*

自転車爆走400キロ!その7 〜ついに完結、宮崎へ〜

公開日: : 最終更新日:2012/05/25 無茶旅行

 ケータイの目覚ましが鳴る3分前に目が覚めた。外はまだほの暗い。九州は日が長い分だけ朝寝坊だ。
7時、高千穂を出発。あたりに停めてある車は窓ガラスが霜で覆われ、吐く息が白い。
 高千穂駅を過ぎ国道218号線を右折、一路東に向かって爆走。でこぼこした山が霧に煙り、切り立った崖の下を龍が這うように川がくねくねと流れている。川を跨ぐたび川面から100メートルはありそうな高架橋を越え、視線を下に落とすと吸い込まれそうになる。
標識が見えた。
 延岡45km 
 宮崎150km
 二人とも固まる。
 延岡まで行ってもまだ100キロ近くある。
「延岡までは下りのはず。時速20キロで10時には着くよ」
 信号が青に変わり高野さんがロケットダッシュでぶっ飛ばす。
 私も続く。
 が、ほどなくキタ2号がパンクした。
 後ろのタイヤにぶっといクギが刺さっていた。
 昨日は1000メートルの山、今日はクギ。
 1号ゆずりの温厚なキタ2号も、さすがにキレた(と思う)。
 タイヤをハズし、チューブを入れ替えやっとのことでタイヤをはめたが、どうもおかしい。
 再び開腹手術のキタ2号。
 見れば替えたばかりのチューブに穴が空いていた・・・。
 二度にわたる大手術(一回目は医療ミスの疑いアリ)を終え、新米医師らが喜びで固く手を握りあう。
 時計は10時を2分回っていた。
 出発して1時間ほどで食らった大ブレーキは精神面にも効果てきめんで、宮崎が一段と遠のいてしまう。
 朝から一度も神頼みをしていない高野さんがぼやく。
「先を急ごうなんて、バチが当たったかな」
 弱気がスピードにも表れて、延岡に着いたのは午後の2時。宮崎はここから100キロも先である。
 だが、転機は突如訪れた。
 さびれた駅前を通り過ぎ、郊外にあるジャスコへ向かう。宮崎県の地図(なぜここで買うのかはコチラ)と、高野さんが高千穂で忘れてきた耳当てを買うためだった。閑散とした駅前商店街とジャスコの賑わいぶりの落差には相当びっくりしたが、何はともあれ出発と、自転車にまたがったまさに“その時”、1本の電話で歴史が動いた。
 さっきまでふにゃふにゃしていた高野さんの顔が、ふにゃ→苦笑い→ふつう→しゃきっ→とまどい→苦悩へと変化していく。
「おいワタル、4日後、ユカ様、ダル様(*1)が鹿児島入りする。それまでに鹿児島まで(*2)辿り着いて、原稿を2本書き上げて(*3)、お迎えの下準備をして・・・うー、こうしてはおれん。おれは今日中に、何が何でも宮崎に行く!!」

*1ダル様は御歳1Xのミニチュアダックス。高野家勢力ランクではユカ様に続くNo.2。ちなみに高野さんは最下位のNo.3。
*2延岡から宮崎を経由して鹿児島に至るには300キロ近くあり。
*3旅に出る条件が「仕事はちゃんとすること」であり、さらに集英社文庫HPの原稿を落としたり、旅を途中で断念した場合は家に入れさせないという約束であった。

 こうして我々は、猛烈な勢いで一路宮崎へと爆走、100キロを5時間で駆け抜けて、8時に宮崎駅に到着した。
キャリア・荷物満載、ペダルはノーマル、しかもマウンテンバイクのキタ2号に、SPDペダルのついているロードレーサーのワタル2号が引き離される場面も度々あっただけに、ユカ様とダル様の威光は神様級、いや、神様をかるく超えている。
 無事宿も決まり、地鶏料理屋で互いの頑張りを生ビールで称え合った。「安堵」という二文字が高野さんの顔に書いてある。私は私で明日、空港まで5キロ走るだけだ。
 うまい地鶏と宮崎料理に促されて、焼酎が進む。
 時はすばやく日付変更線をこえ、二人はしたたかに酔っぱらった。
 翌朝、土砂降りの中、二日酔いでびしょ濡れになりながらペダルを漕ぎ、しかも出発10分前に到着することなど夢にも思わずに。
 あわてて自転車をバラし、ロビーへ駆け入ると大きなアナウンスが聞こえた。
「ANA●●●便、9:45分東京行きは、遅延のため11時出発予定に変更いたします」
 最後の最後で、神頼みのおこぼれが私にも落ちてきたのだった。(了)

