*

私と平山夢明兄との対談をダウンロードで聴ける

公開日: : 最終更新日:2012/05/28 高野秀行の【非】日常模様

昨日の朝、大野更紗さんに「どうみてもアブディンさんとしか思えない人が朝日新聞の「ひと」に出ています!」とツイッターで呼びかけられた。
見たら、「祖国スーダンを案じ、日本で「平和維持学」を研究するムハンマド・アブディンさん」と紹介されていた。
ちょうど明日(9日)に南スーダンが独立するのに合わせての記事紹介のようで
超シリアス。
私とアブディンはしょっちゅう電話で話しているが、その99%はくだらない馬鹿話なので、私からしたら「どうみてもアブディンとは思えない人」だった。
       ☆        ☆        ☆
夜は銀座のカフェ・アンデパンダンというところで、
平山夢明の「ヤリボンこきまSHOW!」という意味不明なトークイベントに出演した。
これはラジオデイズというメディアが主催しているのだが、「ラジオ」とはいうものの
電波でなく、ポッドキャスティングのみで配信しているという不思議なメディアだ。
つまり「オンエアー」でなく「オンライン」のラジオである。
内田樹、町山智浩、柳家三三、立川談笑といった各界著名人の対談や講演を視聴者が
1回380円などでダウンロードして聴く、あるいは映像で観るという方式らしいが、
こんな方法で採算が果たしてとれているのだろうか。
平山さんと私の対談も近いうちここにアップされるわけで、
いったいどのくらいの人がお金を払ってダウンロードするのか興味津々だ。

関連記事

no image

王様のブランチ

妻は早起きして一昨日から通っている浦安市の災害ボランティアに出かけていたので、 9:30にひとりで「

記事を読む

no image

愛するマンガ

今、私がいちばん愛しているマンガはこれです。

記事を読む

no image

Resort in Somalia

nannichika Berbera toiu minato-machi ni ittekita.

記事を読む

no image

やっぱりミャンマーの辺境はいい

 ミャンマーより帰国した。  たった一週間の慌しい旅だったが、同国最北部の辺境地まで行き、イラワジ

記事を読む

no image

ミスター珍じゃないだろ!

今月の20日ごろ発売になる「怪しいシンドバッド」(集英社文庫)の見本が届いた。 表紙のイラストは、ア

記事を読む

no image

謎、とける

先日の泥酔野宿のとき、石原たきび編『酔って記憶をなくします』(新潮文庫)をくれた人がわかった。

記事を読む

no image

サハラから八王子へ

やっとサハラマラソンの原稿が終わった。 どういう形になるかわからないが、本の雑誌の杉江さんに渡してお

記事を読む

no image

知られざる名作がまた一つ

桜栄寿三『蝸牛の鳴く山』(藤森書店)を読む。 先日お会いした作家の古処誠二さんが「すごくいい本です

記事を読む

no image

ナガランドに行けるのか

「G-diary」の元編集長がスタッフとともに分離独立して創刊した「アジアの雑誌」3月号が届く。

記事を読む

no image

民族問題とイスラムはダメなのか

こんな写真が出てきた。 うちには至る所に本があるが、ダルマはそれをいたずらすることは滅多になかった

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

no image
イベント&講演会、テレビ・ラジオ出演などのご依頼について

最近、イベントや講演会、文化講座あるいはテレビ・ラジオ出演などの依頼が

ソマリランドの歌姫、来日!

昨年11月に、なんとソマリランド人の女性歌手のCDが日本でリリ

『未来国家ブータン』文庫はちとちがいます

6月23日頃、『未来国家ブータン』が集英社文庫から発売される。

室町クレージージャーニー

昨夜、私が出演したTBS「クレイジージャーニー」では、ソマリ人の極

次のクレイジージャーニーはこの人だ!

世の中には、「すごくユニークで面白いんだけど、いったい何をしている

→もっと見る

  • 2022年8月
    « 3月    
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    293031  
PAGE TOP ↑