*

最近読んだ面白い本

公開日: : 最終更新日:2012/05/28 高野秀行の【非】日常模様

ブログを書く時間がなかなかとれないので、お勧め本がたまってきた。
ここにまとめて公開しましょう。

まずは本ではないけど、「本の雑誌」3月号
今月は珍しく発売直後に買った。
お目当ては宮田珠己の新連載「スットコランド挿絵月報」。
これはまた不思議な連載である。
文章は読書感想と日常エッセイをプラスしたものだが、そこにさらに「挿絵」が入る。
しかも、それは内容とは無関係(だと思う)のヨーロッパ中世の木版画を宮田部長が
自分で模写したものなのだ。
手が込みすぎだ。
相変わらず、孤高の独自路線というか、採算を度外視した趣味路線というか、
部長、生活はどうなの?と思わず問いかけたくなるが、
読者としてはもちろん嬉しい。
部長の絵はほんとうに珍妙な味わいがあるよなあ。

原田マハ『楽園のカンヴァス』(新潮社)
。原田マハという人の作品は初めて読んだが、
こんなに堂々としたミステリを書く人だったのか!…と帯にある大森望のコメントと同じ感想を抱いてしまった。
私は美術そのものにはあまり興味がないのだが、作家としての画家や美術家の話は大好きだ。
そこには物書きにも共通したドラマや葛藤があるからだ。
アンリ・ルソーという超有名らしい画家の名前さえ初めて知ったが、存分にその絵を堪能した気分だ。
佐野眞一『あんぽん』(小学館)
久しぶりに佐野眞一を読んだが、やっぱりこの人は文章がうまい。
論理は強引だし、孫正義というより父親の三憲の評伝のようだが、それでも読ませてしまう。しかし、孫正義は佐野さんとスタッフライターがこれだけ取材しても後ろ暗い部分がまるで出てこない。参りました。

東野圭吾ほどの大ベストセラー作家の本を読んでもしょうがないと思うのだが、
つい、年に何冊かは買って読んでしまう。実力がずば抜けているからしかたない。
この『歪笑小説』(集英社文庫)は、文壇のパロディで、関係者としては背筋が凍るような話が連発されている。
中学生が会社見学で「灸英社(きゅうえいしゃ)」の文芸誌編集部を訪問し、
編集者に、「誰も読まない文芸誌を何のために出しているのか」と詰問されたりするのだ。
こんなにブラックな小説はない。
でも、毎回必ず思いもよらない展開で、文芸の世界が好きになるように落ちていく。
超絶的な技巧だ。
4087744000
誰も賛同しないだろうが、東野圭吾の最高傑作は『白夜行』でも『容疑者Xの献身』でもなくて、本書じゃないかと思うくらい。

水谷秀竹『日本を捨てた男たち フィリピンに生きる「困窮邦人」』(集英社)
は、
今年これまで読んだ中でベスト1だった。
丹念に取材してるし、文章がうまい。取材対象との距離感は絶妙である。
フィリピンでにっちもさっちもいかなくなった「困窮邦人」は、日本でにっちもさっちもいかなくなった「困窮在日外国人」とよく似た部分があったのが、私には大いに参考になった。

最後にまだパラパラっとしか読んでないが、「野宿入門」のかとうちあきの新刊『野宿もん』(徳間書店)
この中に、あの伝説の(?)「本屋野宿」の一部始終が記されている。
私は十数時間泥酔状態だったので、よく憶えてないが、そう言われればそんなめちゃくちゃなことだったのかと思い出した。
本屋の前で酒盛りしたり野宿したりしている私たちがおかしいのは当然だが、
そこに通りがかりの人たちがわけもわからず参加してくるのだ。
いったい何なんだ、中井。
もちろん、かとうさんの文章も、他の追随を許さない独自路線。
読むと、仕事をする気力が失せるというスバラシイ効果があります。

関連記事

no image

月刊ランナーズ

なんと「月刊ランナーズ」というランニング専門誌の座談会に呼ばれてしまった。 ランナーでもないのに、

記事を読む

no image

天地明察

冲方丁(うぶかた・とう)『天地明察』(角川書店)を読了。 いやあ、素晴らしい。 新しい日本独自の暦

記事を読む

no image

日本タイトルだけ大賞2011の候補になっていた

とにかく面白い(笑える)タイトルだけを選ぶ「日本タイトルだけ大賞」というのがあり、 知らないうちに「

記事を読む

no image

古墳プレイ

集英社の財団主催の高校講演会、今年はなんと高野山高校に行ってきた。 校長先生は高位の僧侶で、話をする

記事を読む

no image

カルカッタの悲劇再び?!

