*

ブックストア談は凄い!

公開日: : 最終更新日:2012/05/28 高野秀行の【非】日常模様


「異国トーキョー漂流記」を大売りだししているユニークな書店「ブックストア談・浜松町店」へ行き、御礼の挨拶をしてきた。
当初、失礼にも「物好きな小さい地元の本屋なんだろう」と思っていた。
 行ってみてびっくり。
 でかいのだ。
 聞けば、「浜松町・新橋付近で最大規模」というではないか。
 この界隈は私の生活圏から最も遠いので、全然知らなかった。
「異国トーキョー」のコーナーは、入り口の真横にあった。
 なるほど、ここにこれだけ積んで、しかも書店員の強力な推薦看板があれば気をひくだろう。
 実際、やって来る人が次から次へと本を手にとり、立読みをしている。
 若い女性は、手にとると、すぐにレジに直行した。
 本を書きはじめて早16年。その間、出した本は文庫化・翻訳も含めると、延べ16冊になるが、目のまえで自分の本が買われていくのを見たのは初めてのことだ。
 しかし、もっと驚いたのは、このように大々的に売り出されているのは、私の本だけではないってことだ。他にも、大売出しの棚は十も二十もある。しかも、それらは有名作家の本やベストセラーが多い。
 そういう強敵を押しのけて、「異国トーキョー」は快進撃を続け、なんと五月の月間総合売上げベスト1になってしまったという。
 文芸も文庫もビジネス書もハウツーものもぜーんぶ含めて1位だ。
 私の本を取り上げてくれたのは中野さんという生まじめそうな若い書店員さん。
「まあまあ売れていたし、自分で読んでも面白かったので、コーナーを作ってみましたが、こんなに売れるとは正直、思いませんでした」と実に素直なご感想。
 この書店は、小さくはなかったが、ユニークだという想像はあたっていた。
 品揃えが豊富なだけでなく、独特の棚作りをしている。
 「結婚関連本コーナー」にはバージンロードとウェディングドレスがあつらえていたりして、すごくおもしろい。色とりどりの折り紙を切り張りして、絵や文字で宣伝しているコーナーもある。
 学園祭のような楽しいノリが店内に横溢しているのだ。
 考えてみれば、二十代の若い店員が別に売れ筋でもない本を「自分が気に入ったから」という理由でコーナーを作れてしまうのだ。
 上の人たちも若い情熱を野放しにしているという証拠であり、なぜこんなアンチ管理社会的な書店が、日本の会社員のメッカみたいな浜松町・新橋エリアにあるのか不思議なくらいだ。
 「ムベンベ」や「アマゾン」「ワセダ三畳」など、私の他の文庫もすべて平積みになってるし、さすがアンチ管理社会の本屋だ。
 「ムベンベ」にはこれまた中野さんの手書きのポップが立っていた。かわいいナマズの絵まで描かれていた。
 「このナマズ、誰が描いてくれたんですか?」と訊いたら、中野さんが表情も変えずに、「私です」と答えた。
 ありがとう、中野さん。
 今度は他の本もまとめて「高野秀行フェア」をやってください!
【訂正とお詫び】
本文中、「五月の月間総合売上げベスト1」とありますが、正しくは「文庫部門ベスト1」でした。この場をお借りしましてお詫びと訂正にかえさせていただきます。(管理者 記)

関連記事

no image

私が原稿を書けないワケ

今週は原稿を一行も書けていない。 毎日パソコンに何時間も向かっているのに。 もともと苦しまずに原稿が

記事を読む

no image

今更アニー・プルーの衝撃

この前、マイクと話していたとき、「アニー・プルーがいい」と言っていた。 私も十年以上も前、まだ早稲

記事を読む

no image

明日、いや今日出発。

もう深夜2時。 まだ何も準備していないが、 明日というか今日の朝5:20に家を出なければならない。

記事を読む

no image

モンスタークエスト

今週はいろいろと忙しい。 月曜日は、ワセダで、アメリカの衛星放送局ヒストリーチャンネルの「モンスター

記事を読む

no image

リキシャ・アートは語る

バングラの印象といえば、リキシャ。 自転車がひっぱるサイクルリキシャがメインだが、 人間を乗せるだ

記事を読む

no image

「困ってる人」書籍化プロジェクトX

私がプロデュースしている大野更紗「困ってるひと」の連載もそろそろ最終回近い。 いよいよ書籍化の相談を

記事を読む

携帯電話が故障中&ここ数年でベストのサッカー本

携帯電話が帰国直後に突然壊れてしまった。 いつもなら慌てて修理に走るところだが、これまで2ヶ月

記事を読む

no image

2011年個人的ベストテン発表!

