*

私の目は節穴

公開日: : 最終更新日:2012/05/28 高野秀行の【非】日常模様


前からうすうす気づいていたことだが、この度私の目が節穴だということが判明した。
なぜなら茂木大輔『オーケストラ楽器別人間学』 (新潮文庫)なる本を知らなかったからだ。
単行本が15年前に出版され、文庫化されたのも9年前で、手元にある本で17刷。
大ロングセラーである。
これだけ本屋に通いながら、まったく気づかず、つい先週、紀伊國屋新宿本店の文庫売り場で
「あ、なんか面白そうな本がある!」と買ったのだった。
間抜けにもほどがある。
しかも内容が超おもしろい。
楽器別に人間のタイプを強引に説明している。
もしかすると昔流行っていた動物占いにヒントを得たのかもしれないが、
それとは比べものにならないほど文章が冴えている。
とくに笑ったのは有名人に楽器をやらせたら何になるかという章。
和田アキ子とか小泉今日子、小泉純一郎などの有名人が並ぶ中に
デューク東郷、山岡士朗、星飛雄馬、戦国武将など架空の人物も登場。
中でも浦島太郎の性格を分析して「トロンボーン奏者に間違いない」と結論づけるのは見事すぎる。
(ちなみにここでの性格分析によれば、浦島太郎は私のかつての盟友キタにかぎりなく近い)
茂木さん風に言えば、私自身の楽器奏者遍歴はこうなる……
「幼少からクラリネットを吹いていたが、この楽器奏者特有のマジメさや練習熱心さに嫌気がさし、高校あたりで他の楽器に転向を希望。
 たまたま空いていたファゴットを吹き始めたらその浮世離れした味わいに惹かれ、
見事にハマる。
 今では、ソロ・ファゴット奏者として世界中で活動、「あの楽器でソロのコンサートが成立するのか」と音楽業界を驚かせている。(でも収入は低い)」
今更だが、私と同様、目が節穴で本書を未読の人、ぜひ立ち読みしてください。

関連記事

no image

太平洋もインド洋も波高し

 私の「ビルマ・アヘン王国潜入記」英語版"The Shore beyond Good and Evi

記事を読む

no image

猪木信者は本屋信者でもあった!

2年ほど前、「本の雑誌」で「プロレス本座談会」なるものが開かれ、 私も「レフリー:ジョー高野」とし

記事を読む

no image

FUTONと焼酎

事情があって中島京子の作品を読み返しているが、 『FUTON』(講談社文庫)はあらためて素晴らしい

記事を読む

no image

やっぱり全然ダメ…

前回のつづきである。 でも、自分がそんな間違いをするのがやっぱり不思議で、 帰宅するなり、念のため、

記事を読む

no image

Arrived at Amman

sakki yorudan no anman ni tsuita. shiria no damasu

記事を読む

no image

タイ人による驚くべき被災地支援

在日タイ人の被災情報がないかと成田のタイ人ワット・パックナムに行ってみた。 同行者は後輩のKとU。

記事を読む

no image

「世にも奇妙なマラソン大会」見本入手

本の雑誌社に行き、2月1日発売予定の新刊『世にも奇妙なマラソン大会』の先行予約サイン本のために、1

記事を読む

no image

ワット・パクナム日本別院

「おとなの週末」で始まる連載記事の取材で、 成田にあるタイ寺院「ワット・パクナム日本別院」を訪ねた。

記事を読む

no image

NHKに出演して仰天

金曜日、NHK-BS1の「ほっと@アジア」という番組に出演した。 テーマは「UMA(未確認動物

記事を読む

no image

趣味は仮説

私は仮説を立てるのが趣味である。何かを見たり聞いたりしたとき、「これはもしや××とつながるの

記事を読む

Comment

  1. uchi より:

    AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 8.0; Windows NT 6.0; WOW64; Trident/4.0; YTB730; SLCC1; .NET CLR 2.0.50727; Media Center PC 5.0; .NET CLR 3.5.30729; .NET CLR 3.0.30729; InfoPath.1; .NET4.0C)
    茂木さんはファゴットではなくオーボエ奏者だったと思いますが・・?? ちがったらごめんなさい。

