*

間違う力の巨人、インドにデビュー!!

公開日: : 最終更新日:2012/05/28 高野秀行の【非】日常模様


人は私に「間違う力」があるという。
いや、そんなことはない。
というか、私のやってることなど間違いのうちに入らない。
山松ゆうきちの「インドへ馬鹿がやって来た」(日本文芸社)を読んでいると、そういう気分になる。
なにしろ、「インドにはマンガがない。だから絶対売れる!」という確信だけでインドに行ってしまうのだ。
英語もヒンディー語も何一つ知らずに、それどころか六十歳で初の外国がインドである。
単身わたり、ひとりで翻訳して路上で販売する。
しかも選んだマンガは、主人公が敵に八つ裂きにされて無念の死を遂げるという
救いの全くない凄惨な時代劇「血だるま剣法」。
もはや「間違っている」とかどうのというレベルではない。
だが、山松先生はめげない。
再度インドに挑戦、しかも今度はマンガでなくて「漫才」!
それが「またまたインドへ馬鹿がやって来た」
なぜ漫才なのか。
「インドには漫才がないから絶対に売れると思った」と全く同じ発想である。
この辺は、私の「ネットアクセスができないから絶対「月刊刑務所情報」は売れる!」とちょっと似た感じがして不気味だ。
もちろん、これも不発で、さすがの私も「もうこの人にはついていけない」と、
付いてこいと頼まれたわけでもないのに思っていたが、
先日、たまたまITインド人の取材で、思いがけないことを知った。
山松さん、インドのマンガ商業誌で見事にデビューを果たしていたのだ。
私が取材したクリイェティック・ジャパンのラナジットさんという人は、もともとロボット工学を専攻し、人工知能の研究開発を東工大で行っていた科学者なのだが、
「他にも自分の好きなことをやりたい」という理由で、大学をやめて独立。
IT関連の開発会社を立ち上げたが、その傍ら、日本のマンガをインドで売るというビジネスも始めたのだ。
インドでは、出身地であるカルカッタで弟がベンガル語のマンガ雑誌を始め、
そこに日本の漫画家の作品も載せることになった。
そして、最初に選ばれたのが山松ゆうきち・原作、沢本英二郎・画「バラナシの牙」である。
なぜか山松さん自身のHPでは「バラナシの戦争」となっているが、日本語は彼のHPで読むことができる。
これは2年前、NHKがインドで行ったマンガのワークショップで、「インドにいちばん通じた作家」ということで、山松さんが起用されたことがきっかけだという。
そりゃそうだ。山松さんほど、インド人とマンガの関係について詳しい人はいない。
今回のマンガでは、主に麻雀マンガを描いてきたらしい沢本さんとタッグを組んでいる。
古代のインドを舞台に、どんどん森を破壊しゾウの生活を奪う人間と、追い詰められたゾウたちとの壮絶な戦争を描く。
物語も絵のタッチもかなり手塚治虫に似ている。
「ジャングル大帝」や「ブッダ」を彷彿させる。
ラナジットさんに聞くと、「読者の評判はいいですよ。人とゾウの問題は、今現在、
インドで実際に起きていることですからね」
すごい。ちゃんとインドのマンガ商業誌でデビューを果たしてしまった。
インドでは最近やっとマンガに興味をもつ人が増えてきたところだというから、
まさに先見の明があったわけだ。

ちなみに、例の「インドに馬鹿がやって来た」も別の出版社から英訳され、インドで発売されたというから
二重に驚き。
今、世界屈指の経済大国に成長したインドで、山松さんは最先端を走っている。
山松さんを笑っていた私たちのほうが「馬鹿」だったのだ。
ラナジットさんたちは、これからも日本のマンガをゾクゾクと紹介するつもりで、
次の候補は手塚治虫の「ブッダ」と「ブラックジャック」だという。
絵柄や物語の雰囲気が似ているから、もしブッダが連載されたら、インドの読者は
「このテヅカって漫画家の作品は、ヤママツのに似てるな」と思うだろう。
「テヅカはヤママツの影響を受けたのかもしれない」などとマニアの間で議論されるかもしれない。
まったく間違う力は侮れない。
私も心をあらため、月刊刑務所情報はさておき、今後もどんどんと間違って行きたいと思う。

関連記事

no image

ムスリム力士のことを考えて仕事が手に着かない

ツイッターでもちょっと書いたけど、大嶽部屋に入門したエジプト人力士アブディラーマン(アブディラフマン

記事を読む

no image

ナカキョーの文庫解説に感激

西芳照『サムライブルーの料理人』(白水社)を読む。 サッカー日本代表専属でワールドカップにも2回帯

記事を読む

no image

ハルキとタマキ

「本の雑誌」草むしり早弁号(5月号)が届く。 連載の辺境読書では今回は伊沢正名『くう・ねる・のぐそ

記事を読む

no image

白石顕二さんを悼む

今年の3月にこのブログ上で「アフリカの奇跡!」と題する話を書いた。 そこで紹介した白石顕二さんが先

記事を読む

no image

怪獣奇書、出版したい人は手をあげて!

