*

太平洋もインド洋も波高し

公開日: : 最終更新日:2012/05/28 高野秀行の【非】日常模様

 私の「ビルマ・アヘン王国潜入記」英語版”The Shore beyond Good and Evil”:A Repot from Buma’s Opium Kingdom(善悪の彼岸:ビルマ・アヘン王国からの報告)を出版してくれた、コタン・パブリッシングの金丸社長と、ほとんど1年ぶりに会った。
いったい私の本はどうなってるのか?
 訊ねたところ、金丸社長は「たいへんだったんですよお!」と涙ながらに顛末を語った。
 アメリカには1000部卸し、そのうち百数十部が売れた時点で、Distributer(取次みたいなもの)が倒産、売掛金は帰ってこず、しかし社長が自分の貯金をはたいてアメリカに乗り込み、残りの本八百数十部を取り返し、また自腹で日本へ送り返したという。
 意外なことにインドでは売れ行きがよく、やはり初期の段階で100部以上売れたのだが、ここでもトラブル発生。
 なんと私の本がインド当局の検閲に引っかかり、「政治的にまちがっている」というスタンプを押されてしまった!!
言っておくが、この本にはインドなどまったく出てこない。
 そして、インドは別にミャンマーと仲がよいわけではない。
 じゃあ、いったいどうして?
 理由は驚くべきものだった。
 本のなかにミャンマーの地図が掲載されている。で、その周辺国の国境線が簡単に記されている。インドも隣国なのでちょこっとだけ書かれている。
 それがまずかった。
 インドと中国は互いに主張している国境がちがう。マクマホン協定に沿いインドがアルナーチャル・プラデシュ州だと認識している山岳地帯は、中国は自国の領土だと言っている。この国境問題で70年代に中印紛争が起きたのだ。
 そして、私の本の地図は中国の主張にそった国境になっていた…。
地図を作ったのはデザイナーだし、私たちもミャンマー部分は丹念にチェックしたが、インド部分なんて目にも留めなかった。
 しかし、インド政府はあらゆる出版物をチェックしているようである。インドはパキスタンとも国境紛争があるから、そちらも要注意である。
 だけど、そんなスタンプが押されたら、返品されたとき二度と商品にならない。これも廃棄処分になり、魅力的なインド市場からも撤退するハメになった…。
 ちょっと想像もできないトラブルだ。
 「どうして、日本のノンフィクション作家は海外に向けて発信しないのか!?」と疑問に思っていた。「知の巨人」と呼ばれる立花隆ですら、どうやら翻訳本はないらしい。
きわめてドメスティックな知の巨人なのだ。
 柳田邦夫、佐野眞一、沢木耕太郎なども同様だ。海外では誰も知らない。
 実力があるかないか以前に発信する気がないのである。
 金にもならない面倒なことはしたくない—-そんなところだろう。

 そんなわけで、よっしゃー、オレが風穴開けてやるぜ!と意気込み、無理を押して、英語版を出したのだが、太平洋もインド洋も「波高し」だった。
 まあでも、その予想がつかないところがおもしろいのだ。波が高ければサーフィンもよりエキサイティングだ。天気晴朗なれど波高しではなく、「波高しなれど天気晴朗」の探検精神で、これからも金丸社長ともども頑張って行きたい。(しかし、金丸さん、ほんとうにご苦労さま!)

