*

調布VSスーダン

公開日: : 最終更新日:2012/05/28 高野秀行の【非】日常模様


福島からの避難民を受け入れている調布の味の素スタジアムがどんなものなのか
見に行った。
私もボランティア登録をしているから、ひじょうにきめ細かいサービスを行っているのは知っていたが、避難所に行くと、入り口の掲示板にありとあらゆる無料サービスが貼り出されていて、
壮観。
バスも電車も無料、近くのラーメン屋やレストランも無料券を出し、
自転車、任天堂DS充電器の貸し出し、子供の遊び相手、子供の勉強をみる、
FC東京の練習を見学できる、整体、体操、マッサージ、洗濯などなど、
まあ、すごい。
最初東京都はアジスタを福島の人たちに開放したものの、「津波の被害者とちがって
原発から避難してきた人は被災者ではない」と狂ったようなことを言い、
被災者に食事も出さなかったし、シャワールームも使わせなかった。
そこで地元の自治会が炊き出しをして食事を提供するいっぽう、調布市議会議長らが東京都に掛け合い、大幅に待遇が改善されたという。
調布市役所自体は「災害ボランティアに消極的」と議長は言うが、市民の熱心さは並外れている。
いいなあ、調布市。いま調布市民の間では共通の話題ができ、結束も固くなっているだろう。そしてこのように福島の人たちを助ければ、今後もし調布が災害に見舞われたとき
絶対に福島の人が助けてくれるにちがいない。
私ももし次に移住する機会があれば、ぜひ調布市民になりたい。
       ☆        ☆       ☆
北九州に疎開中のアブディンから電話。
先週生まれた娘・アヤちゃんは元気いっぱいだそう。
今回の震災で「東電や政府に言いたいことがあるけど、来週ビザの更新があるからそれまでは大人しくしている」と言う。
「相変わらず腹黒いな。俺たちをおいて自分だけ疎開しておいて」
「いや、私は外側も黒いから中も黒くていいでしょう。表裏がないってことで」
と絶好調。
といっても彼はやることはやっている。
震災三日後、スーダン大使館に電話をして、「日本にはさんざん世話になってるんだから
この機会に少しの額でもお返しすべきだ。スーダンをアピールするチャンスでもある」と説得。
ちゃんと一週間後にスーダンから
10万ドルの義援金が日本政府に送られたという。
電話一本で約800万円を動かすとは、まるで政治家かヤクザ。
しかも自分のカネじゃないし。
やっぱりアブは腹黒い。
詳しくはアブのブログ「今日のアブちゃん」をご覧ください。

関連記事

no image

『腰痛探検家』&『空白の5マイル』発売

早大探検部の後輩で、今年開高健ノンフィクション賞を受賞した 角幡唯介『空白の五マイル』(集英社)が

記事を読む

no image

送ってはいけない

昨日、東北ツアーから戻った。 ボランティアに行ったつもりだったが、結局「行かなかったよりか少しマシ」

記事を読む

no image

エル・ニーニョ

レイモンド・チャンドラー『リトル・シスター』は、訳はいいんだけどいかんせん原作がぐちゃぐちゃの失敗作

記事を読む

講談社ノンフィクション賞を受賞しました

今日、タイの時間で3時過ぎ、チェンマイ大学の裏門前(通称「ランモー」)を通過中に驟雨にあい、 移動

記事を読む

no image

ソマリア大飢饉の嘘

やっとラマダンが終わり、新年際の「イード」も終わった。 今日から仕事始め。 だが、新年では大物政治家

記事を読む

no image

おとなの週末

またしても「こんなときに」という話だが、講談社の月刊グルメ誌「おとなの週末」で 「移民の宴(うたげ

記事を読む

no image

サハラから八王子へ

やっとサハラマラソンの原稿が終わった。 どういう形になるかわからないが、本の雑誌の杉江さんに渡してお

記事を読む

no image

月刊ランナーズ

なんと「月刊ランナーズ」というランニング専門誌の座談会に呼ばれてしまった。 ランナーでもないのに、

記事を読む

no image

螺旋

たまにはガイブン(外国文学)が読みたくなり、サンティアーゴ・パハーレスの『螺旋』(ヴィレッジブック

記事を読む

no image

イケメンなのか昆虫なのか

新潮社にて、トレイルランの第一人者・鏑木毅氏と対談。 さらっとした長髪とにこやかな笑みがなんとも魅

記事を読む

Comment

  1. 藤江 より:

    AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 8.0; Windows NT 6.0; Trident/4.0; YTB730; SLCC1; .NET CLR 2.0.50727; Media Center PC 5.0; .NET CLR 3.5.30729; .NET CLR 3.0.30729; .NET4.0C)
    アジスタの掲示板がポップな色合いに満ちているのが
    調布市民の明るい応援姿勢が垣間見えてとても良い感じです!
    ボランティアされる人もされる人も、だーれも卑屈になる必要なんかないですものね!
    アブちゃんかっこいいなぁ、{異国トーキョー漂流記}を読み返して
    しまいました。

  2. タツ より:

