました。ちなみに、高野本を読むようになったのは彼の勧めです。社員恒例?の雪山登山など、異国の地でもろ日本的な体育会系のオフィスマネージメントを行うミスターカナザワ。今でももう一度会って話を聞きたい人のひとりです。うーん、自分も講義に参加したい!

  4. NYPD より:

    AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 5.01; Windows 98)
    講義をされているのは、B系友人図鑑でご紹介されている猛者の方々がメインになっているようですねぇ〜。 その線でいかれると、トリは、やはり『屋久島の自然と山焼き』というタイトルで、ノノさんが登場されるのでしょうか?

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

no image
イベント&講演会、テレビ・ラジオ出演などのご依頼について

最近、イベントや講演会、文化講座あるいはテレビ・ラジオ出演などの依頼が

ソマリランドの歌姫、来日!

昨年11月に、なんとソマリランド人の女性歌手のCDが日本でリリ

『未来国家ブータン』文庫はちとちがいます

6月23日頃、『未来国家ブータン』が集英社文庫から発売される。

室町クレージージャーニー

昨夜、私が出演したTBS「クレイジージャーニー」では、ソマリ人の極

次のクレイジージャーニーはこの人だ!

世の中には、「すごくユニークで面白いんだけど、いったい何をしている

→もっと見る

    • あと「ぜひユーチューバ—とかなってほしいです。めちゃくちゃ人気チャンネルになりそう」という感想もあった。そうか、そういう方向性もあったか。どうやってなったらいいのかわからんけど。 ReplyRetweetFavorite
    • 大阪大学外国語学部で行った講演会のアンケート結果を送ってもらった。概ね好評だったのだが、その中に「〜人、〜族、〜民族の使い分けが気になった」という感想が複数の学生(スワヒリ語専攻)から出ていた。そう、その辺は判断に難しく毎回迷うところなんです。 ReplyRetweetFavorite
    • 来年もたぶんやると思いますので、次回はまず仲野先生に広報します〜 ReplyRetweetFavorite
    • まるで阪大が母校かと思うほど。ありがたいです。 https://t.co/T2DVMLsqlo ReplyRetweetFavorite
    • あまりにも長いブランクに「話が合うかな?」とも思っていたけど、想像以上に盛り上がってしまい、対談が終わってからも喫茶店に移動して、タイのこと、文化人類学のこと、共通の知り合いである研究者(たくさんいた)のことなど、二人で3時間近く喋り倒してしまった。 ReplyRetweetFavorite
    • 首都大学東京の研究広報誌「Miyacology」で綾部真雄副学長と対談。綾部さんはタイの山岳地帯をフィールドとする文化人類学者で、実はタイのチェンマイ時代にときどき一緒に飲んだり遊んだりしていた。それ以来会う機会がなく、今日が25年ぶり(推定)の再会だった。 ReplyRetweetFavorite
    • 日曜日は京都精華大学、水曜日は大阪大学外国語学部でそれぞれ講演、今日はこれから首都大学東京と、なぜかわからないが今週は大学訪問ウィークになってしまった。というわけで、もろもろ業務や連絡が滞っていますという関係者のみなさんへのメッセージです。 ReplyRetweetFavorite
  • 2019年12月
    « 3月    
     1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    3031  
PAGE TOP ↑