▲著者極秘来店(偵察?) 明林堂書店日向店さんへ
高野さんの自転車爆走日本南下旅日記「神に頼って走れ!」
集英社文庫のウェブサイト
にて。こちらをどうぞ。

▲自分のコーナーを見つけ、喜びを隠せない本人

PR

関連記事

no image

ミャンマー紀行〜チン州への道〜(1)

 まるで冷蔵庫にいるような効き過ぎのエアコンから徹夜明けの体を守るには、紫色の毛布では少々薄すぎた。

記事を読む

チン州であった民族衣装を着た女性

ミャンマー紀行〜チン州への道〜(3)

「どこの国にいっても大抵自分のナショナリティー(アメリカ人とかフランス人とか)について意識することが

記事を読む

no image

ミャンマー紀行〜チン州への道〜(4)

 日本の登山道では大抵の場合、行き交う人々は同じ様な登山者であることが多い。しかしヴィクトリア山への

記事を読む

no image

九州最高峰!屋久島の宮之浦岳(1936m)に登る

 せっかく『日本の名山』(ユーキャン)を書いたのに、今年は高尾山しか登れなかった…。  と、おもった

記事を読む

no image

北海道は寒かった

 GW明けからあっという間に2週間が経とうとしている。  ゆっくりと旅の想い出を紹介したいが、どうに

記事を読む

no image

自転車爆走400キロ!その3 〜想い出の竹田 前編〜

 ふと人の気配を感じた。  しばらくすると、ほのかに奥ゆかしい香りが鼻をくすぐる。すぐに線香と気がつ

記事を読む

no image

年に一度の徒歩旅行,いよいよ完結

 小学校1年生の時、実家(長野県箕輪町)から祖母の家がある伊那市までの約10キロ程を父とともに歩いた

記事を読む

流行る店と流行らない店を分ける、飲食店の意外な条件とは?

どういうわけか「立地はいいのに、どんなお店ができてもすぐに潰れてしまう」という場所があります。

記事を読む

no image

ミャンマー紀行〜チン州への道〜(5)

 ミャンマーへ来てからの私はいろんなことに驚いていたが、中でも一番私にとってサプライズであり、そして

記事を読む

no image

チンの映像を出展します

 当ブログにて連載中の「ミャンマー紀行〜チンへの道〜」を映像版にてご覧頂ける機会ができた。明日9月3

記事を読む

PR

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

PR

2020年1月21日(火)@赤羽/新宿二丁目ママ歴27年、涼ママの歌とトークと焼肉ホルモンde笑ってナイト、大盛況でした。

 久しぶりのイベント復帰、どんなことになるだろう……と思いつつ、フタ

2020年1月21日(火)@赤羽/新宿二丁目ママ歴27年、涼ママの歌とトークと焼肉ホルモンde笑ってナイトをプロデュースします。

 あっという間に2019年が過ぎ去り、2020年入り。 明けましてお

小林家と居倉家の対面について書かれた福島民友新聞社の記事。
小林家のファミリーヒストリー 〜信州から会津に行ったご先祖様〜

NHKに「ファミリーヒストリー」という人気番組がある。 毎回、ひ

出版不況の中、デジタルオンデマンド印刷の登場は、業界をどう変えるのか?
出版不況の中、デジタルオンデマンド印刷の普及で出版界はどう変わる?

このところ、本の雑誌社の杉江さんと「おとなの社会科見学」が続いている。

レンガ状に配置された「Project」。今回、会社のサービスを紹介する場所に使いました。
WPテーマ「Perth」の設定で困ったこと③プロジェクトが表示されない!

先日、会社のホームページをリニューアルしました。Wordpressの「

→もっと見る

  • 2020年7月
     12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    2728293031  
PAGE TOP ↑