*

正月には柳昇師匠がよく似合う

公開日: : 最終更新日:2012/05/28 高野秀行の【非】日常模様

ここ数日、なんだか正月のような気がしてならない。
そう言うと妻に「は?」と呆れられたが、寒くて晴れていると
私には毎日が正月に思えてしまう。
正月といえば読書だ。
最近読んだ本の中では春風亭柳昇『与太郎戦記 ああ戦友』(ちくま文庫)
いちばん面白かった。
柳昇師匠の「与太郎戦記」シリーズは三部作であり、第一作『与太郎戦記』はすごく面白く、
第二作『陸軍落語兵』(ともにちくま文庫)はまあまあ、第三作が盛り返してまたすごく面白い(ただし、後半はぐだぐだなので
読まなくていいかもしれない)。
柳昇という人は、春風亭昇太の師匠である。
2002年頃、知り合いに連れて行かれて初めて昇太さんの高座を見たとき、
「師匠が病気で入院しているので、しょっちゅう見舞いに行っている」とまくらで話をしていた。
柳昇師匠はとにかくやさしくて弟子に何も文句を言わない人だったらしいが、
「政治とスポーツは贔屓をつくるな」と弟子たちに日頃教えさとしていたという。
芸人が誰か特定の人やチームを応援してはいけないということだ。
で、昇太さんが言うに、病院にお見舞いに行っても話すこともないから、
しばらくすると師匠がラジオをつける。
ニュースで「プロ野球の結果。阪神対巨人、5対3で阪神の勝ち」とアナウンサーが告げると、「ちっ!」と師匠が舌打ちした。
「思いっきり巨人ファンじゃん!」というのが、初めて昇太さんを聞いたときのマクラだったのだ。
間抜けなことに、このときは昇太さんの師匠が『与太郎戦記』の著者だと気づかなかった。
しばらくたって、初めて気づき、なるほどなあと思ったのだ。
柳昇師匠の文章が超一級品であるのは間違いない。
なにしろあの高島俊男先生が中国関係本紹介の名著『本と中国と日本人と』(これもちくま文庫)で『与太郎戦記』をとりあげ、
柳昇師匠を「天性の文才」をもつと評し、
「これくらい笑わせてくれて、しかもこれほど上等な本は、めったとあるものじゃない」と絶賛している。
しかも「上等」が何を指すのかというと、
1.文章がいい
2.終始一貫まじめである
3.世におもねらない
ときちんと説明している。
私は二十代、中国に行く前後に高島先生のこの本を読んで柳昇師匠の本を読んだ。
もちろんすごくよかった。
そしてその十数年後に弟子の昇太さんの落語を聞きファンになり、
今、また柳昇師匠の本を読んでいるわけだ。
ちなみに、落語家は文章の書ける人が多い。古今亭志ん朝など
高座の落語をそのまま活字に起こして十分、文学作品として成立するものをつくっていたくらいだ。
ある意味では当然なのかもしれない。
その中でも(私が読んだかぎり)、柳昇師匠はダントツである。
あの半分天然で他人事みたいなとぼけ節はまさに「天性の文才」で真似のしようがない。
次が立川談春『赤めだか』(扶桑社)か。
柳昇師匠亡きあと、私が期待するのは三遊亭白鳥さんだが、
こちらは壊れっぷりが半分天然である。

関連記事

no image

昔の縁

仕事というより雑事に追われて ブログを書く時間もなかなかとれない日々が続いている。 昨日は稲城市で上

記事を読む

no image

突然、魂の叫び

どこか遠くへ行きたい−−。 これは平凡な日常に飽きた人間がよく思い浮かべることだろう。 私もよくそう

記事を読む

no image

今年も奇書で行きます

新年あけましておめでとうございます。 今年は高野本プチバブル最終年になる。 新刊、文庫合わせて5冊

記事を読む

ノルウェー弾丸ツアー

日曜日に出て土曜日にに戻るという、私にとっては「弾丸ツアー」でノルウェーに行ってきた。 目的は

記事を読む

no image

内澤旬子と三匹の豚

ジュンク堂新宿店で、宮田珠己部長、内澤旬子副部長とトークショーを行った。 本来、宮田部長が『スットコ

記事を読む

no image

日本の冬

会社員を辞めて山岳ガイドになった後輩と一緒に箱根の山を歩いた。 ただ普通に山歩きをするだけのつもり

記事を読む

no image

海賊国家プントランド

今回の旅の目的は謎の独立国家ソマリランドの実情を探ることだが、 そこにいると同じ意見しか聞けない。

記事を読む

no image

形見の銃弾

 義父が昨年1月、義母が今月と、相次いで亡くなったため、 妻の実家は遺品の山である。  なにしろ8

記事を読む

no image

やむを得ず朝型にシフトしたが…

2週間くらい前から、ワケあって朝は7時に起きなければならなくなった。 日本では海外に出かけるときか取

記事を読む

no image

酒よりカツカレー

モガディショからソマリランドのハルゲイサに戻り、さらに今日、飛行機で隣のジブチに出た。 世間のイメー

記事を読む

Comment

  1. よっしぃ より:

    AGENT: Mozilla/5.0 (Windows NT 5.1; rv:8.0) Gecko/20100101 Firefox/8.0
    高野さん、木曜日にTBSラジオに出るんですね!
    http://www.tbsradio.jp/dig/index.html
    今週はラジオ業界はひじょーーーーーに大切な週なので
    ぜひ、高聴取率を飛ばして
    そのままレギュラー番組を目指してください!
    お昼にやっているキラキラという番組、
    高野さん向きなんだけどなー

  2. 高野秀行 より:

    AGENT: Mozilla/5.0 (Windows NT 6.0; WOW64) AppleWebKit/535.2 (KHTML, like Gecko) Chrome/15.0.874.121 Safari/535.2
    よっしいさん、ごぶさたです。
    >今週はラジオ業界はひじょーーーーーに大切な週なので
    って何ですか?
    ラジオ強化週間とかあるんですか?

