*

ブックストア談は凄い!

公開日: : 最終更新日:2012/05/28 高野秀行の【非】日常模様


「異国トーキョー漂流記」を大売りだししているユニークな書店「ブックストア談・浜松町店」へ行き、御礼の挨拶をしてきた。
当初、失礼にも「物好きな小さい地元の本屋なんだろう」と思っていた。
 行ってみてびっくり。
 でかいのだ。
 聞けば、「浜松町・新橋付近で最大規模」というではないか。
 この界隈は私の生活圏から最も遠いので、全然知らなかった。
「異国トーキョー」のコーナーは、入り口の真横にあった。
 なるほど、ここにこれだけ積んで、しかも書店員の強力な推薦看板があれば気をひくだろう。
 実際、やって来る人が次から次へと本を手にとり、立読みをしている。
 若い女性は、手にとると、すぐにレジに直行した。
 本を書きはじめて早16年。その間、出した本は文庫化・翻訳も含めると、延べ16冊になるが、目のまえで自分の本が買われていくのを見たのは初めてのことだ。
 しかし、もっと驚いたのは、このように大々的に売り出されているのは、私の本だけではないってことだ。他にも、大売出しの棚は十も二十もある。しかも、それらは有名作家の本やベストセラーが多い。
 そういう強敵を押しのけて、「異国トーキョー」は快進撃を続け、なんと五月の月間総合売上げベスト1になってしまったという。
 文芸も文庫もビジネス書もハウツーものもぜーんぶ含めて1位だ。
 私の本を取り上げてくれたのは中野さんという生まじめそうな若い書店員さん。
「まあまあ売れていたし、自分で読んでも面白かったので、コーナーを作ってみましたが、こんなに売れるとは正直、思いませんでした」と実に素直なご感想。
 この書店は、小さくはなかったが、ユニークだという想像はあたっていた。
 品揃えが豊富なだけでなく、独特の棚作りをしている。
 「結婚関連本コーナー」にはバージンロードとウェディングドレスがあつらえていたりして、すごくおもしろい。色とりどりの折り紙を切り張りして、絵や文字で宣伝しているコーナーもある。
 学園祭のような楽しいノリが店内に横溢しているのだ。
 考えてみれば、二十代の若い店員が別に売れ筋でもない本を「自分が気に入ったから」という理由でコーナーを作れてしまうのだ。
 上の人たちも若い情熱を野放しにしているという証拠であり、なぜこんなアンチ管理社会的な書店が、日本の会社員のメッカみたいな浜松町・新橋エリアにあるのか不思議なくらいだ。
 「ムベンベ」や「アマゾン」「ワセダ三畳」など、私の他の文庫もすべて平積みになってるし、さすがアンチ管理社会の本屋だ。
 「ムベンベ」にはこれまた中野さんの手書きのポップが立っていた。かわいいナマズの絵まで描かれていた。
 「このナマズ、誰が描いてくれたんですか?」と訊いたら、中野さんが表情も変えずに、「私です」と答えた。
 ありがとう、中野さん。
 今度は他の本もまとめて「高野秀行フェア」をやってください!
【訂正とお詫び】
本文中、「五月の月間総合売上げベスト1」とありますが、正しくは「文庫部門ベスト1」でした。この場をお借りしましてお詫びと訂正にかえさせていただきます。(管理者 記)

関連記事

no image

アジアン・ミステリの傑作シリーズを応援すべし

旅に出る前に紹介しておかなければならない本はないかなと考えていたら、肝心なものを忘れていたことに

記事を読む

no image

イランの料理をみくびっていた

日曜日、「おとなの週末」で連載開始する「移民の宴」の第2回取材で、 イラン人のベリーダンサー、ミーナ

記事を読む

no image

エンタメ・ノンフの秋!

「ダ・カーポ」の増刊「早稲田大学特集」の取材を受ける。 ワセダを出てへんなことをやっている人間のコー

記事を読む

no image

いわゆる「エア取材」

咳がひどいため医者に行ったところ、「咳喘息」と診断された。 私は小学生の頃喘息でひじょうに苦しんだ

記事を読む

no image

『猛き箱舟』をうっかり再読

いろんな仕事がたまっているのに、船戸与一の大作『猛き箱舟』を読んでしまった。 西サハラを舞台にして

記事を読む

no image

不思議で贅沢な春の晩

以前、コンゴ(旧ザイール)の障害者バンド「スタッフ・ベンダ・ビリリ」を日本に呼び、 そのライブに私

記事を読む

no image

不安と緊張を和らげるのは笑い

スーダン人のアブディンから電話がかかってきた。 地震直後の電話では「いやあ、俺が日本に帰ってすぐだか

記事を読む

no image

自意識が森に溶けていく

以前、本の雑誌の杉江さんが「すごいドキュメンタリーですよ!」と NHKハイビジョンでブラジルの先住

記事を読む

no image

アブディン『わが盲想』ゲラ&取材募集中!!

