*

素晴らしき酒飲み書店員飲み会

公開日: : 最終更新日:2012/05/28 高野秀行の【非】日常模様

酒飲み書店員飲み会(ややこしいね)に招待してもらい、一緒に飲む。
千葉周辺の書店員さんたちと出版社の営業の人たち、それに集英社の編集者の人たちなど、全部で三十名近くいたのではないか。
ライター・作家という職業は編集者とは付き合いがあっても、営業や書店との付き合いはほとんどないから、とても新鮮だった。
酒飲み書店員の事務局長で若い頃の梅図かずおみたいな高坂さん、「おねがいします」と本を持ってきて私にサインさせてるわきで蕎麦をがつがつ食ってる三輪さん、書店員でもないのになぜか中心人物として活動している本の雑誌”炎の営業”杉江さんなど、個性的なメンツがずらりと揃い、これだけで何か書けそうなくらいだ。
この日の収穫(?)は、ほんとうは”酒飲み書店員オススメ”だったのだが、”第一回 酒飲み書店員大賞”に名称変更してもらったことである。
以前、乙一と一緒に飲んだとき、勝手に「酒飲み書店員大賞をもらったんだ。君はとれないだろう」と自慢したら、乙一が「へえ、いいですねえ」と羨んだなんてことがあった。ま、酔っ払いの話にやむを得ず相槌を打っただけなのだが、そのあと乙一が「三畳記」を読んでくれた。
今までいくら本を送っても彼は読んでくれなかったのだが、「酒飲み書店員大賞」と言ったら読んでくれたわけである。(しかも「おもしろい」と言っていた)
すごいパワーだ。
この逸話が酒飲みの本屋さんたちを揺り動かし、名称を「大賞」にするという決定が厳格なる酩酊のなかで下された。
今まで「無冠」だった私もこれでプロフィールに「『ワセダ三畳青春記』で第一回 酒飲み書店員大賞を受賞」などと書けるわけだ。
私は今後もふつうの文学賞とは無縁だと思われるので貴重である。
ほんとにプロフィールには、これからそう書くので、出版社および書店員のみなさん、どうかよろしくお願いします。

関連記事

no image

酒浸りなのかと言われても…

私の数ある悩みの一つは、初対面の人に「これが私の書いた本です」とさっと渡せるような本が一冊もないこと

記事を読む

no image

霊能質問会で充実

親戚の葬儀に出てお骨をひろったあと、斎場からそのまま大阪へ直行、 「未確認思考物隊」の第5回「霊能質

記事を読む

no image

スーツでヤブ漕ぎをする人を発見!

読売新聞のインタビュー取材を受けた。 「何か“原点”とか“こだわり”のある場所でインタビューするとい

記事を読む

no image

シングルモルト

体がすごくだるい。 病院に行こうかどうしようか、真剣に悩む。 人に教えてもらって知ったが、朝日新聞の

記事を読む

no image

溝畑宏とイビツァ・オシム

木村元彦作品読書週間が続いている。 次に読んだのは『溝畑宏の天国と地獄 大分トリニータの15年』(

記事を読む

no image

今年からノンフィクション作家

みなさん、明けましておめでとうございます。 今年は何をするか。 まずは肩書きを変えることにした。 正

記事を読む

no image

米軍による驚くべき支援

28日(月)調布市被災者支援ボランティアセンターの手配で、被災地の特養老人ホームに物資を届けるという

記事を読む

no image

ミャンマーがハリウッドになった!?

『ミャンマーの柳生一族』で、「ローマの休日」をパクッた武田鉄矢主演の映画「フォトグラファー・アンド・

記事を読む

no image

急性イラン中毒?

イランより帰国した。 たった10日ばかりの短期旅行とは思えないほど、 濃密な旅だった。 ド

記事を読む

no image

東武東上線では東武動物公園には行けない!?

