*

凶悪犯罪者に見る人間の神秘

公開日: : 最終更新日:2012/05/28 高野秀行の【非】日常模様

 
ブログを始めて困ったのは、自分がろくに仕事もしてないし、心身のトレーニングをすっかり怠っていることがモロバレになるということだ。
 これじゃいかんということで、昨夜、東中野ポレポレへ映画「ライファーズ」を見に行った。
 ポレポレ東中野はマイナーなドキュメンタリー映画(ドキュメンタリー自体がマイナーだから同語反復か)をよくやっているので、最近私のお気に入りである。
これは日本人監督がアメリカで撮影したドキュメンタリーだ。
 ライファーズとは終身刑を受けた服役者のこと。
 15年我慢していれば出てこれる日本の「終身刑」とはワケがちがう。
 90%以上はもう二度とシャバの光は拝めないという人々の住みかは、まさに「秘境」であり、それを見れただけでも私は大満足だったが、内容も濃い。
 登場するのは殺人、強盗、誘拐など、凶悪犯罪を犯してきた人間ばかりなのだが、映像で見るかぎり、みんな、笑顔が素敵な「いい人」であった。
しかも、彼らの中には「憎悪で犯罪に走っても何の解決にもならない」と他の受刑者にアドバイスし、尊敬されている人もいるのだ。
 人間の神秘すら感じる。
こればっかりはコトバで説明してもしきれず、まさに映像ならではの説得力なので、みなさん、実際に見てくださいと言いたいのだが、残念ながら昨日で終わってしまった。
 こういうドキュメンタリーはツタヤに置かれないしなあ。
すみません。これからはもっと早く見に行きます。

関連記事

no image

「ミャンマー」じゃなくて「バマー(ビルマ)」だった

昨日、高橋ゆりさんからメールが来た。彼女も『ハサミ男』に名探偵サンシャーの話が出てくることにびっくり

記事を読む

no image

くどくどかぱらぱらか

比較的調子よく来ていたブータン原稿がうまくいかなくなってきた。 逃避の意味合いもあって、ある作家の

記事を読む

no image

どっちなんだ、奥泉光?

奥泉山登山、2回目は本屋大賞で5位にもなった『シューマンの指』(講談社)。 前回とはうって代わり、

記事を読む

no image

出発前のわやくちゃ状態に突入

いつも海外旅に出発前2週間を切るとにはわやくちゃ状態になる。 今回ももうとっくにそれが始まっている

記事を読む

no image

エンタメ・ノンフ・インタビュー

最近、加速的に「エンタメ・ノンフィクション」の普及が進んでいる。 今度は、「図書新聞」でインタビュー

記事を読む

no image

ハルキ風異国トーキョー

『異国トーキョー漂流記』(集英社文庫)の表紙を変えることになった。 あ、いや、何か問題があったわけじ

記事を読む

no image

話題には気をつけたい

上智大学の講義8回目、ゲストは作家兼料理人の黒田信一氏。 「ラオスでカフェをやったら大変だった」とい

記事を読む

no image

一度は行って見たい国

渋谷のトルコ料理店で若いユニークな女性2名と飯を食った。 一人は昨年まで大学院でアフリカのエリトリア

記事を読む

no image

ミャンマーでまた政変?!

 さあ、「ビルマロード」へ行くぞ!と気合を入れ、さらに今年末には「イラワジ河ほぼ全流下りをやるぞ!」

記事を読む

no image

イラクからブータンの週末

土曜日、新宿二丁目の「タイニイアリス」という小劇場に、イラクの劇団「ムスタヒール」を見に行く。 テー

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

no image
イベント&講演会、テレビ・ラジオ出演などのご依頼について

最近、イベントや講演会、文化講座あるいはテレビ・ラジオ出演などの依頼が

ソマリランドの歌姫、来日!

昨年11月に、なんとソマリランド人の女性歌手のCDが日本でリリ

『未来国家ブータン』文庫はちとちがいます

6月23日頃、『未来国家ブータン』が集英社文庫から発売される。

室町クレージージャーニー

昨夜、私が出演したTBS「クレイジージャーニー」では、ソマリ人の極

次のクレイジージャーニーはこの人だ!

世の中には、「すごくユニークで面白いんだけど、いったい何をしている

→もっと見る

  • 2020年1月
    « 3月    
     12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    2728293031  
PAGE TOP ↑