*

震災のリアルを超える傑作

公開日: : 最終更新日:2012/05/28 高野秀行の【非】日常模様


本屋大賞を受賞した『謎解きはディナーのあとで』という本を私はまったく見たことも聞いたこともなかったので、興味をもち買って読んでみたのだが、
私とはユーモアもしくはギャグのセンスがちがいすぎ、ミステリとしてもごくごく平凡で
短篇2つを頑張って読んだ時点で放棄した。
とはいうものの、正直なところ、3・11の震災以降、『謎解きは〜』にかぎらず小説は全くと言っていいほど、読めなくなっている。
津波や原発という現実があまりに圧倒的で、フィクション世界がちゃちく見えてしかたない。
この1ヶ月、いったい何冊の小説を途中放棄したことか。
そこで本屋大賞で惜しくも2位だった窪美澄『ふがいない僕は空を見た』(新潮社)を再読したのだが、こちらはすごかった。
世界に入れないどころか、ぐいぐいと力尽くで引きずり込まれ、最後まで他のことが手につかなかったほどだ。
震災のリアルにもびくともしない強靱な世界観だ。
いろいろな登場人物の視点で描く連作短篇で、しかもこれと同じように人情や恋愛をテーマにしたものは多いのだけど、本書は質が桁違いに高い。
センスとか文章がうまいとかいうレベルでなく、もっと切迫した何かがある。
『謎解きは〜』は私が全然知らなかっただけで、もう75万部も売れているそうだから
いくらけなしても問題ないだろう。それより窪美澄だよと声高に訴えたかったのだが、
さっき「王様のブランチ」に登場して、大々的に宣伝されたから、今更私がどうこう言う必要もなかった。
まあ、所詮本屋大賞なんてと思ったり、タイトルがしょぼいとか、著者の名前が覚えにくいとか、王様のブランチなんて気に食わんという人もいるだろうから、そういう人にぜひお勧めしたい。

関連記事

no image

「またやぶけ」の発見

そうそう、肝心なことをすっかり忘れていた。 奄美で遊んでいるうちに、新刊『またやぶけの夕焼け』(集

記事を読む

no image

アフガニスタン本ベストワンはこれだ!

前にここで紹介した石井光太・責任編集『ノンフィクション新世紀』(河出書房新社)で、国分拓と柳

記事を読む

no image

セルビアの宍戸錠

セルビア共和国の首都ベオグラードに こんな人がいた。 動物の皮で作った不思議な楽器を演奏していた。

記事を読む

no image

板みたいなもん…

実家の親に頼まれ、新しいパソコンのセットアップに行ったのだが、 niftyのありえないようなシステ

記事を読む

no image

幻の旅人、復活!

「旅行人」2010年上期号が届いたので、じっくり読む。 いつにもまして、マニアックな現地情報と美し

記事を読む

no image

奇人コレクション

その昔、「PLAYBOYドキュメント・ファイル大賞」というノンフィクションの賞があった。  選考委

記事を読む

no image

ブルガリアの秀吉

部屋を整理していたら、変なものを発見した。 先日ブルガリアの首都ソフィアの路上で買った古本。 吉川英

記事を読む

no image

盲目の吟遊詩人

「メモリークエスト」が更新された。 今回の依頼は「盲目の吟遊詩人を探せ!」。 場所はラオス。 いや、

記事を読む

本当の本物は深海で弾ける

いろんなことがありすぎて、ブログを書く暇がない。 ここ数日の出来事を簡単に羅列してみましょう。

記事を読む

no image

nairobi wa abunai?

kataaru no Doha wo keiyu shite Nairobi ni tsuita.

