*

南米からの便り

公開日: : 最終更新日:2012/05/28 高野秀行の【非】日常模様


 実家の母から「あんた宛に外国から手紙が届いている」と電話が来た。
八王子の実家を知っているというのは、かなり古い知り合いだ。
いったい誰だろう?
 母は外国語が全くわからないので、差出人のローマ字のつづりを電話口で読んでもらった。
すると「ARGETINA」…アルゼンチン、これは国の名前だ!
「あ、じゃあ、これかな?」と母が言い、再び読んでもらうと、
「CORREO」…それはスペイン語で「郵便」のことだ!
…といつまでも親子漫才から脱出できないので、しかたなく転送してもらった。
すると、なんと驚いたことに差出人は「サッソン」とあるじゃないか!
18年前、アマゾンを遡ったとき、ジャリという町で出会った南米一の大道芸人だ。
彼には『アマゾンの船旅』(『巨流アマゾンを遡れ』の親本)を一冊送り、
その返事が来たが、それから17年、何の音沙汰もなかった。
手紙はスペイン語で書かれており、
内容は、
「元気か。俺は今ブエノスアイレスにいるが、来年はアマゾンのジャングルに戻る。
だからお前もまたアマゾンに来い」
という簡潔かつ意味不明なもの。
うーん、私は彼の手下だったのか。
でも久しぶりに会いたいな、サッソン。
前回会ったとき48歳と言っていたから、今はもう60代も半ばのはず。
あのままじいさんになっているんだろうか。
南米が私を呼んでいる…ような気がする。

関連記事

グラスワイン100円!! 超激安隠れ家アフリカレストラン「GOMASABA(ゴマサバ)」

以前、知り合った在日アフリカ人の二人が元浅草にレストランをオープンしたというので、 先週、『移

記事を読む

no image

ネットでキム・ジョンイルになる方法

中川淳一郎『ウェブはバカと暇人のもの 現場からのネット敗北宣言』(光文社新書)は傑作だった。 著者

記事を読む

no image

メモリークエスト依頼者面談、開始!

都内の某高級ホテルのラウンジで、幻冬舎「メモリークエスト」の面談を始めた。 集まった依頼の中で「これ

記事を読む

no image

螺旋

たまにはガイブン(外国文学)が読みたくなり、サンティアーゴ・パハーレスの『螺旋』(ヴィレッジブック

記事を読む

no image

なぜか、まだ日本にいる…

なぜか、まだ日本にいる。 ミャンマー取材の許可がまだ取れず、出発が伸び伸びになっているのだ。 本来な

記事を読む

no image

いわゆる「エア取材」

咳がひどいため医者に行ったところ、「咳喘息」と診断された。 私は小学生の頃喘息でひじょうに苦しんだ

記事を読む

no image

パレスチナの悲劇は世界の元気か

 今日こそアラファトとパレスチナについて辺境的な感想を一言書きたい。 十年ほど前、中国の大連にしばら

記事を読む

no image

高島先生の新刊

連合出版より高島俊男先生の新著『お言葉ですが… 別巻2』が届いた。 最近出版社や編集者からいろんな

記事を読む

no image

一度は行って見たい国

渋谷のトルコ料理店で若いユニークな女性2名と飯を食った。 一人は昨年まで大学院でアフリカのエリトリア

記事を読む

no image

「メモリークエスト」再開

銀座のマガジンハウスに行き、「an an」と「TARZAN」のインタビューを受ける。 両方ともマラ

記事を読む

Comment

  1. より:

    AGENT: Mozilla/5.0 (Windows; U; Windows NT 5.1; ja; rv:1.9.0.3) Gecko/2008092417 Firefox/3.0.3
    『海外での知りあった人と、その後なかなか連絡がとれない』と、高野さんが何かに書いていたと思いますが、素敵ですね。サッソンさん。
    私が(失礼ながら)『巨流アマゾンを遡れ』を読んだのは最近ではありますが、もう18年前の事なんですね。最近なのに懐かしく、今、『巨流アマゾン—-』を読み返しましたら、「おれは特別だ。あと百年は生きられる」とサッソンさんの言葉がありました。・・・ということは、まだまだお元気。
    ぜひ、高野さんが南米でサッソンさんと再会し、その顛末を書いてくださるのを楽しみにしています☆

  2. ハル より:

    AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.1; SV1; .NET CLR 1.1.4322)
    いつも楽しく高野さんの本を読ませていただいております、
    もちろんこのサイトも必ずチェックしております。
    昨日、家の近くの本屋に行ったら高野さんのコーナーが出来てました、いつも私が高野さんの本を買ってたからですかね・・

  3. fjsm より:

    AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 7.0; Windows NT 5.1; Q312461)
    18年もたってそんな手紙をくれるなんて。
    きっとサッソンさんの中では、高野さんはゆかいなヤツ♪って
    強烈な印象を残してるんでしょうね〜
    高野さんはまわりのちょっと変わった人たちの話をよく書いて下さいますが、
    高野さん自身がそうとう変わった方ですよね。
    日常エッセイ・・いけるんじゃないですか?

  4. タカ より:

    AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 5.5; Windows 98; Win 9x 4.90)
    高野さん、サッソンさんに送った「アマゾンの船旅」って
    スペイン語かポルトガル語で書かれているのですか?
     しかしまあ、こういう「忘れた頃の人からの手紙」っていいですね。
     ハルさんと同じく近くの京王書房に行ったら「幻獣ムベンベを探せ」
    が書店に並んでいましたよ。

  5. たこ より:

    AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.1; SV1; .NET CLR 1.1.4322)
    はじめまして。
    私もちょうど先日、8年前にチリのアリカで知り合った人から、いきなりメールがきました。
    8年も前に渡したメアドの紙切れを未だにもっていたのか?
    とも思いましたが・・・
    南米の人の時間の感覚って一体、どんな感じなのでしょうね?

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

no image
イベント&講演会、テレビ・ラジオ出演などのご依頼について

最近、イベントや講演会、文化講座あるいはテレビ・ラジオ出演などの依頼が

ソマリランドの歌姫、来日!

昨年11月に、なんとソマリランド人の女性歌手のCDが日本でリリ

『未来国家ブータン』文庫はちとちがいます

6月23日頃、『未来国家ブータン』が集英社文庫から発売される。

室町クレージージャーニー

昨夜、私が出演したTBS「クレイジージャーニー」では、ソマリ人の極

次のクレイジージャーニーはこの人だ!

世の中には、「すごくユニークで面白いんだけど、いったい何をしている

→もっと見る

  • 2022年11月
    « 3月    
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    282930  
PAGE TOP ↑