*

大藪春彦賞受賞パーティ

公開日: : 最終更新日:2012/05/28 高野秀行の【非】日常模様


平山夢明さんが『ダイナー』(ポプラ社)で大藪春彦賞を受賞し、
私と妻も受賞パーティにお招きいただいたので、昨日行ってきた。
『ダイナー』は以前このブログでも「すごく面白い!」と紹介したし、
平山さんにご招待受けたということもあるが、『ダイナー』の担当編集者であるSさんと
私は長いつきあいである。
Sさんのおじいさんが実は台湾人で、10年くらい前、私がまだアジア新聞社で仕事をしていたとき、「台湾報」でおじいさんにインタビューをしたのだ。
日本時代の台湾南部の話がとくに面白く、5回も連載してしまった。
その後、妻が『犬部!』を連載したいといったとき、
Sさんを思い出して紹介したら、その場で「やります!」と言うのでお任せした。
そしたら、単行本化して1年経たずに8刷りになり、4月から二誌で漫画化が始まり、
映画化も決定してしまった。
で、さらにそのあと、ビルマ女子で難病の大野更紗さんんが「高野さん、私、なにか書きたい」というので、またSさんに声をかけたら、やっぱりまだいくらも話を聞かずに
「やります!」と即決。
今、大野さんのところ(というかSさんのところ)には、ラジオやテレビから何本も取材依頼が来ている。
まだ書籍化もされていないのに。
そしてSさんがパッパとそれを裁いており、
大野さんの面倒見も実にいい。
要するにSさんはひじょうに鼻が利き、判断が素早く、
ビジネスセンスがとても高い人なのである。
そして常に明朗快活。
その辺は、私たちの見てきた台湾の人たちを彷彿させ、
やっぱり彼女には台湾人の血が流れているだなあと感心する。
そして、晴れの舞台では、人民服みたいなスーツに身を固めた平山さんもかっこよかったが、彼女も堂々としてすごく綺麗だった。
大舞台に強いところも台湾人らしいと勝手に思った次第。
ところで、会場はものすごい人で、私たち夫婦は人酔いと酸欠で目がまわってしまい、
二次会に出ずに帰ってしまった。
でも、あの浮世離れしたお祭りもたまにはいい。
私もたまには何か賞を受賞したい。
      ☆         ☆        ☆
あ、そうそう、『世にも奇妙なマラソン大会』が重版しました。

関連記事

no image

ソマリ語翻訳、承ります

ソマリ語と日本語の翻訳・通訳業務を行うことにした。 2年前、私が聞いたところでは、日本に住むソマリ人

記事を読む

no image

小さいおうち

中島京子の直木賞受賞作『小さいおうち』(文藝春秋)を読む。 まあ、書き出しから文章がすばらしい。

記事を読む

no image

メールマガジンがスタート!

※このコラムは◆週間 辺境・探検・冒険ML MBEMBE ムベンベ Vo.2◆に掲載されたものです。

記事を読む

no image

夢のエンタメノンフフェア

丸善川崎ラゾーナ店という書店で「エンタメノンフフェア」をやっており、 しかもそこの書店員オリジナルの

記事を読む

no image

立松和平とドンガラ

立松和平氏が亡くなったというニュースを見て驚いている。 というのは、一昨日、たいへん久しぶりにその

記事を読む

no image

『ルポ アフリカ資源大国』 

ソマリアに行ったことのある日本人ジャーナリストはいないかと調べてみたら、 毎日新聞のアフリカ特派員だ

記事を読む

新キャラ・パープル旬子の『捨てる女』登場!

あと二時間ほどで家を出る。旅の準備はだいたい終わったと思ったら、大事なことがまだだった。 内

記事を読む

no image

多忙につき山歩き

依然として超多忙なので、 平日に探検部時代の後輩2人と「秘境ツアー」にいく。 三人とも当然、フリーか

記事を読む

no image

ノンフィクションの世界はここから始まる

 自分も寄稿した本が届いた。石井光太・責任編集『ノンフィクション新世紀』(河出書房新社)。

記事を読む

no image

今月のエンタメノンフ文芸部はすごい

今月は宮田珠己部長の「日本全国津々うりゃうりゃ」(廣済堂出版)と 内澤旬子副部長の「飼い喰い」(岩波

記事を読む

Comment

  1. arowu より:

    AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 7.0; Windows NT 5.1; GTB6.6; .NET CLR 2.0.50727; .NET CLR 3.0.4506.2152; .NET CLR 3.5.30729)
    重版おめでとうございます!!
    高野先生にもいつか賞はやってきますよ。祈ってます。

  2. bua より:

    AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 8.0; Windows NT 5.1; Trident/4.0; .NET CLR 1.0.3705; .NET CLR 1.1.4322)
    おめでとうございます。 そして、ざまあみろー!笑

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

no image
イベント&講演会、テレビ・ラジオ出演などのご依頼について

最近、イベントや講演会、文化講座あるいはテレビ・ラジオ出演などの依頼が

ソマリランドの歌姫、来日!

昨年11月に、なんとソマリランド人の女性歌手のCDが日本でリリ

『未来国家ブータン』文庫はちとちがいます

6月23日頃、『未来国家ブータン』が集英社文庫から発売される。

室町クレージージャーニー

昨夜、私が出演したTBS「クレイジージャーニー」では、ソマリ人の極

次のクレイジージャーニーはこの人だ!

世の中には、「すごくユニークで面白いんだけど、いったい何をしている

→もっと見る

    • アクセス数1位! https://t.co/Wwq5pwPi90 ReplyRetweetFavorite
    • RT : 先日、対談させていただいた今井むつみ先生の『言語の本質 ことばはどう生まれ、進化したか』(秋田嘉美氏と共著、中公新書)が爆発的に売れているらしい。どんな内容なのかは、こちらの対談「ことばは間違いの中から生まれる」をご覧あれ。https://t.c… ReplyRetweetFavorite
    • RT : 今井むつみ/秋田喜美著『言語の本質』。売り切れ店続出で長らくお待たせしておりましたが、ようやく重版出来分が店頭に並び始めました。あっという間に10万部超え、かつてないほどの反響です! ぜひお近くの書店で手に取ってみてください。 https:/… ReplyRetweetFavorite
    • RT : 7月号では、『語学の天才まで1億光年』(集英社インターナショナル)が話題の高野秀行さんと『ムラブリ』(同上)が初の著書となる伊藤雄馬さんの対談「辺境で見つけた本物の言語力」を掲載。即座に機械が翻訳できる時代に、異国の言葉を身につける意義について語っ… ReplyRetweetFavorite
    • オールカラー、430ページ超えで本体価格3900円によくおさまったものだと思う。それにもびっくり。https://t.co/mz1oPVAFDB https://t.co/9Cm8CjNob8 ReplyRetweetFavorite
    • 文化背景の説明がこれまた充実している。イラク湿地帯で食される「ハルエット(現地ではフレートという発音が一般的)」という蒲の穂でつくったお菓子にしても、ソマリランドのラクダのジャーキー「ムクマド」にしても、私ですら知らなかった歴史や… https://t.co/QAHThgpWJX ReplyRetweetFavorite
    • 最近、献本でいただいた『地球グルメ図鑑 世界のあらゆる場所で食べる美味・珍味』(セシリー・ウォン、ディラン・スラス他著、日本ナショナルジオグラフィック)がすごい。オールカラーで写真やイラストも美しい。イラクやソマリランドで私が食べ… https://t.co/2PmtT29bLM ReplyRetweetFavorite
  • 2024年2月
    « 3月    
     1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    26272829  
PAGE TOP ↑