記事を読む

Comment

  1. k.inoue より:

    AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 8.0; Windows NT 6.0; Trident/4.0; YTB730; GTB6.6; SLCC1; .NET CLR 2.0.50727; Media Center PC 5.0; .NET CLR 3.5.30729; .NET CLR 3.0.30729; .NET4.0C)
    「小説が全く読めない」件、全く同感です。
    普段は、ミステリ好きで毎日少しでも読まないと気が済まないのですが、
    今は、エッセイしか読めなくなっています。
    ・・・ので、何十回目の『ワセダ三畳青春記』を拝読しております。

  2. ブリキの力石 より:

    AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 8.0; Windows NT 5.1; Trident/4.0; GTB6.6)
    本屋大賞、売れている本を選んでもしょうがないのになーって思います。
    「ふがいない僕は〜」に受賞して欲しかった。
    そんなに差がない2位ではあるのですが。

  3. さわよう より:

    AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 8.0; Windows NT 6.0; Trident/4.0; YTB730; GTB6.6; SLCC1; .NET CLR 2.0.50727; Media Center PC 5.0; .NET CLR 3.5.30729; .NET CLR 3.0.30729; .NET4.0C)
    ブランチ観てましたが、
    圧倒的に興味を引かれたのは「ふがいない僕は空を見た」でした。
    謎解きディナーと神様のカルテはテレビであれだけ宣伝をしているのが
    どうしても好きになれません。
    タマキングのジェットコースターを大爆笑のうちに読み終わり、
    (特に面白かったのは翻訳ソフトのくだりですが・・・。)
    師匠のアヘン王国を今更ながら読んでいるので読み終わったら、
    (あいかわらずすばらしい)
    買って読んでみようと思っていたところです。
    紹介されていて驚きました。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

no image
イベント&講演会、テレビ・ラジオ出演などのご依頼について

最近、イベントや講演会、文化講座あるいはテレビ・ラジオ出演などの依頼が

ソマリランドの歌姫、来日!

昨年11月に、なんとソマリランド人の女性歌手のCDが日本でリリ

『未来国家ブータン』文庫はちとちがいます

6月23日頃、『未来国家ブータン』が集英社文庫から発売される。

室町クレージージャーニー

昨夜、私が出演したTBS「クレイジージャーニー」では、ソマリ人の極

次のクレイジージャーニーはこの人だ!

世の中には、「すごくユニークで面白いんだけど、いったい何をしている

→もっと見る

    • 「船戸与一は長編のイメージが強いが、実は短編を書いても名手」という山田さんの指摘に強く同意。特にここに挙げられた短編集は私も好き。 ReplyRetweetFavorite
    • 「本の雑誌」今月号は「船戸与一の十冊」。書いたのは船戸さんを見出し、長く担当を務めたS社の山田裕樹氏。秘話満載で船戸ファン(私含む)は感涙ものだ。 ReplyRetweetFavorite
    • 理解できなくても面白く感じてしまうのは、私の脳がおめでたいこともあるが、大栗先生のストーリーテリングの才能が卓越しているからだろう。橋本先生といい、大栗先生といい、どうして理論物理学者は物語がこんなに上手なのか。物語論と超弦理論を統一する究極理論があるのかもしれない。 ReplyRetweetFavorite
    • 橋本幸士先生の『超ひも理論をパパに習ってみた』(講談社)がとても面白かったので、大栗博司著『大栗先生の超弦理論入門』(講談社ブルーバックス)にも手を出してみた。『超ひも〜』も大半がわからなかったが、こちらはほとんどわかなかった。だけど無類の面白さ。って、どういうことなんだろう? ReplyRetweetFavorite
    • 今なら宮田さんの小説に適切なアドバイスができますよ。 https://t.co/Ny6Wde0yPM ReplyRetweetFavorite
    • 本書によれば、「自分は普通以下のアホ」であり、「人生は楽しくないもの」と認識することによって断酒が可能になるという。断酒するつもりはないけど、こう考えるのは悪くないかも。 ReplyRetweetFavorite
    • 町田康著「しらふで生きる」(幻冬舎)が面白い!と噂に聞いたので読んでみた。久しぶりの町田節を堪能。30年間大酒を毎日飲み続けた町田さんがなんと断酒したという話だが、なんと酒云々を超えて「幸福論」になっている! ReplyRetweetFavorite
  • 2019年11月
    « 3月    
     123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    252627282930  
PAGE TOP ↑