*

iPhoneがないとスペック半分の男……

公開日: : あれこれ思考してみる

先日、人と話していて

「あっ、それなんだったっけ?」
「ちょっと待って、調べてみますよ…」
とズボンのポケットに手を突っこんでみたら、ない…。

その時、私の右手が握るはずだったiPhoneは、一人さみしく事務所のDockに刺さっていました。

たまたまカバンに入っていたiPad(Wi-Fi)が野良電波を拾ってくれたおかげで調べ物は無事完了、事なきを得たわけですが、自分の能力って、iPhone含めた電子ツールも込みなんだなぁと痛感したというか、再確認したというか、若干切なくなったというか……(笑)。

しかし、冷静に自分を見つめてみると、もともと記憶の精度は高い方でなく、会話の中でふと出てくる数字や記号、固有名詞などでも、「9割方あってるけど微妙に違っている」といったことが少なくありません。
その代わり、インデックスとしては結構な量がインプットされているので、詳細は改めて調べる、と割りきればそれはそれで便利な場合もあります。

たとえば、ブレーンストーミングのように情報をもとにいろんな案を出したり、「あれとこれを組み合わせて」的な、情報と情報との掛け合わせで考えたりする場合などです。

ネットが生活の隅々に行き渡る近未来の日本を描いた、アニメ『攻殻機動隊』には、膨大な情報を「外部記憶」として,まるでハードディスクのバックアップのようにメインの記憶から外しておいて、必要に応じてアクセスするシーンがあります。

規模も能力も圧倒的に違いますが(苦笑)、
イメージとしてはそんな感じかもしれません。

考えてみれば、今やっている「編集」「ライター」「カメラ」などの仕事も、電子ツールがなければ、果たして自分にできたかどうか、相当怪しいです。

電子ツールの筆頭はパソコンですが、前段のiPhone、iPadには、ウェブだけでなく、カメラやビデオ、レコーダーとしての機能のほか、EvernoteやDropboxなどのクラウドを使ったサービス、その他、アプリを追加することで、さまざまな作業が可能になります。

仕事で使う一眼レフも、絵作りや風合いなどの好みはさておき、フィルムからデジタルになったことで、撮影場所や枚数の制限から解放されたり、その場で確認しながら撮影作業を行えるようになりました。

さらに言えば、今この文章は、iMacの標準ソフトMailについている「メモ」機能を使って書いているわけですが、「文章を目で確認しながらその都度推敲して書いていく」というタイプの人間にとっては、パソコンという執筆環境は非常に快適です。

というのも、原稿用紙に鉛筆で書いていくスタイルだと、文章の前後を入れ替えたり、言い回しを変えたりという作業がしづらく、書いては消し、消しては書いてといった具合で、一向に作業が進まないか、もしくは修正線と文章入れ替えの校正記号が飛び交う、黒々(赤々?)とした原稿になってしまうと思うのです。
そもそも、手書きとキーボードでは入力速度にも差がありすぎです(わたし比)。

そんな訳で、
「電子ツールを使いこなす能力とそこから受ける恩恵も含めて自分の能力だ〜(汗)」
と、調布の中心から詭弁を叫びつつ、キーボードから手を離したいのであります。

 

「ネットは広大だわ…」 

 

PR

関連記事

文体について考える〜あなたは「ですます調」「だである調」どちらが書きやすいですか?〜

今日はブログの文体について少し考えてみます。 文体とは、文章のスタイルのことです。書き手によってい

記事を読む

no image

「編集」とは、実のところ何をしているのか(1)

記事を読む

no image

「編集」とは、実のところ何をしているのか(2)〜1枚の写真の裏側には膨大なボツの山がある〜

編集の業務の中で、ふだんの生活に役立ちそうなことを書いてみたいと思います。 前編「編集」とは、

記事を読む

実際に起業した自分が振り返る「独立する前に会社勤めを経験しておくといいよという5つの理由」

私が有限会社AISA(アイザと読みます)を起業したのは、2004年10月のことでした。 当時は

記事を読む

伊藤檀「自分を開く技術」でサッカー本大賞2017の優秀作品賞、読者賞を受賞しました

2000年に楽譜の出版社に転職し、そこから私の編集者人生はスタートしました。 独立後は、楽譜か

記事を読む

no image

話の長い人は「10文字以内で述べよ」のルールを使ってみる

[/caption] 「10文字以内で述べよ」 これは、日本盛で営業マンをしていた頃、親

記事を読む

no image

人はなぜ、三日坊主になってしまうのか。〜ほぼ日ブログ宣言とその真意〜

昨日、高校の同級生で、マンションや商業施設の再開発業務を行う会社を経営している齋藤くんが会社へ遊びに

記事を読む

no image

名物ブログのウラに編集の技あり!

新年度の初日、Facebookのウォールに飛び込んできた永江一石さんのリンクを一目見て、今期の日々の

記事を読む

編集者から見たプロフェッショナル(1)フォトグラファー〜瞬間を切るとる魔術師たち〜

編集の仕事は、本や雑誌ごとに複数の人とチームを組み、最終的にひとつのものを作り上げます。 制作

記事を読む

Facebookで仕事がはかどる?!〜グループ機能を使って情報を共有する〜

職場のパソコンでFacebookを見ていると、サボっているように思われる……という方に必見(?)の、

記事を読む

PR

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

PR

2020年1月21日(火)@赤羽/新宿二丁目ママ歴27年、涼ママの歌とトークと焼肉ホルモンde笑ってナイト、大盛況でした。

 久しぶりのイベント復帰、どんなことになるだろう……と思いつつ、フタ

2020年1月21日(火)@赤羽/新宿二丁目ママ歴27年、涼ママの歌とトークと焼肉ホルモンde笑ってナイトをプロデュースします。

 あっという間に2019年が過ぎ去り、2020年入り。 明けましてお

小林家と居倉家の対面について書かれた福島民友新聞社の記事。
小林家のファミリーヒストリー 〜信州から会津に行ったご先祖様〜

NHKに「ファミリーヒストリー」という人気番組がある。 毎回、ひ

出版不況の中、デジタルオンデマンド印刷の登場は、業界をどう変えるのか?
出版不況の中、デジタルオンデマンド印刷の普及で出版界はどう変わる?

このところ、本の雑誌社の杉江さんと「おとなの社会科見学」が続いている。

レンガ状に配置された「Project」。今回、会社のサービスを紹介する場所に使いました。
WPテーマ「Perth」の設定で困ったこと③プロジェクトが表示されない!

先日、会社のホームページをリニューアルしました。Wordpressの「

→もっと見る

  • 2024年7月
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    293031  
PAGE TOP ↑