*

私の目は節穴

公開日: : 最終更新日:2012/05/28 高野秀行の【非】日常模様


前からうすうす気づいていたことだが、この度私の目が節穴だということが判明した。
なぜなら茂木大輔『オーケストラ楽器別人間学』 (新潮文庫)なる本を知らなかったからだ。
単行本が15年前に出版され、文庫化されたのも9年前で、手元にある本で17刷。
大ロングセラーである。
これだけ本屋に通いながら、まったく気づかず、つい先週、紀伊國屋新宿本店の文庫売り場で
「あ、なんか面白そうな本がある!」と買ったのだった。
間抜けにもほどがある。
しかも内容が超おもしろい。
楽器別に人間のタイプを強引に説明している。
もしかすると昔流行っていた動物占いにヒントを得たのかもしれないが、
それとは比べものにならないほど文章が冴えている。
とくに笑ったのは有名人に楽器をやらせたら何になるかという章。
和田アキ子とか小泉今日子、小泉純一郎などの有名人が並ぶ中に
デューク東郷、山岡士朗、星飛雄馬、戦国武将など架空の人物も登場。
中でも浦島太郎の性格を分析して「トロンボーン奏者に間違いない」と結論づけるのは見事すぎる。
(ちなみにここでの性格分析によれば、浦島太郎は私のかつての盟友キタにかぎりなく近い)
茂木さん風に言えば、私自身の楽器奏者遍歴はこうなる……
「幼少からクラリネットを吹いていたが、この楽器奏者特有のマジメさや練習熱心さに嫌気がさし、高校あたりで他の楽器に転向を希望。
 たまたま空いていたファゴットを吹き始めたらその浮世離れした味わいに惹かれ、
見事にハマる。
 今では、ソロ・ファゴット奏者として世界中で活動、「あの楽器でソロのコンサートが成立するのか」と音楽業界を驚かせている。(でも収入は低い)」
今更だが、私と同様、目が節穴で本書を未読の人、ぜひ立ち読みしてください。

関連記事

no image

三沢光晴DVD-BOX

10月上旬のバングラ行きまでに片付けなければいけない仕事が山ほどあるが、 そんなときにかぎって、三

記事を読む

no image

新刊ラマダンの危機

新刊ラマダンが危機に瀕している。 ダグラス・アダムス『銀河ヒッチハイク・ガイド』(河出文庫)を読ん

記事を読む

no image

英訳「突破者」を外国人はどう読む?

なんとなくアマゾン書店の洋書コーナーを眺めていたら、 おもしろい本をみつけた。 宮崎学「突破者」の英

記事を読む

no image

酒に呑まれる

エンタメノンフ文芸部分会(?)で 内澤旬子副部長と、上野界隈で飲む。 まずガード下の屋台街で、豚メイ

記事を読む

no image

ワット・パクナム日本別院

「おとなの週末」で始まる連載記事の取材で、 成田にあるタイ寺院「ワット・パクナム日本別院」を訪ねた。

記事を読む

no image

ポプラ社で「ムベンベ」キャンペーン?!

ポプラ社の文芸ウェブサイト「ポプラビーチ」の日替わり表紙写真(「本のある風景」)が6月29日、「ムベ

記事を読む

no image

オーケンが語るジャナワール

 9月20日(木)深夜25:05から放映される関西テレビの音楽情報番組「MUJACK」で 大槻ケンヂ

記事を読む

no image

豚に真珠とはこのことか

昨年亡くなった義母の命日なので (そして一昨年亡くなった義父の命日にも近いので)、 義姉とその夫であ

記事を読む

no image

SFの「次」

 本の雑誌社の杉江さんに会い、「SF本の雑誌」の「見本」をもらう。 なぜ「見本」なのかというと、先

記事を読む

no image

次は雪男ブームだ!

