*

マスクマンになりたい

公開日: : 最終更新日:2014/12/04 高野秀行の【非】日常模様

2014.10.29honya
旧ユーゴ(主にコソボ)の取材が終わってだいぶ経つ。
ブログで写真をお見せしようと思っていたのだが、アップロードする方法がわからなくなってしまい、
できずじまい。今年は写真力を10%くらい(だっけ?)アップしようとしたのに、
前に簡単にできたことができなくなり、写真力アップどころかすでに私の脳が晩年の気配である。

仕事と雑務は相変わらず山積し、もちろん読書と飲酒も欠かせず、
そうこうするうちにひどい歯痛に襲われて悶絶するなど(歯茎に雑菌が入ったためらしい)、
想定外の危機にさらされ、歯痛が終われば原稿が進まず「迷いの森」に入ったきり出てこれない。
3日間、一行も書けていないが、今日は書けるんだろうか?

     ☆         ☆          ☆

今年はインタビューがひじょうに多い。
そのうち2つが昨日、今日と立て続けに発売になった。
両方とも衝撃である。

一つは「AERA」。「40歳のときどうだったか、先輩にお話をうかがうという企画です」と
取材者の人に言われて絶句してしまった。
おい、いつの間にそんな歳になってたんだ、俺。
ついこの間まで学生だったと思ってたのに。
雑誌の紙面で見ても、やはり役に立ちそうなことは何も言ってない。はあ。

もう一つは洋泉社ムック「本屋はおもしろい」
こちらは、話の内容は本屋のことなのでいいが、写真が…。
なにしろこのムック、表紙でわかるように最大の売りは壇蜜インタビュー。
いや、これはムックの企画としても、読書界を盛り上げるためにも大正解だと思うが、
その直後に壇蜜さんと同じ大きさで私の間抜けなおっさん面が現れるのはどうなのか。

私は思わず「うっ」とうめいて、本を閉じてしまった。
見るにたえん。
ムックの企画としても読書界を盛り上げるためにも、もっと若くて人気のあるイケメンの作家にすべきだろう。
小説家ではパッと思いつかないが、ノンフィクションなら角幡唯介とか石川直樹とか。

とにかく私はルックスが悪い。テレビはもう、よほどのことがないかぎり出演しないつもりだが、
それも第一の理由は、自分が動いて喋っている姿が全国に放映されるのが嫌だから。
でも、自分は村上春樹でもなければ尾田栄一郎でもない。
頼まれればインタビューにも応じて、少しでも自分の存在をアピールしなければ生き残れない。
当然だろう。

そこで思ったのである。
マスクマンになるというのはどうだろう。
要は話をするのが嫌なのでなく、自分の顔が嫌なんだから、マスクをかぶればいいのではないか。
そうしたら、読者にも迷惑をかけないし、私ももっと伸び伸びと質問に答え、インタビュー自体もよくなる可能性すらある。

いや、これは真剣に思っているのだけど、これからマスクマンとしてデビューするのはダメだろうか。
単行本や文庫の著者近影もマスクマン。でも本名…というのはちとおかしいが、
別に素性を隠す覆面作家ではないから仕方ない。
どうしても整合性をつけたいというなら、スーパーストロングマシン3号とか
ザ・グレート・タカノという名前で登場してもいい。

壇蜜さんのあとにマスクマン作家が登場したら、読者は喜ぶし、
読書界もさぞ盛り上がると思うのだが。

関連記事

no image

2011年のベスト本はもう決まった!

数日前、増田俊也『木村政彦はなぜ力道山を殺さなかったのか』(新潮社)を読了した。 これほど面白くて

記事を読む

no image

戦時中に建てられた家

友人が大井町線千束に新居を構えたので、 他の友達連中と一緒に遊びに行く。 友人はマレーシア人女性と結

記事を読む

no image

読書気功療法!!