昨日、トルコの怪獣についての奇書を紹介したら 「その本が読みたい」というコメントがあった。 私も実は

記事を読む

no image

落語界の奇才、小説もいけるのか!

春風亭昇太がリーダー役を務める創作話芸アソーシエーション、略してSWA。 私は昇太さんの独演会も好き

記事を読む

no image

天国再訪

東京はたいへん暑いそうだが、チェンマイは依然として涼しい。 ふと、思い立ち、6,7年ぶりにチ

記事を読む

no image

山口晃、増刷、イベント

ロマ音楽につづいて私が最近嵌っているのは山口晃。 彼の『ヘンな日本美術史』(祥伝社)はあま

記事を読む

no image

ツアンポー峡谷の謎

最近は気温こそ相変わらず高いが、湿度が低いせいか 外にいても日陰なら涼しい。 今日はなぜかJR高尾

記事を読む

no image

古墳プレイ

集英社の財団主催の高校講演会、今年はなんと高野山高校に行ってきた。 校長先生は高位の僧侶で、話をする

記事を読む

Comment

  1. プラム より:

    AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 8.0; Windows NT 5.1; Trident/4.0; GTB7.2)
    世の中いろんな人がいるのですね〜
    孫正義氏も驚愕のエピソードが多いですが
    アップル社のスティーブ・ジョブズ氏にも昨年の訃報でその生涯を知り
    強引で執拗なこだわりの危なさはあるものの大感動。
    高野さんは何と偲ばれるかなとすぐ検索しましたが出てこずガッカリ〜
    今も話題にならないので
    やはりアップルとかはご使用じゃないのでしょうか?
    高野ファンの皆様にもお聞ききしたい彼の生き方はどう映りましたか?

  2. 高野秀行 より:

    AGENT: Mozilla/5.0 (Windows NT 6.0; WOW64) AppleWebKit/535.11 (KHTML, like Gecko) Chrome/17.0.963.56 Safari/535.11
    偲ぶも偲ばないも、スティーブ・ジョブズなんて
    死去のニュースが流れたときやっと「ああ、そういう人がいたのか」と知りました。
    まあ、またスティーブ・ジョブズの伝記なんかを読むと、
    「パッと数十億」の夢が炸裂して仕事にさしつかえるのでやめておきますよ。

  3. gadogado より:

    AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 8.0; Windows NT 6.1; WOW64; Trident/4.0; SLCC2; .NET CLR 2.0.50727; .NET CLR 3.5.30729; .NET CLR 3.0.30729; Media Center PC 6.0; eSobiSubscriber 2.0.4.16)
    まさかそんなことになってるとは…!!!非常に驚きました!実は私も彼の本をよんでついていけないと思った人間です。ちょっと痛々しすぎるのでなるべく彼の事は忘れようと本棚の隅においていたのですが、たまーにおちてくるんですよねーで、あの暑苦しい表紙を見るたびにその後が気になっていました。ところで最後のインドでは安くXXをするあたりは英語でもきちんとそのままでてくるんでしょうかね?インド人はあのあたりどうおもってるんでしょう?きになります。いやー彼のその後の報告ありがとうございました。さすが高野さんの情報網、すごすぎ。

  4. プラム より:

    AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 8.0; Windows NT 5.1; Trident/4.0; GTB7.2)
    ガーーーン!!そ、そ、そんなこともありますよね・・
    ご存知なかったら偲べませんね。
    しかし、同じ種類の人間だとは思えない稼ぎっぷりです〜
    私は、ノートパソコンの形質と梱包材の美しさにアップル教入信。
    ジョブズ氏はかなり過激で危険な変エピソード満載。性格も・・
    それを一新するような次世代製品への情熱で私達の日常の
    パソコン、携帯、音楽業界を大変革した方ですが、変5つ星☆☆☆☆☆で
    爆笑したり、しかめっ面になったりしてしまうのでお好きかと思ってました。
    けれど、冒険家であっても仕事がおもいっきりストライクですね・・
    高野さん、返信ありがとうございました。
    スタンフォード大学の演説はあっぱれ過ぎて遺言のよう。是非是非!
    Stay hungry,Stay foolish.

  5. より:

    AGENT: Mozilla/5.0 (Macintosh; Intel Mac OS X 10_5_8) AppleWebKit/534.50.2 (KHTML, like Gecko) Version/5.0.6 Safari/533.22.3
    インドは行った事が有りませんが、一度行きたいところでした。
    山松先生は凄い。椎名誠さんの著作で、何かお名前だけは拝見していたのですが・・・。
    あ、高野先生にはインドは鬼門でしたか・・・失礼しました。
    間違う力、は良い言葉だと思います。そんな力が無いと、
    進歩もしませんよね。
    ソマリランド紀行も楽しみにしています。
    ぜひ肩の力を抜いて、お続けください!

