*

まだやる気なのか?

公開日: : 最終更新日:2012/05/28 高野秀行の【非】日常模様

集英社に行き、ムベンベ映画化を目論む映画監督アベ・ユーイチ氏とプロデューサーでネルケピクチャーズ役員の井上孝史氏に、当時の映像を見せて説明した。
ぐちゃぐちゃドロドロのテレ湖周辺の様子を久しぶりに見て、
あらためて「こんなの、実写では無理」という感想を得た。
だいたい、ゴリラとかチンパンジーとかニシキヘビはどうするのか。
それでも二人はめげた様子もなく、「もっと資料がほしい。できれば当時のメンバー全員に話を聞きたい」と言う。
アベ監督は実写では「テニスの王子様」を撮っているが、
ゴジラやウルトラマンの特撮や、ケロロ軍曹のシナリオを書くなど
アニメでもさかんに仕事をしているらしい。
つまり十分経験のある人なわけで、よくこんなことにチャレンジするよなと思う。
今後のことはさっぱりわからないが、一つだけ言えることは、
アベ監督がもし野々山さんに会ったら、意気投合するだろうなってことだけだ。
野々山さんはアニメ・特撮・怪獣オタクだからね。
(いっそのこと、野々山さんを主人公にして、屋久島でロケをするのがいいんじゃないか。
ノノさんが怪獣役で)

関連記事

no image

マイク・ノックのニュー・アルバムを試聴してみよう!

オーストラリア・ジャズ界の大御所にして、今でもバリバリ最先端の音楽を作りつづける義兄マイク・ノックが

記事を読む

no image

『ワセダ1.5坪青春記』韓国でヒット中

ソウル・ショック第2弾は、私の本の韓国語版『ワセダ1.5坪青春記』が 発売たった2ヶ月で3刷りにな

記事を読む

no image

ソマリランドに行く予定

15日の金曜日から、いよいよソマリランドに行きます。 今年になってから二度、「行く」と宣言しておいて

記事を読む

no image

可哀想なレビュアーの話

角田光代の『紙の月』(角川春樹事務所)を読んでから、アマゾンのレビューを見た。 「駄作です」という

記事を読む

no image

こういうときこそ日常

あいかわらず地震のニュースはひどい。 でもあまり悲惨な映像を見続けていると精神的に参ってしまうので

記事を読む

no image

アホは伝染する

「みらぶ~」命名者の仲野徹先生がイギリスの科学誌「ネイチャー」に論文を発表されたと新聞記事で読んだ。

記事を読む

ミャンマーの歌と踊りのイベント@上智大学

         

記事を読む

no image

抱かれたい路上の男ナンバーワン

先日紹介した『TOKYO 0円ハウス0円生活』(大和書房)の著者・坂口恭平が その本に登場するスーパ

記事を読む

no image

辛いけどあとで楽しい奥泉山の登山

最近本の感想がとんと書けなかったのは、一つには仕事や雑務で読む時間が少なかったからだが、もう一つの

記事を読む

no image

発売が悲しい

まる一日かけて、『世界のシワに夢を見ろ!』(小学館文庫で1月8日発売予定)の 校正と、「文庫あとがき

記事を読む

Comment

  1. NONO より:

    AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.1; SV1; GTB5)
    「こんなことを描きたいんだ!訴えたいんだ!」
    というおふたりの気持ちは、判る様な気もしますが・・・
    (ホントかよ!?)
    映像的にそれが実現可能か?
    出来たとして、それが売れるか?
    という観点から限りなく無理のように思います。
    ま、個人的には、見てみたいけどね。
    実現したら、オレの結婚話にも、勢いが付く・・・
    わけもなく、逆に破談かもなあ。
    ちなみに以前のテレビ番組の時、
    再現フィルムで屋久島ロケはしてます。
    屋久島空港が、インプフォンド空港に!
    ところで、どの番組でも
    「サル喰った」
    という話はカットです。
    やはりマズイの?
    いやいや、そんな某「緑の豆」の、
    「自己満足な言い掛かり」
    は、無視して、
    CGでも、なんでも、
    サル(ゴリラ、チンパンジー、尾長ザル)
    を、「喰う」映像を作りましょう。

  2. タカ より:

    AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 5.5; Windows 98; Win 9x 4.90)
     コンゴは行ったことないですが、屋久島は行ったことあります。
     どうなんでしょうねえ、「モスラ」の撮影にも使われたという
    西表島の方が撮影には向いている気がしますが。
     ニシキヘビはノーアイデアですが、猿類は「2001年宇宙の旅」でも
    人間が演じていましたし、不可能ではなさそうですね(やたらと脚の
    長い類人猿でしたけども)

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

no image
イベント&講演会、テレビ・ラジオ出演などのご依頼について

最近、イベントや講演会、文化講座あるいはテレビ・ラジオ出演などの依頼が

ソマリランドの歌姫、来日!

昨年11月に、なんとソマリランド人の女性歌手のCDが日本でリリ

『未来国家ブータン』文庫はちとちがいます

6月23日頃、『未来国家ブータン』が集英社文庫から発売される。

室町クレージージャーニー

昨夜、私が出演したTBS「クレイジージャーニー」では、ソマリ人の極

次のクレイジージャーニーはこの人だ!

世の中には、「すごくユニークで面白いんだけど、いったい何をしている

→もっと見る

    • 3日連続で研究者の方々と飲み会や雑談。一昨日は歴史学者(対談相手の清水克行さんだけど)、昨日は言語学者、今日は考古学者。専門家の話は本当にためになるし、面白い。 ReplyRetweetFavorite
    • 拙著『辺境メシ』の中国繁体字版のオファーが香港の出版社から来たという。何でも食べることで知られる広東人に認められたとは、ちょっと自慢したくなる。 ReplyRetweetFavorite
    • ご丁寧にどうもありがとうございます!「モディリアーニにお願い」は第3集までコンスタントに面白かったです。第4集も期待してます。奄美のケンモン話は私も好きです。 ReplyRetweetFavorite
    • 辺境ドトールで仕事してたら、店長がどこかから個人的に入手した「ウィスキーコーヒー」を飲ませてくれた。ウイスキーの樽にコーヒー豆を何年も寝かせて作ったものだという。アルコール分はもちろんないけど、香りも味も濃厚なウイスキー風味で、だんだん酔ってきた。 ReplyRetweetFavorite
    • ジュンク堂吉祥寺店では文化人類学特集をやっていたが、一冊だけ文化人類学と関係ない本があった。私の『謎の独立国家ソマリランド』。しかも、宮本常一『忘れられた日本人』とマリノフスキー『西太平洋の遠洋航海者』にはさまれて。何か間違ってると思うが、とても嬉しい。 ReplyRetweetFavorite
    • 仕事と雑務がちょっと一段落したので、勇気を振るってものすごく久しぶりに大型書店(ジュンク堂吉祥寺店)へ行ったところ、あまりに楽しくて、3時間近くも店から出られなかった。だから大型書店は怖い。 ReplyRetweetFavorite
    • 今日、休日だったのか! どうも普通の月曜日と様子が違うと思ってた。 ReplyRetweetFavorite
  • 2019年7月
    « 3月    
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    293031  
PAGE TOP ↑