*

調布VSスーダン

公開日: : 最終更新日:2012/05/28 高野秀行の【非】日常模様


福島からの避難民を受け入れている調布の味の素スタジアムがどんなものなのか
見に行った。
私もボランティア登録をしているから、ひじょうにきめ細かいサービスを行っているのは知っていたが、避難所に行くと、入り口の掲示板にありとあらゆる無料サービスが貼り出されていて、
壮観。
バスも電車も無料、近くのラーメン屋やレストランも無料券を出し、
自転車、任天堂DS充電器の貸し出し、子供の遊び相手、子供の勉強をみる、
FC東京の練習を見学できる、整体、体操、マッサージ、洗濯などなど、
まあ、すごい。
最初東京都はアジスタを福島の人たちに開放したものの、「津波の被害者とちがって
原発から避難してきた人は被災者ではない」と狂ったようなことを言い、
被災者に食事も出さなかったし、シャワールームも使わせなかった。
そこで地元の自治会が炊き出しをして食事を提供するいっぽう、調布市議会議長らが東京都に掛け合い、大幅に待遇が改善されたという。
調布市役所自体は「災害ボランティアに消極的」と議長は言うが、市民の熱心さは並外れている。
いいなあ、調布市。いま調布市民の間では共通の話題ができ、結束も固くなっているだろう。そしてこのように福島の人たちを助ければ、今後もし調布が災害に見舞われたとき
絶対に福島の人が助けてくれるにちがいない。
私ももし次に移住する機会があれば、ぜひ調布市民になりたい。
       ☆        ☆       ☆
北九州に疎開中のアブディンから電話。
先週生まれた娘・アヤちゃんは元気いっぱいだそう。
今回の震災で「東電や政府に言いたいことがあるけど、来週ビザの更新があるからそれまでは大人しくしている」と言う。
「相変わらず腹黒いな。俺たちをおいて自分だけ疎開しておいて」
「いや、私は外側も黒いから中も黒くていいでしょう。表裏がないってことで」
と絶好調。
といっても彼はやることはやっている。
震災三日後、スーダン大使館に電話をして、「日本にはさんざん世話になってるんだから
この機会に少しの額でもお返しすべきだ。スーダンをアピールするチャンスでもある」と説得。
ちゃんと一週間後にスーダンから
10万ドルの義援金が日本政府に送られたという。
電話一本で約800万円を動かすとは、まるで政治家かヤクザ。
しかも自分のカネじゃないし。
やっぱりアブは腹黒い。
詳しくはアブのブログ「今日のアブちゃん」をご覧ください。

関連記事

no image

今月のエンタメノンフ文芸部はすごい

今月は宮田珠己部長の「日本全国津々うりゃうりゃ」(廣済堂出版)と 内澤旬子副部長の「飼い喰い」(岩波

記事を読む

no image

ミャンマーで上映会

業務連絡を兼ねての報告だが、 2月11日(月)から17日(日)まで、ミャンマーへ行くことになった。

記事を読む

no image

求む、ナイスな雑木林コース

昨日、鎌倉と江ノ島に行った。 両方とも今までの人生で行ったことがあるといえばある。 が、鎌倉

記事を読む

no image

酒飲み書店員大賞、韓国進出!

韓国のエージェントの人から聞いて初めて知ったのだが、 『ワセダ1.5坪青春記』の帯に(韓国の本にも帯

記事を読む

no image

山口晃「親鸞」書籍化を熱望!

『ヘンな日本美術史』(祥伝社)を読んで以来、山口晃に嵌ってしまったとブログやツイッターに書いたと

記事を読む

no image

生まれて初めてのロックライブ

恵比寿に、今年再結成した筋肉少女帯のライブを見に行った。 オーケンさんのご招待である。 なんと、私に

記事を読む

no image

僕が、落語を変える

私は自分のことを「文芸人」だと思っている。 文章を芸とする芸人であるという自覚だ。 だから、「芸人

記事を読む

no image

ダメ男子ロマン大作

「人のやらないことをする」がモットーの私は、 これまで盆と正月とGWだけはせっせと働き、 そのほか

記事を読む

no image

総選挙近し!!

ようやく来月、総選挙が実施されそうだ。 もっと早くやるべきだったのを与党が自分の都合で引き伸ばしてき

記事を読む

no image

スイスのFWはコンゴ人

昨日、本の雑誌の杉江さんとスーダンのアブディンと打ち合わせをし、 寿司好きのアブが、寿司アレルギーの

記事を読む

Comment

  1. 藤江 より:

    AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 8.0; Windows NT 6.0; Trident/4.0; YTB730; SLCC1; .NET CLR 2.0.50727; Media Center PC 5.0; .NET CLR 3.5.30729; .NET CLR 3.0.30729; .NET4.0C)
    アジスタの掲示板がポップな色合いに満ちているのが
    調布市民の明るい応援姿勢が垣間見えてとても良い感じです!
    ボランティアされる人もされる人も、だーれも卑屈になる必要なんかないですものね!
    アブちゃんかっこいいなぁ、{異国トーキョー漂流記}を読み返して
    しまいました。

