*

自虐読書の旅

公開日: : 最終更新日:2012/05/28 高野秀行の【非】日常模様

地震以降、朝ジョギングに行くと、びっくりするほど人がいない。
私が走る玉川上水沿いは、いつもはジョギングやウォーキング、犬の散歩などで
にぎわっているのに、ここ数日は犬の散歩がごくたまにいるくらいで、
ランナーやウォーカーは皆無だ。
貸し切りのような気分で走り、家の近くまで来たら、車からアナウンスが聞こえる。
区役所か警察だろうか、「ラジオ」がどうのとか「テレビ」がなんとかと言っているが、
よくわからないうえ、どんどん遠ざかっていく。
また原発で大変な事態が起きたのかと思い、疲れた足にむちうって猛ダッシュ、
アナウンスカーに追いすがってみたら、
「使えなくなったラジオ、テレビ、自転車、オートバイなどございましたら…」と
言っていた。
        ☆        ☆         ☆

かつて私はインドに謎の怪魚ウモッカを探しに行ったもの、入国と同時に拘束され、
強制送還になった。
でも、まさか戻ってきたとは人に言えず、黙って自宅潜伏していた。
あまりにやることもなく、気持ちも落ち込んでいたので、
それを利用して「自虐映画鑑賞会」をひとりでやっていた。
今の自分と似たような、にっちもさっちも行かない状況に主人公が陥るという映画を観て、
もっとどんどん落ち込もうという、ひじょうに積極的に後ろ向きな企画だった。
(詳しくは拙著「怪魚ウモッカ格闘記」(集英社文庫)をご覧ください。)
今回の震災でも、せっかくなので、積極的に気持ちを落ち込ませるような読書をしてみることにした。自虐読書の旅である。
第一回目は河田惠昭『津波災害』(岩波新書)
この本は帯からして凄い。
「必ず、来る!」
もう来ちゃったよ!とつっこんでから読者はページを開くことになる。
「まえがき」でも、災害研究の第一人者である著者は、
津波の避難率は年々下がるいっぽうで、2010年のチリ沖津波地震では
岩手、宮城を含む「津波常襲地帯」の避難率は5.1%にすぎず、
「こんなことではとんでもないことになる」とのべ、
「三陸津波の来襲では万を超える犠牲者が発生しかねない」と断言している。
刊行は昨年12月。
これが16世紀だったら、著者の河田先生はノストラダムスのような大予言者として
あがめられたことだろう。
だが、いかんせん、今は21世紀。
予言でなく、科学である。
私も津波の本なんて目もくれていなかった。
しかし、今、津波や地震の話を読むと、驚くほどするする頭に内容が入ってくる。
毎日テレビで見ているから、被害の情景は浮かびすぎるほどだし、
津波のメカニズムや地震のプレートの仕組み、あるいは宮古、大船渡、釜石など
「なじみ」の地名も頻発する。
みんながこの本を読んでいれば、と思ういっぽう、
「高台に逃げる余裕がなければ鉄筋コンクリート三階建ての建物に逃げる」とか
「津波防波堤が作られた釜石市や大船渡市はきわだって安全になっている」といった
今回の津波で完全に崩壊した「神話」も繰り返されており、
人間や科学の無力さをも思い知らされる。
他方、西日本に縄文遺跡が少なく東日本に多いから、
東のほうが発展していたと思われているが、
実は西日本は津波の被害で遺跡が残っていないだけじゃないかという
「津波考古学」を唱えたりして、純粋に知的なおもしろさもある。
恐怖、やるせなさ、諦念、知的興奮などさまざまな感情を喚起する読書だった。
※引き続き、震災以降のバカ話、くだらない話をてきとうに書いてくださいね。

関連記事

no image

オネエとイケメンの偉大なる力!