現在、中東の某国にいるのだが、 これから向かう先の国に入国できるか微妙な状況だ。 またもや空港で拘束

記事を読む

no image

サッカーの敵

「本の雑誌」バックナンバーのサッカー本特集のコピーを杉江さんに送ってもらい、 それにしたがってサッ

記事を読む

no image

テレビ、週刊誌

 週刊Aよりある本の書評をしてほしいと頼まれるが、実はすでに全く同じ本を週刊Bから頼まれていたので、

記事を読む

no image

史上最速のリタイヤ?!

来年もしできたらの話だが、ユーフラテスの川下りをしたいと思っているが、 なにしろカヌーに乗ったこと

記事を読む

no image

セーターの男

メモリークエストを更新した。 面談は2回目、「ペルーに忘れてきたセーターを探してほしい」という トン

記事を読む

no image

災害対策マニュアル(1)「ヘッドライト」

高野秀行の災害対策マニュアル(1)「ヘッドライト」  昨年、新潟中越地震が起きたあと、私はいつになく

記事を読む

Comment

  1. コシチェイ より:

    AGENT: DoCoMo/2.0 N05A(c100;TB;W24H16)
    アフリカ出身?アブデルラフマン君の四股名が「大砂嵐金太郎」に決まったそうです。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

no image
イベント&講演会、テレビ・ラジオ出演などのご依頼について

最近、イベントや講演会、文化講座あるいはテレビ・ラジオ出演などの依頼が

ソマリランドの歌姫、来日!

昨年11月に、なんとソマリランド人の女性歌手のCDが日本でリリ

『未来国家ブータン』文庫はちとちがいます

6月23日頃、『未来国家ブータン』が集英社文庫から発売される。

室町クレージージャーニー

昨夜、私が出演したTBS「クレイジージャーニー」では、ソマリ人の極

次のクレイジージャーニーはこの人だ!

世の中には、「すごくユニークで面白いんだけど、いったい何をしている

→もっと見る

    • 初めて行く場所は必ず道を間違えるので、念のため、1時間早く家を出たけど、全然間に合わず。これからは2時間前に出るべきか。ていうか、もう、そういう問題ではないのか。 ReplyRetweetFavorite
    • ミャンマー人の友人のお父さんが先月コロナで亡くなり、今日は和光市のミャンマー寺院で法要なんだけど、気づいたら入間市に着いていた。副都心線が池袋で二股に分かれるとは夢にも思わず。また間違えてしまった。 ReplyRetweetFavorite
    • PCの画面も見るのが辛い。でも締切が迫っている。これは手書きで原稿を書くしかないか。 ReplyRetweetFavorite
    • ありがとうございます。Kindle Paperwhiteを持っていたことに先ほど気づきました。 ReplyRetweetFavorite
    • 突然、液晶画面を見ると涙が出るようになった。iPhoneでの読書にハマり、一週間毎日3時間ぐらい読んでいたせいか。しかも読みやすくするため、明るさをMAXにしていた。また間違ってしまった。 ReplyRetweetFavorite
    • これは凄かった!現代の探検とはこれだと思う。 https://t.co/Oj0Y21itOw ReplyRetweetFavorite
    • RT : #ちょっと北朝鮮まで行ってくるけん。 ノンフィクション作家 高野秀行さん@daruma1021とのトークショーの様子を特別公開✨ パラレルワールドのような北朝鮮の不思議さに驚かされ、タイムトラベルのような姉妹の再会に胸を突かれる。こんなSFっぽ… ReplyRetweetFavorite
  • 2021年9月
    « 3月    
     12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    27282930  
PAGE TOP ↑