*

佐藤圭作監督『人間椅子』

公開日: : 最終更新日:2012/05/28 高野秀行の【非】日常模様


私の学生時代からの数少ない探検部以外の友人である佐藤圭作が、
今度、商業映画監督としてデビューすることになった。
私が二十代でフリーライターというかフリーターだった頃、彼は某就職情報誌の編集をやっており、いろいろ仕事をつくってくれたものだ。
私だけでなく、奇人ドラマーののなか悟空さんとか、私の盟友でウモッカ探しにインドまで同行してもらった「キタ」にまで原稿を書かせた。
のちに「バトルロワイヤル」で一世を風靡することになる、しかし、当時は極貧だった漫画家・田口雅之が、悟空さんの過激エッセイ用のイラストを書いていた。
まさに「佐藤圭作一座」という様相を呈していたのだ。
あれから十数年、彼は自主映画の世界では、
作家の乙一と組んだりして評価の高いものをつくっていたようだが、
いよいよ晴れて、メジャーリーグに登場した。
その記念すべき第一作が江戸川乱歩「人間椅子」のリメイク版。
試写会で見た大槻ケンヂ氏が絶賛していたという。
オーケンさんは、長年私の本の宣伝係を務めてくれていたし、
つくづく「弱小な変人」の味方である。
以下が上映情報です。
.『エロチック乱歩/人間椅子』
公式サイト
http://www.artport.co.jp/movie/rampo/
6/30(土)〜7/6(金)、7/14(土)〜7/20(金)、シアターN渋谷にてレイト
ショー
6/30の初日舞台挨拶、また上映期間中にもトークイベントの開催を予定してい
ます。
CAST
宮地真緒 小沢真珠 板尾創路
辻修 石川謙 鈴木薫 鈴木拓也 茅野雅生 水戸ひねき 他
監督・脚本/佐藤圭作
原作/江戸川乱歩
2006年/日本/カラー/DV/ビスタサイズ/ステレオ/76分
配給・宣伝:株式会社アートポート www.artport.co.jp

関連記事

no image

略して『みらぶ~』!

『未来国家ブータン』の3刷りが届いた。こんな表紙である。すげ~なあ。 本書を「みらぶ~」と命名

記事を読む

no image

エンタメ・ノンフの横綱はこの人!

今月号の「本の雑誌」のコラムで、高橋秀実『素晴らしきラジオ体操』(小学館文庫)を紹介した。 秀実さん

記事を読む

no image

mahou no happa

koko niwa sake ga nai. zetsubouteki ni nai. soreho

記事を読む

no image

罠、二つ

「Amazon.co.jpで、以前に××の本をチェックされた方に、このご案内をお送りしています」と

記事を読む

no image

関野吉晴氏の映画とトークイベント

急ぎのお知らせ。 3月16日~29日、ポレポレ東中野にて、関野吉晴氏が主演(?)の映画「僕らの

記事を読む

no image

4月12日は土曜日

数日前、「緊急告知」として書いたTSUTAYA盛岡店のイベント。 4月12日(日)と書いてあった。

記事を読む

no image

急性アルコール分離症候群

昨日、帰国しました。 ソマリランド(&ソマリア)に行ったときはいつもそうなのだが、 だいたい毎日葉っ

記事を読む

タイ行きのお知らせ

今日からタイ行きである。 帰国は9月3日。二ヵ月弱も滞在することになる。 何しに行くのか

記事を読む

no image

何も知らない

NHK BSの「週刊ブックレビュー」の収録で赤坂のスタジオへ。 夏休み冒険特集とかで、冒険家の大場

記事を読む

no image

芥川賞受賞の衝撃作

あまりに評判がいいので、磯崎憲一郎『終の住処』(新潮社)を読んでみたら、 衝撃を受けた。 こ、これ

記事を読む

Comment

  1. のなか悟空 より:

    AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.1; SV1; .NET CLR 1.1.4322)
    へぇ・・・ケイサク君って埋もれてなかったんだね。セミのように長く地中で耐え、世に出る準備をしていたんだね。
    あの時分にライターの仕事をくれたのは大感謝。
    こんどは役者の仕事が欲しいわな。
    エロ爺とかの役で・・・ムリか・・・。
    最近の高野クンの好調ぶり、陰ながら応援してるぜ。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

no image
イベント&講演会、テレビ・ラジオ出演などのご依頼について

最近、イベントや講演会、文化講座あるいはテレビ・ラジオ出演などの依頼が

ソマリランドの歌姫、来日!

昨年11月に、なんとソマリランド人の女性歌手のCDが日本でリリ

『未来国家ブータン』文庫はちとちがいます

6月23日頃、『未来国家ブータン』が集英社文庫から発売される。

室町クレージージャーニー

昨夜、私が出演したTBS「クレイジージャーニー」では、ソマリ人の極

次のクレイジージャーニーはこの人だ!

世の中には、「すごくユニークで面白いんだけど、いったい何をしている

→もっと見る

    • RT : いい本買った。世界各地から来ている難民の人たちが、日本で手に入る食材で作る料理の本。 https://t.co/tSZtHo5Yya ReplyRetweetFavorite
    • RT : 【来店&オンライン】 『ある大学教員の日常と非日常』(晶文社) 『語学の天才まで1億光年』(集英社インターナショナル)刊行記念 横道誠×高野秀行トークイベント 「迷宮めぐりの旅談義」 11/4(金)19:00 「混沌から明晰へ」と向かう作品世界… ReplyRetweetFavorite
    • 「連戦連敗の学習法」とは星の数ほどある語学習得法の中でも史上初にちがいない。 https://t.co/BJYpRz6oka ReplyRetweetFavorite
    • RT : 発売中の「女性セブン」に高野秀行さんの『語学の天才まで1億光年』についてのインタビューが掲載されています!取材、構成は佐久間文子さん。「びっくりするぐらい本格的な内容の本」としながら、高野さんの楽しい文体の理由も明かしてくださっています。 h… ReplyRetweetFavorite
    • RT : 25以上の言語を学んだノンフィクション作家・高野秀行さんが明かす“連戦連敗”の学習法 https://t.co/odail34l2y 「ぼくは言語おたく、はやりの言葉で言うと『言語推し』ですね」 @… ReplyRetweetFavorite
    • RT : 高野秀行『語学の天才まで1億光年』 スペイン語=カクカク「平安京言語」他方ポルトガル語は アマゾン冒険でローマ字読みで習ったポル語が全く聞き取れず、ネイティブに学ぶべきだったとしきりに後悔しつつ、両言語を縦横に語る至言の数々 ただスペ語にクレ… ReplyRetweetFavorite
    • 野谷文昭先生、おめでとうございます! この本は、実在した主人公がコンゴ→アマゾン(プトゥマヨ川流域)→独立運動と移行していくという点で、私の『語学の天才まで1億光年』と見事にシンクロしており、本当に驚かされました。 https://t.co/MhFDF26sS6 ReplyRetweetFavorite
  • 2022年10月
    « 3月    
     12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    31  
PAGE TOP ↑