*

大藪春彦賞受賞パーティ

公開日: : 最終更新日:2012/05/28 高野秀行の【非】日常模様


平山夢明さんが『ダイナー』(ポプラ社)で大藪春彦賞を受賞し、
私と妻も受賞パーティにお招きいただいたので、昨日行ってきた。
『ダイナー』は以前このブログでも「すごく面白い!」と紹介したし、
平山さんにご招待受けたということもあるが、『ダイナー』の担当編集者であるSさんと
私は長いつきあいである。
Sさんのおじいさんが実は台湾人で、10年くらい前、私がまだアジア新聞社で仕事をしていたとき、「台湾報」でおじいさんにインタビューをしたのだ。
日本時代の台湾南部の話がとくに面白く、5回も連載してしまった。
その後、妻が『犬部!』を連載したいといったとき、
Sさんを思い出して紹介したら、その場で「やります!」と言うのでお任せした。
そしたら、単行本化して1年経たずに8刷りになり、4月から二誌で漫画化が始まり、
映画化も決定してしまった。
で、さらにそのあと、ビルマ女子で難病の大野更紗さんんが「高野さん、私、なにか書きたい」というので、またSさんに声をかけたら、やっぱりまだいくらも話を聞かずに
「やります!」と即決。
今、大野さんのところ(というかSさんのところ)には、ラジオやテレビから何本も取材依頼が来ている。
まだ書籍化もされていないのに。
そしてSさんがパッパとそれを裁いており、
大野さんの面倒見も実にいい。
要するにSさんはひじょうに鼻が利き、判断が素早く、
ビジネスセンスがとても高い人なのである。
そして常に明朗快活。
その辺は、私たちの見てきた台湾の人たちを彷彿させ、
やっぱり彼女には台湾人の血が流れているだなあと感心する。
そして、晴れの舞台では、人民服みたいなスーツに身を固めた平山さんもかっこよかったが、彼女も堂々としてすごく綺麗だった。
大舞台に強いところも台湾人らしいと勝手に思った次第。
ところで、会場はものすごい人で、私たち夫婦は人酔いと酸欠で目がまわってしまい、
二次会に出ずに帰ってしまった。
でも、あの浮世離れしたお祭りもたまにはいい。
私もたまには何か賞を受賞したい。
      ☆         ☆        ☆
あ、そうそう、『世にも奇妙なマラソン大会』が重版しました。

関連記事

no image

謎の独立国家ソマリランド大吟醸拾年古酒

仕事場にしている「辺境ドトール」は昭和の世界だ。 店長夫妻が常に店におり、私たち常連の客と交流

記事を読む

no image

角幡唯介はノンフィクション界の村上龍

昨日は東北から帰った直後だったせいか、いつになく「正論」を述べてしまった。 現地に一週間ほど行って「

記事を読む

no image

ロゼをちびちびやりながら砂漠を行く

ごぶさたしております。 20日に東京を発ち、今度はなぜか北アフリカのチュニジアをうろうろしている。

記事を読む

no image

とくに関西の女性に感謝!

二週連続で行った「旅の本屋 のまど」のトークイベントが終わった。 毎回ながら、熱心な読者の方が多くて

記事を読む

no image

『謎の独立国家ソマリランド』PVはこちらで

昨日、朝日新聞の書評欄で『謎の独立国家ソマリランド』(本の雑誌社)が取り上げられた。 しかも、なん

記事を読む

no image

願い事は強要から

ここ数年、私が最も買っている小説家・中島京子さんと四谷三丁目で会食。 中島さんの『均ちゃんの失踪』(

記事を読む

no image

悪いのは飛蝗か

「本の雑誌」9月号を読む。 特集は翻訳ミステリ。 私は全く知らなかったが、飯田橋に「ブックスサカイ

記事を読む

no image

アジワンが売れていた

高野秀行フェアをやっている丸善ラゾーナ川崎店を見に行った。 おしゃれな店のレジのすぐ脇でちゃんと展

記事を読む

no image

セーターの男

メモリークエストを更新した。 面談は2回目、「ペルーに忘れてきたセーターを探してほしい」という トン

記事を読む

no image

『メモリークエスト』文庫の装丁はすばらしい!

『メモリークエスト』(幻冬舎文庫)の見本が届いた。 単行本のカバーは正直言って気に入らなかったが、

記事を読む

Comment

  1. arowu より:

    AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 7.0; Windows NT 5.1; GTB6.6; .NET CLR 2.0.50727; .NET CLR 3.0.4506.2152; .NET CLR 3.5.30729)
    重版おめでとうございます!!
    高野先生にもいつか賞はやってきますよ。祈ってます。

  2. bua より:

    AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 8.0; Windows NT 5.1; Trident/4.0; .NET CLR 1.0.3705; .NET CLR 1.1.4322)
    おめでとうございます。 そして、ざまあみろー!笑

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

no image
イベント&講演会、テレビ・ラジオ出演などのご依頼について

最近、イベントや講演会、文化講座あるいはテレビ・ラジオ出演などの依頼が

ソマリランドの歌姫、来日!

昨年11月に、なんとソマリランド人の女性歌手のCDが日本でリリ

『未来国家ブータン』文庫はちとちがいます

6月23日頃、『未来国家ブータン』が集英社文庫から発売される。

室町クレージージャーニー

昨夜、私が出演したTBS「クレイジージャーニー」では、ソマリ人の極

次のクレイジージャーニーはこの人だ!

世の中には、「すごくユニークで面白いんだけど、いったい何をしている

→もっと見る

    • 今のワ州はどうなってるんだろうか。一度見てみたい気はする。村はどうなってるのか、村の人たちの暮らしはどうなっているのか。 ReplyRetweetFavorite
    • あれから時代は移り変わり、ワ州からアヘンはなくなったようだが、ワ州連合軍は相変わらずミャンマー最強の反(非)政府武装勢力で、ボスのパオユーシャン(タ・パン)も健在だというのが凄い。 ReplyRetweetFavorite
    • 約25年前、ミャンマー国内の独立エリア「ワ州」で知り合った中国人女性からメールが来た。当時、村に住んでいた私には色白の町娘といった彼女の容姿がまぶしかったのを懐かしく思い出した。 ReplyRetweetFavorite
    • この漫画の時代ならアイヌ語ネイティブがたくさんいるから、習ったらさぞ面白かっただろう。ちと、生まれるのが遅かった。 ReplyRetweetFavorite
    • 「ゴールデンカムイ」の2巻を読んでいる。アイヌ語がカタカナ表記で出てきたが、語順が日本語そっくり。全然違うのかと思ってたから意外だ。 ReplyRetweetFavorite
    • とある事情でU-NEXTにお試し加入してラインナップを眺めていたら、なんと「古畑任三郎」を発見! 20年ぶり?に見たのだけど、最高だった。三谷幸喜によるキレキレの脚本、嬉しそうな田村正和の怪演。 ReplyRetweetFavorite
    • RT : \話題です/ ・元会計士が作る究極のピーナッツバター ・毎年完売する100グラム1万円の茶葉の秘密 先端技術とマネジメントで高品質商品を生み出す変革者たち。#川内イオ さんの『#農業新時代 ネクストファーマーズの挑戦』ビジネスのヒントが満載! 電… ReplyRetweetFavorite
  • 2020年1月
    « 3月    
     12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    2728293031  
PAGE TOP ↑