関連記事

no image

新年早々の願い事

今年最初の読書は意外にも(?)村上春樹『めくらやなぎと眠る女』(新潮社)。 装丁があまりに素晴らし

記事を読む

no image

「幻獣ムベンベ 早稲田大学探検部コンゴ行」

7月12日発売のヤングチャンピオン誌で、いよいよマンガ版「ムベンベ」が始まる。 正式なタイトルは「

記事を読む

no image

野宿の話はつづく

「高野さん、この前うちの近くで野宿してたでしょ?」と水泳のY先生にレッスンのあとで言われて驚いた。

記事を読む

no image

小説の強烈な引き

麻雀やカードゲームと同じように、読書も「引き」が強いときと弱いときがある。 引きが強いときには、て

記事を読む

no image

知られざる危険地帯・タイ最南部の謎

私は定期的に新聞を変える。どれも一長一短で決め手にかけるからだ。 今月からは久しぶりに朝日新聞

記事を読む

no image

彼らもイランに行った

自分の本が出ると、意味もなく書店に“確認”に行くという癖は 何冊出しても換わらない。 今回も『アジ

記事を読む

no image

霊界探検隊

渡邉正裕・山中登志子ほか著『第2の江原を探せ!』(扶桑社)という本を 編集者のIさんにもらって読ん

記事を読む

no image

鬼のミイラと地震予知動物

「未確認思考物隊」の仕事は続く。 先週は大分県宇佐市にある「鬼のミイラ」(写真・右)と 「地震予知動

記事を読む

no image

アフガンのケシ栽培の謎(2)

 アフガンのケシはなぜそんなに大きい実がなり、ミャンマーの4倍ものアヘンがとれるのか?  一つには

記事を読む

新連載に驚く

昨日発売の季刊誌「考える人」(新潮社)にて、ようやく私の新連載「謎のアジア納豆」が始まった。

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

no image
イベント&講演会、テレビ・ラジオ出演などのご依頼について

最近、イベントや講演会、文化講座あるいはテレビ・ラジオ出演などの依頼が

ソマリランドの歌姫、来日!

昨年11月に、なんとソマリランド人の女性歌手のCDが日本でリリ

『未来国家ブータン』文庫はちとちがいます

6月23日頃、『未来国家ブータン』が集英社文庫から発売される。

室町クレージージャーニー

昨夜、私が出演したTBS「クレイジージャーニー」では、ソマリ人の極

次のクレイジージャーニーはこの人だ!

世の中には、「すごくユニークで面白いんだけど、いったい何をしている

→もっと見る

    • アクセス数1位! https://t.co/Wwq5pwPi90 ReplyRetweetFavorite
    • RT : 先日、対談させていただいた今井むつみ先生の『言語の本質 ことばはどう生まれ、進化したか』(秋田嘉美氏と共著、中公新書)が爆発的に売れているらしい。どんな内容なのかは、こちらの対談「ことばは間違いの中から生まれる」をご覧あれ。https://t.c… ReplyRetweetFavorite
    • RT : 今井むつみ/秋田喜美著『言語の本質』。売り切れ店続出で長らくお待たせしておりましたが、ようやく重版出来分が店頭に並び始めました。あっという間に10万部超え、かつてないほどの反響です! ぜひお近くの書店で手に取ってみてください。 https:/… ReplyRetweetFavorite
    • RT : 7月号では、『語学の天才まで1億光年』(集英社インターナショナル)が話題の高野秀行さんと『ムラブリ』(同上)が初の著書となる伊藤雄馬さんの対談「辺境で見つけた本物の言語力」を掲載。即座に機械が翻訳できる時代に、異国の言葉を身につける意義について語っ… ReplyRetweetFavorite
    • オールカラー、430ページ超えで本体価格3900円によくおさまったものだと思う。それにもびっくり。https://t.co/mz1oPVAFDB https://t.co/9Cm8CjNob8 ReplyRetweetFavorite
    • 文化背景の説明がこれまた充実している。イラク湿地帯で食される「ハルエット(現地ではフレートという発音が一般的)」という蒲の穂でつくったお菓子にしても、ソマリランドのラクダのジャーキー「ムクマド」にしても、私ですら知らなかった歴史や… https://t.co/QAHThgpWJX ReplyRetweetFavorite
    • 最近、献本でいただいた『地球グルメ図鑑 世界のあらゆる場所で食べる美味・珍味』(セシリー・ウォン、ディラン・スラス他著、日本ナショナルジオグラフィック)がすごい。オールカラーで写真やイラストも美しい。イラクやソマリランドで私が食べ… https://t.co/2PmtT29bLM ReplyRetweetFavorite
  • 2024年5月
    « 3月    
     12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    2728293031  
PAGE TOP ↑