*

言い忘れた!

公開日: : 最終更新日:2012/05/28 高野秀行の【非】日常模様

いい忘れていたのだが、昨日の晩、NHKクローズアップ現代で
生物多様性に関する番組があり、
私の上司(?)である株式会社ニムラ・ジェネティック・ソリューションズの二村聡社長も
登場する予定だったのだ。
私は親戚と一緒に飯を食う予定が入っていたため
観ることはできなかった。
でもブログで告知しとけばよかったなあ。
ちなみに、うちでは私も妻もDVDの録画方法を知らないから
当然録画もされていない。
二村さんに見せてもらうのを楽しみに待とう。
     ☆        ☆          ☆
映画化の話がまた来た。
これまでも「三畳記」に3つか4つ、「ムベンベ」にも2つ、「是非やりたい!」という話があったが(どれも企画だけで具体的には何も進展していない)、
今度はなんと「ウモッカ」だという。
アマゾンのレビューで「ここ10年でいちばんがっかりした本」「読み終わって林に投げ捨てた」「最低の詐欺本」と書かれたウモッカ話を劇場で見せてどうするのだろう。
企画をもってきた人たちに訊いたら
「映画として斬新だと思う」とのことだ。
斬新すぎて上映終了後にモノが飛ばないか心配だ。
高野本を読むと、頭のムー脳部分が刺激されて、現実と非現実の区別がつかなくなるようだ。
ただ健闘を祈って、私は遠くから暖かく見守るだけとしたい。

関連記事

no image

5分で振り返る今年の出来事

大晦日なので今年を5分だけ振り返ってみた。 今年よかったこと。 ・『辺境の旅はゾウにかぎる』を刊行で

記事を読む

no image

帰国しました

昨夜遅くに帰国した。 東京は寒いが、きりっと晴れて気持ちがいい。 ユーフラテス河は、ここで書いたかど

記事を読む

no image

びっくり!

 昨年11月に何度か上映会を行ったが、そのときこのブログを通じて、 私に直接「上映会を見たい」とメー

記事を読む

no image

アジア新聞屋台村プレイバック

 昨日、突然5年ぶりにエイジアン新聞社の劉社長から電話がかかってきた。 「急ぎの仕事があるからやって

記事を読む

no image

メモリークエスト依頼者面談、開始!

都内の某高級ホテルのラウンジで、幻冬舎「メモリークエスト」の面談を始めた。 集まった依頼の中で「これ

記事を読む

no image

辺境ミステリの醍醐味

 私はついこの間まで「辺境作家」と名乗っていたくらいの辺境好きだが、年を追うごとにその度合いがど

記事を読む

no image

戦国時代のインスタント味噌汁

料理雑誌「danchu」の取材で奈良在住の料理研究家の先生を訪ねる。 戦国時代からあるインスタント味

記事を読む

no image

映像をだらだら見れた!

久しぶりに会った年長の友人の勧めでtwitterを半年ぶりに再開した。 ブログとの棲み分けができるの

記事を読む

no image

怪物は江川と鶴田だけ

松井優史『真実の一球 怪物・江川卓はなぜ史上最高と呼ばれるのか』(竹書房)という本を書店の店頭でぱ

記事を読む

no image

読書がすすむ

最近ずっと、あまり実にならない取材が続いている。 西へ東へうろうろしているが成果はこれといって、な

記事を読む

Comment

  1. ふぁん より:

    AGENT: Mozilla/5.0 (Macintosh; U; PPC Mac OS X 10_5_6; ja-jp) AppleWebKit/525.27.1 (KHTML, like Gecko) Version/3.2.1 Safari/525.27.1
    アマゾンのレビュー、今知りました。
    著者本人に書かれると、酷評まで笑えて、
    なんだか褒め言葉ように、きこえるのはなぜだろう。
    面白かったよ。
    自分を森に投げ出したいくらい。
    うわはははは。

  2. LP より:

    AGENT: DoCoMo/2.0 F08A3(c500;TB;W30H20)
    主役は成田空港のロケだけで、残りは自宅でひたすらメールですね。確かにネット社会の人間の真の姿を描く、斬新な映画になりそうですね。

  3. LP より:

    AGENT: DoCoMo/2.0 F08A3(c500;TB;W30H20)
    そうかインド大使館も有りましたね。でもこちらは撮影許可は降りないでしょうね。

  4. アジケト より:

    AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 8.0; Windows NT 5.1; Trident/4.0; .NET CLR 1.1.4322; InfoPath.2; .NET CLR 2.0.50727; .NET CLR 3.0.4506.2152; .NET CLR 3.5.30729)
    高野さん そうですよ。
    忘れたら困ります!
    でも私もまだ見ていないのですが…
    さすがにクローズアップ現代。
    反響はありますねー。
    DVDを送ってくれるそうですので、
    高野さんが映っているかどうか今度一緒に確認いたしましょう。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

no image
イベント&講演会、テレビ・ラジオ出演などのご依頼について

最近、イベントや講演会、文化講座あるいはテレビ・ラジオ出演などの依頼が

ソマリランドの歌姫、来日!

昨年11月に、なんとソマリランド人の女性歌手のCDが日本でリリ

『未来国家ブータン』文庫はちとちがいます

6月23日頃、『未来国家ブータン』が集英社文庫から発売される。

室町クレージージャーニー

昨夜、私が出演したTBS「クレイジージャーニー」では、ソマリ人の極

次のクレイジージャーニーはこの人だ!

世の中には、「すごくユニークで面白いんだけど、いったい何をしている

→もっと見る

    • RT : 【高野秀行オンラインイベント「辺境チャンネル」開催まであと3日】  今回のテーマは話題の新作『幻のアフリカ納豆を追え!』(新潮社)です。高野さんは納豆にどんな未知を感じ、アフリカまで向かったのか。そこで何を見つけたのか?見逃し視聴付きチ… ReplyRetweetFavorite
    • RT : 高野秀行『幻のアフリカ納豆を追え!』(新潮社)読了。前作『謎のアジア納豆』と対になる、世界中の「納豆」を体当り取材で追ったノンフィクション。前作では、納豆が日本独特の食べ物であるという思い込みを払拭し、ミャンマーやブータンでも納豆菌で豆を発酵させた… ReplyRetweetFavorite
    • 昨日突然びっくりするような本の原稿が送られてきた。今読み始めたけど、えらく面白い。こんな本があるんだなー。 ReplyRetweetFavorite
    • RT : 【高野秀行辺境チャンネル開催まであと4日】 ゲスト出演に向けてリハーサル。もちろんゲストは『幻のアフリカ納豆を追え!』(新潮社)でまさかの再会を果たし、大活躍した高野さんの幼なじみ健ちゃんです!納豆探査の話から高野さんの少年時代の話まで… ReplyRetweetFavorite
    • RT : 八重洲ブックセンターのキャンペーンで高野秀行さんがピックアップしてくれた作品に俺の著書が入ってるうううう!!!! 俺にとってはガチで驚天動地でして、っていうのは高野さんの大ファンで全作品読んでるんですよ。本気で嬉しいマジで嬉しいこれからも仕事がんばります… ReplyRetweetFavorite
    • 角幡に「文化探検」と言ってもらえたよ。嬉しい。探検部だからね。 https://t.co/3xKTnZM81B ReplyRetweetFavorite
    • 日本の農耕は大豆栽培から始まった。でもなぜ大豆だったのか? 本作では人類史上のミステリーに迫っています。 https://t.co/xOoA24H6VY ReplyRetweetFavorite
  • 2020年10月
    « 3月    
     1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    262728293031  
PAGE TOP ↑