毎週火曜日の朝は、杉江さんの「炎の営業日誌」を読むのは日課なのだが、 今日は途中からいきなり「オネエ

記事を読む

no image

相模原の秘境

取材で相模原の郊外へ行く。 畑の中にポツンとあるちっぽけな施設に、すごい人物がいた! ほんとうに凄い

記事を読む

no image

スーダン寿司

スーダン人の盲目の友人、というか最近では「出来の悪い弟」みたいな感じになっている アブディンから電話

記事を読む

no image

やっと帰国、でも暑い…

今度こそ、ちゃんと帰国しました。 しばらくは日本にいるつもり。 チュニジアの、特に砂漠地帯は暑かった

記事を読む

no image

酒に呑まれる

エンタメノンフ文芸部分会(?)で 内澤旬子副部長と、上野界隈で飲む。 まずガード下の屋台街で、豚メイ

記事を読む

no image

野菜を洗剤であらう

忘れていたことをまたいくつか。 昨日(水曜日)、毎日新聞夕刊の「新・幸福論」という欄で私のインタビュ

記事を読む

no image

山松ゆうきちがインドだ

旅行者業界を震撼させた山松ゆうきち『インドに馬鹿がやって来た』(日本文芸社)の、なんと続編が出版さ

記事を読む

写真の才能5%、四倍増計画

かつて「高野さんには写真の才能が5%くらいしかない」と友人の写真家G師匠に言われた。5%とは何の

記事を読む

no image

川口探検隊の挑戦

知人より「漫画 川口探検隊」なる本が送られてきた。 もはや文学への挑戦にしか思えない、シュールな物語

記事を読む

携帯電話が故障中&ここ数年でベストのサッカー本

携帯電話が帰国直後に突然壊れてしまった。 いつもなら慌てて修理に走るところだが、これまで2ヶ月

記事を読む

Comment

  1. 正しくは赤十字 より:

    AGENT: Mozilla/5.0 (Macintosh; U; PPC Mac OS X 10_5_8; ja-jp) AppleWebKit/533.19.4 (KHTML, like Gecko) Version/5.0.3 Safari/533.19.4
    友人が見つけた、知らない人のつぶやき
    郵便窓口で「日本赤軍に義援金送りたいんですけど」って言ってしまった。落着け俺。

  2. コシチェイ より:

    AGENT: DoCoMo/2.0 N05A(c100;TB;W24H16)
    友人の話。
    「なんか足りないものあったら送るよ〜」と関東の友人にメールしたら「重大なお願い」と云う返信が。急いで内容を読むと「今週のジャンプ買っておいてください」。黄金期だったら大変だったろうな。

  3. るきじ より:

    AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 8.0; Windows NT 5.1; Trident/4.0; GTB6.6; .NET CLR 1.1.4322; InfoPath.2)
    「津波考古学」については、私も今回の災害をTVでみながらボンヤリ考えていました。
    「自虐映画鑑賞会」をやっている人は意外に多いのか、家の近くのTSUTAYAで『TSUNAMI』という最新映画が何気にレンタルされていました。
    (ちなみに私の探していたDVDは、地震で店内がごちゃごちゃになった際に紛失してしまったとのこと。そんな馬鹿な…。一日も早く平穏な日常に戻ることを祈るばかりです)

  4. 大竹しのぶだって微妙 より:

    AGENT: KDDI-SN3M UP.Browser/6.2.0.14.1.2 (GUI) MMP/2.0
    衝撃映像に精神的に参ってしまい、
    テレビはNHKのニュースのみにしています。
    そんな中「徹子の部屋」は復活したそうです。
    ただ予定を変更してゲストは大竹しのぶ。
    じゃあ本来の予定はっていうとカルーセル麻紀だったそうな。
    何故?

