*

善し悪しはわからないけれど。

公開日: : 最終更新日:2014/10/21 高野秀行の【非】日常模様

先週の日曜日、コソボより帰国した。

今回の旅はひじょうに忙しかった。
移動につぐ移動、その合間にメールで編集者と打ち合わせをしたり、ゲラの校正をしたり、
取材の手はずを整えたり。
よく外国にいると、「どうして日本ではあんなに忙しいのだろう」と不思議の念に打たれるのだが、
今回はまるで日本にいるときと同じだった。
よくないことであると反省。

取材自体はどうだったのかというと、おおむね失敗だった。
失敗だったのだが、コソボのアルバニア人は面白かった。
ヨーロッパにおける「辺境の民」と呼ぶにふさわしい。
何か形になるかどうか大いに疑問だが、ぜひもう一度行ってみたい。

     ☆         ☆          ☆

2014.10.20tabiwanさて、去年は2ヶ月も家族でタイ旅行をした。よく考えれば相当非常識な旅だった。今まで日本からタイへ、単なる旅行のために犬を連れて行った人など皆無じゃなかろうか。

そんな経緯を妻・片野ゆかが単行本にした。
『旅はワン連れ ビビリ犬・マドとタイを行く』(ポプラ社)
本書では私は写真担当。旅の間中、カメラを手放さず、撮りまくっていた。
正直言って、この本が一般読者にとって面白いのか全くわからない。
なにしろ、家族のプライベート旅行の話なのだ。

ただ、海外へ犬連れで旅行に行きたいという人には参考になるだろう。
そのノウハウについてここまで詳しく書かれた本はないはずだから。
どっちにしても奇書だということで、お許し願いたい。

関連記事

no image

落語界の奇才、小説もいけるのか!

春風亭昇太がリーダー役を務める創作話芸アソーシエーション、略してSWA。 私は昇太さんの独演会も好き

記事を読む

no image

日本冒険界の奇書中の奇書

(昨日からのつづき) 「冒険家の藤原さん」で「イリアン」といえば、思い出すのは峠恵子の「ニュー

記事を読む

no image

ほんとうに極限捜査

一週間くらい前、「あまりに重過ぎて飽きた」といった オレン・スタインハウアーの『極限捜査』(文春文

記事を読む

no image

シリア入国

昨日、トルコのユーフラテスから離れて、 シリア領に入った。 エンギンともお別れ。 彼は私の『怪獣記』

記事を読む

no image

うちの子は中華学校に入れたい

最近、「移民の宴」の取材があまりに頻繁で、 週に3,4回、編集の河井さんとカメラマンの森清と一緒に

記事を読む

no image

顔写真なしでよかった

『西南シルクロードは密林に消える』(講談社文庫)の 全作業が終了した。 今回、講談社文庫に初めて入る

記事を読む

no image

エンタメ・ノンフの秋!

「ダ・カーポ」の増刊「早稲田大学特集」の取材を受ける。 ワセダを出てへんなことをやっている人間のコー

記事を読む

no image

芥川賞受賞の衝撃作

あまりに評判がいいので、磯崎憲一郎『終の住処』(新潮社)を読んでみたら、 衝撃を受けた。 こ、これ

記事を読む

no image

まるでカフカの「審判」

  「オシムの言葉」(集英社文庫)などユーゴ・サッカー三部作で知られる木村元彦氏から 「争うは本意

記事を読む

no image

新趣味はロマ(ジプシー)音楽

最近、急に趣味がいくつもできてきた。 その一つがロマ(ジプシー)音楽を聞くこと。 ジプシー音

記事を読む

Comment

  1. 鳥頭 より:

    マドちゃんかわいいですね。
    楽しみにしています。

  2. 西嶋 より:

    個人的な書評で申し訳ないですが…
    以前、高野さんのブログ『龍馬史』でコメントさせていただき、歴史ミステリーの本を紹介していただいた西嶋です。

    個人的な見解ですが、
    ファンタジー作家の上橋菜穂子は現代の預言者では???

    最近出版された『鹿の王』角川書店は、
    謎の伝染病がテーマで
    日本にも上陸したエボラ熱を暗示してますし、
    『守り人』シリーズのラストも大洪水から人びとが立ち上がるシーン
    も、2011.3.11の震災を暗示してます。

    民族学にも詳しい彼女は歴史の必然を予感できるのでしょうか???

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

no image
イベント&講演会、テレビ・ラジオ出演などのご依頼について

最近、イベントや講演会、文化講座あるいはテレビ・ラジオ出演などの依頼が

ソマリランドの歌姫、来日!

昨年11月に、なんとソマリランド人の女性歌手のCDが日本でリリ

『未来国家ブータン』文庫はちとちがいます

6月23日頃、『未来国家ブータン』が集英社文庫から発売される。

室町クレージージャーニー

昨夜、私が出演したTBS「クレイジージャーニー」では、ソマリ人の極

次のクレイジージャーニーはこの人だ!

世の中には、「すごくユニークで面白いんだけど、いったい何をしている

→もっと見る

  • 2019年5月
    « 3月    
     12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    2728293031  
PAGE TOP ↑