*

最近読んだ面白い本

公開日: : 最終更新日:2012/05/28 高野秀行の【非】日常模様

ブログを書く時間がなかなかとれないので、お勧め本がたまってきた。
ここにまとめて公開しましょう。

まずは本ではないけど、「本の雑誌」3月号
今月は珍しく発売直後に買った。
お目当ては宮田珠己の新連載「スットコランド挿絵月報」。
これはまた不思議な連載である。
文章は読書感想と日常エッセイをプラスしたものだが、そこにさらに「挿絵」が入る。
しかも、それは内容とは無関係(だと思う)のヨーロッパ中世の木版画を宮田部長が
自分で模写したものなのだ。
手が込みすぎだ。
相変わらず、孤高の独自路線というか、採算を度外視した趣味路線というか、
部長、生活はどうなの?と思わず問いかけたくなるが、
読者としてはもちろん嬉しい。
部長の絵はほんとうに珍妙な味わいがあるよなあ。

原田マハ『楽園のカンヴァス』(新潮社)
。原田マハという人の作品は初めて読んだが、
こんなに堂々としたミステリを書く人だったのか!…と帯にある大森望のコメントと同じ感想を抱いてしまった。
私は美術そのものにはあまり興味がないのだが、作家としての画家や美術家の話は大好きだ。
そこには物書きにも共通したドラマや葛藤があるからだ。
アンリ・ルソーという超有名らしい画家の名前さえ初めて知ったが、存分にその絵を堪能した気分だ。
佐野眞一『あんぽん』(小学館)
久しぶりに佐野眞一を読んだが、やっぱりこの人は文章がうまい。
論理は強引だし、孫正義というより父親の三憲の評伝のようだが、それでも読ませてしまう。しかし、孫正義は佐野さんとスタッフライターがこれだけ取材しても後ろ暗い部分がまるで出てこない。参りました。

東野圭吾ほどの大ベストセラー作家の本を読んでもしょうがないと思うのだが、
つい、年に何冊かは買って読んでしまう。実力がずば抜けているからしかたない。
この『歪笑小説』(集英社文庫)は、文壇のパロディで、関係者としては背筋が凍るような話が連発されている。
中学生が会社見学で「灸英社(きゅうえいしゃ)」の文芸誌編集部を訪問し、
編集者に、「誰も読まない文芸誌を何のために出しているのか」と詰問されたりするのだ。
こんなにブラックな小説はない。
でも、毎回必ず思いもよらない展開で、文芸の世界が好きになるように落ちていく。
超絶的な技巧だ。
4087744000
誰も賛同しないだろうが、東野圭吾の最高傑作は『白夜行』でも『容疑者Xの献身』でもなくて、本書じゃないかと思うくらい。

水谷秀竹『日本を捨てた男たち フィリピンに生きる「困窮邦人」』(集英社)
は、
今年これまで読んだ中でベスト1だった。
丹念に取材してるし、文章がうまい。取材対象との距離感は絶妙である。
フィリピンでにっちもさっちもいかなくなった「困窮邦人」は、日本でにっちもさっちもいかなくなった「困窮在日外国人」とよく似た部分があったのが、私には大いに参考になった。

最後にまだパラパラっとしか読んでないが、「野宿入門」のかとうちあきの新刊『野宿もん』(徳間書店)
この中に、あの伝説の(?)「本屋野宿」の一部始終が記されている。
私は十数時間泥酔状態だったので、よく憶えてないが、そう言われればそんなめちゃくちゃなことだったのかと思い出した。
本屋の前で酒盛りしたり野宿したりしている私たちがおかしいのは当然だが、
そこに通りがかりの人たちがわけもわからず参加してくるのだ。
いったい何なんだ、中井。
もちろん、かとうさんの文章も、他の追随を許さない独自路線。
読むと、仕事をする気力が失せるというスバラシイ効果があります。

関連記事

no image

幻の国ソマリランド

エチオピアを経て、ソマリアに入った。 ここが今回のほんとうの目的地なのだが、さすがに出発前は言いづら

記事を読む

no image

八丈島での発見

一週間、八丈島に行っていた。 浜辺のキャンプ場にテントを張ったが、なにしろ起伏に富んだ地形なので徒歩

記事を読む

no image

こういうときこそ日常

あいかわらず地震のニュースはひどい。 でもあまり悲惨な映像を見続けていると精神的に参ってしまうので

記事を読む

no image

2011年のベスト本はもう決まった!

数日前、増田俊也『木村政彦はなぜ力道山を殺さなかったのか』(新潮社)を読了した。 これほど面白くて

記事を読む

no image

アジアン・ミステリの傑作シリーズを応援すべし

旅に出る前に紹介しておかなければならない本はないかなと考えていたら、肝心なものを忘れていたことに

記事を読む

no image

だからアメリカは嫌なんだ!

今、バンコクであります。 今回、フライトがノースウェスト航空。9.11以来アメリカの飛行機に乗るのは

記事を読む

no image

講談社ノンフィクション賞の最終候補になった

以下のようなことになったそうです。 -----------------------------

記事を読む

バングラのセレブ秘密酒宴

昨夜は必死に起きてW杯ドイツ対アルゼンチンを見ていたのだが、ちっとも点が入らず、メッシも活躍しな

記事を読む

no image

超能力者の支配する世界

貴志祐介のSF巨編『新世界より』(上・下 講談社)を読む。 SFを読んだのは久しぶりだが、面白かっ

記事を読む

no image

本格エンタメノンフの傑作

平松剛『磯崎新の「都庁」』を読了。 著者については恥ずかしながら全く知らなかったが、2001年に同

記事を読む

Comment

  1. コシチェイ より:

    AGENT: DoCoMo/2.0 N05A(c100;TB;W24H16)
    アフリカ出身?アブデルラフマン君の四股名が「大砂嵐金太郎」に決まったそうです。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

no image
イベント&講演会、テレビ・ラジオ出演などのご依頼について

最近、イベントや講演会、文化講座あるいはテレビ・ラジオ出演などの依頼が

ソマリランドの歌姫、来日!

昨年11月に、なんとソマリランド人の女性歌手のCDが日本でリリ

『未来国家ブータン』文庫はちとちがいます

6月23日頃、『未来国家ブータン』が集英社文庫から発売される。

室町クレージージャーニー

昨夜、私が出演したTBS「クレイジージャーニー」では、ソマリ人の極

次のクレイジージャーニーはこの人だ!

世の中には、「すごくユニークで面白いんだけど、いったい何をしている

→もっと見る

  • 2022年5月
    « 3月    
     1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    3031  
PAGE TOP ↑