『幻の楽器・ヴィオラアルタ物語』について途中まで書いたら時間がなくなり、そこでぶつ切りになってしまっ

記事を読む

no image

再読でも感激できる本2冊

取材で二日続けて神楽坂をうろつき、取材のためのリサーチと称して飲んだくれている。 その合間に、前に

記事を読む

発掘!笑えるノンフィクション・その1

笑えるノンフィクションを募集したところ、たくさんの方から、当ブログのコメントや ツイッター、あ

記事を読む

no image

言葉を失う映画「魔女と呼ばれた少女」

今3:20AM。こんな時間に覚醒しているのは酒が切れたためだが、今日にかぎってはそれだけではない。

記事を読む

no image

朝鮮名探偵

amazonはよく勝手にお勧めをしてくる。 特によくお勧めされるのは高野秀行の本だ。 私が人に配る

記事を読む

no image

三沢の試合を見よ

アフリカに行っている最中、三沢光晴の急死について、 知人や読者の人たちから多数のお知らせメールをいた

記事を読む

no image

もう一つのキンシャサの奇跡

映画「ベンダ・ビリリ もう一つのキンシャサの奇跡」を渋谷のイメージフォーラムで見た。 もう一つのキ

記事を読む

no image

まくらサイズです。

「在日ムスリムのメッカ」と一部で勝手に言われることもある群馬県・館林&伊勢崎の館林を初めて訪れた。

記事を読む

Comment

  1. ほげほげ より:

    サングラスしてみるのはいかがでしょうか

  2. 黒猫太郎 より:

    そんなに、悪いルックスとは思えないんですが^^

  3. 西嶋 より:

    本多勝一氏は
    サングラス&カツラ
    馳星周氏は
    サングラス&金髪
    さいとう・たかを氏は
    アーミースタイル

    高野さんも民族衣装か民族ラフスタイル&サングラスなどいかがでしょうか?
    高野さんの本を読みこん
    でないコメントテーターや読者にも,何をしてる方なのかビジュアル的に分かりやすいとおもいます。

    • 高野秀行 より:

      うーん、考えてみれば、サングラスをかけると「かっこつけてる」と思われるんですよね。
      私は顔をさらしたくないだけですから。

      民族衣装でコスプレに徹するのはいいかもしれませんが、
      何にすべきか…。
      イランやアフガンのブルカなんかは顔まですっぽり覆うのでいいかもしれません。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

no image
イベント&講演会、テレビ・ラジオ出演などのご依頼について

最近、イベントや講演会、文化講座あるいはテレビ・ラジオ出演などの依頼が

ソマリランドの歌姫、来日!

昨年11月に、なんとソマリランド人の女性歌手のCDが日本でリリ

『未来国家ブータン』文庫はちとちがいます

6月23日頃、『未来国家ブータン』が集英社文庫から発売される。

室町クレージージャーニー

昨夜、私が出演したTBS「クレイジージャーニー」では、ソマリ人の極

次のクレイジージャーニーはこの人だ!

世の中には、「すごくユニークで面白いんだけど、いったい何をしている

→もっと見る

    • 仕事過多の何がよくないかと言えば、インプットが減って発想力や好奇心、心身の鍛練など、仕事に必要な力がやせ衰えていくことだ。といっても、私の場合、アルコールをインプットしすぎているのも事実。これ、もっとダメだな。 ReplyRetweetFavorite
    • 来年の課題は極力、仕事と飲み会を極力減らし、読書や映画の時間を増やすこと。まあ、毎年言っていることだけど。 ReplyRetweetFavorite
    • 近頃は本屋をうろつく時間もなく、買ってもなかなか読む時間がないから、仕事に無関係な本はどんどん読まなくなっている。こんなことでは自分の首を絞めるだけだよなあ。 ReplyRetweetFavorite
    • 一カ月ぶりかそれ以上かわからないけど、とにかく久しぶりに駅前書店以外の本屋へ行き、本をドカンと4冊買った。本の雑誌年間ベスト特集で紹介されていたやつ。 ReplyRetweetFavorite
    • これからクストリッツァの新作を観るところ。 ReplyRetweetFavorite
    • アンドレ・ザ・ジャイアントパンダ、動画で見ると確かに面白い……。とにかくでかい! それにどういう作りになってるのかわからない。「熊猫山脈」というキャッチフレーズにも笑った。 ReplyRetweetFavorite
    • 朝飯を食ってたら妻が「アンドレ・ザ・ジャイアントパンダって知ってる?」といきなり言いだし、「あれは凄い!」「実物を見たい」とか熱く語って止まらない。プロレスなんて全く興味なかったのに、一体どうしたのか。 ReplyRetweetFavorite
  • 2017年12月
    « 3月    
     123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    25262728293031
PAGE TOP ↑