*

2006年に読んだ本ベストテン(小説部門)

公開日: : 最終更新日:2012/05/28 高野秀行の【非】日常模様

今年、私が読んだ本の中からベストテンを選んでみた。断っておくが、あくまで客観的にして公正無私な選出である。
まずは小説から。
1.古川日出雄『アラビアの夜の種族』(角川文庫)
 圧倒的な筆力にただただ驚くばかり。
2.五味康祐『秘剣・柳生連也斎』(新潮文庫)
 剣豪小説の頂点。
3.椎名誠『武装島田倉庫』(新潮文庫)
 超高密度の辺境小説集。
4.山本幸久『凸凹デイズ』(文藝春秋)
 人物造形と会話が抜群。
5.中島京子『均ちゃんの失踪』(講談社)
 安定度ナンバーワン。
6.田中啓文『ハナシがちがう』(集英社)
 どうしてこんなに上手い作家がもっと評価されないのか?
7.パノス・カルネジス『石の葬式』(白水社)
 ギリシア人作家がガルシア=マルケスを忠実にパクッた佳品
8.荻原浩『明日の記憶』
 とても他人事と思えなかった。
9.マーガレット・シンプソン『マハーバーラタ戦記』(PHP)
 インド最大の叙事詩はあらすじだけでも面白い。
10.岩井三四二『難儀でござる』(光文社)
 笑える歴史小説とは新しい。
…となったが、忘れているものもあるかもしれない。てきとうです。
今年のあなたのベスト小説は何でしたか?

関連記事

no image

歯ブラシ40本

上海に住んでいる後輩のイシカワ(仮名)が一時帰国しており、 ワセダのアパートでビールを飲む。 彼は2

記事を読む

no image

発売が悲しい

まる一日かけて、『世界のシワに夢を見ろ!』(小学館文庫で1月8日発売予定)の 校正と、「文庫あとがき

記事を読む

no image

ノンフィクションの世界はここから始まる

 自分も寄稿した本が届いた。石井光太・責任編集『ノンフィクション新世紀』(河出書房新社)。

記事を読む

no image

島田荘司『占星術殺人事件』

知り合いの先生に頼まれ、神奈川県の高校でミニ講義みたいなことをやった。 たまには趣向を変えて、辺境

記事を読む

no image

もう当分OBとは関わりたくない

早大探検部50周年映像上映会はけっこう大勢の人が来てくれたし、 西木正明、恵谷治両先輩とのトークも想

記事を読む

no image

原発君とインド人

今日も原発君は元気なようである。 原発を憎むとかえってよくないような気がして、 親しみをもたせて、心

記事を読む

no image

ひそやかに『謎の独立国家ソマリランド』完成

2月18日発売の新刊『謎の独立国家ソマリランド そして海賊国家プントランドと戦国南部ソマリア』(本の

記事を読む

no image

ペルシア猫を誰も知らない

イランのクルド人監督バフマン・ゴバディの『ペルシア猫を誰も知らない』を渋谷ユーロスペースで見た。

記事を読む

no image

mission complete

ima,yatto shuto Dhaka ni modotte kita. shinjir

記事を読む

no image

ランニング復活記念に立ち会う

月曜日の晩、チェンマイ門の近くにある日本人ゲストハウスの庭先で開催されたライブを見に行った。

記事を読む

Comment

  1. フレディ より:

    AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.1; SV1)
     純然たる新刊ではないのですが、今年光文社文庫から再発行された稲見一良の「セント・メリーのリボン」はお勧め。実は私も府中の書店の方から「これで泣かなきゃ男じゃないよ!」って言われて読んだんです。いや〜、やっぱり泣きましたねぇ。
     『限りなく優しい誇り高い男たちの人間模様を、無駄のない文体とハードボイルド・タッチで描いた、感動を呼ぶ珠玉の作品集。』との作品紹介が載ってます。まったくありえないことだけれど、きっとどこかにあって欲しい話だと思いました。
    同じ主人公を題材にした「猟犬探偵」もいいです。

  2. 名無し より:

    AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.1; SV1; .NET CLR 1.1.4322)
    頼まれてもいないのに私のベストを挙げてしまいます。
    吾妻博勝「新・マフィアの棲む街」
    陳惠運「わが祖国、中国の悲惨な真実」
    早坂隆「ルーマニア・マンホール生活者たちの記録」
    マーシャ・エンジェル「ビッグ・ファーマ」
    イングリッド・ベタンクール「それでも私は腐敗と闘う」
    高野秀行「ミャンマーの柳生一族」
    藤原正彦「国家の品格」
    小川和久・坂本衛「日本の戦争力」
    スラヴォミール・ラウイッツ「脱出記」
    張平「十面埋伏(上・下)」

  3. 名無し より:

    AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.1; SV1; .NET CLR 1.1.4322)
    書きかけでアップしてしまいました。
    今年出た本は上2つと高野さんの本くらいで、他は昨年より前に出たもの。
    小説は「十面埋伏」だけです。

  4. 松木たいら より:

    AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.1; .NET CLR 1.1.4322)
    ノンフィクション部門も、できれば知りたいです。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

no image
イベント&講演会、テレビ・ラジオ出演などのご依頼について

最近、イベントや講演会、文化講座あるいはテレビ・ラジオ出演などの依頼が

ソマリランドの歌姫、来日!

昨年11月に、なんとソマリランド人の女性歌手のCDが日本でリリ

『未来国家ブータン』文庫はちとちがいます

6月23日頃、『未来国家ブータン』が集英社文庫から発売される。

室町クレージージャーニー

昨夜、私が出演したTBS「クレイジージャーニー」では、ソマリ人の極

次のクレイジージャーニーはこの人だ!

世の中には、「すごくユニークで面白いんだけど、いったい何をしている

→もっと見る

    • ふと思い出した。『怪獣記』(講談社文庫)が絶版になったのだった。どこかで再文庫化してもらないものか。 ReplyRetweetFavorite
    • RT : 語学の天才まで1億光年がメチャ面白かったので次はこれ kindle unlimitedもブラックフライデーで安く契約出来たし この本を読んでみてください: "謎のアジア納豆―そして帰ってきた〈日本納豆〉―(新潮文庫)"(高野秀行 著)https:… ReplyRetweetFavorite
    • RT : 後半自分の人生に悩む姿が面白かった。僕ら一般読者からすればこんなに面白い本を沢山生み出す天才的書き手もこうして悩む時期もあるのだなと。結局自分の好きなことをやることに徹する展開は各々の生を肯定してくれる。#語学の天才まで1億光年#高野秀行 ReplyRetweetFavorite
    • RT : 冒険家・高野はなぜミャンマーの麻薬地帯や、謎の独立国ソマリランドや、アマゾンの奥地や、アフリカでの幻獣...『語学の天才まで1億光年』高野 秀行 ☆5 https://t.co/9unBKrl9UD ReplyRetweetFavorite
    • RT : 「高野秀行さん×山内博之さんトークイベント」は、大盛況で終了いたしました。語学学習にまつわる大変興味深いお話しでした。と同時に、高野さんファンにとっては、総集編のような、ベスト盤のような、ミステリーの伏線回収のような内容で、あっという間の… ReplyRetweetFavorite
    • RT : 12月14 日 (水)19時〜 『体はゆく』『語学の天才まで1億光年』W刊行記念 伊藤亜紗さん ✕ 高野秀行さん 「“できる”って探検だ!」 https://t.co/1ALMd1Q0p2 https://t.co/bZDhP4ai… ReplyRetweetFavorite
    • RT : 高野秀行さんご出演の「ゆる言語学ラジオ」で爆笑!知的トークを楽しむすてきな日曜日を! 【飢餓・マラリア・ロケット弾】凄腕作家の危険すぎる語学体験【高野秀行さんゲスト雑談】#179 https://t.co/SI4ynYmgjC ReplyRetweetFavorite
  • 2022年11月
    « 3月    
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    282930  
PAGE TOP ↑