*

忘年会、新年会シーズン、カラオケで1ランク上をめざす人に必要なのは、センスではなく「○○○」だった!

忘年会や新年会など、これからカラオケを歌う機会が増えてくるシーズンにぴったりの番組テキストを編集しました。
(ブログのタイトルがちょっとアレですが、答えは最後のほうにでてきます)

IMG_5396

NHK趣味Do楽 めざせカラオケ王(キング)! 広瀬香美のボーカルレッスンPart2

 

タイトルにPart2とあるとおり、Part1は「誰でも歌はうまくなる!」と題し、2012年の10~11月に放送されました。音痴や自分の声に悩みを持っている人など「歌を楽しく歌えたらいいのに……」という人たちをメインターゲットに、いちから歌を学ぶレッスンでした。

 

その中のカリキュラムとして、「カラオケの歌い方」について触れていたのですが、この回が思いのほか好評だったようで、Part2では、「カラオケ」をメインテーマにすえ、タイトルもずばり「めざせカラオケ王(キング)!」となりました。

番組チームも出版チームもPart1とほぼ同じメンバー。

しかも企画が早めに動き出したこともあり、ふだんから日本とロサンゼルスを行ったり来たりしていて、日本滞在中の時間が少ない広瀬さんのスケジュールもバッチリ確保。

企画段階から練りに練った上で作業がスタートしました。

 

 

歌は、音楽という芸術の1カテゴリに入っているためか、良し悪しについて語ると、すぐに「センス」の話になってしまいがちです。

よく聞く「歌のセンスがないんです……」というやつです。

ところが、これについての広瀬さんの持論は明解です。

 

『歌はセンスではなく、スポーツと同じく筋力!というもの。

 

歌を歌うという行為は、息を吸って、その息で声を出して歌うという動作です。

つまり、体の動きそのものは、スポーツなどと同じく「運動」であるというのが基本的な考え方。

ですから、そのための筋力や、体の動かし方をマスターすれば、自然と歌もうまくなるということなんですね。

音感についても、

「歌う」「耳で聞く」「脳で判断する」「声をコントロールする」

という一連の動作を、ちゃんと意識しながら繰り返すことで、必ず体が慣れてくるので心配ありません。

 

この辺りは、各種運動の基礎練習や、基本パターンの反復練習にも似ていて、案外、運動経験のある人のほうがすんなりできてしまうことが多いようです。

というのも、実際Part1に引き続き、Part2でも生徒役に抜てきされた荻原次晴さんは、並外れた身体能力を使い、レッスンを通して、ぐんぐん上達していきました。

たとえば「ピアノの音に合わせて同じ音を出す」であるとか、デュエットでハモるであるとか、一般的に音楽が「センス」云々と言われるような部分ですら、腕を上げたり、腰周りの筋肉を意識的に使ったりすることで、体に覚え込ませて課題をクリアしていたのです。

この体を使って歌を歌う方法を、広瀬さんは『身体を使う発声法』と名づけています。

番組、テキストを通して、最初から最後まで、ず~っと出てくるキーワード。

つまり、歌にとって大事なことは、センスではなくカラダで歌うことなんです。

 

歌に自信のない人はもちろんですが、歌にある程度自信のある人にも、おすすめだと私は思っています。

特に、メロディーや音程もそこそこきちんと歌えるのに、自分の地声がイマイチだなぁと感じている人には、そこから脱却するための一手になるでしょう。

例えば、合唱部などで合唱経験があって、クラシック的な歌い方はできるのに、ポップスを歌うと何か違う……と思っている人などにも、ど真ん中ストライクの講座なはずです。

ちなみに、番組は昨日(12月3日)スタートしたばかり。

生徒役の荻原次晴さん、熊谷真実さん、高橋真麻さんの3名が、それぞれ自分の声のコンプレックスを語り、自分の歌いたい課題曲を決めたところまで進んでいます。

実際のレッスンは次回、12月10日(火)の第2回放送(Eテレ21:30~)からですので、まだ間に合います(笑)。

 

PR

関連記事

燦然と輝くリッケンバッカーのヘッドマークのついたアコギ

リッケンバッカーのアコギ

13日の木曜日、邦楽ジャーナルの取材で赤坂プリンスへ行ってきました。 九州は小倉在住の尺八奏者「山

記事を読む

no image

手帳を振り返ってみたら

のんきに北海道を満喫(実際は足にまめが出来たり、朝3時起床だったりと、全然のんきではないんだけれど)

記事を読む

no image

田嶌さんのギターが美しいCD付ギターソロスコア

「CDで覚える カフェで流れる ギターソロ曲集2」 (ドレミ楽譜出版社 2500円+税) ドゥーズ・

記事を読む

no image

専修大学三曲研究会 第38回定期演奏会

 ごくごく内輪で大好評だった「ミャンマー紀行」でも記したが、ワビサビの心を知る「粋でナイス」な私は大

記事を読む

no image

ユーキャンの「空から見る日本の絶景」の鑑賞ガイド制作を担当しました

「空から見る日本の絶景 DVD」の映像とセットになっている鑑賞ガイドを担当しました。 「空から

記事を読む

no image

ミャンマー、韓国、一五一会、マレーシアな11月。

 ミャンマーでの強烈な体験がいけなかったのか、出国前の尋常じゃない仕事ぶりが仇になったのか、10月か

記事を読む

no image

一見、回り道のような経験も無駄にはならない(前編)

 長野県出身  小学校1年より日本全国を歩いて旅する  大学時、自転車で四国霊場八十八箇所完走  中

記事を読む

no image

いかん、月1ペースになっている

 4月放送開始のNHKテキストを2冊同時進行で抱えているため、先週から2週間連続でほぼ毎日深夜営業。

記事を読む

アコギの神様のコンプリート本、『石川鷹彦WORKS II』を編集しました。

去年の9月から制作にあたっていた本が8月末に出版された。 『石川鷹彦WORKS Ⅱ』マットブ

記事を読む

no image

新春の仕事は「山」です。

 七草粥もすぎてしまい、今さらですが明けましておめでとうございます。  今年もいろんな人と出会い、い

記事を読む

PR

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

PR

2020年1月21日(火)@赤羽/新宿二丁目ママ歴27年、涼ママの歌とトークと焼肉ホルモンde笑ってナイト、大盛況でした。

 久しぶりのイベント復帰、どんなことになるだろう……と思いつつ、フタ

2020年1月21日(火)@赤羽/新宿二丁目ママ歴27年、涼ママの歌とトークと焼肉ホルモンde笑ってナイトをプロデュースします。

 あっという間に2019年が過ぎ去り、2020年入り。 明けましてお

小林家と居倉家の対面について書かれた福島民友新聞社の記事。
小林家のファミリーヒストリー 〜信州から会津に行ったご先祖様〜

NHKに「ファミリーヒストリー」という人気番組がある。 毎回、ひ

出版不況の中、デジタルオンデマンド印刷の登場は、業界をどう変えるのか?
出版不況の中、デジタルオンデマンド印刷の普及で出版界はどう変わる?

このところ、本の雑誌社の杉江さんと「おとなの社会科見学」が続いている。

レンガ状に配置された「Project」。今回、会社のサービスを紹介する場所に使いました。
WPテーマ「Perth」の設定で困ったこと③プロジェクトが表示されない!

先日、会社のホームページをリニューアルしました。Wordpressの「

→もっと見る

  • 2021年5月
     12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    31  
PAGE TOP ↑