*

まだやる気なのか?

公開日: : 最終更新日:2012/05/28 高野秀行の【非】日常模様

集英社に行き、ムベンベ映画化を目論む映画監督アベ・ユーイチ氏とプロデューサーでネルケピクチャーズ役員の井上孝史氏に、当時の映像を見せて説明した。
ぐちゃぐちゃドロドロのテレ湖周辺の様子を久しぶりに見て、
あらためて「こんなの、実写では無理」という感想を得た。
だいたい、ゴリラとかチンパンジーとかニシキヘビはどうするのか。
それでも二人はめげた様子もなく、「もっと資料がほしい。できれば当時のメンバー全員に話を聞きたい」と言う。
アベ監督は実写では「テニスの王子様」を撮っているが、
ゴジラやウルトラマンの特撮や、ケロロ軍曹のシナリオを書くなど
アニメでもさかんに仕事をしているらしい。
つまり十分経験のある人なわけで、よくこんなことにチャレンジするよなと思う。
今後のことはさっぱりわからないが、一つだけ言えることは、
アベ監督がもし野々山さんに会ったら、意気投合するだろうなってことだけだ。
野々山さんはアニメ・特撮・怪獣オタクだからね。
(いっそのこと、野々山さんを主人公にして、屋久島でロケをするのがいいんじゃないか。
ノノさんが怪獣役で)

関連記事

no image

ジャナワール・トークライヴ

コダックフォトサロンで開催されている、カメラマン森清の個展会場で、 角田光代さんとトークライヴを行う

記事を読む

no image

アフリカの奇跡!?(1)

 先日刊行した『異国トーキョー漂流記』に関して、奇遇としか言いようのない出来事があった。  本書では

記事を読む

no image

ジプシーのヒンディー語

旧ユーゴのエミール・クストリッツァ監督「白猫・黒猫」をDVDで観た。 セルビア付近とおぼしき土地に住

記事を読む

no image

最近の私の動向はこれだ!

最近、人に「今、何やってるの?」と言われることが多い。 たしかに、最近の私の動向は、自分でもわけがわ

記事を読む

no image

太平洋もインド洋も波高し

 私の「ビルマ・アヘン王国潜入記」英語版"The Shore beyond Good and Evi

記事を読む

no image

愛の力で野獣が人間に!

たまげた。 新宿で「野々山さんを囲む会」に出席したのだが、 目を疑ってしまった。 野々山さんが別人に

記事を読む

no image

豆腐学生

私が原稿を書いた古本愛好雑誌「彷書月刊」今月号で 内澤旬子さんのダンナで編集者・ライターの 南陀楼綾

記事を読む

no image

藤岡弘はキリヤマ隊長か

子供のころ夢中になっていたウルトラセブンを見たくなり、DVDを購入、第5話から第8話まで見たが、あ

記事を読む

no image

新聞屋台村、再訪

今度、日本に移住した外国人の連載を始める関係で、 タイに関して聞きたいことがあり、ふらっとアポもな

記事を読む

no image

ゾウ本、着々と

本の雑誌社の杉江さんと打ち合わせ。 ゾウ本(「辺境の旅はゾウにかぎる」)の製作が着々と進んでいる。

記事を読む

Comment

  1. NONO より:

    AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.1; SV1; GTB5)
    「こんなことを描きたいんだ!訴えたいんだ!」
    というおふたりの気持ちは、判る様な気もしますが・・・
    (ホントかよ!?)
    映像的にそれが実現可能か?
    出来たとして、それが売れるか?
    という観点から限りなく無理のように思います。
    ま、個人的には、見てみたいけどね。
    実現したら、オレの結婚話にも、勢いが付く・・・
    わけもなく、逆に破談かもなあ。
    ちなみに以前のテレビ番組の時、
    再現フィルムで屋久島ロケはしてます。
    屋久島空港が、インプフォンド空港に!
    ところで、どの番組でも
    「サル喰った」
    という話はカットです。
    やはりマズイの?
    いやいや、そんな某「緑の豆」の、
    「自己満足な言い掛かり」
    は、無視して、
    CGでも、なんでも、
    サル(ゴリラ、チンパンジー、尾長ザル)
    を、「喰う」映像を作りましょう。

  2. タカ より:

    AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 5.5; Windows 98; Win 9x 4.90)
     コンゴは行ったことないですが、屋久島は行ったことあります。
     どうなんでしょうねえ、「モスラ」の撮影にも使われたという
    西表島の方が撮影には向いている気がしますが。
     ニシキヘビはノーアイデアですが、猿類は「2001年宇宙の旅」でも
    人間が演じていましたし、不可能ではなさそうですね(やたらと脚の
    長い類人猿でしたけども)

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

no image
イベント&講演会、テレビ・ラジオ出演などのご依頼について

最近、イベントや講演会、文化講座あるいはテレビ・ラジオ出演などの依頼が

ソマリランドの歌姫、来日!

昨年11月に、なんとソマリランド人の女性歌手のCDが日本でリリ

『未来国家ブータン』文庫はちとちがいます

6月23日頃、『未来国家ブータン』が集英社文庫から発売される。

室町クレージージャーニー

昨夜、私が出演したTBS「クレイジージャーニー」では、ソマリ人の極

次のクレイジージャーニーはこの人だ!

世の中には、「すごくユニークで面白いんだけど、いったい何をしている

→もっと見る

    • アクセス数1位! https://t.co/Wwq5pwPi90 ReplyRetweetFavorite
    • RT : 先日、対談させていただいた今井むつみ先生の『言語の本質 ことばはどう生まれ、進化したか』(秋田嘉美氏と共著、中公新書)が爆発的に売れているらしい。どんな内容なのかは、こちらの対談「ことばは間違いの中から生まれる」をご覧あれ。https://t.c… ReplyRetweetFavorite
    • RT : 今井むつみ/秋田喜美著『言語の本質』。売り切れ店続出で長らくお待たせしておりましたが、ようやく重版出来分が店頭に並び始めました。あっという間に10万部超え、かつてないほどの反響です! ぜひお近くの書店で手に取ってみてください。 https:/… ReplyRetweetFavorite
    • RT : 7月号では、『語学の天才まで1億光年』(集英社インターナショナル)が話題の高野秀行さんと『ムラブリ』(同上)が初の著書となる伊藤雄馬さんの対談「辺境で見つけた本物の言語力」を掲載。即座に機械が翻訳できる時代に、異国の言葉を身につける意義について語っ… ReplyRetweetFavorite
    • オールカラー、430ページ超えで本体価格3900円によくおさまったものだと思う。それにもびっくり。https://t.co/mz1oPVAFDB https://t.co/9Cm8CjNob8 ReplyRetweetFavorite
    • 文化背景の説明がこれまた充実している。イラク湿地帯で食される「ハルエット(現地ではフレートという発音が一般的)」という蒲の穂でつくったお菓子にしても、ソマリランドのラクダのジャーキー「ムクマド」にしても、私ですら知らなかった歴史や… https://t.co/QAHThgpWJX ReplyRetweetFavorite
    • 最近、献本でいただいた『地球グルメ図鑑 世界のあらゆる場所で食べる美味・珍味』(セシリー・ウォン、ディラン・スラス他著、日本ナショナルジオグラフィック)がすごい。オールカラーで写真やイラストも美しい。イラクやソマリランドで私が食べ… https://t.co/2PmtT29bLM ReplyRetweetFavorite
  • 2024年4月
    « 3月    
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    2930  
PAGE TOP ↑