*

井原美紀さんと対談

公開日: : 最終更新日:2012/05/28 高野秀行の【非】日常模様


井原美紀という作家さんと対談を行った。
小説すばる9月号の「旅」特集の目玉(?)である。
彼女は「リコン日記」(集英社文庫)という壮絶な夫婦バトルを書いており(なんと、愛人のできた夫に殺されそうになったりもする。オススメ!)、今も「月刊バツイチ」という、現在進行形で、恋愛が成就したり破綻したりするハチャメチャな連載エッセイを続けている。
しかも子ども二人を抱えながらだ。
実際に会ってみれば、美人なのでびっくり。
しかし、その美人の口からすんごいゲテモノ食いの話とか、旅先でわけのわかんない事件に巻き込まれた話が連発され、そのギャップがまたおもしろかった。
詳しくは小説すばる9月号をご覧ください。

関連記事

no image

白石顕二さんを悼む

今年の3月にこのブログ上で「アフリカの奇跡!」と題する話を書いた。 そこで紹介した白石顕二さんが先

記事を読む

no image

歴史は水で割るべからず

ゲストハウスのそばのソイ(路地)で、カバーにムエタイのポスターをびっしり貼った屋台を見かけた。

記事を読む

no image

マイク・ノックがFMWを旗揚げ?!

お知らせが遅くなってしまったが、私の義兄マイク・ノックのニュー・アルバムがただいま日本でも発売され

記事を読む

no image

戯作者とGダイ

井上ひさし『京伝店の煙草入れ』(講談社文芸文庫)を読む。 (「煙草」は字がちがう。「煙」が火へんに

記事を読む

no image

高野本、韓国進出第2弾

『ワセダ三畳青春記』が韓国で出版されて二週間ほど経つ。 「河童団」はどう訳されているのかという疑問は

記事を読む

no image

明日発売!

あっという間に日本の生活に戻り、 探しモノに狂奔していた日々が夢のようだが、 眠ると、毎回私はヨーロ

記事を読む

no image

彼もエンタメノンフ?

意外に思われるかもしれないが、高橋源一郎の文芸評論が好きである。 今日も『大人にはわからない日本文

記事を読む

no image

ああ、間違えた

どうやら大変な間違いを犯してしまったらしい。 なんとしたことか、某社の依頼で「生き方本」を書いてしま

記事を読む

no image

100発1000中

「あの映画は何だったのか」シリーズをやるつもりだったのに、 「SPA!」で紹介されていた映画があまり

記事を読む

no image

上流階級の腐敗っぷりはアジアン・ミステリの十八番か

 アジアン・ミステリ読書週間第2弾!というわけではないけど、たまたま今度はタイのミステリを読んでし

記事を読む

Comment

  1. 図書館のすぐれちゃんファン より:

    AGENT: Mozilla/4.0 (jig browser web; 1.0.4; HI38)
    すぐに買いますよ!
    頑張ってくださいね!!
    我が愛するすぐれちゃんも4月に図書館のすぐれちゃんを真珠書院から出します!
    どうか応援してください!
    期待しております!

  2. 九州太郎 より:

    AGENT: KDDI-HI38 UP.Browser/6.2.0.11.1.2 (GUI) MMP/2.0
    いや感激しました!
    実は、出張先の帰り、ラジオ福島の番組で聞きました!
    福島県の教員のいい話です!!
    なんでも、須賀川桐陽高校の増子勝☆ましこすぐれ☆先生は、このほど郡山東高校の図書館長勤務時に生徒たちとの意見交換をまとめた☆図書館のすぐれちゃん☆を真珠書院から出版しましたとか?。
    立ち上げたインターネットブログで有名になって、朝日新聞でも紹介されて話題になって…。
    そのすぐれ先生は、生徒たちとの心の交流も教育の一つと考え、ブログを立ち上げたということだとか?。
    生徒たちが抱える悩みは多彩!
    最近、学校がつまらないとか?、成績や進路、恋、家庭環境などさまざま。
    生徒たちから書き込まれる悩みに真剣に答えた。
    また、読書は、想想像力を育てるとの信念から、読んでほしい多くの本を薦めた。
    すぐれ先生の姿に、生徒たちは、すぐれちゃんの愛称で慕って…。
    すぐれ先生は、この本を読んで、相手のこころを少しでもわかってほしいと話とか!。
    この図書館のすぐれちゃんの本は、全国の各書店で取り扱っております。定価は千円、税別。
    ぜひ読んで応援してください。
    とか?
    本当に素晴らしい!なと感じたわけ、応援したくメールするわけで!
    私も
    確かにこんな素晴らしい本が普及するのを願っているので!。
    みなさんに紹介します!
    いや、久しぶりに感動しました!

