*

また「テレビみたい」と言われるんだろう

公開日: : 最終更新日:2012/05/28 高野秀行の【非】日常模様

日曜日の朝刊のテレビ欄で知ったのだが、
「ウルルン」の後番組として「地球感動配達人」とかいう番組がはじまったらしい。
なんでも、一般視聴者の依頼で、レポーターが海外に住む誰かを
あれこれ苦労して探し出し、
メッセージを届けるというのだそうだ。
これって…。
私が幻冬舎でやっている「メモリークエスト」とそっくりじゃないか。
私のほうはあくまで「依頼者の記憶」と特化しているし、
なにしろ探すのは私ひとりで、コーディネーターもスタッフも誰もいないが
パッと見は同じだ。
あーあ。
今までさんざん「電波少年みたい」「ウルルンみたい」と言われてきたが、
今度はきっと「地球感動配達人みたい」と言われるんだろうな。
「全く新しいノンフィクション!」と銘打つ予定だったのに、
参るったらありゃしない。
まあ、多勢に無勢だからしかたない。
「メモリークエスト」はすでに原稿400枚ばかりを書き上げている。
読者が面白がってくれればよしとしよう。

関連記事

no image

『怪獣記』見本本、到着!

『怪獣記』(講談社)の見本本がついに届いた。 私は最近よく本を出しているイメージがあるが、ほとんど文

記事を読む

no image

お礼申し上げます

現在、チェンマイから北へ数十キロ行ったところにあるチェンダオという町のはずれにいる。 巨岩の塊のよ

記事を読む

no image

79人はちと多いのでは…?

上智大学の講義は、先週、実質的に第一回目で マレーシアでジャングルビジネスを営む二村聡さんにお越しい

記事を読む

no image

ケープタウンはよいところ

ケープタウンに滞在中。 ここはヨハネスブルグに比べると、空気もきれいだし 治安もいい。 といっても、

記事を読む

no image

エチオピアへ

突然ながら、6月1日より30日まで一ヵ月間、 アフリカ方面に出かけることした。 行き先は未定だが、と

記事を読む

no image

イスラム飲酒紀行・イスタンブール篇

昨日、毎日新聞夕刊の「新・幸福論」というコーナーのためのインタビューを受ける。 といっても、担当記

記事を読む

学校や仕事に行くのが辛いとき、この映像を見よう

アブディンの『わが盲想』、やっと重版がかかった。 「すぐにドカーンと売れる」という私の皮算用か

記事を読む

no image

明日発売!

あっという間に日本の生活に戻り、 探しモノに狂奔していた日々が夢のようだが、 眠ると、毎回私はヨーロ

記事を読む

no image

知らぬが大福

先週の火曜日、本の雑誌の杉江さんがうちに来て打ち合わせ。 妻が不在なので心おきなく杉江さんと談笑、特

記事を読む

no image

ima Somaliland desu

Somaliland no shuto Hargaysa ni iru. hoteru no net

記事を読む

Comment

  1. KOW より:

    AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 7.0; Windows NT 5.1; .NET CLR 2.0.50727; .NET CLR 3.0.4506.2152; .NET CLR 3.5.30729)
    ウルルンみたいというのは、こないだまさに「ストリーム」で言われていましたねえ……

  2. komari-ko より:

    AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.0; .NET CLR 2.0.50727)
    なんか腹立ちますね。
    ものまね芸人が本物を越える、違うな。
    新企画を他社に盗まれる、それもなんか違うな。
    なんと例えればいいのやら。。。
    私はメモリークエストには興味津々ですが、ウルルンや配達人には興味ないです。
    ウルルンもリンカーン(ダウンタウンの番組)がパクってやってた「ウルリン」ってちょっとふざけたのしか見たことないです(笑)
    読者は知ってるし、面白がってるので大丈夫ですけどね!
    「お陰で説明しやすくなったよ、わはは」と思うしかないのかな。わはは。

  3. しばいぬ より:

    AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.0)
    初めて投稿させて頂きます。
    いつもブログを楽しみに拝見し、著書でも(入手出来なかった訳書以外は)大変楽しませて頂いております。
    関東在住の為に見られなかった番組(未確認思考物隊)は、関西在住の親戚に頼んで録画して貰い、ディスクを郵送して貰って楽しみました♪
    主人ともども高野さんの大ファンです。
    先日の読売新聞の夕刊拝見しました。
    たまたま実家に帰っていて、何気なく手に取った紙面に高野さんの写真が!
    予期していなかったので、もう、ビックリしました(離れた所にいた主人を携帯で呼び出しました)
    普段は自宅で他社新聞を取っているので、本当に偶然見る事が出来たという感じです。
    メモリークエストを真似たような番組の件は、なんと言ったら良いか・・腹が立つというよりも、何か寂しいような不毛な気分です。
    でも、読者もファンもちゃんとわかっていて、応援してますし、面白がってくれる事は間違いないですよ〜。

  4. タカ より:

    AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.1; SV1; InfoPath.1; .NET CLR 1.1.4322)
     地球感動配達人、見ましたよ。
     作り手や出演者(PostManという役柄のの女優?)が一生懸命な
    割に、見ている側には「なんでこんなくだらないことにまあ労力を
    使って。。。さすがTVだなあ」と思ってみていました。
     昨日やっていたのは、山形の農村に風船に結ばれた手紙が着陸して
    その手紙に「家族がいつまでも仲良くできますように」みたいなことが
    韓国語で書かれていて、感動した発見者が、「是非、この手紙を出した
    韓国の男の子に「君の手紙は日本に着いたよ」と知らせて欲しい」と
    TV局に依頼して、それを受けてPostManが差出人を探すというもの。
     韓国の役所や学校の人たちは協力的でしたが、多分内心は「あーあ、
    こんなことに労力を使うなんて、ウォン安の韓国の身にもなってみろ!」
    と思っていたのではないかと感じました。

  5. まる より:

    AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 7.0; Windows NT 5.1; .NET CLR 1.1.4322; .NET CLR 2.0.50727)
    はじめまして。
    いつもブログを楽しく読ませてもらっています。
    高野さんの本はどれも面白くて凄くて大好きです★
    読むと、とても楽しい気持ちになります。
    あのような旅…本当に憧れます。
    メモリークエストの発売が待ち遠しいです♪
    ファンは皆、わかっています。テレビみたい…だなんて思いませんよ。
    高野さんの旅の話の面白さには敵わないでしょう。

  6. 植原 より:

    AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 7.0; Windows NT 5.1; .NET CLR 2.0.50727)
    そうなのです。
    「だから早く、早く」と、お願いしてたのに、こうなったら・・
    中身で勝ち取りましょう。
    いつも、辛口コメントで済みません。
    これも熱烈タカヒデ ファンの一人として
    どうか、お許しください。
    書いてる自分も辛いのです。

  7. 天野 より:

    AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 7.0; Windows NT 5.1; .NET CLR 1.1.4322)
    地球感動配達人は視聴率が異常に悪い(5-7%くらい)ので、来年3月で打ちきりかもしれません。高野さんにはどうでもいいことでしょうが。

  8. さわこ より:

    AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 7.0; Windows NT 6.0; SLCC1; .NET CLR 2.0.50727; Media Center PC 5.0; .NET CLR 3.0.04506; InfoPath.1)
    私のところに、制作会社から突然「外国で出会って思い出に残っている人がいたら教えてください」とメールが来たのですが、この番組のことだったのかもしれないですね。返事はしなかったのですが、高野さんの類似の企画の協力をしなかったことになるので、ちょっとよかったかなと思えます。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

no image
イベント&講演会、テレビ・ラジオ出演などのご依頼について

最近、イベントや講演会、文化講座あるいはテレビ・ラジオ出演などの依頼が

ソマリランドの歌姫、来日!

昨年11月に、なんとソマリランド人の女性歌手のCDが日本でリリ

『未来国家ブータン』文庫はちとちがいます

6月23日頃、『未来国家ブータン』が集英社文庫から発売される。

室町クレージージャーニー

昨夜、私が出演したTBS「クレイジージャーニー」では、ソマリ人の極

次のクレイジージャーニーはこの人だ!

世の中には、「すごくユニークで面白いんだけど、いったい何をしている

→もっと見る

    • おお、とても持続可能と思えない飲み方をしてるのに持続して飲んでる大竹さん! ReplyRetweetFavorite
    • なお、今回の取材はたいへん疲れたので、持続可能な自分をめざすマイSDGs構想のため、6月は極力仕事をせず、本を読んだり映画を観たり酒を飲んだりして心身を休めるつもりです。 ReplyRetweetFavorite
    • イラク1ヶ月の取材を終え、無事帰国しました。現在は休載中となっている「イラク水滸伝」(オール讀物)の続きをいずれ再開するつもりです。お楽しみに〜 ReplyRetweetFavorite
    • 成田空港到着。例によって鬼のような細かい手続きに疲れるが、さまざまな国出身のスタッフが当たり前のように仕事をしているのが嬉しい。共通語は日本語で、その他、世界の主要言語に対応してる模様。私が理想とする「固有性を維持したまま世界に開かれた日本」が期せずして実現されている感じ。 ReplyRetweetFavorite
    • 飛行機に搭乗しようとしたら、「マスク持ってるか?」と訊かれ、「は?マスク?」と意味を計りかねたが、3秒くらいしてコロナ対策だ!と気づいた。国際線はまだコロナ世界なのだ。 ReplyRetweetFavorite
    • 中東旅の締めくくり?に万城目学著「パーマネント神喜劇」(新潮文庫)を読む。折り目正しいコメディに砂だらけの心が洗われる思い。解説の津村記久子さんの言うとおり、おっさんの神様の語りが絶品。いつまでも読んでいたくなる。 ReplyRetweetFavorite
    • RT : 祝!集英社文庫創刊45周年‼︎ 僕にとって集英社文庫といえば椎名さんの『岳物語』と高野秀行さんの『ワセダ三畳青春記』かな。いつまでも読み継がれてほしい文庫です。 https://t.co/GB9uL2KG9c ReplyRetweetFavorite
  • 2022年5月
    « 3月    
     1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    3031  
PAGE TOP ↑