*

南米からの便り

公開日: : 最終更新日:2012/05/28 高野秀行の【非】日常模様


 実家の母から「あんた宛に外国から手紙が届いている」と電話が来た。
八王子の実家を知っているというのは、かなり古い知り合いだ。
いったい誰だろう?
 母は外国語が全くわからないので、差出人のローマ字のつづりを電話口で読んでもらった。
すると「ARGETINA」…アルゼンチン、これは国の名前だ!
「あ、じゃあ、これかな?」と母が言い、再び読んでもらうと、
「CORREO」…それはスペイン語で「郵便」のことだ!
…といつまでも親子漫才から脱出できないので、しかたなく転送してもらった。
すると、なんと驚いたことに差出人は「サッソン」とあるじゃないか!
18年前、アマゾンを遡ったとき、ジャリという町で出会った南米一の大道芸人だ。
彼には『アマゾンの船旅』(『巨流アマゾンを遡れ』の親本)を一冊送り、
その返事が来たが、それから17年、何の音沙汰もなかった。
手紙はスペイン語で書かれており、
内容は、
「元気か。俺は今ブエノスアイレスにいるが、来年はアマゾンのジャングルに戻る。
だからお前もまたアマゾンに来い」
という簡潔かつ意味不明なもの。
うーん、私は彼の手下だったのか。
でも久しぶりに会いたいな、サッソン。
前回会ったとき48歳と言っていたから、今はもう60代も半ばのはず。
あのままじいさんになっているんだろうか。
南米が私を呼んでいる…ような気がする。

関連記事

no image

天下一とはすでにプロレス

好村兼一『伊藤一刀斎』(上・下、廣済堂出版)読了。 『行くのか武蔵』(角川学芸出版)がよかったので

記事を読む

no image

もう当分OBとは関わりたくない

早大探検部50周年映像上映会はけっこう大勢の人が来てくれたし、 西木正明、恵谷治両先輩とのトークも想

記事を読む

no image

どこまで行くのか、韓国

またしても竹島問題で関係が急速に悪化している日本と韓国だが、 私の本はゴンゴン出版されつづけている。

記事を読む

no image

シリア入国

昨日、トルコのユーフラテスから離れて、 シリア領に入った。 エンギンともお別れ。 彼は私の『怪獣記』

記事を読む

no image

日本のゲバラ、ここにあり。

新宿K's Cinemaで長谷川三郎監督のドキュメンタリー映画『ニッポンの嘘』を観た。 なんと今年

記事を読む

no image

小島よしおとマッスル板井

 無料出張上映会は好評で、すでに10月末に1件、11月にも3件も依頼が入ってしまった。  まあ、人気

記事を読む

no image

おもしろくないことがおもしろい

キタ帰国の二日後、つまり6日から9日まで沖縄に行ってきた。 10年以上前、大連に短期留学をしたときさ

記事を読む

no image

ふがいない僕は空を見た

窪美澄(くぼ・みすみ)『ふがいない僕は空を見た』(新潮社)を読む。 最初の「ミクマリ」という短篇で

記事を読む

no image

3回目のボリショイ・サーカス

「本の雑誌」9月号の特集「エンタメ・ノンフ座談会」のゲラを校正する。 これがメチャクチャおもしろい。

記事を読む

no image

たぶん、みんなイライラしている

1月2日、八王子の実家に行くため京王線に乗っていた。 車内は高尾山や高幡不動へ行く初詣の客で混雑して

記事を読む

Comment

  1. より:

    AGENT: Mozilla/5.0 (Windows; U; Windows NT 5.1; ja; rv:1.9.0.3) Gecko/2008092417 Firefox/3.0.3
    『海外での知りあった人と、その後なかなか連絡がとれない』と、高野さんが何かに書いていたと思いますが、素敵ですね。サッソンさん。
    私が(失礼ながら)『巨流アマゾンを遡れ』を読んだのは最近ではありますが、もう18年前の事なんですね。最近なのに懐かしく、今、『巨流アマゾン—-』を読み返しましたら、「おれは特別だ。あと百年は生きられる」とサッソンさんの言葉がありました。・・・ということは、まだまだお元気。
    ぜひ、高野さんが南米でサッソンさんと再会し、その顛末を書いてくださるのを楽しみにしています☆

  2. ハル より:

    AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.1; SV1; .NET CLR 1.1.4322)
    いつも楽しく高野さんの本を読ませていただいております、
    もちろんこのサイトも必ずチェックしております。
    昨日、家の近くの本屋に行ったら高野さんのコーナーが出来てました、いつも私が高野さんの本を買ってたからですかね・・

  3. fjsm より:

    AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 7.0; Windows NT 5.1; Q312461)
    18年もたってそんな手紙をくれるなんて。
    きっとサッソンさんの中では、高野さんはゆかいなヤツ♪って
    強烈な印象を残してるんでしょうね〜
    高野さんはまわりのちょっと変わった人たちの話をよく書いて下さいますが、
    高野さん自身がそうとう変わった方ですよね。
    日常エッセイ・・いけるんじゃないですか?

  4. タカ より:

    AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 5.5; Windows 98; Win 9x 4.90)
    高野さん、サッソンさんに送った「アマゾンの船旅」って
    スペイン語かポルトガル語で書かれているのですか?
     しかしまあ、こういう「忘れた頃の人からの手紙」っていいですね。
     ハルさんと同じく近くの京王書房に行ったら「幻獣ムベンベを探せ」
    が書店に並んでいましたよ。

  5. たこ より:

    AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.1; SV1; .NET CLR 1.1.4322)
    はじめまして。
    私もちょうど先日、8年前にチリのアリカで知り合った人から、いきなりメールがきました。
    8年も前に渡したメアドの紙切れを未だにもっていたのか?
    とも思いましたが・・・
    南米の人の時間の感覚って一体、どんな感じなのでしょうね?

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

no image
イベント&講演会、テレビ・ラジオ出演などのご依頼について

最近、イベントや講演会、文化講座あるいはテレビ・ラジオ出演などの依頼が

ソマリランドの歌姫、来日!

昨年11月に、なんとソマリランド人の女性歌手のCDが日本でリリ

『未来国家ブータン』文庫はちとちがいます

6月23日頃、『未来国家ブータン』が集英社文庫から発売される。

室町クレージージャーニー

昨夜、私が出演したTBS「クレイジージャーニー」では、ソマリ人の極

次のクレイジージャーニーはこの人だ!

世の中には、「すごくユニークで面白いんだけど、いったい何をしている

→もっと見る

  • 2020年3月
    « 3月    
     1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    3031  
PAGE TOP ↑