*

アブディン作家化大作戦

公開日: : 最終更新日:2012/05/28 高野秀行の【非】日常模様

mixiのトークイベントの翌日、私もただ二日酔いでうなっていたわけでもなくて
スーダンの魔術師(?)アブディンとワタル社長と長い話をしていた。
これからいよいよアブを本格的に作家として世に出そうという大作戦をはじめたのだ。
そのためにはまず、彼に本を一冊書いてもらわねばならない。
アブは日本語文章能力もすばらしく、というより文字通り「天才」だ。
音声ソフトつきパソコンを駆使して、漢字変換まで自在にこなす。
日本人でもアブほど文章力のある人はめったにいない。
だが最大の問題は、構成である。
なにしろ目が見えないから、「ここをこうして、ここはもっとふくらまして、ここは
こっちに持ってきてこことつなげて…」という、ふつうに私たちが編集者とやる作業が
まったくできない。
そのためには、最初からかなり構成をきっちり考え、その構成に沿って書いていけばできあがるという方法をとろうということになった。
その辺は、ワタル社長が素人(大学の先生やミュージシャンなど)に文章を書かせるプロなので、ノウハウを教えてもらった。
で、構成をつくるためには、アブがどんな「材料」をもっているのかこちらが
知る必要がある。
そんな逆算の上で、ワタル社長と私でアブの半生記を聞くことにしたのだ。
もっともネタの宝庫なだけに、この日だけでは3時間かけてもスーダンから日本に出発する前までしか行かなかった。
続きはまた来週ということで、分かれて吉祥寺に酒を買いに行ったのだった。

関連記事

no image

猛暑の高校講演会

 集英社の外郭団体(?)が主催している「高校生のための文化講演会」というものによばれ、香川県と愛媛県

記事を読む

no image

元気が出てしまう(?)自死の本

いわゆる「野暮用」ってやつで、仕事に専念しているわけでもないのにともかく忙しくて ブログを更新でき

記事を読む

no image

偉いのは荻原井泉水

いつ買ったのかすら憶えていない吉村昭『海も暮れきる』(講談社文庫)を読む。 吉村昭のドラマチック性を

記事を読む

no image

またプロレスの話ですが

三沢光晴の一件について長らく考えていたが、結局「三沢は死んでいない」という結論に達した。 「彼は俺

記事を読む

no image

原作を読もう!

映画「スラムドッグ・ミリオネア」を観てたまげた。 原作とまるっきりちがう話だったからだ。 スラム育ち

記事を読む

no image

イラクからブータンの週末

土曜日、新宿二丁目の「タイニイアリス」という小劇場に、イラクの劇団「ムスタヒール」を見に行く。 テー

記事を読む

no image

法隆寺の謎

武澤秀一『法隆寺の謎を解く』(ちくま新書)を読む。 インドの聖地を歩いて回った建築家が建築学と空間

記事を読む

no image

知られざる危険地帯・タイ最南部の謎

私は定期的に新聞を変える。どれも一長一短で決め手にかけるからだ。 今月からは久しぶりに朝日新聞

記事を読む

no image

『神に頼って走れ!』見本とどく

『神に頼って走れ! 自転車爆走日本南下旅日記』(集英社文庫) の見本がさきほど届いた。 すんごく派手

記事を読む

no image

新作『異国トーキョー漂流記』見本届く

 2月18日に発売される私の新刊『異国トーキョー漂流記』(集英社文庫)の見本が届いた。  私がこれ

記事を読む

Comment

  1. 山中温泉 より:

    AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 8.0; Windows NT 6.0; Trident/4.0; SLCC1; .NET CLR 2.0.50727; Media Center PC 5.0; .NET CLR 3.5.30729; .NET CLR 3.0.30729)
    高野さんのブログをいつも楽しく読んでいます。
    ここで知ったアブちゃんのブログも時々見てます。
    ところどころ変換が間違っている部分もありますが
    書き手に熱意があり同じように読み手に熱意があれば
    小さなミスを乗り越えるのは簡単でした。
    アブちゃんの本を読むのが待ち遠しいです。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

no image
イベント&講演会、テレビ・ラジオ出演などのご依頼について

最近、イベントや講演会、文化講座あるいはテレビ・ラジオ出演などの依頼が

ソマリランドの歌姫、来日!

昨年11月に、なんとソマリランド人の女性歌手のCDが日本でリリ

『未来国家ブータン』文庫はちとちがいます

6月23日頃、『未来国家ブータン』が集英社文庫から発売される。

室町クレージージャーニー

昨夜、私が出演したTBS「クレイジージャーニー」では、ソマリ人の極

次のクレイジージャーニーはこの人だ!

世の中には、「すごくユニークで面白いんだけど、いったい何をしている

→もっと見る

  • 2022年8月
    « 3月    
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    293031  
PAGE TOP ↑