 相変わらずブータンブームは続いている。  おかげさまで、「みらぶ〜」も3刷になり、朝日新聞の書評欄

記事を読む

Comment

  1. uchi より:

    AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 8.0; Windows NT 6.0; WOW64; Trident/4.0; YTB730; SLCC1; .NET CLR 2.0.50727; Media Center PC 5.0; .NET CLR 3.5.30729; .NET CLR 3.0.30729; InfoPath.1; .NET4.0C)
    茂木さんはファゴットではなくオーボエ奏者だったと思いますが・・?? ちがったらごめんなさい。

  2. 小林 純 より:

    AGENT: Mozilla/5.0 (Macintosh; U; Intel Mac OS X 10_5_8; ja-jp) AppleWebKit/533.21.1 (KHTML, like Gecko) Version/5.0.5 Safari/533.21.1
    音楽屋のあいだでは、この手の話は昔から常識といっていいほどかわされています。実際、(動物占いとはまったく違う次元で)その楽器を自分の永くつきあう楽器として選ぶにあたって、その人の性格は大きく反映されるもので、当然といえば当然の原理なのかと思います。

  3. 高野秀行 より:

    AGENT: Mozilla/5.0 (Windows NT 6.0; WOW64) AppleWebKit/534.30 (KHTML, like Gecko) Chrome/12.0.742.100 Safari/534.30
    >純さん、
    へえ、そうだったんですか。
    邦楽器にもあるんですか?
    尺八と三味線、琴でちがうとか。でも種類が少なすぎますか。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

no image
イベント&講演会、テレビ・ラジオ出演などのご依頼について

最近、イベントや講演会、文化講座あるいはテレビ・ラジオ出演などの依頼が

ソマリランドの歌姫、来日!

昨年11月に、なんとソマリランド人の女性歌手のCDが日本でリリ

『未来国家ブータン』文庫はちとちがいます

6月23日頃、『未来国家ブータン』が集英社文庫から発売される。

室町クレージージャーニー

昨夜、私が出演したTBS「クレイジージャーニー」では、ソマリ人の極

次のクレイジージャーニーはこの人だ!

世の中には、「すごくユニークで面白いんだけど、いったい何をしている

→もっと見る

    • RT : ゲストは「Gダイアリー」デスクの室橋裕和さん、Gダイで連載していた(イスラム飲酒紀行ほか)高野秀行さん、Gダイ編集部に入りたかった丸山ゴンザレスさん、Gダイ外部編集で「駐妻カナ」などを担当した西野風代さんです。 1月31日(金)、阿佐ヶ… ReplyRetweetFavorite
    • いい時代だ! ReplyRetweetFavorite
    • それにしても、ソン・ガンホは黙って座っていて息をしているだけで面白い。 ReplyRetweetFavorite
    • ポン・ジュノ監督、ソン・ガンホ主演の『パラサイト 半地下の家族』を渋谷の東宝で観た。スクリーンがすごくでかいのに、まちがって前から四列目の席をとってしまったため、「観た」というより「現場に居合わせた」感じ。いや、すごい体験だった。 ReplyRetweetFavorite
    • 子だくさんの「やもめのジョナサン」夫婦が子供をぞろぞろ連れてハネムーンに行く場面と、情けない警官のなべおさみが泥まみれ涙まみれになる場面がいい。展開が早くて笑いあり涙ありでなんだかジャッキー・チェンの映画みたいだった。 ReplyRetweetFavorite
    • 映画好きの友人に強く勧められ、生まれて初めて「トラック野郎を観てしまった。第2作の爆走一番星。始まっていきなり主役の菅原文太がトルコ風呂の裸の女の子たちと酒盛りをしているシーンで度肝を抜かれる。でもあまりにあっけらかんとして、全然エロくないんだが。 ReplyRetweetFavorite
    • 「へうげもの」は完全に私の戦国〜江戸初期の概念を変えた。加藤清正なんて具志堅用高だとしか思えなくなってるし。 ReplyRetweetFavorite
  • 2020年1月
    « 3月    
     12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    2728293031  
PAGE TOP ↑