*

マスクマンになりたい

公開日: : 最終更新日:2014/12/04 高野秀行の【非】日常模様

2014.10.29honya
旧ユーゴ(主にコソボ)の取材が終わってだいぶ経つ。
ブログで写真をお見せしようと思っていたのだが、アップロードする方法がわからなくなってしまい、
できずじまい。今年は写真力を10%くらい(だっけ?)アップしようとしたのに、
前に簡単にできたことができなくなり、写真力アップどころかすでに私の脳が晩年の気配である。

仕事と雑務は相変わらず山積し、もちろん読書と飲酒も欠かせず、
そうこうするうちにひどい歯痛に襲われて悶絶するなど(歯茎に雑菌が入ったためらしい)、
想定外の危機にさらされ、歯痛が終われば原稿が進まず「迷いの森」に入ったきり出てこれない。
3日間、一行も書けていないが、今日は書けるんだろうか?

     ☆         ☆          ☆

今年はインタビューがひじょうに多い。
そのうち2つが昨日、今日と立て続けに発売になった。
両方とも衝撃である。

一つは「AERA」。「40歳のときどうだったか、先輩にお話をうかがうという企画です」と
取材者の人に言われて絶句してしまった。
おい、いつの間にそんな歳になってたんだ、俺。
ついこの間まで学生だったと思ってたのに。
雑誌の紙面で見ても、やはり役に立ちそうなことは何も言ってない。はあ。

もう一つは洋泉社ムック「本屋はおもしろい」
こちらは、話の内容は本屋のことなのでいいが、写真が…。
なにしろこのムック、表紙でわかるように最大の売りは壇蜜インタビュー。
いや、これはムックの企画としても、読書界を盛り上げるためにも大正解だと思うが、
その直後に壇蜜さんと同じ大きさで私の間抜けなおっさん面が現れるのはどうなのか。

私は思わず「うっ」とうめいて、本を閉じてしまった。
見るにたえん。
ムックの企画としても読書界を盛り上げるためにも、もっと若くて人気のあるイケメンの作家にすべきだろう。
小説家ではパッと思いつかないが、ノンフィクションなら角幡唯介とか石川直樹とか。

とにかく私はルックスが悪い。テレビはもう、よほどのことがないかぎり出演しないつもりだが、
それも第一の理由は、自分が動いて喋っている姿が全国に放映されるのが嫌だから。
でも、自分は村上春樹でもなければ尾田栄一郎でもない。
頼まれればインタビューにも応じて、少しでも自分の存在をアピールしなければ生き残れない。
当然だろう。

そこで思ったのである。
マスクマンになるというのはどうだろう。
要は話をするのが嫌なのでなく、自分の顔が嫌なんだから、マスクをかぶればいいのではないか。
そうしたら、読者にも迷惑をかけないし、私ももっと伸び伸びと質問に答え、インタビュー自体もよくなる可能性すらある。

いや、これは真剣に思っているのだけど、これからマスクマンとしてデビューするのはダメだろうか。
単行本や文庫の著者近影もマスクマン。でも本名…というのはちとおかしいが、
別に素性を隠す覆面作家ではないから仕方ない。
どうしても整合性をつけたいというなら、スーパーストロングマシン3号とか
ザ・グレート・タカノという名前で登場してもいい。

壇蜜さんのあとにマスクマン作家が登場したら、読者は喜ぶし、
読書界もさぞ盛り上がると思うのだが。

関連記事

no image

酒飲み書店めぐり

『怪獣記』の担当編集者とともに、丸一日かけて書店へ挨拶まわり。 ほとんどが名高い(?)酒飲み書店員

記事を読む

no image

新年早々の願い事

今年最初の読書は意外にも(?)村上春樹『めくらやなぎと眠る女』(新潮社)。 装丁があまりに素晴らし

記事を読む

no image

マイナー・ミート対談

9月15日(土)にジュンク堂池袋店にて、『世界屠畜紀行』の内澤さんとトークセッション (まあ、公開対

記事を読む

no image

ジャナワール・トークライヴ

コダックフォトサロンで開催されている、カメラマン森清の個展会場で、 角田光代さんとトークライヴを行う

記事を読む

no image

『わが盲想』の意外な落とし穴

いよいよアブディン『わが盲想』(ポプラ社)が本日発売である。 宮田珠己部長には前もって献本

記事を読む

no image

魔術的リアリズムのブラジルサッカー

アレックス・ベロス『フチボウ—美しきブラジルの蹴球』(ソニーマガジンズ)は 実に面白い本だった。

記事を読む

no image

前代未聞の藤沢周平ベストテン

『本の雑誌増刊 おすすめ文庫王国2007年』が発売された。 私はこの中で、なんと藤沢周平の全作品か

記事を読む

no image

昔の愛読書

今から30年以上も昔、私が小学生になったかならないかの頃、 トラゴロウというトラの出てくる物語を愛

記事を読む

no image

また増刷

「異国トーキョー漂流記」(集英社文庫)の増刷が決まった。 これで三ヶ月連続で増刷だ。 運がよすぎるの

記事を読む

no image

まるでカフカの「審判」

  「オシムの言葉」(集英社文庫)などユーゴ・サッカー三部作で知られる木村元彦氏から 「争うは本意

記事を読む

Comment

  1. ほげほげ より:

    サングラスしてみるのはいかがでしょうか

  2. 黒猫太郎 より:

    そんなに、悪いルックスとは思えないんですが^^

  3. 西嶋 より:

    本多勝一氏は
    サングラス&カツラ
    馳星周氏は
    サングラス&金髪
    さいとう・たかを氏は
    アーミースタイル

    高野さんも民族衣装か民族ラフスタイル&サングラスなどいかがでしょうか?
    高野さんの本を読みこん
    でないコメントテーターや読者にも,何をしてる方なのかビジュアル的に分かりやすいとおもいます。

    • 高野秀行 より:

      うーん、考えてみれば、サングラスをかけると「かっこつけてる」と思われるんですよね。
      私は顔をさらしたくないだけですから。

      民族衣装でコスプレに徹するのはいいかもしれませんが、
      何にすべきか…。
      イランやアフガンのブルカなんかは顔まですっぽり覆うのでいいかもしれません。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

no image
イベント&講演会、テレビ・ラジオ出演などのご依頼について

最近、イベントや講演会、文化講座あるいはテレビ・ラジオ出演などの依頼が

ソマリランドの歌姫、来日!

昨年11月に、なんとソマリランド人の女性歌手のCDが日本でリリ

『未来国家ブータン』文庫はちとちがいます

6月23日頃、『未来国家ブータン』が集英社文庫から発売される。

室町クレージージャーニー

昨夜、私が出演したTBS「クレイジージャーニー」では、ソマリ人の極

次のクレイジージャーニーはこの人だ!

世の中には、「すごくユニークで面白いんだけど、いったい何をしている

→もっと見る

  • 2017年3月
    « 8月    
     12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    2728293031  
PAGE TOP ↑