*

怪獣奇書、出版したい人は手をあげて!

公開日: : 最終更新日:2012/05/28 高野秀行の【非】日常模様

昨日、トルコの怪獣についての奇書を紹介したら
「その本が読みたい」というコメントがあった。
私も実はその訳書を出版できないかと思っている。
いろんな意味でそれだけの価値はあるだろう。
私が解説文や注を書いてもいい。
どこか興味のある出版社の方がいれば、
ぜひご連絡を。

関連記事

no image

熊の爪跡

「台風の爪跡」とか「戦争の爪跡」とか、 よく「爪跡」という言葉を目にするが、じゃあ、実際の爪跡はど

記事を読む

「Brutus」にて“辺境小説”を紹介

現在発売中の「Brutus」1.1/1.16合併号の特集は「夢中の小説」。 私も「小説の世界で見つ

記事を読む

no image

FUTONと焼酎

事情があって中島京子の作品を読み返しているが、 『FUTON』(講談社文庫)はあらためて素晴らしい

記事を読む

no image

柏レイソルに敗れる

ソマリランドの命綱とも言われるベルベラ港の出身のソマリ人がいると聞き、 その人の住む柏まで会いに行く

記事を読む

no image

「シワ夢」文庫化

『世界のシワに夢を見ろ!』(小学館)、通称「シワ夢」同社から文庫化されることになった。 今回はマンガ

記事を読む

no image

今、日本で最も儲かっているかもしれない輸出業者はこう言った

昨日のブログで書いた調布の中古車輸出会社だが、ほんとうに儲かっている。 半年ほど前、初めて社長に会っ

記事を読む

no image

災害対策マニュアル(1)「ヘッドライト」

高野秀行の災害対策マニュアル(1)「ヘッドライト」  昨年、新潟中越地震が起きたあと、私はいつになく

記事を読む

no image

完璧な探検記

 わけあって、今さらながらアルフレッド・ランシング著『エンデュアランス号漂流』(新潮文庫)を読んだ

記事を読む

すごく太っている人は働き者なのか?

タイでは比較的やせた人が多いが、ときおり、男性でも女性でもすごく太った人を見かける。 身長160セ

記事を読む

no image

加点法の偉大なる記録

最近私が島田荘司を強力に勧めたため、友人の二村さんが読んでみたらしい。 で、答えは「島田荘司は減点

記事を読む

Comment

  1. 太郎 より:

    AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.1; SV1; .NET CLR 1.1.4322)
    あの雑誌「ムー」を出してる出版社はどうですか?
    怪しげに見えてしまうけど・・・・

  2. OPPU より:

    AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 5.17; Mac_PowerPC)
    出版の際は、装丁は是非私にやらせてください(笑)。
    それはさておき、是非読んでみたいので実現楽しみにしております。
    たとえ、ウソだとしても50人の証言とデータって社会人類学(違うか)的にも面白いんじゃないですかね。

  3. りーだー より:

    AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.1; SV1; (R1 1.5))
    ぜひ読んでみたいですね。
    ジャノは、古代クジラではないかという説がありましたが、撮影された映像では、ちょっと違うような気がしますね。
    ぜひぜひ出版を。

  4. 二村 より:

    AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 5.0; Mac_PowerPC)
    これ、何ページくらいの本なんでしょう?
    と、もう食い付いているダボハゼ一匹。。。

  5. タカノ より:

    AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.1; SV1)
    原文で約170ページですが、明らかにカットできる部分もあるので、
    翻訳しても170ページくらいでしょう。
    二村さん、やります?
    アジアの文化(?)に貢献しましょう。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

no image
イベント&講演会、テレビ・ラジオ出演などのご依頼について

最近、イベントや講演会、文化講座あるいはテレビ・ラジオ出演などの依頼が

ソマリランドの歌姫、来日!

昨年11月に、なんとソマリランド人の女性歌手のCDが日本でリリ

『未来国家ブータン』文庫はちとちがいます

6月23日頃、『未来国家ブータン』が集英社文庫から発売される。

室町クレージージャーニー

昨夜、私が出演したTBS「クレイジージャーニー」では、ソマリ人の極

次のクレイジージャーニーはこの人だ!

世の中には、「すごくユニークで面白いんだけど、いったい何をしている

→もっと見る

    • 今やこのうちの一人の独演会でもチケットがなかなか入手できないのに、四人が集まって新作をやってたんだから、おそろしく贅沢なことだった。亡くなってしまったS社の担当編集者Rさんと2,3回一緒にSWAを観に行ったことを懐かしく思い出す。 ReplyRetweetFavorite
    • 春風亭昇太、柳家喬太郎、三遊亭白鳥、林家彦いちの各師匠が全員でオリジナルの噺を作って話すという伝説のグループ「SWA」が今、一時的に復活している。それで十年前に購入した「SWAのDVD ブレンドストーリー『願い』」を久しぶりに観たが、やっぱり奇跡的な完成度の高さ。 ReplyRetweetFavorite
    • 今読んだけど、とても面白かった。扉を開くと自由で明るい未来が待っていたというような有緒ワールドを堪能。 https://t.co/qAC7OZuflw ReplyRetweetFavorite
    • アジア諸国の食材店、飲食店、宗教施設が建ち並び、とても日本と思えないカオスぶりだが、でも共通語が日本語で、日本の治安の良さと便利さを兼ね備えた街に今さらながらハートを撃ち抜かれた。私がここに住みたい! ReplyRetweetFavorite
    • 9年ぶりに地方から東京に戻ってきた後輩の物件探しに付き合い、新大久保界隈を歩く。ガイドしてくれたのは今年『日本の異国』(晶文社)を出した、現在最もこの界隈に詳しいライターの室橋裕和さん。 ReplyRetweetFavorite
    • これは公式YouTubeチャンネルだったのか! 知らんかった…。 ReplyRetweetFavorite
    • 気持ちはよくわかります。ところでシャンのゲリラについて発表されてるんですね。聞いてみたい。 ReplyRetweetFavorite
  • 2019年12月
    « 3月    
     1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    3031  
PAGE TOP ↑