  5. 山中温泉 より:

    AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 8.0; Windows NT 6.0; Trident/4.0; SLCC1; .NET CLR 2.0.50727; Media Center PC 5.0; .NET CLR 3.5.30729; .NET CLR 3.0.30729; .NET4.0C)
    子供は注射が嫌いで予防接種は大変です
    でも友人の子はお風呂嫌いで
    「注射の日はお風呂入らなくていいから嬉しい」
    被災地でも一人くらいはそんな子がいないかしらん?
    (たぶん高野さんに似てると思うよ)

  6. 高野秀行 より:

    AGENT: Mozilla/5.0 (Windows; U; Windows NT 6.0; en-US) AppleWebKit/534.16 (KHTML, like Gecko) Chrome/10.0.648.134 Safari/534.16
    笑える話をありがとうございます。
    カルーセル麻紀はダメで大竹しのぶはいいっていうのもねえ。
    日本赤軍も笑った。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

no image
イベント&講演会、テレビ・ラジオ出演などのご依頼について

最近、イベントや講演会、文化講座あるいはテレビ・ラジオ出演などの依頼が

ソマリランドの歌姫、来日!

昨年11月に、なんとソマリランド人の女性歌手のCDが日本でリリ

『未来国家ブータン』文庫はちとちがいます

6月23日頃、『未来国家ブータン』が集英社文庫から発売される。

室町クレージージャーニー

昨夜、私が出演したTBS「クレイジージャーニー」では、ソマリ人の極

次のクレイジージャーニーはこの人だ!

世の中には、「すごくユニークで面白いんだけど、いったい何をしている

→もっと見る

    • RT : 高野秀行著「謎のアジア納豆」を早速購入しました。 1ページ目からミャンマー北部のカチン独立軍という反政府ゲリラの協力を得て、中国からインド国境を目指していると、ジャングルの村で出されたご飯がまさかの納豆卵かけご飯で…というトンデモナイ出だしでワクワクが… ReplyRetweetFavorite
    • RT : 「謎のアジア納豆 そして帰ってきた〈日本納豆〉」高野秀行(新潮社) ついに文庫化です!UMAを求め世界各地を巡ってきた高野さんが、今度は未知の納豆を求めてアジアを巡ります。納豆?と思うかもしれませんが世界には未確認納豆が溢れています。高野さんにしか書… ReplyRetweetFavorite
    • RT : おはようございます、紀伊國屋書店ゆめタウン廿日市店です。 本日は が入荷しています。 R‐18文学賞読者賞受賞作『1ミリの後悔もない、はずがない』、一木けいさん、ぜひ今押さえておきたい作家さんです。 高野秀… ReplyRetweetFavorite
    • RT : 高野秀行氏の『謎のアジア納豆』は物凄く面白い本なので、沢山の人に読んでみて欲しい>RT 日本に暮らしている or 最近日本に来た外国人に「納豆は食べられる?」とニヤニヤしながら質問したことがある多くの日本人にとって、目から鱗が百枚くらいこ… ReplyRetweetFavorite
    • RT : 【新刊】『謎のアジア納豆 そして帰ってきた〈日本納豆〉』高野秀行(新潮文庫)辺境作家が目指した未知の大陸、それは納豆だった。山奥のジャングルで出会った納豆ご飯、ぱりぱりと割れるせんべい納豆、日本の究極の納豆…知的好奇心あふれるノンフィクション。… ReplyRetweetFavorite
    • RT : テレワークで自宅にいたり、衣替えも迫り、すっかりスーツを着たり、目にする機会がなくスーツ好きには残念な日々ですが、そんな不満を内澤旬子さんの『着せる女』を読んで解消しましょう! 宮田珠己さんや高野秀行さんのビフォーアフターの写真も収録!… ReplyRetweetFavorite
    • RT : ソマリランドの次はえっ?!納豆?!と驚いた高野秀行さんの『謎のアジア納豆』が文庫化されましたよー!新潮文庫です! https://t.co/WQ9LwokyCJ ReplyRetweetFavorite
  • 2020年5月
    « 3月    
     123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    25262728293031
PAGE TOP ↑