*

正月には柳昇師匠がよく似合う

公開日: : 最終更新日:2012/05/28 高野秀行の【非】日常模様

ここ数日、なんだか正月のような気がしてならない。
そう言うと妻に「は?」と呆れられたが、寒くて晴れていると
私には毎日が正月に思えてしまう。
正月といえば読書だ。
最近読んだ本の中では春風亭柳昇『与太郎戦記 ああ戦友』(ちくま文庫)
いちばん面白かった。
柳昇師匠の「与太郎戦記」シリーズは三部作であり、第一作『与太郎戦記』はすごく面白く、
第二作『陸軍落語兵』(ともにちくま文庫)はまあまあ、第三作が盛り返してまたすごく面白い(ただし、後半はぐだぐだなので
読まなくていいかもしれない)。
柳昇という人は、春風亭昇太の師匠である。
2002年頃、知り合いに連れて行かれて初めて昇太さんの高座を見たとき、
「師匠が病気で入院しているので、しょっちゅう見舞いに行っている」とまくらで話をしていた。
柳昇師匠はとにかくやさしくて弟子に何も文句を言わない人だったらしいが、
「政治とスポーツは贔屓をつくるな」と弟子たちに日頃教えさとしていたという。
芸人が誰か特定の人やチームを応援してはいけないということだ。
で、昇太さんが言うに、病院にお見舞いに行っても話すこともないから、
しばらくすると師匠がラジオをつける。
ニュースで「プロ野球の結果。阪神対巨人、5対3で阪神の勝ち」とアナウンサーが告げると、「ちっ!」と師匠が舌打ちした。
「思いっきり巨人ファンじゃん!」というのが、初めて昇太さんを聞いたときのマクラだったのだ。
間抜けなことに、このときは昇太さんの師匠が『与太郎戦記』の著者だと気づかなかった。
しばらくたって、初めて気づき、なるほどなあと思ったのだ。
柳昇師匠の文章が超一級品であるのは間違いない。
なにしろあの高島俊男先生が中国関係本紹介の名著『本と中国と日本人と』(これもちくま文庫)で『与太郎戦記』をとりあげ、
柳昇師匠を「天性の文才」をもつと評し、
「これくらい笑わせてくれて、しかもこれほど上等な本は、めったとあるものじゃない」と絶賛している。
しかも「上等」が何を指すのかというと、
1.文章がいい
2.終始一貫まじめである
3.世におもねらない
ときちんと説明している。
私は二十代、中国に行く前後に高島先生のこの本を読んで柳昇師匠の本を読んだ。
もちろんすごくよかった。
そしてその十数年後に弟子の昇太さんの落語を聞きファンになり、
今、また柳昇師匠の本を読んでいるわけだ。
ちなみに、落語家は文章の書ける人が多い。古今亭志ん朝など
高座の落語をそのまま活字に起こして十分、文学作品として成立するものをつくっていたくらいだ。
ある意味では当然なのかもしれない。
その中でも(私が読んだかぎり)、柳昇師匠はダントツである。
あの半分天然で他人事みたいなとぼけ節はまさに「天性の文才」で真似のしようがない。
次が立川談春『赤めだか』(扶桑社)か。
柳昇師匠亡きあと、私が期待するのは三遊亭白鳥さんだが、
こちらは壊れっぷりが半分天然である。

関連記事

no image

娘を溺愛する父親と言われた

先週末、本の雑誌の杉江さんに会ったら、「最近高野さんのブログを見ていると、 娘を溺愛してる父親みた

記事を読む

講談社ノンフィクション賞を受賞しました

今日、タイの時間で3時過ぎ、チェンマイ大学の裏門前(通称「ランモー」)を通過中に驟雨にあい、 移動

記事を読む

no image

名著復刊!

知らなかったが、本屋大賞では現在絶版になっている本の復刊も訴えているらしい。 それに応え、集英社文庫

記事を読む

no image

セーターの男

メモリークエストを更新した。 面談は2回目、「ペルーに忘れてきたセーターを探してほしい」という トン

記事を読む

no image

速報 最後の決戦の舞台

バンコクに着いた。 空港から乗ったタクシーの運転手に「タクシン派と軍の衝突は今どうだ?」と訊いたら

記事を読む

no image

ポルターガイストで訴える

「未確認思考物隊」の第5回と第6回のテーマは「心霊」だが、 おかげさまで両方とも私のリポート出動はな

記事を読む

no image

インディアンの驚くべき小説

シャーマン・アレクシー『はみだしインディアンのホントにホントの物語』(小学館)という本を妻の本棚で

記事を読む

no image

片野ゆか「愛犬王」発売

妻・片野ゆかによる本年度小学館ノンフィクション大賞受賞作『愛犬王 平岩米吉伝』(小学館)がようやく上

記事を読む

no image

サッカーの敵

「本の雑誌」バックナンバーのサッカー本特集のコピーを杉江さんに送ってもらい、 それにしたがってサッ

記事を読む

no image

ありえねー!

