*

Malaysian Week??

公開日: : 最終更新日:2012/05/25 今日のお仕事

 私がマレーシアのDJ達と代官山でバカっぱなしに花を咲かせている頃、実は他にもマレーシアから著名人達が訪れていた。「ラブン(Rabun)」「細い目(Sepet)」「Rain Dogs(太陽雨)」…と書いて分かった方、流石です。そう、今年の第19回東京国際映画祭では「アジアの風」カテゴリ内に「マレーシア(映画)新潮」と題して、マレーシアの映画が大々的に取り上げられ、昨年、最優秀アジア映画賞を「細い目」で獲得したヤスミン・アハマド監督の全作品や、ホー・ユーハン監督をはじめとしたマレーシアの監督陣の作品が軒並みエントリーされた。KL在住の知人はことある毎に「今、マレーシアの映画は熱い!」とかれこれ3年は言い続けていたので、彼の貯まりに貯まった溜飲もこれで多少は下ったことであろう。
 さて、その数多くのマレーシア映画の中で俳優としてクレジットされながら、ミュージックシーンでも活躍している中華系マレーシア人がいる。彼の名はピート・テオPete Teo)。ホー・ユーハン監督の「Rain Dogs」で堂々たる俳優ぶりを魅せている。ちなみに六本木の赤絨毯を颯爽と歩いた彼は「マレーシアの有名俳優」として紹介されていたので、日本では俳優としての人気の方が出てくるかも知れない。映画祭については私より詳しい方々に委ねるとして、そのPeteが日曜日、渋谷にて「60 minutes live」と題して、ギター1本の弾き語りライブを行った。
 どうやら前日遅くまで東京の夜を満喫してしまったピートは「まだ体が寝てるから、目が覚めるように」と生ビールを飲みながらのライブスタート!日本人独特の静かな聴衆ムードに「ああ、日本語がしゃべれたらもっと楽しいのに!」と客席との微妙な距離に戸惑いながらも、観客を沸かせる彼持ち前のトークとパフォーマンスで会場は次第に温まっていく。ストローク系の「ARMS OF MARIANNE」で手拍子が彼のギターを煽るようにどんどん速くなってしまい、たまらずみんなに「速くしないように!」と笑いながら訴えてからは、会場が一つになってピートワールドに突入。あっという間の60分が幕を閉じ、また一つ音楽が言葉の壁を越える瞬間に立ち会った。
 終演後、CDにサインしてもらうべくPeteの元へ。彼はコタキナバル出身だということで、昨年、風りんと共にコタキナバルでセッションをしたギタリスト、ロジャー・ワン(Roger Wang)について聞いてみると「ああ、彼は友達だからよろしく言っとくよ」とのこと。マレーシア屈指のフィンガーピッキング・ギタリストであるロジャーも最近ファリッド・アリとのユニットを始動させたばかり。コタキナバルのライブレストランではサンタナやクラプトンのコピーをする若者バンド(しかも超うまい&超そっくり)もいたし、ポップやロックの育つ豊かな素地があるのかも知れない。そんなことで、先週はマレー系のHIP HOP DJから中華系のPOP&ROCKまで、マレーシアどっぷりの1週間であった。
 ちなみにピートの来日で大活躍だったのが、アサネギシさんと同じようにマレーシアにネットワークをもつ竹内志織さん。彼女は華人系が専門で、来日したピートをいろいろなメディアととりつないでいた。極めつけはCCTV(中国中央電視台)のテレビインタビューだから、これまたとんでもなくすごい人である。

PR

関連記事

設定とこだわりの絶妙なさじ加減。「戦車に夢中です!」を編集して思う、ガルパンとWoTのすごさ

去年の年末から取りかかっていた企画が、7月の中旬、形になりました。 戦車に夢中です!ガールズ

記事を読む

no image

手帳を振り返ってみたら

のんきに北海道を満喫(実際は足にまめが出来たり、朝3時起床だったりと、全然のんきではないんだけれど)

記事を読む

no image

2009年、プロの器用貧乏は「プロの器用」に成れるのか?

