*

「アジワン」発売!

公開日: : 最終更新日:2012/05/28 高野秀行の【非】日常模様

妻・片野ゆかの新刊が発売された。
小学館ノンフィクション大賞受賞第一作は、超脱力フォトエッセイ「アジワン」(ジュリアン出版)
アジアのリード(綱)をつけてない犬、それがアジワンだ。
帯のコピーにあるように、「アジアに行く。犬に会う。ただ、それだけ」の本である。
タイ、台湾、ベトナム、ミャンマー、カンボジア、ラオスで出会ったお気楽な犬と人の写真が連発。
個人的には、犬が椅子に座り、飼い主が床に転がっている写真、牛に吠え付き、逆襲を受けて「負け犬の遠吠え」を発する犬の連続写真が気に入っている。
この撮影現場のほとんどに私は立ち会っている。
ていうか、私は「アジワン旅」の通訳兼荷物持ち兼アシスタントである。
犬は敏感だ。変な外国人が写真を撮ろうとすると警戒してすぐ動く。
シャッターチャンスは一瞬しかないことも多いので、私も「おさえ」として自分のカメラでワンコを撮る。
妻が万一、撮りそこなっても私が撮っていればいいという態勢で臨んでいるのだ。
それが「アシスタント」の意味である。
実はこの本の中にも私が撮った写真が2、3枚ある。
アジア好きと犬好きにはかなり和むと思うが、どちらにも興味がない人には全くどうでもいい一冊である。

関連記事

no image

とても美味しく、驚きもある

 先週の土曜日、グレッグとミワさんという日仏カップルの友人と神楽坂のクレープ専門レストランで食事をし

記事を読む

ギラギラと輝く船戸ワールドの原点

知り合いである大学の先生が仕事の忙しさを「まるで障害物競走のよう」とたとえていたが、 私もまさ

記事を読む

no image

「激しくおもしろいブログ100」

 先週、突然見知らぬ人からメールが来た。 「あなたのブログは『激しくおもしろいブログ100』に選ばれ

記事を読む

no image

うなドン

日曜日、和光大学で教えているロバート・リケットさんという人と下北沢で会う。 リケットさんは南三陸のフ

記事を読む

no image

本業

ここんところ、さっぱり本が読めなくなっていたのだが、 なぜか本棚にあった水道橋博士『本業』(文春文

記事を読む

no image

ミャンマーでまた政変?!

 さあ、「ビルマロード」へ行くぞ!と気合を入れ、さらに今年末には「イラワジ河ほぼ全流下りをやるぞ!」

記事を読む

no image

謎の猿人ナトゥー

作家の古処誠二さんが、「藤岡弘の最高傑作」と絶賛するミャンマーで猿人ナトゥーを追う DVDを本当に送

記事を読む

no image

藤波辰爾の驚くべき腰痛秘話

『藤波辰爾自伝』(草思社)がなぜか版元から送られてきたので、 即読んだ。  あまりにも意外性のない

記事を読む

衝撃! これがアマゾン時代の私の恋人?!

ブラジルのアマゾンでフクシマ系移民を探しているらしいドキュメンタリー監督の松林要樹君からメールが

記事を読む

no image

雲南のツヨカワ花嫁

カゼをひいていたが、雪が降り始めたのでついプールに行ってしまう。 案の定、泳いでいる人はほとんどいな

記事を読む

Comment

  1. NEGI より:

    AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.1; SV1; .NET CLR 1.1.4322; .NET CLR 2.0.50727; InfoPath.1; InfoPath.2)
    いやあ、イラストのうまいのにびっくりしました。能ある鷹は・・・ですが、こんな能も隠してたんですね。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

no image
イベント&講演会、テレビ・ラジオ出演などのご依頼について

最近、イベントや講演会、文化講座あるいはテレビ・ラジオ出演などの依頼が

ソマリランドの歌姫、来日!

昨年11月に、なんとソマリランド人の女性歌手のCDが日本でリリ

『未来国家ブータン』文庫はちとちがいます

6月23日頃、『未来国家ブータン』が集英社文庫から発売される。

室町クレージージャーニー

昨夜、私が出演したTBS「クレイジージャーニー」では、ソマリ人の極

次のクレイジージャーニーはこの人だ!

世の中には、「すごくユニークで面白いんだけど、いったい何をしている

→もっと見る

  • 2021年10月
    « 3月    
     123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    25262728293031
PAGE TOP ↑