*

大藪春彦賞受賞パーティ

公開日: : 最終更新日:2012/05/28 高野秀行の【非】日常模様


平山夢明さんが『ダイナー』(ポプラ社)で大藪春彦賞を受賞し、
私と妻も受賞パーティにお招きいただいたので、昨日行ってきた。
『ダイナー』は以前このブログでも「すごく面白い!」と紹介したし、
平山さんにご招待受けたということもあるが、『ダイナー』の担当編集者であるSさんと
私は長いつきあいである。
Sさんのおじいさんが実は台湾人で、10年くらい前、私がまだアジア新聞社で仕事をしていたとき、「台湾報」でおじいさんにインタビューをしたのだ。
日本時代の台湾南部の話がとくに面白く、5回も連載してしまった。
その後、妻が『犬部!』を連載したいといったとき、
Sさんを思い出して紹介したら、その場で「やります!」と言うのでお任せした。
そしたら、単行本化して1年経たずに8刷りになり、4月から二誌で漫画化が始まり、
映画化も決定してしまった。
で、さらにそのあと、ビルマ女子で難病の大野更紗さんんが「高野さん、私、なにか書きたい」というので、またSさんに声をかけたら、やっぱりまだいくらも話を聞かずに
「やります!」と即決。
今、大野さんのところ(というかSさんのところ)には、ラジオやテレビから何本も取材依頼が来ている。
まだ書籍化もされていないのに。
そしてSさんがパッパとそれを裁いており、
大野さんの面倒見も実にいい。
要するにSさんはひじょうに鼻が利き、判断が素早く、
ビジネスセンスがとても高い人なのである。
そして常に明朗快活。
その辺は、私たちの見てきた台湾の人たちを彷彿させ、
やっぱり彼女には台湾人の血が流れているだなあと感心する。
そして、晴れの舞台では、人民服みたいなスーツに身を固めた平山さんもかっこよかったが、彼女も堂々としてすごく綺麗だった。
大舞台に強いところも台湾人らしいと勝手に思った次第。
ところで、会場はものすごい人で、私たち夫婦は人酔いと酸欠で目がまわってしまい、
二次会に出ずに帰ってしまった。
でも、あの浮世離れしたお祭りもたまにはいい。
私もたまには何か賞を受賞したい。
      ☆         ☆        ☆
あ、そうそう、『世にも奇妙なマラソン大会』が重版しました。

関連記事

no image

Mじゃない

みんな勘違いするのだが、間寛平など日本人が毎年出場しているウルトラマラソンと私の出たマラソンは別物だ

記事を読む

no image

うう、気持ちわるいのに…

土曜日は、「アスクル」仲間の二村さん(ゾウに追いかけられている人)と 金澤さん(道場破りでリクルー

記事を読む

no image

ここでは不審者

セイシェルはなにしろ高級リゾート地だから、カップルと家族連れしかいない。 一人旅の日本人なんて存在が

記事を読む

no image

ミャンマーの伝奇小説「マヌサーリー」

 ジャズとプロレスを小学生のときから愛す義姉・高橋ゆりが(とついに名前が出てしまったが)日本語に訳

記事を読む

no image

趣味がほしい

毎年のように新年になると「趣味がほしい」と思う。 そう切実に願う理由は二つある。 昔、私の趣

記事を読む

no image

三沢光晴DVD-BOX

10月上旬のバングラ行きまでに片付けなければいけない仕事が山ほどあるが、 そんなときにかぎって、三

記事を読む

no image

心身がついていかない

日本に帰り突然環境が激変し、心身がまったく付いていかない。 2ヶ月近くソマリエリア(ソマリランド、ソ

記事を読む

no image

ミャンマーで上映会

業務連絡を兼ねての報告だが、 2月11日(月)から17日(日)まで、ミャンマーへ行くことになった。

記事を読む

no image

Shuto ni modoru

3shukan buri ni shuto no Thimphu ni modotte kita.

記事を読む

no image

日本浄土

 最近手元に置いて、仕事が手につかないとき、 つまりしょっちゅう、ページをめくるのは 藤原新也『日

記事を読む

Comment

  1. arowu より:

    AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 7.0; Windows NT 5.1; GTB6.6; .NET CLR 2.0.50727; .NET CLR 3.0.4506.2152; .NET CLR 3.5.30729)
    重版おめでとうございます!!
    高野先生にもいつか賞はやってきますよ。祈ってます。

  2. bua より:

    AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 8.0; Windows NT 5.1; Trident/4.0; .NET CLR 1.0.3705; .NET CLR 1.1.4322)
    おめでとうございます。 そして、ざまあみろー!笑

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

no image
イベント&講演会、テレビ・ラジオ出演などのご依頼について

最近、イベントや講演会、文化講座あるいはテレビ・ラジオ出演などの依頼が

ソマリランドの歌姫、来日!

昨年11月に、なんとソマリランド人の女性歌手のCDが日本でリリ

『未来国家ブータン』文庫はちとちがいます

6月23日頃、『未来国家ブータン』が集英社文庫から発売される。

室町クレージージャーニー

昨夜、私が出演したTBS「クレイジージャーニー」では、ソマリ人の極

次のクレイジージャーニーはこの人だ!

世の中には、「すごくユニークで面白いんだけど、いったい何をしている

→もっと見る

    • アクセス数1位! https://t.co/Wwq5pwPi90 ReplyRetweetFavorite
    • RT : 先日、対談させていただいた今井むつみ先生の『言語の本質 ことばはどう生まれ、進化したか』(秋田嘉美氏と共著、中公新書)が爆発的に売れているらしい。どんな内容なのかは、こちらの対談「ことばは間違いの中から生まれる」をご覧あれ。https://t.c… ReplyRetweetFavorite
    • RT : 今井むつみ/秋田喜美著『言語の本質』。売り切れ店続出で長らくお待たせしておりましたが、ようやく重版出来分が店頭に並び始めました。あっという間に10万部超え、かつてないほどの反響です! ぜひお近くの書店で手に取ってみてください。 https:/… ReplyRetweetFavorite
    • RT : 7月号では、『語学の天才まで1億光年』(集英社インターナショナル)が話題の高野秀行さんと『ムラブリ』(同上)が初の著書となる伊藤雄馬さんの対談「辺境で見つけた本物の言語力」を掲載。即座に機械が翻訳できる時代に、異国の言葉を身につける意義について語っ… ReplyRetweetFavorite
    • オールカラー、430ページ超えで本体価格3900円によくおさまったものだと思う。それにもびっくり。https://t.co/mz1oPVAFDB https://t.co/9Cm8CjNob8 ReplyRetweetFavorite
    • 文化背景の説明がこれまた充実している。イラク湿地帯で食される「ハルエット(現地ではフレートという発音が一般的)」という蒲の穂でつくったお菓子にしても、ソマリランドのラクダのジャーキー「ムクマド」にしても、私ですら知らなかった歴史や… https://t.co/QAHThgpWJX ReplyRetweetFavorite
    • 最近、献本でいただいた『地球グルメ図鑑 世界のあらゆる場所で食べる美味・珍味』(セシリー・ウォン、ディラン・スラス他著、日本ナショナルジオグラフィック)がすごい。オールカラーで写真やイラストも美しい。イラクやソマリランドで私が食べ… https://t.co/2PmtT29bLM ReplyRetweetFavorite
  • 2024年6月
    « 3月    
     12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
PAGE TOP ↑