*

ディアスポラ

公開日: : 最終更新日:2012/05/28 高野秀行の【非】日常模様

エンタメ・ノンフ作家は彷徨うことが宿命づけられている。
本人もそうだが、著書はもっと。
書店に棚がないからだ。
敬愛する高橋秀実の本は、検索すると、「スポーツ理論」「ボクシング」「日本人論」「ダイエット」「水泳」…と一家離散状態。
同じく敬愛する宮田珠己『晴れた日は巨大仏を見に』が宗教や仏教のコーナーに、
『ホンノンボーふしぎ盆栽』が「盆栽」のコーナーにあったりする。
 
これはみんな「題材」なのだ。
佐藤多佳子の『一瞬の風になれ』が「陸上」のコーナーにあったら、
小川葉子『博士の愛した数式』が「数学」のコーナーにあったら、
「バカじゃないか」と思うだろう。
それがエンタメ・ノンフでは現実に起きている。
私の本も今までだいぶ彷徨ってきた。
『ムベンベ』は「古生物学」のコーナーでよく見かけたし、
『アジア新聞屋台村』は「海外事情」、『西南シルクロードは密林に消える』に至ってはよく「ミステリ」の棚に置かれていた。
そして、今回『怪獣記』
紀伊国屋書店ではまたしても「古生物学」、神田三省堂では「超常現象」、そしてジュンク堂池袋店では「ただいま分類作業中」…。
これじゃ売れるわけがない。お客が求めているものと、置かれている本が全然ちがうんだから。
書店員のみなさん、早く「エンタメ・ノンフ」の棚を作ってください!
…と、まるでイスラエル建国を訴えていたときのユダヤ人みたいな気分なのである。

関連記事

no image

美味すぎる差し入れ

読者の方よりお酒をいただいた。 身内の方が、千葉県香取郡神崎町にある超老舗(江戸時代初期創業だそう

記事を読む

no image

エンタメ・ノンフ的映画の真髄

「パパは出張中」と「アンダーグラウンド」で史上唯一カンヌを2回制した映画監督エミール・クストリッツァ

記事を読む

no image

人生の内定がとれてないアナタに

 内澤副部長の名作ポップはコレ。  副部長の漫画イラストなんて見たことがない。お宝ものだ。  ス

記事を読む

no image

冷や汗をかいた…

『本の雑誌 おすすめ文庫王国2006』が発売された。 毎年楽しみにしているムックだが、今回は私自身も

記事を読む

no image

アフガンの謎を千葉で解く

火曜日、『アジア未知動物紀行』の最後の著者校正をやっていたら、 校正係から困った指摘を受けた。 アフ

記事を読む

no image

釣りに失敗する

本の雑誌の杉江さんに新宿で会ったので、昨日思いついたばかりの「儲け話」をもちかけてみた。 すると、彼

記事を読む

no image

超残虐な村上春樹?!

なぜ、こういろいろやらなきゃいけないときに限って、こんな凄い本に連続してひっかかってしまうのか。

記事を読む

no image

新刊の表紙はマダム・ヤン

6月26日に発売される新刊『アジア新聞屋台村』(集英社)の見本が届いた。 「マダム・ヤン」みたいな女

記事を読む

no image

「シャバはつらいよ」連載開始!

大野更紗「困ってるひと」の続編、「シャバは辛いよ」がポプラ・ビーチにて連載が始まった。 今回、私は

記事を読む

no image

おお、神よ、私は働きたくない

宮田珠己待望の新刊『なみのひとなみのいとなみ』(朝日新聞出版)が発売された。 単行本の新刊は一年半ぶ

記事を読む

Comment

  1. えだまめ より:

    AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.1)
    はじめて投稿いたします。
    私の息子が将棋ファンで、つられて私も将棋ファンになりました。
    (勢い余って長野県の将棋情報サイトを運営しています)
    高野秀行五段のファンです。
    高野五段のブログを拝読して、同姓同名の高野秀行先生の本を読むようになりました。
    おもしろいです。私と同世代にこんな面白い人がいたのか!と嬉しくなりました。
    >書店員のみなさん、早く「エンタメ・ノンフ」の棚を作ってください!
    …と、まるでイスラエル建国を訴えていたときのユダヤ人みたいな気分なのである。
    懇意にしている書店に早速提案してきます。
    できれば高野先生のコーナーをつくってくれるように激しくプッシュしてきます。
    この夏、縁ありまして高野五段にお会いする機会ができました。辺境探検作家の高野先生のお話もうかがいたいな〜〜と思ってます。

  2. yuu2980 より:

    AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 5.5; Windows 98)
    高野さんこんばんは。
    私も今回の本は探しました。
    旅行記のコーナー、新刊のコーナー、男性作家のコーナーになくて、「どこだ???」と探しまくっていたら、おかしな看板や標識などを集めた珍ネタ本とか、「○○(漫画や特撮のタイトル)の謎」みたいな、そんな本が置かれるような所にありました。まさしく「怪獣」で分けられちゃったんですね。

  3. dango より:

    AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.1; SV1; .NET CLR 1.0.3705; .NET CLR 1.1.4322; .NET CLR 2.0.50727)
    初めまして。思えば数年前に、書店でムベンベの文庫本と出会って以来、高野本を愛読しています。ほんと、「エンタメ・ノンフ」棚作ってほしい。書店で探すのが大変なのです。
    実は、宮田氏の旅の理不尽やジェットコースターも私の愛読書であります。基本的に電車の中で読むとひとりにやけてしまうヤバイ本が好きなのかも。「ウはウミウシのウ」なんて生物学の棚にあったもんな・・・。探せないですよ〜。

  4. KOW(つ∀`) より:

    AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.1; SV1)
    お久しぶりです。
    ジュンク堂では、結局店員さんに聞いて
    なんとか入手しました。
    自分は2階のカウンターに置いてもらったのを手にしたのですが
    多分、海外本コーナーか文芸のところに
    置かれるんじゃないかなあ。

  5. マスチフ より:

    AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.1; SV1)
    はじめまして。
    今日、本屋で探したのですが手間取りました。
    既に新刊の所には無く、文芸書の所にも無く
    結局見つかったのはサブカルチャーの棚の片隅・・・。
    エンタメ・ノンフィクションは絶対に面白いのに本屋ではジャンルとして認められていないために、一般の人に認知されることが少なくとは悲しすぎます
    是非どっかの本屋か出版社で「夏のエンタメ・ノンフィクションフェア」をやってくれたら一気に一般に認知は進みそうな気がします。

  6. ミツル より:

    AGENT: Opera/9.02 (Windows NT 5.1; U; ja)
    アヘン王国→柳生と読みました。あと、西南シルクロードでミャンマー三部作を読破なので買って読みたいと思います。
    著書の空気感に惚れました。全然別の価値観が書かれているはずのなのに、身のうちにすっと入ってくる、心に抵抗を覚えさせにない文章はすごいです。

  7. 天野才蔵 より:

    AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.1; SV1; .NET CLR 1.1.4322)
    こんばんは。
    私は本書を上野駅ナカJR直営本屋ブックガーデンで買いました。
    かなり目立つところに"どどーん"と平積みでしたよ。
    従って平時はどこに分類されているかはわかりませんけど。
    気の利いた書店員のおかげで、この本を探し求めることなくすんなりと入手でき、私ゃ満足でございます。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

no image
イベント&講演会、テレビ・ラジオ出演などのご依頼について

最近、イベントや講演会、文化講座あるいはテレビ・ラジオ出演などの依頼が

ソマリランドの歌姫、来日!

昨年11月に、なんとソマリランド人の女性歌手のCDが日本でリリ

『未来国家ブータン』文庫はちとちがいます

6月23日頃、『未来国家ブータン』が集英社文庫から発売される。

室町クレージージャーニー

昨夜、私が出演したTBS「クレイジージャーニー」では、ソマリ人の極

次のクレイジージャーニーはこの人だ!

世の中には、「すごくユニークで面白いんだけど、いったい何をしている

→もっと見る

    • アクセス数1位! https://t.co/Wwq5pwPi90 ReplyRetweetFavorite
    • RT : 先日、対談させていただいた今井むつみ先生の『言語の本質 ことばはどう生まれ、進化したか』(秋田嘉美氏と共著、中公新書)が爆発的に売れているらしい。どんな内容なのかは、こちらの対談「ことばは間違いの中から生まれる」をご覧あれ。https://t.c… ReplyRetweetFavorite
    • RT : 今井むつみ/秋田喜美著『言語の本質』。売り切れ店続出で長らくお待たせしておりましたが、ようやく重版出来分が店頭に並び始めました。あっという間に10万部超え、かつてないほどの反響です! ぜひお近くの書店で手に取ってみてください。 https:/… ReplyRetweetFavorite
    • RT : 7月号では、『語学の天才まで1億光年』(集英社インターナショナル)が話題の高野秀行さんと『ムラブリ』(同上)が初の著書となる伊藤雄馬さんの対談「辺境で見つけた本物の言語力」を掲載。即座に機械が翻訳できる時代に、異国の言葉を身につける意義について語っ… ReplyRetweetFavorite
    • オールカラー、430ページ超えで本体価格3900円によくおさまったものだと思う。それにもびっくり。https://t.co/mz1oPVAFDB https://t.co/9Cm8CjNob8 ReplyRetweetFavorite
    • 文化背景の説明がこれまた充実している。イラク湿地帯で食される「ハルエット(現地ではフレートという発音が一般的)」という蒲の穂でつくったお菓子にしても、ソマリランドのラクダのジャーキー「ムクマド」にしても、私ですら知らなかった歴史や… https://t.co/QAHThgpWJX ReplyRetweetFavorite
    • 最近、献本でいただいた『地球グルメ図鑑 世界のあらゆる場所で食べる美味・珍味』(セシリー・ウォン、ディラン・スラス他著、日本ナショナルジオグラフィック)がすごい。オールカラーで写真やイラストも美しい。イラクやソマリランドで私が食べ… https://t.co/2PmtT29bLM ReplyRetweetFavorite
  • 2024年3月
    « 3月    
     123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    25262728293031
PAGE TOP ↑