*

また「テレビみたい」と言われるんだろう

公開日: : 最終更新日:2012/05/28 高野秀行の【非】日常模様

日曜日の朝刊のテレビ欄で知ったのだが、
「ウルルン」の後番組として「地球感動配達人」とかいう番組がはじまったらしい。
なんでも、一般視聴者の依頼で、レポーターが海外に住む誰かを
あれこれ苦労して探し出し、
メッセージを届けるというのだそうだ。
これって…。
私が幻冬舎でやっている「メモリークエスト」とそっくりじゃないか。
私のほうはあくまで「依頼者の記憶」と特化しているし、
なにしろ探すのは私ひとりで、コーディネーターもスタッフも誰もいないが
パッと見は同じだ。
あーあ。
今までさんざん「電波少年みたい」「ウルルンみたい」と言われてきたが、
今度はきっと「地球感動配達人みたい」と言われるんだろうな。
「全く新しいノンフィクション!」と銘打つ予定だったのに、
参るったらありゃしない。
まあ、多勢に無勢だからしかたない。
「メモリークエスト」はすでに原稿400枚ばかりを書き上げている。
読者が面白がってくれればよしとしよう。

関連記事

no image

元キャバ嬢&風俗嬢にはかなわなかった

「SPA!」の掲載誌が届いた。 「イスラム飲酒紀行」はかなりトンチキな企画で(文芸誌ではできない)、

記事を読む

no image

インドのビザがとれる

インド謎の怪魚ウモッカ探しだが、いいアイデアは何も浮かばない。現地の漁師に聞いて、網を毎日覗くくらい

記事を読む

no image

有名人ではありません

この一週間はインタビューが多い。 読売新聞、PL教の雑誌、そして今日は図書館教育ニュース。 最近では

記事を読む

no image

記憶がないからどうにも

1年に1度くらいのペースで、自分に「映画ブーム」が来る。 今年はなぜか今がそう。 昨日、伊坂幸太郎の

記事を読む

no image

全国のホテルにスットコを!

宮田珠己『スットコランド日記』(本の雑誌社)を 気が向いたときにてきとうなページを開いて読んでいる。

記事を読む

no image

対談は仕事場でなく家庭で

宮田珠己さんとの対談シリーズ「タカタマ対談」の第5弾を 本の雑誌の杉江さん立会いの下、 関東某所に実

記事を読む

no image

イタリア人曰く「日本人がアジア人だと思うとき」

大ヒットしている漫画『テルマエ・ロマエ』の作者であるヤマザキマリのエッセイ『望遠ニッポン見聞録』(

記事を読む

no image

エンタメノンフ文芸部創部集会

まだ月曜日の話が終わらない。 夜は本の雑誌社に集合し、 「エンタメノンフ文芸部」創部集会。 部長・宮

記事を読む

no image

『メモリークエスト』やっと発売

見本ができてからあまりに長い時間がたったので すっかり実感を失ってしまっていたが、 今日(10日)

記事を読む

no image

顔写真なしでよかった

『西南シルクロードは密林に消える』(講談社文庫)の 全作業が終了した。 今回、講談社文庫に初めて入る

記事を読む

Comment

  1. KOW より:

    AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 7.0; Windows NT 5.1; .NET CLR 2.0.50727; .NET CLR 3.0.4506.2152; .NET CLR 3.5.30729)
    ウルルンみたいというのは、こないだまさに「ストリーム」で言われていましたねえ……

  2. komari-ko より:

    AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.0; .NET CLR 2.0.50727)
    なんか腹立ちますね。
    ものまね芸人が本物を越える、違うな。
    新企画を他社に盗まれる、それもなんか違うな。
    なんと例えればいいのやら。。。
    私はメモリークエストには興味津々ですが、ウルルンや配達人には興味ないです。
    ウルルンもリンカーン(ダウンタウンの番組)がパクってやってた「ウルリン」ってちょっとふざけたのしか見たことないです(笑)
    読者は知ってるし、面白がってるので大丈夫ですけどね!
    「お陰で説明しやすくなったよ、わはは」と思うしかないのかな。わはは。

  3. しばいぬ より:

    AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.0)
    初めて投稿させて頂きます。
    いつもブログを楽しみに拝見し、著書でも(入手出来なかった訳書以外は)大変楽しませて頂いております。
    関東在住の為に見られなかった番組(未確認思考物隊)は、関西在住の親戚に頼んで録画して貰い、ディスクを郵送して貰って楽しみました♪
    主人ともども高野さんの大ファンです。
    先日の読売新聞の夕刊拝見しました。
    たまたま実家に帰っていて、何気なく手に取った紙面に高野さんの写真が!
    予期していなかったので、もう、ビックリしました(離れた所にいた主人を携帯で呼び出しました)
    普段は自宅で他社新聞を取っているので、本当に偶然見る事が出来たという感じです。
    メモリークエストを真似たような番組の件は、なんと言ったら良いか・・腹が立つというよりも、何か寂しいような不毛な気分です。
    でも、読者もファンもちゃんとわかっていて、応援してますし、面白がってくれる事は間違いないですよ〜。

  4. タカ より:

    AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.1; SV1; InfoPath.1; .NET CLR 1.1.4322)
     地球感動配達人、見ましたよ。
     作り手や出演者(PostManという役柄のの女優?)が一生懸命な
    割に、見ている側には「なんでこんなくだらないことにまあ労力を
    使って。。。さすがTVだなあ」と思ってみていました。
     昨日やっていたのは、山形の農村に風船に結ばれた手紙が着陸して
    その手紙に「家族がいつまでも仲良くできますように」みたいなことが
    韓国語で書かれていて、感動した発見者が、「是非、この手紙を出した
    韓国の男の子に「君の手紙は日本に着いたよ」と知らせて欲しい」と
    TV局に依頼して、それを受けてPostManが差出人を探すというもの。
     韓国の役所や学校の人たちは協力的でしたが、多分内心は「あーあ、
    こんなことに労力を使うなんて、ウォン安の韓国の身にもなってみろ!」
    と思っていたのではないかと感じました。

  5. まる より:

    AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 7.0; Windows NT 5.1; .NET CLR 1.1.4322; .NET CLR 2.0.50727)
    はじめまして。
    いつもブログを楽しく読ませてもらっています。
    高野さんの本はどれも面白くて凄くて大好きです★
    読むと、とても楽しい気持ちになります。
    あのような旅…本当に憧れます。
    メモリークエストの発売が待ち遠しいです♪
    ファンは皆、わかっています。テレビみたい…だなんて思いませんよ。
    高野さんの旅の話の面白さには敵わないでしょう。

  6. 植原 より:

    AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 7.0; Windows NT 5.1; .NET CLR 2.0.50727)
    そうなのです。
    「だから早く、早く」と、お願いしてたのに、こうなったら・・
    中身で勝ち取りましょう。
    いつも、辛口コメントで済みません。
    これも熱烈タカヒデ ファンの一人として
    どうか、お許しください。
    書いてる自分も辛いのです。

  7. 天野 より:

    AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 7.0; Windows NT 5.1; .NET CLR 1.1.4322)
    地球感動配達人は視聴率が異常に悪い(5-7%くらい)ので、来年3月で打ちきりかもしれません。高野さんにはどうでもいいことでしょうが。

  8. さわこ より:

    AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 7.0; Windows NT 6.0; SLCC1; .NET CLR 2.0.50727; Media Center PC 5.0; .NET CLR 3.0.04506; InfoPath.1)
    私のところに、制作会社から突然「外国で出会って思い出に残っている人がいたら教えてください」とメールが来たのですが、この番組のことだったのかもしれないですね。返事はしなかったのですが、高野さんの類似の企画の協力をしなかったことになるので、ちょっとよかったかなと思えます。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

no image
イベント&講演会、テレビ・ラジオ出演などのご依頼について

最近、イベントや講演会、文化講座あるいはテレビ・ラジオ出演などの依頼が

ソマリランドの歌姫、来日!

昨年11月に、なんとソマリランド人の女性歌手のCDが日本でリリ

『未来国家ブータン』文庫はちとちがいます

6月23日頃、『未来国家ブータン』が集英社文庫から発売される。

室町クレージージャーニー

昨夜、私が出演したTBS「クレイジージャーニー」では、ソマリ人の極

次のクレイジージャーニーはこの人だ!

世の中には、「すごくユニークで面白いんだけど、いったい何をしている

→もっと見る

    • RT : いい本買った。世界各地から来ている難民の人たちが、日本で手に入る食材で作る料理の本。 https://t.co/tSZtHo5Yya ReplyRetweetFavorite
    • RT : 【来店&オンライン】 『ある大学教員の日常と非日常』(晶文社) 『語学の天才まで1億光年』(集英社インターナショナル)刊行記念 横道誠×高野秀行トークイベント 「迷宮めぐりの旅談義」 11/4(金)19:00 「混沌から明晰へ」と向かう作品世界… ReplyRetweetFavorite
    • 「連戦連敗の学習法」とは星の数ほどある語学習得法の中でも史上初にちがいない。 https://t.co/BJYpRz6oka ReplyRetweetFavorite
    • RT : 発売中の「女性セブン」に高野秀行さんの『語学の天才まで1億光年』についてのインタビューが掲載されています!取材、構成は佐久間文子さん。「びっくりするぐらい本格的な内容の本」としながら、高野さんの楽しい文体の理由も明かしてくださっています。 h… ReplyRetweetFavorite
    • RT : 25以上の言語を学んだノンフィクション作家・高野秀行さんが明かす“連戦連敗”の学習法 https://t.co/odail34l2y 「ぼくは言語おたく、はやりの言葉で言うと『言語推し』ですね」 @… ReplyRetweetFavorite
    • RT : 高野秀行『語学の天才まで1億光年』 スペイン語=カクカク「平安京言語」他方ポルトガル語は アマゾン冒険でローマ字読みで習ったポル語が全く聞き取れず、ネイティブに学ぶべきだったとしきりに後悔しつつ、両言語を縦横に語る至言の数々 ただスペ語にクレ… ReplyRetweetFavorite
    • 野谷文昭先生、おめでとうございます! この本は、実在した主人公がコンゴ→アマゾン(プトゥマヨ川流域)→独立運動と移行していくという点で、私の『語学の天才まで1億光年』と見事にシンクロしており、本当に驚かされました。 https://t.co/MhFDF26sS6 ReplyRetweetFavorite
  • 2022年10月
    « 3月    
     12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    31  
PAGE TOP ↑