*

「アドゥンはタイ人」さんご来場

公開日: : 最終更新日:2012/05/28 高野秀行の【非】日常模様


上智大学の講義第2回。
ゲストであるタイの伝統音楽家アドゥンさんと大学の北門で待ち合わせていたのだが、
私が行ったときには早めに来たアドゥンさんが警備の人に連行されかかっていた。
楽器の入った大きなカートをごろごろ引っ張っているうえに
まるでヒッピーのような衣装を着ていたからだ。
「いえ、この人は不審者ではありません」と私が身元を引き受けて事なきをえたが、
そのあとアドゥンさんが「ちょっとこれから衣装に着替えたいんだけど」と言ったときには
心底驚いた。
これが衣装じゃないのか!?
マスクの下に別のマスクをつけているミル・マスカラスみたいだ。
さて、別の衣装に着替えたアドゥンさん(こっちの衣装のほうがマトモだった)、
今度は教室に
「アドゥンはタイ人」という大きな黄色い旗を立てた。
昔は「A-DOON」という英語風の芸名を使っていたが、
今は「アドゥンはタイ人」、これが芸名だという。
やっぱりおかしいんだよな。
でも演奏はさすが一流のプロ。
竹の音が鳴り響き、朗々とした歌声が流れると学生たちも静まり返った。
話もおもしろい。
「古典音楽をやっている人ほど最先端の音楽がわかる。
僕は10年前くらいにヒップホップが出てきたとき、
その『美』がすごくよくわかった」
というのには驚いた。
三遊亭圓生の話はさすがに学生はポカンとしていたが…。
(写真:私をそっちのけで、学生に直接話しかけるアドゥンさん)

関連記事

no image

ソマリ人とイスラエル人

火曜日、ずっと前からコンタクトをとろうとしていたソマリ人の人からメールが来て、 「今日の夕方4時に北

記事を読む

no image

天地明察

冲方丁(うぶかた・とう)『天地明察』(角川書店)を読了。 いやあ、素晴らしい。 新しい日本独自の暦

記事を読む

no image

『誰も国境を知らない』

西牟田靖『誰も国境を知らない』(情報センター出版局)の書評を 「北海道新聞」に書く。 新聞の書評は

記事を読む

no image

ほんとうに極限捜査

一週間くらい前、「あまりに重過ぎて飽きた」といった オレン・スタインハウアーの『極限捜査』(文春文

記事を読む

no image

別ジャンルで2つ上がる

「本の雑誌」2008年1月号が届いた。 2007年度ベスト10に『怪獣記』が6位にランクイン。 昨

記事を読む

no image

中国40年の狂気

また外出。 町のあちこちで運動会の練習をしている。 「フレー、フレー、赤組!」なんて今でも言ってる

記事を読む

no image

釣りに失敗する

本の雑誌の杉江さんに新宿で会ったので、昨日思いついたばかりの「儲け話」をもちかけてみた。 すると、彼

記事を読む

no image

雑貨のような本

『腰痛探検家』の韓国語版が届いた。 カバーはメールで送られてきていたからすでに知ってはいたもの

記事を読む

no image

ソマリアのワークショップで怪しまれる

日本エネルギー経済研究所・中東研究センターが主催するソマリア問題のワークショップというやつに行ってき

記事を読む

no image

テレビ川柳師・ナンシー関の秀逸な評伝

読書運というものがあって、読んでも読んでも面白い本に当たらないときもあれば、手にする本がことごとく面

記事を読む

Comment

  1. せい より:

    AGENT: Mozilla/5.0 (Windows; U; Windows NT 5.1; ja-JP; rv:1.9.0.1) Gecko/2008070208 Firefox/3.0.1
    なんて贅沢な講義なんでしょーか。うらやましい限りです。
    大学を介さず、直接、高野さんにお金を支払って受講したいです。
    可能なら、社会人向けの、公開講座をお願いします。

  2. とも より:

    AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 7.0; Windows NT 6.0; SLCC1; .NET CLR 2.0.50727; Media Center PC 5.0; .NET CLR 3.0.04506)
    今日も授業ありがとうございました。
    自分が知らなかったタイの音楽を知ることができました。
    毎回ちゃんと出席する生徒だけでメーリス作りませんか!

  3. komari-ko より:

    AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.0)
    「アドゥンはタイ人」までが芸名なんですね!
    そこまで行くなら「アドゥンはタイ人、ウドゥンが好き」とか名乗って欲しいもんですね〜(うそです!すいません!
    >マスクの下に別のマスクをつけているミル・マスカラスみたいだ。
    ここにも笑いましたが、この そっちのけにされた高野さん の表情がなんともおもしろいです。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

no image
イベント&講演会、テレビ・ラジオ出演などのご依頼について

最近、イベントや講演会、文化講座あるいはテレビ・ラジオ出演などの依頼が

ソマリランドの歌姫、来日!

昨年11月に、なんとソマリランド人の女性歌手のCDが日本でリリ

『未来国家ブータン』文庫はちとちがいます

6月23日頃、『未来国家ブータン』が集英社文庫から発売される。

室町クレージージャーニー

昨夜、私が出演したTBS「クレイジージャーニー」では、ソマリ人の極

次のクレイジージャーニーはこの人だ!

世の中には、「すごくユニークで面白いんだけど、いったい何をしている

→もっと見る

    • RT : ゲストは「Gダイアリー」デスクの室橋裕和さん、Gダイで連載していた(イスラム飲酒紀行ほか)高野秀行さん、Gダイ編集部に入りたかった丸山ゴンザレスさん、Gダイ外部編集で「駐妻カナ」などを担当した西野風代さんです。 1月31日(金)、阿佐ヶ… ReplyRetweetFavorite
    • いい時代だ! ReplyRetweetFavorite
    • それにしても、ソン・ガンホは黙って座っていて息をしているだけで面白い。 ReplyRetweetFavorite
    • ポン・ジュノ監督、ソン・ガンホ主演の『パラサイト 半地下の家族』を渋谷の東宝で観た。スクリーンがすごくでかいのに、まちがって前から四列目の席をとってしまったため、「観た」というより「現場に居合わせた」感じ。いや、すごい体験だった。 ReplyRetweetFavorite
    • 子だくさんの「やもめのジョナサン」夫婦が子供をぞろぞろ連れてハネムーンに行く場面と、情けない警官のなべおさみが泥まみれ涙まみれになる場面がいい。展開が早くて笑いあり涙ありでなんだかジャッキー・チェンの映画みたいだった。 ReplyRetweetFavorite
    • 映画好きの友人に強く勧められ、生まれて初めて「トラック野郎を観てしまった。第2作の爆走一番星。始まっていきなり主役の菅原文太がトルコ風呂の裸の女の子たちと酒盛りをしているシーンで度肝を抜かれる。でもあまりにあっけらかんとして、全然エロくないんだが。 ReplyRetweetFavorite
    • 「へうげもの」は完全に私の戦国〜江戸初期の概念を変えた。加藤清正なんて具志堅用高だとしか思えなくなってるし。 ReplyRetweetFavorite
  • 2020年1月
    « 3月    
     12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    2728293031  
PAGE TOP ↑