しょっぱなから全く予期しない出来事が起きた。 人為的原因により、ワン行きの飛行機に乗り損ねたのだ。

記事を読む

Comment

  1. よっしぃ より:

    AGENT: Mozilla/5.0 (Windows NT 5.1; rv:8.0) Gecko/20100101 Firefox/8.0
    高野さん、木曜日にTBSラジオに出るんですね!
    http://www.tbsradio.jp/dig/index.html
    今週はラジオ業界はひじょーーーーーに大切な週なので
    ぜひ、高聴取率を飛ばして
    そのままレギュラー番組を目指してください!
    お昼にやっているキラキラという番組、
    高野さん向きなんだけどなー

  2. 高野秀行 より:

    AGENT: Mozilla/5.0 (Windows NT 6.0; WOW64) AppleWebKit/535.2 (KHTML, like Gecko) Chrome/15.0.874.121 Safari/535.2
    よっしいさん、ごぶさたです。
    >今週はラジオ業界はひじょーーーーーに大切な週なので
    って何ですか?
    ラジオ強化週間とかあるんですか?

  3. よっしぃ より:

    AGENT: Mozilla/5.0 (Windows NT 5.1; rv:8.0) Gecko/20100101 Firefox/8.0
    ありますあります。
    いわゆる「聴取率調査週間」です。
    ラジオはテレビとは違って、毎日視聴率を計測するわけでなく
    年6回、1週間に集中して計測するのです。
    これで1位になれば、スポンサーがつきやすい。
    そして、今週がその週です。
    うちのオフィスでもラジオ(J-WAVE)がが流れていますが、
    豪華ゲストが出ています。
    つまり、高野&角幡組は豪華ゲストなわけで。
    プレッシャーをかけるわけではありませんが、
    間違いなく大変重要な週なんです!
    期待しています!

  4. 高野秀行 より:

    AGENT: Mozilla/5.0 (Windows NT 6.1) AppleWebKit/535.2 (KHTML, like Gecko) Chrome/15.0.874.121 Safari/535.2
    今年の「王様のブランチ」でおわかりのように、
    私が関わると本来影響力のひじょうに強いメデイアでさえ
    パワーを失います。
    というか、私には物事をマイナー化させる力があるのですね。
    だから、今回もTBSのパワーダウンに貢献すること、間違いなしです!

  5. サチ より:

    AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 8.0; Windows NT 5.1; Trident/4.0; .NET CLR 1.1.4322)
    記事と関係のないコメントで申し訳ないのですが、どうしてもお知らせしたくて……。
     TVガイドによると、1月からテレ朝で、『桑潟幸一准教授のスタイリッシュな生活』が連続ドラマ化されるそうです。何日からかははっきり書いていませんでしたが、日曜の午後11:15〜という、なにやら実験的な香りのする時間帯です。

  6. よっしぃ より:

    AGENT: Mozilla/5.0 (Windows NT 5.1; rv:8.0) Gecko/20100101 Firefox/8.0
    昨日のラジオ、聞きましたよ。
    お二人を知らない人には、ほぉーと思う内容なのかもしれないけど
    ファンとしては
    「もぉ、せめて著作くらい読んでおいてくれよ!」と憤慨しておりました。
    平山さんとの対談のほうが、高野さんの魅力が引き出せていて
    面白かったです!

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

no image
イベント&講演会、テレビ・ラジオ出演などのご依頼について

最近、イベントや講演会、文化講座あるいはテレビ・ラジオ出演などの依頼が

ソマリランドの歌姫、来日!

昨年11月に、なんとソマリランド人の女性歌手のCDが日本でリリ

『未来国家ブータン』文庫はちとちがいます

6月23日頃、『未来国家ブータン』が集英社文庫から発売される。

室町クレージージャーニー

昨夜、私が出演したTBS「クレイジージャーニー」では、ソマリ人の極

次のクレイジージャーニーはこの人だ!

世の中には、「すごくユニークで面白いんだけど、いったい何をしている

→もっと見る

    • 20年前に読んだときは彼ら一人一人がどれほどのスーパースターだったのか理解できていなかった。 https://t.co/3PkeyJWJY1 ReplyRetweetFavorite
    • 本田靖春の文章力はさすがですね。 https://t.co/2lCA4RMIds ReplyRetweetFavorite
    • やりたいことをやりたいようにやって90年。今西錦司の人生をたどった後では、ちまちました仕事のメールとか経費の計算とか原稿書きとか全くやる気を失う。悪書なり。 https://t.co/3PkeyJWJY1 ReplyRetweetFavorite
    • RT : 高野さん、ほんとに傘ささないんですよね。この間、辺境スタジオに向かうときも雨が降っていたのですが、まったく意に介さぬ様子で。 noteの「辺境メルマガ」更新しました。今回は『辺境中毒!』(集英社文庫)の文庫解説より転載しております!… ReplyRetweetFavorite
    • 本棚整理のついでに本田靖春著『評伝 今西錦司』(講談社文庫)を20年ぶりぐらいに再読してしまった。今西軍団に所属した選手(学者)がとにかくすごい。西堀栄三郎、梅棹忠夫、川喜多二郎、中尾佐助、藤田和夫、伊谷純一郎、河合雅雄……。レアル・マドリード並みの銀河系軍団。 ReplyRetweetFavorite
    • 河童似の杉江さんに「高野秀行は河童じゃないか」と言われてしまった。同族? https://t.co/dHF7mfwfjq ReplyRetweetFavorite
    • 毎月、新しい本がやってくるので、毎月本の整理をしなければならない。で、その間に気になった本を手にとって立ち読みしてしまう。今日立ち読みしたのは中島京子さんの『妻が椎茸だったころ』(講談社)。短編集だが、表題作がすばらしいのだ。家で立ち読み感動。 ReplyRetweetFavorite
  • 2020年7月
    « 3月    
     12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    2728293031  
PAGE TOP ↑