  3. よっしぃ より:

    AGENT: Mozilla/5.0 (Windows NT 5.1; rv:8.0) Gecko/20100101 Firefox/8.0
    ありますあります。
    いわゆる「聴取率調査週間」です。
    ラジオはテレビとは違って、毎日視聴率を計測するわけでなく
    年6回、1週間に集中して計測するのです。
    これで1位になれば、スポンサーがつきやすい。
    そして、今週がその週です。
    うちのオフィスでもラジオ(J-WAVE)がが流れていますが、
    豪華ゲストが出ています。
    つまり、高野&角幡組は豪華ゲストなわけで。
    プレッシャーをかけるわけではありませんが、
    間違いなく大変重要な週なんです!
    期待しています!

  4. 高野秀行 より:

    AGENT: Mozilla/5.0 (Windows NT 6.1) AppleWebKit/535.2 (KHTML, like Gecko) Chrome/15.0.874.121 Safari/535.2
    今年の「王様のブランチ」でおわかりのように、
    私が関わると本来影響力のひじょうに強いメデイアでさえ
    パワーを失います。
    というか、私には物事をマイナー化させる力があるのですね。
    だから、今回もTBSのパワーダウンに貢献すること、間違いなしです!

  5. サチ より:

    AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 8.0; Windows NT 5.1; Trident/4.0; .NET CLR 1.1.4322)
    記事と関係のないコメントで申し訳ないのですが、どうしてもお知らせしたくて……。
     TVガイドによると、1月からテレ朝で、『桑潟幸一准教授のスタイリッシュな生活』が連続ドラマ化されるそうです。何日からかははっきり書いていませんでしたが、日曜の午後11:15〜という、なにやら実験的な香りのする時間帯です。

  6. よっしぃ より:

    AGENT: Mozilla/5.0 (Windows NT 5.1; rv:8.0) Gecko/20100101 Firefox/8.0
    昨日のラジオ、聞きましたよ。
    お二人を知らない人には、ほぉーと思う内容なのかもしれないけど
    ファンとしては
    「もぉ、せめて著作くらい読んでおいてくれよ!」と憤慨しておりました。
    平山さんとの対談のほうが、高野さんの魅力が引き出せていて
    面白かったです!

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

no image
イベント&講演会、テレビ・ラジオ出演などのご依頼について

最近、イベントや講演会、文化講座あるいはテレビ・ラジオ出演などの依頼が

ソマリランドの歌姫、来日!

昨年11月に、なんとソマリランド人の女性歌手のCDが日本でリリ

『未来国家ブータン』文庫はちとちがいます

6月23日頃、『未来国家ブータン』が集英社文庫から発売される。

室町クレージージャーニー

昨夜、私が出演したTBS「クレイジージャーニー」では、ソマリ人の極

次のクレイジージャーニーはこの人だ!

世の中には、「すごくユニークで面白いんだけど、いったい何をしている

→もっと見る

    • これはどう考えても文庫解説の域を超えた「暴走」。黒田さんにちょっと申し訳ない。 https://t.co/k9DRWYfN0c ReplyRetweetFavorite
    • やんちゃな高井先生は20歳も年上である山岸先生の発言に「屁理屈来たーー(笑)」とか「もう完全に逃げてるとしか思えない」などと全盛期のモハメド・アリ並の挑発を交えながら打ち合いを挑み、山岸先生も真正面から受けて立っている。こんな格闘技みたいな科学本があったとは。 ReplyRetweetFavorite
    • 山岸明彦・高井研著『対論! 生命誕生の謎』(インターナショナル新書)を読了。これはめっちゃ面白かった。生命がどこでどのように生まれたのかという超根本的な問題について、異なった意見の二人が真っ向からぶつかり合う。 ReplyRetweetFavorite
    • RT : 【サイン本販売中】本の雑誌社WEBストアでは高野秀行さんや坪内祐三さん、平松洋子さんなどなど貴重なサイン本を販売しております。また本の雑誌社特製グッズや宮田珠己さんのオリジナルグッズも。もちろん本の雑誌最新号と大人気のおすすめ文庫王国202… ReplyRetweetFavorite
    • 図星だったでしょ。 https://t.co/t5eQSgxKKf ReplyRetweetFavorite
    • 「本の雑誌」1月号が届いていた。恒例の2019年の総合&ジャンル別ベストテン。ランクインしたほとんどの本が未読であるのも驚きだが、中には買ったまま未読の本もあって二度びっくり。 ReplyRetweetFavorite
    • そして何とも嬉しいことにSWAは来年から本格始動するという。これほどの人気者&実力者が4人もよくぞ。来年はよい年になりそうだ。 ReplyRetweetFavorite
  • 2019年12月
    « 3月    
     1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    3031  
PAGE TOP ↑