    AGENT: Mozilla/5.0 (Macintosh; U; Intel Mac OS X 10_6_7; ja-jp) AppleWebKit/533.20.25 (KHTML, like Gecko) Version/5.0.4 Safari/533.20.27
    高野さんこんばんは。
    先程アブディンさんのブログの「自分たちにできること」にコメントを残して来たのですが、もしご連絡を取られる時がおありでしたら、お伝え頂けましたら幸いです。
    アブディンさんもすごいですが、調布市のボランティアの方々もすごいですね。そんじょそこらのショッピングモールも顔負けですね!さすがに無料券は無いだろうからこっちのがすごいか…
    高野さんも災害ボランティア、頑張ってください。私も微力ながら自分でも出来る事をやっていこうと思います。

  3. タツ より:

    AGENT: Mozilla/5.0 (Macintosh; U; Intel Mac OS X 10_6_7; ja-jp) AppleWebKit/533.20.25 (KHTML, like Gecko) Version/5.0.4 Safari/533.20.27
    先程アブディンさんのブログを過去の物まで少し読んだのですが、いろんな意味で凄すぎる…
    頭がいいなんてレベルではないですね。今日初めてブログを読みましたが、勝手にビックリしすぎて再度コメントしてしまいました。

  4. お〜つか より:

    AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 8.0; Windows NT 6.1; Trident/4.0; GTB6.6; SLCC2; .NET CLR 2.0.50727; .NET CLR 3.5.30729; .NET CLR 3.0.30729; Media Center PC 6.0; .NET4.0C)
    味スタから徒歩15分のトコロに住んでいるのに、まだ覗きもしていないワタクシ。。。
    といっても府中市民ですが。。。
    そうですか。東京都はそんなマヌケ発言をしていたんですね。
    どこかおかしいなぁ。。。この国は。

  5. 高野秀行 より:

    AGENT: Mozilla/5.0 (Windows; U; Windows NT 6.0; en-US) AppleWebKit/534.16 (KHTML, like Gecko) Chrome/10.0.648.204 Safari/534.16
    考えてみれば、アブは4年以上、アジスタの隣(東京外大の寮)に住んでいます。
    やっぱり「府中市民」ですけどね。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

no image
イベント&講演会、テレビ・ラジオ出演などのご依頼について

最近、イベントや講演会、文化講座あるいはテレビ・ラジオ出演などの依頼が

ソマリランドの歌姫、来日!

昨年11月に、なんとソマリランド人の女性歌手のCDが日本でリリ

『未来国家ブータン』文庫はちとちがいます

6月23日頃、『未来国家ブータン』が集英社文庫から発売される。

室町クレージージャーニー

昨夜、私が出演したTBS「クレイジージャーニー」では、ソマリ人の極

次のクレイジージャーニーはこの人だ!

世の中には、「すごくユニークで面白いんだけど、いったい何をしている

→もっと見る

    • RT : 本日19時から!「ポリタスTV」の「石井千湖の沈思読考」で、高野秀行著『語学の天才まで1億光年』をご紹介くださるそうです! ReplyRetweetFavorite
    • いや、明日はマジで楽しみ。いつも彼とはほろ酔いでてきとうなことを喋っているけど、明日はガチで行きたい。 https://t.co/Dw6TWxuX8Q ReplyRetweetFavorite
    • RT : Webマガジン「考える人」のリレー書評「たいせつな本 ―とっておきの10冊―」で、高野秀行さんが、「言語の面白さを教えてくれる10冊」のうちの1冊として、『日本語とにらめっこ 見えないぼくの学習奮闘記』(モハメド・オマル・アブディン著)を挙げて下… ReplyRetweetFavorite
    • そこまで想像が及ぶと、通訳の人に訊ける。すると「あー、そのとおりです!」という答えが返ってくる。実際はそこまで単純ではなかったけれど、大まかにはこんな感じ。現地語が少しでもわかると、それくらい取材ができてしまう一例です。 https://t.co/fp7bbdM1yA ReplyRetweetFavorite
    • つまり、テンジャンには食べ方がいろいろあるけれど、チョングッチャンには汁物しかない。だからチゲをつけない。そこからさらに、大半の韓国人はチョングッチャン=汁物と認識しており、他の形態を知らないから、それが日本の納豆と同じものだと全… https://t.co/ThbJrauA2d ReplyRetweetFavorite
    • どこの店でもこう書かれている。これを見るだけで「チョングッチャン(納豆)とテンジャン(味噌)は同じジャン(醤)でも食べ方がちがうんだな」と想像がつきます。テンジャンはチゲ(汁物)と書くのにチョングッチャンはチゲがつかない。 https://t.co/CD3d7gxmjM ReplyRetweetFavorite
    • 通訳がいても、現地の言葉がある程度わかるのはとても重要です。例えば、これはソウルにあるチョングッチャン(韓国納豆汁)の有名店の看板。左がチョングッチャン、右はテンジャンチゲ(味噌の汁物)と書かれています。… https://t.co/OjPuB6GZK3 ReplyRetweetFavorite
  • 2022年9月
    « 3月    
     1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    2627282930  
PAGE TOP ↑