*

やせてもかれても私は大家

公開日: : 最終更新日:2012/05/28 高野秀行の【非】日常模様


最近、部屋を片付けていたら
こんな紙切れが出てきた。
ワセダのアパート「野々村荘」(仮名)の
大家のおばちゃんが、
私がアパートを出るときに
「送別の歌」として送ってくれたものだ。
前に詠んだ歌もあれば、
私のためにわざわざ詠んでくれたものもある。
「博士住み新聞配達ノイローゼいて
やせてもかれても私は大家」
という歌が私は気に入っている。
唯一わからないのは
「恋人は隣の美人老衰の年寄り看取った大家です」という歌。
かつておばちゃんが下宿人の年寄りを看取ったという話は聞いたことがあるが、
「恋人は隣の美人」って何だろう?
前衛歌なんだろうか。
理解できた人は教えてください。
(画像をクリックすると大きなサイズではっきり読めます)

関連記事

no image

新刊ラマダンの危機

新刊ラマダンが危機に瀕している。 ダグラス・アダムス『銀河ヒッチハイク・ガイド』(河出文庫)を読ん

記事を読む

no image

世界はまだまだ広く、日本人にもスゴイ人たちがいる

まずはお詫びから。 『謎の独立国家ソマリランド』で2ヵ所誤りが見つかった。 正確に言えば、知

記事を読む

no image

笑えるノンフィクション・旅行記を教えてほしい

ちょっと前に、これから写真に力を入れると書いたが、 パソコンの使い方に悪戦苦闘しているうちに原稿に

記事を読む

no image

連続飲酒は人体に影響がある

このところ、酒の飲み過ぎである。 金曜に日本酒とウィスキーで深酒をし、土曜日は久しぶりに家で晩飯を食

記事を読む

no image

ウモッカ・イベント(?)終了

昨日、「未確認動物的イベント」というのに出た。 けっして盛況とは言えなかったけれど、コアなファンの方

記事を読む

no image

ソマリ語国際放送・東京支局を開局

ソマリランドの首都ハルゲイサに本社をおく「ホーン・ケーブル・テレビジョン(HCTV)」という ソマリ

記事を読む

no image

あのUMAサイトが本に!

私がウモッカを知った伝説のウェブサイト「謎の未確認生物UMA」がムックとして登場。 管理人「さくだい

記事を読む

no image

アブディン『わが盲想』ゲラ&取材募集中!!

いよいよお待ちかね、私がプロデュースし5月15日発売(配本)予定のアブディン『わが盲想』(ポプラ社)

記事を読む

no image

ビルマロード完全走破!

。 (写真:ナガの吊り橋を渡るロケ隊のバイク)  40日にわたるミャンマー辺境のロケを終え、今日の昼

記事を読む

no image

ボロボロのデビルマンみたいなやつ

月曜日、ヒストリーチャンネルの取材が終わったあと、 探検部の現役学生3名と飯を食う。 うち二人はニュ

記事を読む

Comment

  1. Tatsu より:

    AGENT: Mozilla/5.0 (Windows; U; Windows NT 5.1; ja-JP) AppleWebKit/525.19 (KHTML, like Gecko) Version/3.1.2 Safari/525.21
    まさか!大家のおばちゃんの詠んだ歌をこの目に見ることができるとは!おばちゃんの温かい人柄をすごく感じ取れる内容だと思います。ほんとうにワセダに描かれていたとおりの人なんですね。ワセダを何度も繰り返し読んだ自分としては、歌の全てに涙してしまいそうです。卓球勝負に書かれていたことを思い出すと、こんな字が書けるおばちゃんに驚愕です。もしかすると、「(高野さんの)恋人は、高野さんの隣に住んでいる美人の私です」という意味ではないですかね?なんにしてもおばちゃんをリアルに感じることが出来ました!

  2. fjsm より:

    AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 7.0; Windows NT 5.1; Q312461)
    ほんとほんと。野々村荘おばちゃんがらみの話題は非常になごみます。
    僕も卓球勝負の章は大好きです。
    数多い過去の住人さんたちの中でも、高野さんはちょっとだけ特別な
    ポジションなのかもしれませんね。
    あー俺も高野さんと野々村荘に住んで永久睡眠法に挑戦したいです。
    おばちゃんと野々村荘よ、永遠なれ!

  3. Midorin より:

    AGENT: Mozilla/4.0 (jig browser web; 1.0.4; 813T)
    14日のイベントに参加させて頂いた腰痛に悩む琉球女です。
    この詩の意味を文章にしがたい意見だったので、直接お話ししたかったのに忘れてしまい‥結局文章にしてみる事にします。
    多分‥おばちゃんは‥看取る時にふと、手持ちぶさたで部屋を何気に眺めていたんですよ‥すると おばちゃんの目線にこの看取られた方の想い人らしき写真が入って来て‥その情景を何となく詩にしてみたのでは‥と‥私がおばちゃんだったらそんな感じですね(笑)
    高野さんにその詩を送別唄として送ったのは、きっとおばちゃんの中でなかなかうまく詠めた詩だったからで、送別唄の意味はあんまり無いのでは‥と(笑)
    あれです!
    しるこや善哉に塩昆布がくっついて来るのと同じ原理なんですよ(笑)
    私の勝手な想像ですがヾ(^_^;

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

no image
イベント&講演会、テレビ・ラジオ出演などのご依頼について

最近、イベントや講演会、文化講座あるいはテレビ・ラジオ出演などの依頼が

ソマリランドの歌姫、来日!

昨年11月に、なんとソマリランド人の女性歌手のCDが日本でリリ

『未来国家ブータン』文庫はちとちがいます

6月23日頃、『未来国家ブータン』が集英社文庫から発売される。

室町クレージージャーニー

昨夜、私が出演したTBS「クレイジージャーニー」では、ソマリ人の極

次のクレイジージャーニーはこの人だ!

世の中には、「すごくユニークで面白いんだけど、いったい何をしている

→もっと見る

  • 2022年5月
    « 3月    
     1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    3031  
PAGE TOP ↑