*

電話で追及される

公開日: : 最終更新日:2012/05/28 高野秀行の【非】日常模様

ルワンダ人の友人、カレラから電話がかかってきた。
以前、私が環境NGOを手伝っていたとき、ルワンダの首都キガリで知り合った。
それからもう八年がたつ。
カレラは頭のきれる、陽気で、やたらせっかちな男で、太陽発電の技術者のかたわら、
山に木を植える環境保全活動をずっと行ってきた。
初めて会って、彼のプロジェクトサイトを訪れたとき、
「早くしてくれよ、時間がないじゃないか」「もっとてきぱきできないのか」などと言われて、ほんとうに驚いた。
私たちがアフリカの人たちにそういうことはよくあるが、
アフリカ人から言われることはなかったからだ。
同行していたアフリカ歴二十年の先輩も「こんなやつは初めてだ」とたまげていた。
彼は今、フランスのマルセイユにいる。
一昨年、フランス企業の研修でフランスにやってきたまま、もうルワンダに帰ろうとしないのだ。
「いまルワンダ国内の状況はひじょうにわるい」という。
12年前に虐殺された側であるツチ族が復讐をはじめているとカレラは言う。
カレラとしては、この機会にフランスへ移住し、家族も呼び寄せたいと考えているようだ。
現在は難民申請中で不法滞在ではなく、最低限の衣食住は確保されているが、
労働ビザがないので、何もすることができないという。
だから、私にメールをごんごん送ってくるが、フランス語で文章を書くのが
難儀なので放っておくと、今度は国際電話がかかってきて、
「どうしてメールの返事を寄こさないんだ?」とフランス語で追及される。
フランス語なんて完璧に忘れているのでこちらも相当難儀である。
フランスでは今、移民の規制が強化されていて、
彼の難民申請はかなり厳しいらしい。
フランス政府よ、カレラに早く難民の認定をしてやってほしい。
「追及」の電話を受けるのは私としても辛いのだから。

関連記事

no image

月刊日本語

日本語教師やそれを目指す人向けの雑誌「月刊日本語」(アルク)のインタビューを受ける。 担当の編集者

記事を読む

no image

狂言

国立能楽堂で行われた「春狂言2009」を観にいく。 と言ったら意外に思われるかもしれないが、 狂言く

記事を読む

no image

また知り合いがノンフィクション賞を受賞!

小説すばる(10月号)に、開高健ノンフィクション賞の発表が載っていた。 それを見て、たまげてしまった

記事を読む

no image

道動物?

月刊プレイボーイの旅特集号で、 前川健一、蔵前仁一の両氏と座談会を行う。 といっても、私はろくに旅の

記事を読む

no image

辺境ミステリの醍醐味

 私はついこの間まで「辺境作家」と名乗っていたくらいの辺境好きだが、年を追うごとにその度合いがど

記事を読む

no image

偉いのは荻原井泉水

いつ買ったのかすら憶えていない吉村昭『海も暮れきる』(講談社文庫)を読む。 吉村昭のドラマチック性を

記事を読む

no image

おとなの週末

またしても「こんなときに」という話だが、講談社の月刊グルメ誌「おとなの週末」で 「移民の宴(うたげ

記事を読む

no image

なぜか妻が…

なぜか妻がブータンへ行ってしまった。 今までブータンなど話題にもしたことがなかったのに、五月のある日

記事を読む

no image

今度はインド人をアゼンとさせてしまう

また午前中、また別のソマリランド人と会った後、 いつもどおり、ドトールF店に「出勤」すると、なぜかそ

記事を読む

no image

爆笑ムエタイ武者修行

上智大学の講義、第4回のゲストは 元女子ムエタイボクサーで現在はムエタイエクササイズのインストラクタ

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

no image
イベント&講演会、テレビ・ラジオ出演などのご依頼について

最近、イベントや講演会、文化講座あるいはテレビ・ラジオ出演などの依頼が

ソマリランドの歌姫、来日!

昨年11月に、なんとソマリランド人の女性歌手のCDが日本でリリ

『未来国家ブータン』文庫はちとちがいます

6月23日頃、『未来国家ブータン』が集英社文庫から発売される。

室町クレージージャーニー

昨夜、私が出演したTBS「クレイジージャーニー」では、ソマリ人の極

次のクレイジージャーニーはこの人だ!

世の中には、「すごくユニークで面白いんだけど、いったい何をしている

→もっと見る

    • RT : ゲストは「Gダイアリー」デスクの室橋裕和さん、Gダイで連載していた(イスラム飲酒紀行ほか)高野秀行さん、Gダイ編集部に入りたかった丸山ゴンザレスさん、Gダイ外部編集で「駐妻カナ」などを担当した西野風代さんです。 1月31日(金)、阿佐ヶ… ReplyRetweetFavorite
    • いい時代だ! ReplyRetweetFavorite
    • それにしても、ソン・ガンホは黙って座っていて息をしているだけで面白い。 ReplyRetweetFavorite
    • ポン・ジュノ監督、ソン・ガンホ主演の『パラサイト 半地下の家族』を渋谷の東宝で観た。スクリーンがすごくでかいのに、まちがって前から四列目の席をとってしまったため、「観た」というより「現場に居合わせた」感じ。いや、すごい体験だった。 ReplyRetweetFavorite
    • 子だくさんの「やもめのジョナサン」夫婦が子供をぞろぞろ連れてハネムーンに行く場面と、情けない警官のなべおさみが泥まみれ涙まみれになる場面がいい。展開が早くて笑いあり涙ありでなんだかジャッキー・チェンの映画みたいだった。 ReplyRetweetFavorite
    • 映画好きの友人に強く勧められ、生まれて初めて「トラック野郎を観てしまった。第2作の爆走一番星。始まっていきなり主役の菅原文太がトルコ風呂の裸の女の子たちと酒盛りをしているシーンで度肝を抜かれる。でもあまりにあっけらかんとして、全然エロくないんだが。 ReplyRetweetFavorite
    • 「へうげもの」は完全に私の戦国〜江戸初期の概念を変えた。加藤清正なんて具志堅用高だとしか思えなくなってるし。 ReplyRetweetFavorite
  • 2020年1月
    « 3月    
     12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    2728293031  
PAGE TOP ↑