*

井原美紀さんと対談

公開日: : 最終更新日:2012/05/28 高野秀行の【非】日常模様


井原美紀という作家さんと対談を行った。
小説すばる9月号の「旅」特集の目玉(?)である。
彼女は「リコン日記」(集英社文庫)という壮絶な夫婦バトルを書いており(なんと、愛人のできた夫に殺されそうになったりもする。オススメ!)、今も「月刊バツイチ」という、現在進行形で、恋愛が成就したり破綻したりするハチャメチャな連載エッセイを続けている。
しかも子ども二人を抱えながらだ。
実際に会ってみれば、美人なのでびっくり。
しかし、その美人の口からすんごいゲテモノ食いの話とか、旅先でわけのわかんない事件に巻き込まれた話が連発され、そのギャップがまたおもしろかった。
詳しくは小説すばる9月号をご覧ください。

関連記事

no image

「アヘン王国」復活?!

知人から「アヘン王国」関係の情報を教えてもらった。 「黄金の三角地帯」でアヘン生産が激増しているとい

記事を読む

no image

朝鮮名探偵

amazonはよく勝手にお勧めをしてくる。 特によくお勧めされるのは高野秀行の本だ。 私が人に配る

記事を読む

no image

アジア新聞屋台村プレイバック

 昨日、突然5年ぶりにエイジアン新聞社の劉社長から電話がかかってきた。 「急ぎの仕事があるからやって

記事を読む

no image

猫又とペシャクパラング

TBSラジオの「安住紳一郎の日曜天国」という番組に出演。 アフガニスタンのペシャクパラングについて話

記事を読む

no image

話題には気をつけたい

上智大学の講義8回目、ゲストは作家兼料理人の黒田信一氏。 「ラオスでカフェをやったら大変だった」とい

記事を読む

no image

エンタメ・ノンフ・インタビュー

最近、加速的に「エンタメ・ノンフィクション」の普及が進んでいる。 今度は、「図書新聞」でインタビュー

記事を読む

no image

野菜を洗剤であらう

忘れていたことをまたいくつか。 昨日(水曜日)、毎日新聞夕刊の「新・幸福論」という欄で私のインタビュ

記事を読む

no image

放っておいても明日は来る

「暑さに負けつつ本を売ろうと思い立った」という謎のメールが杉江さんから来た。 web本の雑誌で『放

記事を読む

no image

道動物?

月刊プレイボーイの旅特集号で、 前川健一、蔵前仁一の両氏と座談会を行う。 といっても、私はろくに旅の

記事を読む

no image

片野ゆか「愛犬王」発売

妻・片野ゆかによる本年度小学館ノンフィクション大賞受賞作『愛犬王 平岩米吉伝』(小学館)がようやく上

記事を読む

Comment

  1. 図書館のすぐれちゃんファン より:

    AGENT: Mozilla/4.0 (jig browser web; 1.0.4; HI38)
    すぐに買いますよ!
    頑張ってくださいね!!
    我が愛するすぐれちゃんも4月に図書館のすぐれちゃんを真珠書院から出します!
    どうか応援してください!
    期待しております!

  2. 九州太郎 より:

    AGENT: KDDI-HI38 UP.Browser/6.2.0.11.1.2 (GUI) MMP/2.0
    いや感激しました!
    実は、出張先の帰り、ラジオ福島の番組で聞きました!
    福島県の教員のいい話です!!
    なんでも、須賀川桐陽高校の増子勝☆ましこすぐれ☆先生は、このほど郡山東高校の図書館長勤務時に生徒たちとの意見交換をまとめた☆図書館のすぐれちゃん☆を真珠書院から出版しましたとか?。
    立ち上げたインターネットブログで有名になって、朝日新聞でも紹介されて話題になって…。
    そのすぐれ先生は、生徒たちとの心の交流も教育の一つと考え、ブログを立ち上げたということだとか?。
    生徒たちが抱える悩みは多彩!
    最近、学校がつまらないとか?、成績や進路、恋、家庭環境などさまざま。
    生徒たちから書き込まれる悩みに真剣に答えた。
    また、読書は、想想像力を育てるとの信念から、読んでほしい多くの本を薦めた。
    すぐれ先生の姿に、生徒たちは、すぐれちゃんの愛称で慕って…。
    すぐれ先生は、この本を読んで、相手のこころを少しでもわかってほしいと話とか!。
    この図書館のすぐれちゃんの本は、全国の各書店で取り扱っております。定価は千円、税別。
    ぜひ読んで応援してください。
    とか?
    本当に素晴らしい!なと感じたわけ、応援したくメールするわけで!
    私も
    確かにこんな素晴らしい本が普及するのを願っているので!。
    みなさんに紹介します!
    いや、久しぶりに感動しました!

  3. ひろ より:

    AGENT: KDDI-HI38 UP.Browser/6.2.0.11.1.2 (GUI) MMP/2.0
    図書館のすぐれちゃんがテレビ出演!
    福島中央テレビのごじてれ特集20分放送二回、生徒と先生を結ぶ一冊の本として紹介されました!
    今後とも応援よろしくお願いします。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

no image
イベント&講演会、テレビ・ラジオ出演などのご依頼について

最近、イベントや講演会、文化講座あるいはテレビ・ラジオ出演などの依頼が

ソマリランドの歌姫、来日!

昨年11月に、なんとソマリランド人の女性歌手のCDが日本でリリ

『未来国家ブータン』文庫はちとちがいます

6月23日頃、『未来国家ブータン』が集英社文庫から発売される。

室町クレージージャーニー

昨夜、私が出演したTBS「クレイジージャーニー」では、ソマリ人の極

次のクレイジージャーニーはこの人だ!

世の中には、「すごくユニークで面白いんだけど、いったい何をしている

→もっと見る

    • 「清水さんはエッセイも一級品」と書くつもりだったのに、「清水さんのエッセイは一級品」と書いてしまった。これでは他の仕事が一級品じゃないみたいだ。もちろん全部一級品ですよ、すみません! ReplyRetweetFavorite
    • 清水さんはエッセイは一級品。読みやすい文章に誘われて、中世の人の息づかいを感じることができる。「スマホを手繰る」という斬新な表現にも感嘆した。蕎麦か!? ReplyRetweetFavorite
    • 私と対談本を出している歴史家の清水克行さんが「小説新潮」(9月号)にて「アナーキー・イン・ジャパン」なる新連載を始めた。同誌では私も「謎の未確認納豆を追え」という連載を行っており今月号は「西アフリカのハイビスカス納豆」。二人とも「それ、どうよ?」というタイトルだ…。 ReplyRetweetFavorite
    • 私はニュースの素材になるような取材をしていないから、そういうことをやっている人を尊敬するという意味です。 ReplyRetweetFavorite
    • 「人が表現者として世に出るのに必要なのは才能と運と継続」もけだし名言。 ReplyRetweetFavorite
    • 本棚で別の本を探していたら、大槻ケンヂ著『いつか春の日のどこかの町へ』(角川文庫)が目に留まり思わず再読してしまった。しみじみと明るく切ない名作。オーケンさんは大人になれない大人の話を書かせたら天下一品だ。 ReplyRetweetFavorite
    • 電車の中で親しげに「おう!」と声をかけてきた人がいて、誰かと思ったら弟だった。生きてたんだな、弟。 ReplyRetweetFavorite
  • 2019年8月
    « 3月    
     1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    262728293031  
PAGE TOP ↑