  2. 小林 純 より:

    AGENT: Mozilla/5.0 (Macintosh; U; Intel Mac OS X 10_5_8; ja-jp) AppleWebKit/533.21.1 (KHTML, like Gecko) Version/5.0.5 Safari/533.21.1
    音楽屋のあいだでは、この手の話は昔から常識といっていいほどかわされています。実際、(動物占いとはまったく違う次元で)その楽器を自分の永くつきあう楽器として選ぶにあたって、その人の性格は大きく反映されるもので、当然といえば当然の原理なのかと思います。

  3. 高野秀行 より:

    AGENT: Mozilla/5.0 (Windows NT 6.0; WOW64) AppleWebKit/534.30 (KHTML, like Gecko) Chrome/12.0.742.100 Safari/534.30
    >純さん、
    へえ、そうだったんですか。
    邦楽器にもあるんですか?
    尺八と三味線、琴でちがうとか。でも種類が少なすぎますか。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

no image
イベント&講演会、テレビ・ラジオ出演などのご依頼について

最近、イベントや講演会、文化講座あるいはテレビ・ラジオ出演などの依頼が

ソマリランドの歌姫、来日!

昨年11月に、なんとソマリランド人の女性歌手のCDが日本でリリ

『未来国家ブータン』文庫はちとちがいます

6月23日頃、『未来国家ブータン』が集英社文庫から発売される。

室町クレージージャーニー

昨夜、私が出演したTBS「クレイジージャーニー」では、ソマリ人の極

次のクレイジージャーニーはこの人だ!

世の中には、「すごくユニークで面白いんだけど、いったい何をしている

→もっと見る

    • アクセス数1位! https://t.co/Wwq5pwPi90 ReplyRetweetFavorite
    • RT : 先日、対談させていただいた今井むつみ先生の『言語の本質 ことばはどう生まれ、進化したか』(秋田嘉美氏と共著、中公新書)が爆発的に売れているらしい。どんな内容なのかは、こちらの対談「ことばは間違いの中から生まれる」をご覧あれ。https://t.c… ReplyRetweetFavorite
    • RT : 今井むつみ/秋田喜美著『言語の本質』。売り切れ店続出で長らくお待たせしておりましたが、ようやく重版出来分が店頭に並び始めました。あっという間に10万部超え、かつてないほどの反響です! ぜひお近くの書店で手に取ってみてください。 https:/… ReplyRetweetFavorite
    • RT : 7月号では、『語学の天才まで1億光年』(集英社インターナショナル)が話題の高野秀行さんと『ムラブリ』(同上)が初の著書となる伊藤雄馬さんの対談「辺境で見つけた本物の言語力」を掲載。即座に機械が翻訳できる時代に、異国の言葉を身につける意義について語っ… ReplyRetweetFavorite
    • オールカラー、430ページ超えで本体価格3900円によくおさまったものだと思う。それにもびっくり。https://t.co/mz1oPVAFDB https://t.co/9Cm8CjNob8 ReplyRetweetFavorite
    • 文化背景の説明がこれまた充実している。イラク湿地帯で食される「ハルエット(現地ではフレートという発音が一般的)」という蒲の穂でつくったお菓子にしても、ソマリランドのラクダのジャーキー「ムクマド」にしても、私ですら知らなかった歴史や… https://t.co/QAHThgpWJX ReplyRetweetFavorite
    • 最近、献本でいただいた『地球グルメ図鑑 世界のあらゆる場所で食べる美味・珍味』(セシリー・ウォン、ディラン・スラス他著、日本ナショナルジオグラフィック)がすごい。オールカラーで写真やイラストも美しい。イラクやソマリランドで私が食べ… https://t.co/2PmtT29bLM ReplyRetweetFavorite
  • 2024年6月
    « 3月    
     12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
PAGE TOP ↑