*

今までいちばんビビッたのは…?

公開日: : 最終更新日:2012/05/28 高野秀行の【非】日常模様

上智対談講義第3回目はミャンマーで辺境専門旅行会社を経営する金澤聖太師範。
(極真空手の猛者なので私はそう呼んでいるのだ)
のっけから、「道場破りで社員ゲット」というぶっ飛び話。
ヤンゴンに一人で初めて行って、極真の道場を見つけたから乗り込んでスパーリングして、片っ端から「伸ばした」。次に行ったとき、3人だけまたスパーリングにかかってきたから『見所がある』と社員にしたという。
その他にも、自分のツアーで死人を二人出しているとか、
インパール作戦に従軍した日本兵のしゃれこうべを今でも飾っているナガ族の家に行ったとか、
昔カンボジアに駐在していた頃、ピストルを持って殴りこみに行ったとか、
ヤバイ話のオンパレードで学生もアゼン。
でも、学生のひとりが「すごく危ない目にたくさんあっていると思いますが、今までいちばんビビッたのは何ですか?」と訊かれたら、
「妻に逃げられたときかな」と答えて爆笑を買っていた。
そのあとは一転して、「日本は文化的秘境で、郷土料理でもオタク文化でも、
欧米の客に売りたいものがたくさんある」と言い、必ずしも武闘派いっぺんとうでもないことを学生にアピール。
この「転調」も効いていた。
あとで師範に連絡先を訊いていた学生が何人かいたという。
もしや就職先の候補になったのだろうか。
就職が実現すれば「道場破り話で社員ゲット」という新しい伝説が加わることになる。
あとでオブザーバーの杉江さんとも話したのだが、
金澤師範は話しなれているわけでもないのに、すごく話がおもしろい。
これは第1回、第2回の二村さん、アドゥンさんとも共通するが、
「自分の言葉」を持っているからだろう。
話すべきことがあるから、多少口べたでも話は魅力的になるのだ。
次回は、女性ながら本場タイで、プロ・ムエタイボクサーになり、
現在はムエタイ・エクササイズ・インストラクター兼ライターの下関崇子さん。
格闘系がつづく。
(写真:金澤師範の会社のツアーで行ったカチン州3白4日の旅/今年2月)

関連記事

no image

斉藤由貴とギアナ高地

今さらだが、クドカンこと宮藤官九郎脚本のドラマ「我輩は主婦である」を見ている。 斉藤由貴扮する早稲田

記事を読む

no image

夢のエンタメノンフフェア

丸善川崎ラゾーナ店という書店で「エンタメノンフフェア」をやっており、 しかもそこの書店員オリジナルの

記事を読む

no image

道動物?

月刊プレイボーイの旅特集号で、 前川健一、蔵前仁一の両氏と座談会を行う。 といっても、私はろくに旅の

記事を読む

no image

酒飲み書店めぐり

『怪獣記』の担当編集者とともに、丸一日かけて書店へ挨拶まわり。 ほとんどが名高い(?)酒飲み書店員

記事を読む

no image

2010年小説ベストテン

恒例(だったっけ?)の年間枚ベストテンを発表したい。 私が今年読んだ本だから、出版年はバラバラだ。

記事を読む

no image

フリーランスの志士

家に攘夷モノがないか探してみたら、藤沢周平『回天の門』(文春文庫)に気づいた。 千葉道場きっての剣

記事を読む

no image

加点法の傑作「ジェノサイド」

ソマリ旅行中、なにしろ一人だけで話し相手もいないから、 iPhoneでツイッターをよく見ていた。

記事を読む

no image

怪獣奇書、出版したい人は手をあげて!

昨日、トルコの怪獣についての奇書を紹介したら 「その本が読みたい」というコメントがあった。 私も実は

記事を読む

no image

イラン&スーダン

毎日日替わりで、いろんな国の話を現地出身者か現地をよく知る日本人の人たちに聞いている。 金曜日も風

記事を読む

no image

戯作者とGダイ

井上ひさし『京伝店の煙草入れ』(講談社文芸文庫)を読む。 (「煙草」は字がちがう。「煙」が火へんに

記事を読む

Comment

  1. なつ より:

    AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 7.0; Windows NT 5.1)
    私の片思い中の大好きな人が高野さんファンと今日知りました。
    なので、初めてブログ読ませていただきました。
    私もがんばるので、この際、高野さんもがんばってください!!