 年が明けてはや7日も経ってしまった。  相変わらず年をまたぐ仕事を抱えていたので、実家にパソコンを

記事を読む

no image

ユーキャンの「空から見る日本の絶景」の鑑賞ガイド制作を担当しました

「空から見る日本の絶景 DVD」の映像とセットになっている鑑賞ガイドを担当しました。 「空から

記事を読む

アコギの神様のコンプリート本、『石川鷹彦WORKS II』を編集しました。

去年の9月から制作にあたっていた本が8月末に出版された。 『石川鷹彦WORKS Ⅱ』マットブ

記事を読む

no image

最近のお仕事 2011年3月〜4月

 NHK出版の編集部より見本誌が届く。 「チャレンジ・ホビー 馬で大地を駆け抜けたい!」は、取材&

記事を読む

no image

めんそ〜れ!知名定男の三線入門スタート

 今日から、趣味悠々で三線の講座が始まる。  先生は、沖縄島唄界の大御所、知名定男(ちな・さだお)。

記事を読む

no image

知らない世界に飛び込む面白さ

 例のサイゾーのセミナーの後、新宿へ向かった。  大学時代の後輩が主催した新年会に参加するためである

記事を読む

no image

夢を叶えるなら「文字化」しろ!?

あっという間に8月も最終週です。 すっかりネット界からランナウェーしておりましたが、皆様は如何お過ご

記事を読む

no image

一見、回り道のような経験も無駄にはならない(前編)

 長野県出身  小学校1年より日本全国を歩いて旅する  大学時、自転車で四国霊場八十八箇所完走  中

記事を読む

PR

Comment

  1. 二村 より:

    AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.1; .NET CLR 1.1.4322)
    溜飲が下がったマレーシア在住の友人です。
    映画としてのクォリティ(撮影とか照明とか音声とか)が
    しっかりしたマレーシア映画が増えてきたのは間違いありません。
    あとはしっかりしたシナリオなんだろうなーと思います。
    がんばれマレーシア映画。
    ちなみみ、『アジアの風』というのは映画祭の
    中のカテゴリーの一つで、その中で今年の特集として
    銘打たれているのは『マレーシア(映画)新潮』です。

  2. より:

    AGENT: Mozilla/5.0 (Macintosh; U; PPC Mac OS X; ja-jp) AppleWebKit/312.8 (KHTML, like Gecko) Safari/312.6
    二村さん、どうもありがとうございます。
    当の映画祭はコンペ部門では色々ごたごたがあったようですが、とにもかくにもマレーシアの映画がフィーチャーされたことにバンザイですね。これらマレーシアの映画が定期的に見られるようになると最高です。
    ご指摘部分、修正しておきました!

  3. AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.1; SV1; .NET CLR 1.1.4322)
     今回のマレーシア映画特集で来日した映画人のなかでも一番目立っていたのは、ピートだったのは事実ですね。
     
     やはり、マレーシアのクリエィター達に慕われる兄貴ぶりと外国人にもこころを通わせるフレンドリーさが注目された理由のようです。
     けっこう彼は、ブログでマレーシアの表現の自由に対して急進的な意見を述べている気骨ある人物でもあるのですよ。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

PR

2020年1月21日(火)@赤羽/新宿二丁目ママ歴27年、涼ママの歌とトークと焼肉ホルモンde笑ってナイト、大盛況でした。

 久しぶりのイベント復帰、どんなことになるだろう……と思いつつ、フタ

2020年1月21日(火)@赤羽/新宿二丁目ママ歴27年、涼ママの歌とトークと焼肉ホルモンde笑ってナイトをプロデュースします。

 あっという間に2019年が過ぎ去り、2020年入り。 明けましてお

小林家と居倉家の対面について書かれた福島民友新聞社の記事。
小林家のファミリーヒストリー 〜信州から会津に行ったご先祖様〜

NHKに「ファミリーヒストリー」という人気番組がある。 毎回、ひ

出版不況の中、デジタルオンデマンド印刷の登場は、業界をどう変えるのか?
出版不況の中、デジタルオンデマンド印刷の普及で出版界はどう変わる?

このところ、本の雑誌社の杉江さんと「おとなの社会科見学」が続いている。

レンガ状に配置された「Project」。今回、会社のサービスを紹介する場所に使いました。
WPテーマ「Perth」の設定で困ったこと③プロジェクトが表示されない!

先日、会社のホームページをリニューアルしました。Wordpressの「

→もっと見る

  • 2020年7月
    « 1月    
     12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    2728293031  
PAGE TOP ↑