*

小説家になるのは大変だ!

公開日: : 最終更新日:2012/05/28 高野秀行の【非】日常模様


土曜日、モスク取材とその後の予定について打ち合わせをしていたら、
ホテルの部屋に戻ったのはもう12時半。
今日こそは早く寝ようと思ったが、持ってきていた鯨統一郎『努力しないで作家になる方法』(光文社)を読み始めたら、どうにも止めることができず、結局全部読んでしまった。
妻子持ちの鯨さんは、厳しい営業職を勤めながら、17年小説を書き続け、
40歳にしてデビューしたという、悪戦苦闘の記録だ。
ここまで苦労して作家になった人もいるのかと正直驚いてしまった。
途中までは投稿しても投稿しても落ちつづけ、こう言っては悪いが、
どうみても将来はなさそうなのだが、それでも続けていたら夢が叶ってしまった。
小説家を目指す人がこれを読んだら勇気づけられるのだろうか。
「ここまでしなきゃデビューできないのか」とショックを受けるのだろうか。
いずれにしても同じ文筆業でありつつ、小説家がどうやって書いているか全く知らない私にとっては、興味津々の内容だった。
私も創作ノートを作ったほうがいいのだろうか?
       ☆         ☆        ☆
おかげで寝たのは明け方4時。
8時半に起きて、別のモスクを取材し、
今度は特急に乗って、江戸川へ。
区立中央図書館で講演会。
十代の若者を対象とした講演会だというので、
いつもとはがらっと変え、「辺境の旅に学ぶ災害支援」なるテーマであくまでマジメに語ったのだが、どうにも受けなかったみたいで、寝ている人がたくさんいた。
質疑応答になると、突然みなさん、目が輝き、
「いちばん見つかりそうな怪獣は何ですか?」とか「アヘンをまた吸いたいと思いますか?」といった質問ばかり。
何のことはない、客層は「のまど」のときと全く同じだった。
なんか騙された気分だ。
でも、私のくだらん話を聞きに来たのに真面目な、しかもつまらない話を聞かされたお客さんはもっと騙された気分のはずで、申し訳ないとしかいいようがない。
手伝いに来てくれた杉江さんと、今季悲惨な状況にあるレッズとジャイアンツについて
それぞれ愚痴をこぼしながら、新小岩の居酒屋でぐだぐだ飲んでいた。

関連記事

no image

バトルロイヤルに負ける

7月に紀伊国屋新宿本店で行われていた書店員オススメ本バトルロイヤルだが、 「ゴッドファーザー」の続編

記事を読む

no image

いや、おどろいた

『三畳記』が”酒飲み書店員大賞を受賞して、何ヶ月か経った。 もともとは”酒飲み書店員が強烈にプッシュ

記事を読む

no image

酒飲み書店めぐり

『怪獣記』の担当編集者とともに、丸一日かけて書店へ挨拶まわり。 ほとんどが名高い(?)酒飲み書店員

記事を読む

no image

私の名は紅

前から気になっていたケン・フォレットの世界的ベストセラー『大聖堂』を読み始めたのだが、 物語はとく

記事を読む

no image

時間がない…

金曜日は長野で、前々から頼まれていたコンゴ&トルコ上映会を行い、 一泊して東京に戻ったのは土曜の夕方

記事を読む

no image

戦時中に建てられた家

友人が大井町線千束に新居を構えたので、 他の友達連中と一緒に遊びに行く。 友人はマレーシア人女性と結

記事を読む

no image

私が原稿を書けないワケ

今週は原稿を一行も書けていない。 毎日パソコンに何時間も向かっているのに。 もともと苦しまずに原稿が

記事を読む

no image

千葉のソマリランド人

千葉県東金に住むソマリランド関係者がいる、と前に書いた。 曖昧な言い方をしてしまったが、その人物、実

記事を読む

no image

謎の国際ボランティア特殊部隊@浦安

後輩Kとネパール人のクマルという国際統合失調症コンビを引き連れ、 浦安市の被災地へボランティアに行っ

記事を読む

no image

次にブレイクする作家

 今月8日発売の「本の雑誌」(7月号)に、久しぶりに私の名前が出た。  「次にブレイクする作家はこ

記事を読む

Comment

  1. 齋藤太郎 より:

    AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.1; SV1; GTB7.0; .NET CLR 1.1.4322; .NET CLR 2.0.50727; .NET CLR 3.0.4506.2152; .NET CLR 3.5.30729)
    高野さま、
    昨日は暑くてしかもお疲れのなか、どうもありがとうございました。
    朝日新聞出版の齋藤太郎と申します。年来の高野さんファンとしましては、熱心な一読者であり続けようと思っておりましたが、先日更紗さんの講演会で初めて実際にお見かけして以来、つい、一緒に本を作れましたら、と夢想をはじめてしまいました。ご相談をお願いする以上、より多くの読者に読んでいただけますよう(売れるように)鋭意お手伝いをさせていただけましたらと存じております。
    お忙しいとは存じますが、もしご挨拶にお伺いできるお時間がございましたら、お願いできましたら幸いです。
    その際はご都合の良い場所、お時間をご教示ください。
    どうぞよろしくお願い申し上げます。
    ps:所属は「ビジネス編集部」ではありますが、いろいろな本を出しているので高野さんの本もまったく大丈夫です。
    齋藤太郎拝

  2. 読者 より:

    AGENT: SoftBank/1.0/840P/PJP10/SN353164031783845 Browser/NetFront/3.4 Profile/MIDP-2.0 Configuration/CLDC-1.1
    ガソリン携行缶、「フランスへ」と言われたこと、漁師の方の見聞の広さ、話を聴くこと等… 自分の経験と少し重なり救われる思いでした。そして高野さんの声は耳触りの良い声です。しみじみ。以前J-WAVEのBOOK BARでも良いと言っていました。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

no image
イベント&講演会、テレビ・ラジオ出演などのご依頼について

最近、イベントや講演会、文化講座あるいはテレビ・ラジオ出演などの依頼が

ソマリランドの歌姫、来日!

昨年11月に、なんとソマリランド人の女性歌手のCDが日本でリリ

『未来国家ブータン』文庫はちとちがいます

6月23日頃、『未来国家ブータン』が集英社文庫から発売される。

室町クレージージャーニー

昨夜、私が出演したTBS「クレイジージャーニー」では、ソマリ人の極

次のクレイジージャーニーはこの人だ!

世の中には、「すごくユニークで面白いんだけど、いったい何をしている

→もっと見る

    • 「清水さんはエッセイも一級品」と書くつもりだったのに、「清水さんのエッセイは一級品」と書いてしまった。これでは他の仕事が一級品じゃないみたいだ。もちろん全部一級品ですよ、すみません! ReplyRetweetFavorite
    • 清水さんはエッセイは一級品。読みやすい文章に誘われて、中世の人の息づかいを感じることができる。「スマホを手繰る」という斬新な表現にも感嘆した。蕎麦か!? ReplyRetweetFavorite
    • 私と対談本を出している歴史家の清水克行さんが「小説新潮」(9月号)にて「アナーキー・イン・ジャパン」なる新連載を始めた。同誌では私も「謎の未確認納豆を追え」という連載を行っており今月号は「西アフリカのハイビスカス納豆」。二人とも「それ、どうよ?」というタイトルだ…。 ReplyRetweetFavorite
    • 私はニュースの素材になるような取材をしていないから、そういうことをやっている人を尊敬するという意味です。 ReplyRetweetFavorite
    • 「人が表現者として世に出るのに必要なのは才能と運と継続」もけだし名言。 ReplyRetweetFavorite
    • 本棚で別の本を探していたら、大槻ケンヂ著『いつか春の日のどこかの町へ』(角川文庫)が目に留まり思わず再読してしまった。しみじみと明るく切ない名作。オーケンさんは大人になれない大人の話を書かせたら天下一品だ。 ReplyRetweetFavorite
    • 電車の中で親しげに「おう!」と声をかけてきた人がいて、誰かと思ったら弟だった。生きてたんだな、弟。 ReplyRetweetFavorite
  • 2019年8月
    « 3月    
     1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    262728293031  
PAGE TOP ↑