  3. ひろ より:

    AGENT: KDDI-HI38 UP.Browser/6.2.0.11.1.2 (GUI) MMP/2.0
    図書館のすぐれちゃんがテレビ出演!
    福島中央テレビのごじてれ特集20分放送二回、生徒と先生を結ぶ一冊の本として紹介されました!
    今後とも応援よろしくお願いします。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

no image
イベント&講演会、テレビ・ラジオ出演などのご依頼について

最近、イベントや講演会、文化講座あるいはテレビ・ラジオ出演などの依頼が

ソマリランドの歌姫、来日!

昨年11月に、なんとソマリランド人の女性歌手のCDが日本でリリ

『未来国家ブータン』文庫はちとちがいます

6月23日頃、『未来国家ブータン』が集英社文庫から発売される。

室町クレージージャーニー

昨夜、私が出演したTBS「クレイジージャーニー」では、ソマリ人の極

次のクレイジージャーニーはこの人だ!

世の中には、「すごくユニークで面白いんだけど、いったい何をしている

→もっと見る

    • 萩尾望都さんがある候補作について、全体の構成力に難があるのが惜しいと言い、さらに「構成がどうすれば良くなるかは体力だ」と述べているが、「体力」とは一体何なのかは書いておらず。経験なのか物語を考える練度なのか。わかるようでわからず、わからないようでわかるような気もする。 ReplyRetweetFavorite
    • 「小説新潮」12月号に日本ファンタジーノベル大賞が発表されていた。私はファンタジーに興味はないが、選考委員の選評というやつは昔から好きで、自分もノンフィクション賞の選考委員になった今はもっと好きなので、さっそく読んでみる。やっぱ、面白い。 ReplyRetweetFavorite
    • RT : 個人的に一押しは『謎のアジア納豆』。高野秀行さんがシャン語やビルマ語より秋田弁の聞き取りに苦闘する場面がツボにはまりました。「なまはげだけが秋田じゃない」秋田ブックフェア in 代官山蔦屋書店  https://t… ReplyRetweetFavorite
    • RT : 芝園団地の大島隆さんと、団地オーソリティの大山顕さんの対談at下北沢B&B。おもしろくないわけがない! https://t.co/wkGzpQoUS3 ReplyRetweetFavorite
    • 来月10日にはそのカーニバルシリーズの続篇で、ゲストは関野吉晴さん。ラテンアメリカに興味がある人は行くしかないな。https://t.co/HFhYCOOCfS ReplyRetweetFavorite
    • 冒険家にしてカーニバル評論家の白根全さんのイベントに行ってきた。ゲストはピーター・バラカンさん。写真、映像、そして何より自由でパッションにあふれたカリブの音楽が最高。なぜ自分は色気のない不自由なイスラム圏を長く彷徨っているのだろうと思うほど。 ReplyRetweetFavorite
    • 謎の孤立言語ブルシャスキー語の研究者とはどんな人か、興味がある人はぜひ。 https://t.co/eFcNKTfphj ReplyRetweetFavorite
  • 2019年11月
    « 3月    
     123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    252627282930  
PAGE TOP ↑