  2. タツ より:

    AGENT: Mozilla/5.0 (Macintosh; U; Intel Mac OS X 10_6_7; ja-jp) AppleWebKit/533.20.25 (KHTML, like Gecko) Version/5.0.4 Safari/533.20.27
    高野さんこんばんは。
    先程アブディンさんのブログの「自分たちにできること」にコメントを残して来たのですが、もしご連絡を取られる時がおありでしたら、お伝え頂けましたら幸いです。
    アブディンさんもすごいですが、調布市のボランティアの方々もすごいですね。そんじょそこらのショッピングモールも顔負けですね!さすがに無料券は無いだろうからこっちのがすごいか…
    高野さんも災害ボランティア、頑張ってください。私も微力ながら自分でも出来る事をやっていこうと思います。

  3. タツ より:

    AGENT: Mozilla/5.0 (Macintosh; U; Intel Mac OS X 10_6_7; ja-jp) AppleWebKit/533.20.25 (KHTML, like Gecko) Version/5.0.4 Safari/533.20.27
    先程アブディンさんのブログを過去の物まで少し読んだのですが、いろんな意味で凄すぎる…
    頭がいいなんてレベルではないですね。今日初めてブログを読みましたが、勝手にビックリしすぎて再度コメントしてしまいました。

  4. お〜つか より:

    AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 8.0; Windows NT 6.1; Trident/4.0; GTB6.6; SLCC2; .NET CLR 2.0.50727; .NET CLR 3.5.30729; .NET CLR 3.0.30729; Media Center PC 6.0; .NET4.0C)
    味スタから徒歩15分のトコロに住んでいるのに、まだ覗きもしていないワタクシ。。。
    といっても府中市民ですが。。。
    そうですか。東京都はそんなマヌケ発言をしていたんですね。
    どこかおかしいなぁ。。。この国は。

  5. 高野秀行 より:

    AGENT: Mozilla/5.0 (Windows; U; Windows NT 6.0; en-US) AppleWebKit/534.16 (KHTML, like Gecko) Chrome/10.0.648.204 Safari/534.16
    考えてみれば、アブは4年以上、アジスタの隣(東京外大の寮)に住んでいます。
    やっぱり「府中市民」ですけどね。

藤江 へ返信する コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。

no image
イベント&講演会、テレビ・ラジオ出演などのご依頼について

最近、イベントや講演会、文化講座あるいはテレビ・ラジオ出演などの依頼が

ソマリランドの歌姫、来日!

昨年11月に、なんとソマリランド人の女性歌手のCDが日本でリリ

『未来国家ブータン』文庫はちとちがいます

6月23日頃、『未来国家ブータン』が集英社文庫から発売される。

室町クレージージャーニー

昨夜、私が出演したTBS「クレイジージャーニー」では、ソマリ人の極

次のクレイジージャーニーはこの人だ!

世の中には、「すごくユニークで面白いんだけど、いったい何をしている

→もっと見る

    • RT : 高野秀行「語学の天才まで1億光年」読み始めたのだが、相変わらず惹き込まれる文体とユニークなエピソードのオンパレードで面白い。インドで凄い人に会っていて、読んでいる私もテンション上がります。 https://t.co/9EeDCh7N7P ReplyRetweetFavorite
    • ああ、またタイヘ行きたい…。 https://t.co/dRZvFBt6OF ReplyRetweetFavorite
    • 結局、これですね。 https://t.co/AYSXZh4hwP ReplyRetweetFavorite
    • 誰もがろう者のことを障害者ともなんとも思っていなかったというから驚き。しかも著者はその由来を17世紀イギリスまで遡る。また、マジョリティが英語と手話のバイリンガルになるという、普通とは逆のパターンになってたことも、言語オタクとして… https://t.co/xz1Vj6TP2e ReplyRetweetFavorite
    • ノーラ・エレン・グロース著『みんなが手話で話した島』(佐野正信訳、ハヤカワノンフィクション文庫)読了。アメリカ東海岸にあるヴィンヤード島では、20世紀初頭まで、ろう者(聴覚障害者)の割合がひじょうに多かったため、聞こえる人もみんな普通に手話で会話をしていた。 ReplyRetweetFavorite
    • 昨日のジュンク堂イベントで橋本陽介さんがとても重要なことを言っていたのをふと思い出した。「その言語(外国語)を話したり読んだりすると、その世界の内側に入った気がする。翻訳や通訳を介しているときはそういう気持ちにはならない」。 ReplyRetweetFavorite
    • RT : わたしたちが光の速さで進めないなら 『謎の独立国家ソマリランド』など数々の名ノンフィクションを出されてきた高野秀行さん。新刊は語学体験記です。 光の速さで進めないなら、どれくらいかかるのでしょうか? 『語学の天才まで1億光年』は集英… ReplyRetweetFavorite
  • 2022年10月
    « 3月    
     12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    31  
PAGE TOP ↑