「アスクル」はAmazon.comで発売直後から長らく、「3〜6週間待て」と書かれていたが、 ようや

記事を読む

Comment

  1. izumi より:

    AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.1; .NET CLR 1.1.4322)
    高野さんの次作のプロフィールを見るのが楽しみです。

  2. 事務局長(自称) より:

    AGENT: Opera/9.01 (Windows NT 5.1; U; ja)
     先日の千葉会わざわざお越しいただきありがとうございます。
    若い頃の楳図 かずおみたいな事務局長(自称)高坂です。
     飲み会の口実として始めた(?)企画がこのように盛り上がりさらに高野さんにもお会いする事ができ嬉しく思います。
     お会いする前は皆緊張していたのですが、いらっしゃる前に一度乾杯をしてお酒が入ってしまったら若干テンションは高いとはいえ普段の千葉会(飲み会の名称です)と同じ感じになってしまいました。
    我々は非常に楽しくお酒が飲めましたが、高野さんは楽しめましたか?
    コレに懲りずにお時間がありましたら千葉会に遊びに来てくださいね!

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

no image
イベント&講演会、テレビ・ラジオ出演などのご依頼について

最近、イベントや講演会、文化講座あるいはテレビ・ラジオ出演などの依頼が

ソマリランドの歌姫、来日!

昨年11月に、なんとソマリランド人の女性歌手のCDが日本でリリ

『未来国家ブータン』文庫はちとちがいます

6月23日頃、『未来国家ブータン』が集英社文庫から発売される。

室町クレージージャーニー

昨夜、私が出演したTBS「クレイジージャーニー」では、ソマリ人の極

次のクレイジージャーニーはこの人だ!

世の中には、「すごくユニークで面白いんだけど、いったい何をしている

→もっと見る

    • アクセス数1位! https://t.co/Wwq5pwPi90 ReplyRetweetFavorite
    • RT : 先日、対談させていただいた今井むつみ先生の『言語の本質 ことばはどう生まれ、進化したか』(秋田嘉美氏と共著、中公新書)が爆発的に売れているらしい。どんな内容なのかは、こちらの対談「ことばは間違いの中から生まれる」をご覧あれ。https://t.c… ReplyRetweetFavorite
    • RT : 今井むつみ/秋田喜美著『言語の本質』。売り切れ店続出で長らくお待たせしておりましたが、ようやく重版出来分が店頭に並び始めました。あっという間に10万部超え、かつてないほどの反響です! ぜひお近くの書店で手に取ってみてください。 https:/… ReplyRetweetFavorite
    • RT : 7月号では、『語学の天才まで1億光年』(集英社インターナショナル)が話題の高野秀行さんと『ムラブリ』(同上)が初の著書となる伊藤雄馬さんの対談「辺境で見つけた本物の言語力」を掲載。即座に機械が翻訳できる時代に、異国の言葉を身につける意義について語っ… ReplyRetweetFavorite
    • オールカラー、430ページ超えで本体価格3900円によくおさまったものだと思う。それにもびっくり。https://t.co/mz1oPVAFDB https://t.co/9Cm8CjNob8 ReplyRetweetFavorite
    • 文化背景の説明がこれまた充実している。イラク湿地帯で食される「ハルエット(現地ではフレートという発音が一般的)」という蒲の穂でつくったお菓子にしても、ソマリランドのラクダのジャーキー「ムクマド」にしても、私ですら知らなかった歴史や… https://t.co/QAHThgpWJX ReplyRetweetFavorite
    • 最近、献本でいただいた『地球グルメ図鑑 世界のあらゆる場所で食べる美味・珍味』(セシリー・ウォン、ディラン・スラス他著、日本ナショナルジオグラフィック)がすごい。オールカラーで写真やイラストも美しい。イラクやソマリランドで私が食べ… https://t.co/2PmtT29bLM ReplyRetweetFavorite
  • 2024年6月
    « 3月    
     12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
PAGE TOP ↑