  2. yuu2980 より:

    AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 5.5; Windows 98)
    講義楽しそうですね。私も聴講したいです。
    でも、こっそり紛れ込んだとしたら…、年齢的に浮くな…、ギリギリアウトだな… (と、いうことにしといてください)

  3. gadogado より:

    AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.1; SV1; BT Openworld Broadband; .NET CLR 1.1.4322; .NET CLR 2.0.50727)
    5年ほど前にミャンマーへ行ったときにカナザワ氏にお世話になりました。ちなみに、高野本を読むようになったのは彼の勧めです。社員恒例?の雪山登山など、異国の地でもろ日本的な体育会系のオフィスマネージメントを行うミスターカナザワ。今でももう一度会って話を聞きたい人のひとりです。うーん、自分も講義に参加したい!

  4. NYPD より:

    AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 5.01; Windows 98)
    講義をされているのは、B系友人図鑑でご紹介されている猛者の方々がメインになっているようですねぇ〜。 その線でいかれると、トリは、やはり『屋久島の自然と山焼き』というタイトルで、ノノさんが登場されるのでしょうか?

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

no image
イベント&講演会、テレビ・ラジオ出演などのご依頼について

最近、イベントや講演会、文化講座あるいはテレビ・ラジオ出演などの依頼が

ソマリランドの歌姫、来日!

昨年11月に、なんとソマリランド人の女性歌手のCDが日本でリリ

『未来国家ブータン』文庫はちとちがいます

6月23日頃、『未来国家ブータン』が集英社文庫から発売される。

室町クレージージャーニー

昨夜、私が出演したTBS「クレイジージャーニー」では、ソマリ人の極

次のクレイジージャーニーはこの人だ!

世の中には、「すごくユニークで面白いんだけど、いったい何をしている

→もっと見る

    • 20年前に読んだときは彼ら一人一人がどれほどのスーパースターだったのか理解できていなかった。 https://t.co/3PkeyJWJY1 ReplyRetweetFavorite
    • 本田靖春の文章力はさすがですね。 https://t.co/2lCA4RMIds ReplyRetweetFavorite
    • やりたいことをやりたいようにやって90年。今西錦司の人生をたどった後では、ちまちました仕事のメールとか経費の計算とか原稿書きとか全くやる気を失う。悪書なり。 https://t.co/3PkeyJWJY1 ReplyRetweetFavorite
    • RT : 高野さん、ほんとに傘ささないんですよね。この間、辺境スタジオに向かうときも雨が降っていたのですが、まったく意に介さぬ様子で。 noteの「辺境メルマガ」更新しました。今回は『辺境中毒!』(集英社文庫)の文庫解説より転載しております!… ReplyRetweetFavorite
    • 本棚整理のついでに本田靖春著『評伝 今西錦司』(講談社文庫)を20年ぶりぐらいに再読してしまった。今西軍団に所属した選手(学者)がとにかくすごい。西堀栄三郎、梅棹忠夫、川喜多二郎、中尾佐助、藤田和夫、伊谷純一郎、河合雅雄……。レアル・マドリード並みの銀河系軍団。 ReplyRetweetFavorite
    • 河童似の杉江さんに「高野秀行は河童じゃないか」と言われてしまった。同族? https://t.co/dHF7mfwfjq ReplyRetweetFavorite
    • 毎月、新しい本がやってくるので、毎月本の整理をしなければならない。で、その間に気になった本を手にとって立ち読みしてしまう。今日立ち読みしたのは中島京子さんの『妻が椎茸だったころ』(講談社)。短編集だが、表題作がすばらしいのだ。家で立ち読み感動。 ReplyRetweetFavorite
  • 2020年7月
    « 3月    
     12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    2728293031  
PAGE TOP ↑