*

南伸坊氏のカバー完成

公開日: : 最終更新日:2012/05/28 高野秀行の【非】日常模様

 来年2月刊に集英社文庫から刊行される新作「異国トーキョー漂流記」(これが正式なタイトルになった)。
 昨日、表紙のイラスト・デザインが編集者経由で送られてきた。
 「ワセダ三畳青春記」に引き続き、南伸坊氏がやってくれた。(「三畳記」が南さんの装丁であることを知る人は少ないが、実はそうなんです)
 
 今回は、「三畳記」とちがい、へんなおっさん(ほんとは若者だけど)がドーンと出ているインパクトのあるもの。
 なかなかおもしろく、これなら南伸坊氏の作品とみんな気づいてくれるだろう。
 ちなみに、南さんはこの本を読み、「とてもおもしろかった」と言ってくれたそうだ。
 南さんは本の「目利き」としてもよく知られるだけに、けっこう嬉しい。
 ちょうど昨日は私も同じ本のゲラを読み、著者校正をした。
 私は自分で書いたものも、二、三週間もすれば、みんな忘れてしまうので、「へえー、こんな話だったんだ」とまったく他人事のように読んでいた。
 文章がおかしいところは、「ったく、こいつ、下手くそだな」とかつぶやきつつ、赤を入れる。
 かなり苦労したはずなんだが、読むとそんな感じはしない。
「いったい、どこをどういうふうに苦労したんだろう?」と考えたが、思い出せないので、やめた。

関連記事

no image

チェンマイに行きます

二日前、チェンマイにいる知人が病気で重篤な状態にあるという知らせを受けた。 ビルマ(ミャンマー)の反

記事を読む

no image

また未知動物

磯崎憲一郎の第二弾、『世紀の発見』(河出書房新社)。 帯の惹句によれば 「ガルシア=マルケス『百年

記事を読む

no image

エンタメ・ノンフの秋!

「ダ・カーポ」の増刊「早稲田大学特集」の取材を受ける。 ワセダを出てへんなことをやっている人間のコー

記事を読む

no image

スットコランド日記

宮田珠己ことタマキングが「web本の雑誌」で連載している 「スットコランド日記」(毎週月曜更新)を読

記事を読む

no image

酒飲み書店めぐり

『怪獣記』の担当編集者とともに、丸一日かけて書店へ挨拶まわり。 ほとんどが名高い(?)酒飲み書店員

記事を読む

no image

名探偵クイズ

うっかりしていたのだが、5月に本の雑誌社から『作家の読書道3』が刊行されていた。 柳広司、阿部和重

記事を読む

no image

のぐそ界のイチロー

日曜日、キノコ写真の第一人者にして、野糞の達人である伊沢正名さんと西荻でお会いする。 伊沢

記事を読む

no image

元首相になりたい

福田首相が一昨日、突然辞任した。 次は麻生太郎が首相になるらしい。 それ以来、「みんな、どうして首相

記事を読む

no image

nairobi wa abunai?

kataaru no Doha wo keiyu shite Nairobi ni tsuita.

記事を読む

no image

ブランク

2ヵ月半ぶりにスポーツジムの水泳教室に行ったら、 運悪くいきなりバタフライ特集。 あっという間に腕が

記事を読む

Comment

  1. NONO より:

    AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.1)
    わー楽しみです!
    南伸坊とか、大槻ケンジとか、宮部みゆきとか、
    それだけの人たちに絶賛されながら、
    でも売れない高野秀行。
    一種、貴重に凄いよなあ!
    ところでオレは、
    「あの高野秀行の本にオレ出てるんだぜ!」
    と自慢したいためだけに、
    「幻獣ムベンベを追え」をお客さんに配ったりしてるんですが、
    (作者以外で最もあの「ムベンベ」を買った男です。100冊は買ってるゾ!)
    アマゾンで購入しても、やっぱり初版です。
    でも、カバーには「アマゾン」や「ワセダ三畳」の作品名、出てました。
    つまり、カバーは新しくなってる!
    頑張れ!高野!初版童貞は必ず打ち破れる!
    それから、2月20日の販促(反則?)イベント。
    お邪魔出来そうです。ご迷惑でなければ。

  2. わたる より:

    AGENT: Mozilla/5.0 (Macintosh; U; PPC Mac OS X; ja-jp) AppleWebKit/125.5.5 (KHTML, like Gecko) Safari/125.12
    ののさん、こんばんわ。
    日曜日のカウンターは平日のそれとはうってかわって寂しい限りですね。
    会社でのアクセスが減ったため(サラリーマンがメイン層?)
    土日の活動に忙しい若者がメイン?
    と、ふたつの理由が考えられますが、どうも前者の様な気がします。
    さて、イベントの件ですが、2月の開催がいろいろな都合で難しくなりました。企画も含めて再考している最中です。
    詳しいことが決まりましたらご連絡しますので(ののさんゲスト?)しばしのお待ちを。

  3. より:

    AGENT: Mozilla/5.0 (Macintosh; U; PPC Mac OS X; ja-jp) AppleWebKit/125.5.5 (KHTML, like Gecko) Safari/125.11
    もしかしたらメーターがひと回りしてしまった? カウンターが「0」になっててびっくり。
    えー、唐突ですが、この場を借りてお知らせというか宣伝を。
    『ぼく、ドラえもん。』という雑誌があるのですが、この第9号と
    第14号に高野さんのエッセイを掲載させていただいてます。
    9号では、タイでジャイアンを発見した話。
    14号では、探検家からみたのび太とドラえもんの冒険について書いていただきました。
    バックナンバーを揃えた書店も多いと思いますので、書店で手に取ってみてください。失礼いたしました!

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

no image
イベント&講演会、テレビ・ラジオ出演などのご依頼について

最近、イベントや講演会、文化講座あるいはテレビ・ラジオ出演などの依頼が

ソマリランドの歌姫、来日!

昨年11月に、なんとソマリランド人の女性歌手のCDが日本でリリ

『未来国家ブータン』文庫はちとちがいます

6月23日頃、『未来国家ブータン』が集英社文庫から発売される。

室町クレージージャーニー

昨夜、私が出演したTBS「クレイジージャーニー」では、ソマリ人の極

次のクレイジージャーニーはこの人だ!

世の中には、「すごくユニークで面白いんだけど、いったい何をしている

→もっと見る

    • アクセス数1位! https://t.co/Wwq5pwPi90 ReplyRetweetFavorite
    • RT : 先日、対談させていただいた今井むつみ先生の『言語の本質 ことばはどう生まれ、進化したか』(秋田嘉美氏と共著、中公新書)が爆発的に売れているらしい。どんな内容なのかは、こちらの対談「ことばは間違いの中から生まれる」をご覧あれ。https://t.c… ReplyRetweetFavorite
    • RT : 今井むつみ/秋田喜美著『言語の本質』。売り切れ店続出で長らくお待たせしておりましたが、ようやく重版出来分が店頭に並び始めました。あっという間に10万部超え、かつてないほどの反響です! ぜひお近くの書店で手に取ってみてください。 https:/… ReplyRetweetFavorite
    • RT : 7月号では、『語学の天才まで1億光年』(集英社インターナショナル)が話題の高野秀行さんと『ムラブリ』(同上)が初の著書となる伊藤雄馬さんの対談「辺境で見つけた本物の言語力」を掲載。即座に機械が翻訳できる時代に、異国の言葉を身につける意義について語っ… ReplyRetweetFavorite
    • オールカラー、430ページ超えで本体価格3900円によくおさまったものだと思う。それにもびっくり。https://t.co/mz1oPVAFDB https://t.co/9Cm8CjNob8 ReplyRetweetFavorite
    • 文化背景の説明がこれまた充実している。イラク湿地帯で食される「ハルエット(現地ではフレートという発音が一般的)」という蒲の穂でつくったお菓子にしても、ソマリランドのラクダのジャーキー「ムクマド」にしても、私ですら知らなかった歴史や… https://t.co/QAHThgpWJX ReplyRetweetFavorite
    • 最近、献本でいただいた『地球グルメ図鑑 世界のあらゆる場所で食べる美味・珍味』(セシリー・ウォン、ディラン・スラス他著、日本ナショナルジオグラフィック)がすごい。オールカラーで写真やイラストも美しい。イラクやソマリランドで私が食べ… https://t.co/2PmtT29bLM ReplyRetweetFavorite
  • 2024年5月
    « 3月    
     12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    2728293031  
PAGE TOP ↑