  6. hubb7ft より:

    AGENT: Mozilla/5.0 (compatible; MSIE 9.0; Windows NT 6.1; WOW64; Trident/5.0)
    自分もアップル大好き人間です。私も高野さんにプラムさんと同じ質問をしたいとかねがね思っていました。そして高野さんのご返信にあるような答えもなかば想像していました(笑)
    ジョブズ氏の伝記はなるべく原書で忠実に読もうと思い、英語版を購入しましたが、あまりのボリュームに道半ばで挫折しかかっております。その代わりに大活躍なのが、伝記をまるまる読み上げたオーディオCDです。もう車の中で聞き、iPodに入れて聞きの必携アイテムです。
    しかし改めてすごい人物だったと思います。今はポッドキャストでキーノートを片っ端から聞いてます。
    高野さんのブログでアップル関連の話題が挙がると思いませんでした。
    今さらですが、R.I.P.。

  7. プラム より:

    AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 8.0; Windows NT 5.1; Trident/4.0; GTB7.2)
    hubb7ftさん、ジョブズコメントありがとうございます!!
    やはり原書ですよね!私は日本語版を先に読み原書と比較しました。
    流してしか読めてないのでCDはいいなと思いました。
    あのボリュームがジョブズらしいのですが。
    コメントの結びもアップルファンを感じます。
    追悼の仕方も皆様々で特に茂木氏の元マイクロソフト社の方との対談が
    暴言問題に発展する白熱ぶりに感心。この場の反響も大では!・・と。
    私の頭の中では高野さんとジョブズ、
    アビエイターの主人公ハワード・ヒューズ(デカプリオ主演映画)なども
    辺境チームで繋がっていたのですが経度も緯度も違うのかなぁぁぁ
    そんな地図を作っていました。
    この場をお借りしましてありがとうございました。勉強し直します。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

no image
イベント&講演会、テレビ・ラジオ出演などのご依頼について

最近、イベントや講演会、文化講座あるいはテレビ・ラジオ出演などの依頼が

ソマリランドの歌姫、来日!

昨年11月に、なんとソマリランド人の女性歌手のCDが日本でリリ

『未来国家ブータン』文庫はちとちがいます

6月23日頃、『未来国家ブータン』が集英社文庫から発売される。

室町クレージージャーニー

昨夜、私が出演したTBS「クレイジージャーニー」では、ソマリ人の極

次のクレイジージャーニーはこの人だ!

世の中には、「すごくユニークで面白いんだけど、いったい何をしている

→もっと見る

    • アクセス数1位! https://t.co/Wwq5pwPi90 ReplyRetweetFavorite
    • RT : 先日、対談させていただいた今井むつみ先生の『言語の本質 ことばはどう生まれ、進化したか』(秋田嘉美氏と共著、中公新書)が爆発的に売れているらしい。どんな内容なのかは、こちらの対談「ことばは間違いの中から生まれる」をご覧あれ。https://t.c… ReplyRetweetFavorite
    • RT : 今井むつみ/秋田喜美著『言語の本質』。売り切れ店続出で長らくお待たせしておりましたが、ようやく重版出来分が店頭に並び始めました。あっという間に10万部超え、かつてないほどの反響です! ぜひお近くの書店で手に取ってみてください。 https:/… ReplyRetweetFavorite
    • RT : 7月号では、『語学の天才まで1億光年』(集英社インターナショナル)が話題の高野秀行さんと『ムラブリ』(同上)が初の著書となる伊藤雄馬さんの対談「辺境で見つけた本物の言語力」を掲載。即座に機械が翻訳できる時代に、異国の言葉を身につける意義について語っ… ReplyRetweetFavorite
    • オールカラー、430ページ超えで本体価格3900円によくおさまったものだと思う。それにもびっくり。https://t.co/mz1oPVAFDB https://t.co/9Cm8CjNob8 ReplyRetweetFavorite
    • 文化背景の説明がこれまた充実している。イラク湿地帯で食される「ハルエット(現地ではフレートという発音が一般的)」という蒲の穂でつくったお菓子にしても、ソマリランドのラクダのジャーキー「ムクマド」にしても、私ですら知らなかった歴史や… https://t.co/QAHThgpWJX ReplyRetweetFavorite
    • 最近、献本でいただいた『地球グルメ図鑑 世界のあらゆる場所で食べる美味・珍味』(セシリー・ウォン、ディラン・スラス他著、日本ナショナルジオグラフィック)がすごい。オールカラーで写真やイラストも美しい。イラクやソマリランドで私が食べ… https://t.co/2PmtT29bLM ReplyRetweetFavorite
  • 2024年7月
    « 3月    
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    293031  
PAGE TOP ↑