いよいよお待ちかね、私がプロデュースし5月15日発売(配本)予定のアブディン『わが盲想』(ポプラ社)

記事を読む

第3回梅棹忠夫・山と探検文学賞を受賞しました

ほとんどの人は梅棹忠夫・山と探検文学賞なる賞を知らないと思う。 かくいう私も、角幡唯介『空白の五マ

記事を読む

Comment

  1. やまねこ より:

    AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows 98; .NET CLR 1.1.4322)
    NHKビルマどうろの放送日はいつなのでしょうか?
    取材の詳しいことは後日と言う事で今か今かと待ってるのですが・・・

  2. macocci より:

    AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.1; SV1; .NET CLR 1.0.3705; .NET CLR 1.1.4322)
    今日もブックストア談に行ってきましたよ。
    仕事関係の書籍を漁りに行った筈なのですが、
    足が向いたのは高野さんの書籍が置いてあるコーナーでした。(^^;>
    仕事でストレス溜めてる私にとっては気分転換にもってこいの本ばかりなんですよね。
    お次は極楽タイ暮らしでも。
    ちなみに、「世界が生まれた朝に」は、小学館に問い合わせたところ、
    どこも在庫切れで重版予定も無い状態だそうです。
    Amazonなどのネット書店でも手に入りません。
    残念・・・古本屋か図書館探すしかないようですね。
    中野さん「高野秀行フェア」をやってください!
    って言ったら出てくるのかな〜?

  3. エダ より:

    AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.1; SV1)
    すごい!
    写真の様子に感動しました。
    大ベストセラー作家並の扱いではないですか。
    高野ファンである私が感動したくらいだから
    本人はもっと感動したことでしょう。
    中野さんエライ!惚れたぜ!
    (女性なんですかね?)

  4. りーだー より:

    AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.1)
    ををっ! すばらしい!
    こんな書店が増殖しますように!
    TVとかで取り上げてくれれば、高野ブーム到来! なんですがね。

  5. のなか悟空 より:

    AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.1; SV1)
     高野君、当たり前です!
    むしろ遅いくらい。ボクは太鼓判を押します。文章としての完成度も高く、ユーモアのセンスもよく、なにより不可解な芸術を素直に受け止めている。
     ボクがこれまで読んだ本に中でもトップクラスのいい本でした。おめでとう!

  6. のなか悟空 より:

    AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.1; SV1)
     あっそうそう! 担当者が中野さんというのが、オイラの野中の逆でこれまたGOOD!

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

no image
イベント&講演会、テレビ・ラジオ出演などのご依頼について

最近、イベントや講演会、文化講座あるいはテレビ・ラジオ出演などの依頼が

ソマリランドの歌姫、来日!

昨年11月に、なんとソマリランド人の女性歌手のCDが日本でリリ

『未来国家ブータン』文庫はちとちがいます

6月23日頃、『未来国家ブータン』が集英社文庫から発売される。

室町クレージージャーニー

昨夜、私が出演したTBS「クレイジージャーニー」では、ソマリ人の極

次のクレイジージャーニーはこの人だ!

世の中には、「すごくユニークで面白いんだけど、いったい何をしている

→もっと見る

    • 「清水さんはエッセイも一級品」と書くつもりだったのに、「清水さんのエッセイは一級品」と書いてしまった。これでは他の仕事が一級品じゃないみたいだ。もちろん全部一級品ですよ、すみません! ReplyRetweetFavorite
    • 清水さんはエッセイは一級品。読みやすい文章に誘われて、中世の人の息づかいを感じることができる。「スマホを手繰る」という斬新な表現にも感嘆した。蕎麦か!? ReplyRetweetFavorite
    • 私と対談本を出している歴史家の清水克行さんが「小説新潮」(9月号)にて「アナーキー・イン・ジャパン」なる新連載を始めた。同誌では私も「謎の未確認納豆を追え」という連載を行っており今月号は「西アフリカのハイビスカス納豆」。二人とも「それ、どうよ?」というタイトルだ…。 ReplyRetweetFavorite
    • 私はニュースの素材になるような取材をしていないから、そういうことをやっている人を尊敬するという意味です。 ReplyRetweetFavorite
    • 「人が表現者として世に出るのに必要なのは才能と運と継続」もけだし名言。 ReplyRetweetFavorite
    • 本棚で別の本を探していたら、大槻ケンヂ著『いつか春の日のどこかの町へ』(角川文庫)が目に留まり思わず再読してしまった。しみじみと明るく切ない名作。オーケンさんは大人になれない大人の話を書かせたら天下一品だ。 ReplyRetweetFavorite
    • 電車の中で親しげに「おう!」と声をかけてきた人がいて、誰かと思ったら弟だった。生きてたんだな、弟。 ReplyRetweetFavorite
  • 2019年8月
    « 3月    
     1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    262728293031  
PAGE TOP ↑