2011年はあんまり本が読めなかった。 1月に犬が死んで一時的にペット・ロスになり、それがやっと少し

記事を読む

no image

ソマリランド療法の勧め

なんとか取材の目処がつき、来週の8日(金)に東京に着く便を予約した。 ソマリ人は、私にとって、おそら

記事を読む

マスクマンになりたい

旧ユーゴ(主にコソボ)の取材が終わってだいぶ経つ。 ブログで写真をお見せしようと思っていたのだ

記事を読む

Comment

  1. やまねこ より:

    AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows 98; .NET CLR 1.1.4322)
    NHKビルマどうろの放送日はいつなのでしょうか?
    取材の詳しいことは後日と言う事で今か今かと待ってるのですが・・・

  2. macocci より:

    AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.1; SV1; .NET CLR 1.0.3705; .NET CLR 1.1.4322)
    今日もブックストア談に行ってきましたよ。
    仕事関係の書籍を漁りに行った筈なのですが、
    足が向いたのは高野さんの書籍が置いてあるコーナーでした。(^^;>
    仕事でストレス溜めてる私にとっては気分転換にもってこいの本ばかりなんですよね。
    お次は極楽タイ暮らしでも。
    ちなみに、「世界が生まれた朝に」は、小学館に問い合わせたところ、
    どこも在庫切れで重版予定も無い状態だそうです。
    Amazonなどのネット書店でも手に入りません。
    残念・・・古本屋か図書館探すしかないようですね。
    中野さん「高野秀行フェア」をやってください!
    って言ったら出てくるのかな〜?

  3. エダ より:

    AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.1; SV1)
    すごい!
    写真の様子に感動しました。
    大ベストセラー作家並の扱いではないですか。
    高野ファンである私が感動したくらいだから
    本人はもっと感動したことでしょう。
    中野さんエライ!惚れたぜ!
    (女性なんですかね?)

  4. りーだー より:

    AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.1)
    ををっ! すばらしい!
    こんな書店が増殖しますように!
    TVとかで取り上げてくれれば、高野ブーム到来! なんですがね。

  5. のなか悟空 より:

    AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.1; SV1)
     高野君、当たり前です!
    むしろ遅いくらい。ボクは太鼓判を押します。文章としての完成度も高く、ユーモアのセンスもよく、なにより不可解な芸術を素直に受け止めている。
     ボクがこれまで読んだ本に中でもトップクラスのいい本でした。おめでとう!

  6. のなか悟空 より:

    AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.1; SV1)
     あっそうそう! 担当者が中野さんというのが、オイラの野中の逆でこれまたGOOD!

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

no image
イベント&講演会、テレビ・ラジオ出演などのご依頼について

最近、イベントや講演会、文化講座あるいはテレビ・ラジオ出演などの依頼が

ソマリランドの歌姫、来日!

昨年11月に、なんとソマリランド人の女性歌手のCDが日本でリリ

『未来国家ブータン』文庫はちとちがいます

6月23日頃、『未来国家ブータン』が集英社文庫から発売される。

室町クレージージャーニー

昨夜、私が出演したTBS「クレイジージャーニー」では、ソマリ人の極

次のクレイジージャーニーはこの人だ!

世の中には、「すごくユニークで面白いんだけど、いったい何をしている

→もっと見る

    • あ、ほんとだ!1988年でした。今までずっと1989年だと思ってた。今年は31周年か。ご指摘ありがとうございます! https://t.co/XA5LqpJZgK ReplyRetweetFavorite
    • いえ、当時から私は事務が全くできず、優秀な後輩たちにやってもらってました。今、彼らが秘書兼マネージャーをやってくれたら、言うことなしなんですが。 https://t.co/JqLR159NYS ReplyRetweetFavorite
    • 実は1989年12月に最初の本『幻の怪獣ムベンベを追え』(後に文庫化されて『幻獣ムベンベを追え』)を刊行した。そしてちょうど30周年記念に「幻のバオバブ納豆を追え」を発表するわけで、この変化のなさには我ながら驚く。 ReplyRetweetFavorite
    • 「幻のバオバブ納豆を追え!」という講演をやります。他の参加者はみな研究者だというのに、私だけこんなタイトル。 https://t.co/x4X419MboR ReplyRetweetFavorite
    • しかし、よく考えてみたら、秘書というのはAIと同じで、こちらが取材内容や取材相手、取材日程を決めなければ、何も動いてくれない。そしてそういうことを考えるのがひじょうに面倒くさいわけだ。それとも優秀な秘書はそこまでやってくれるんだろうか。 ReplyRetweetFavorite
    • 12月から2月にかけての海外・国内旅行の段取りを始めたが、早くも挫折しかけて頭の中は「秘書がほしい!」の声がグルグル。ますます段取りが進まない。 ReplyRetweetFavorite
    • RT : 高野秀行さん@daruma1021 の『間違う力』、読んでいて何度も爆笑。 研究者と辺境探検家には共通することも多く、今日も間違おうと心に決めるのであった。 巻末の「とにかくやる」の信条が刺さる。 上田次郎「なぜ君はベストを尽くさないの… ReplyRetweetFavorite
  • 2019年11月
    « 3月    
     123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    252627282930  
PAGE TOP ↑