*

小説家になるのは大変だ!

公開日: : 最終更新日:2012/05/28 高野秀行の【非】日常模様


土曜日、モスク取材とその後の予定について打ち合わせをしていたら、
ホテルの部屋に戻ったのはもう12時半。
今日こそは早く寝ようと思ったが、持ってきていた鯨統一郎『努力しないで作家になる方法』(光文社)を読み始めたら、どうにも止めることができず、結局全部読んでしまった。
妻子持ちの鯨さんは、厳しい営業職を勤めながら、17年小説を書き続け、
40歳にしてデビューしたという、悪戦苦闘の記録だ。
ここまで苦労して作家になった人もいるのかと正直驚いてしまった。
途中までは投稿しても投稿しても落ちつづけ、こう言っては悪いが、
どうみても将来はなさそうなのだが、それでも続けていたら夢が叶ってしまった。
小説家を目指す人がこれを読んだら勇気づけられるのだろうか。
「ここまでしなきゃデビューできないのか」とショックを受けるのだろうか。
いずれにしても同じ文筆業でありつつ、小説家がどうやって書いているか全く知らない私にとっては、興味津々の内容だった。
私も創作ノートを作ったほうがいいのだろうか?
       ☆         ☆        ☆
おかげで寝たのは明け方4時。
8時半に起きて、別のモスクを取材し、
今度は特急に乗って、江戸川へ。
区立中央図書館で講演会。
十代の若者を対象とした講演会だというので、
いつもとはがらっと変え、「辺境の旅に学ぶ災害支援」なるテーマであくまでマジメに語ったのだが、どうにも受けなかったみたいで、寝ている人がたくさんいた。
質疑応答になると、突然みなさん、目が輝き、
「いちばん見つかりそうな怪獣は何ですか?」とか「アヘンをまた吸いたいと思いますか?」といった質問ばかり。
何のことはない、客層は「のまど」のときと全く同じだった。
なんか騙された気分だ。
でも、私のくだらん話を聞きに来たのに真面目な、しかもつまらない話を聞かされたお客さんはもっと騙された気分のはずで、申し訳ないとしかいいようがない。
手伝いに来てくれた杉江さんと、今季悲惨な状況にあるレッズとジャイアンツについて
それぞれ愚痴をこぼしながら、新小岩の居酒屋でぐだぐだ飲んでいた。

関連記事

no image

タイの黄金のバーミヤン

バンコクから入り、西のラッブリー県というところに行った。 観光客はほぼゼロだが、なぜかバーミヤンみた

記事を読む

no image

こんなに素晴らしいところだったのか

現在ユーフラテス河(もしくはその支流)沿いに旅をしている。 前もいいところだとは思っていたが、

記事を読む

no image

ムボガ

昨日、宮田珠己さんから『なみのひとなみのいとなみ』のサイン本が 送られてきた。 これで『なみのひと〜

記事を読む

no image

人間失格+坊ちゃん=三畳記

「SPA!」のインタビュー記事「エッジな人々」が掲載される。 「見ましたよ、エッチな人々!」と何人か

記事を読む

no image

自意識が森に溶けていく

以前、本の雑誌の杉江さんが「すごいドキュメンタリーですよ!」と NHKハイビジョンでブラジルの先住

記事を読む

no image

凶悪犯罪者に見る人間の神秘

  ブログを始めて困ったのは、自分がろくに仕事もしてないし、心身のトレーニングをすっかり怠っているこ

記事を読む

no image

大学の講義のゲストみたい

上智大学講義、第10回目。 今年ラストの授業のゲストは琉球カウボーイフィルムズ統括プロデューサーの

記事を読む

no image

謎の猿人ナトゥー

作家の古処誠二さんが、「藤岡弘の最高傑作」と絶賛するミャンマーで猿人ナトゥーを追う DVDを本当に送

記事を読む

no image

完璧な探検記

 わけあって、今さらながらアルフレッド・ランシング著『エンデュアランス号漂流』(新潮文庫)を読んだ

記事を読む

no image

仏教の週末

以前、『トルコのもう一つの顔』(中公新書)とその著者である言語学者の小島剛一氏を紹介し、 たしか「

記事を読む

Comment

  1. 齋藤太郎 より:

    AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.1; SV1; GTB7.0; .NET CLR 1.1.4322; .NET CLR 2.0.50727; .NET CLR 3.0.4506.2152; .NET CLR 3.5.30729)
    高野さま、
    昨日は暑くてしかもお疲れのなか、どうもありがとうございました。
    朝日新聞出版の齋藤太郎と申します。年来の高野さんファンとしましては、熱心な一読者であり続けようと思っておりましたが、先日更紗さんの講演会で初めて実際にお見かけして以来、つい、一緒に本を作れましたら、と夢想をはじめてしまいました。ご相談をお願いする以上、より多くの読者に読んでいただけますよう(売れるように)鋭意お手伝いをさせていただけましたらと存じております。
    お忙しいとは存じますが、もしご挨拶にお伺いできるお時間がございましたら、お願いできましたら幸いです。
    その際はご都合の良い場所、お時間をご教示ください。
    どうぞよろしくお願い申し上げます。
    ps:所属は「ビジネス編集部」ではありますが、いろいろな本を出しているので高野さんの本もまったく大丈夫です。
    齋藤太郎拝

  2. 読者 より:

    AGENT: SoftBank/1.0/840P/PJP10/SN353164031783845 Browser/NetFront/3.4 Profile/MIDP-2.0 Configuration/CLDC-1.1
    ガソリン携行缶、「フランスへ」と言われたこと、漁師の方の見聞の広さ、話を聴くこと等… 自分の経験と少し重なり救われる思いでした。そして高野さんの声は耳触りの良い声です。しみじみ。以前J-WAVEのBOOK BARでも良いと言っていました。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

no image
イベント&講演会、テレビ・ラジオ出演などのご依頼について

最近、イベントや講演会、文化講座あるいはテレビ・ラジオ出演などの依頼が

ソマリランドの歌姫、来日!

昨年11月に、なんとソマリランド人の女性歌手のCDが日本でリリ

『未来国家ブータン』文庫はちとちがいます

6月23日頃、『未来国家ブータン』が集英社文庫から発売される。

室町クレージージャーニー

昨夜、私が出演したTBS「クレイジージャーニー」では、ソマリ人の極

次のクレイジージャーニーはこの人だ!

世の中には、「すごくユニークで面白いんだけど、いったい何をしている

→もっと見る

  • 2020年4月
    « 3月    
     12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    27282930  
PAGE TOP ↑