*

今度はUFO…

公開日: : 最終更新日:2012/05/28 高野秀行の【非】日常模様

「未確認思考物隊」は毎週放映である。

しかも私はレギュラーで、毎回現場レポートに行かねばならない。
もちろんそのほかに大阪でスタジオ収録もある。
同時平行で第2回、第3回、第4回の放映分の取材打ち合わせや連絡をやっているから
毎日、いろんなディレクターやADの人、さらにチーフディレクターとプロデューサーからも
電話、FAX、メールがゴンゴンやってくる。
「今度のツチノコ・ロケなんですが…」
「次回、前世占いをやることになって…」
「UFOを目撃したという元JASの機長がいるんですが…」
「超能力のほう、取材先が1月は都合が悪いらしいんで、心霊を先にやることになりまして…」
こんなやりとりばっかりしている。
頭がどうかなりそうだ。
私はオカルトの人間じゃないのに。
で、先週末は大分の別府に飛び、元機長の土居さんという方にUFO目撃談を聞いた。
広島から大阪に向かう途中、巨大な光体が飛行機の前方を横切ったそうだ。
「他の元機長の方々でそういうものを見た人がいませんか?」
と訊ねたら、
「わからないけど、今度、OB会報で呼びかけてみます」とのこと。
おおっ、貴重な証言がこれからいくつも現れるかも!
と、すっかりオカルトの人になってしまっている私である。

関連記事

no image

ファミコンって何だろう?

土曜日にアキバ系中国人のカリスマこと「魚干」君に会った。 まだ22歳、日本に来て半年なのに日本語は流

記事を読む

no image

ベトナムの猿人

紆余曲折の結果、ミャンマー行きは取り止めになった。 最近、ほんとについていない。 その代わり同じ時期

記事を読む

no image

ワット・パクナム

成田にあるワット・パクナム別院に行く。 日本にたった一つあるタイ人のお寺だ。 ここでウチザワさんが「

記事を読む

no image

アジアン・ミステリの傑作シリーズを応援すべし

旅に出る前に紹介しておかなければならない本はないかなと考えていたら、肝心なものを忘れていたことに

記事を読む

no image

角田光代さんと対談

『怪獣記』がいよいよ発売された。 正直言って、私の単行本は今まで全く売れた試しがない。 だから、今回

記事を読む

no image

ああ、間違えた

どうやら大変な間違いを犯してしまったらしい。 なんとしたことか、某社の依頼で「生き方本」を書いてしま

記事を読む

no image

2007年に読んだ本ベスト10(小説部門)

恒例(といっても2回目か)の「今年読んだ本ベストテン」である。 自分が読んだということだから、今年出

記事を読む

no image

元アヘン王国・ワ州の今

中国ネットウォッチャーで、ライターでもある安田峰敏君がワ州へ行ってきた。 中国領内でしかるべきコ

記事を読む

no image

謎の独立国家ソマリランド大吟醸拾年古酒

仕事場にしている「辺境ドトール」は昭和の世界だ。 店長夫妻が常に店におり、私たち常連の客と交流

記事を読む

no image

まだやる気なのか?

集英社に行き、ムベンベ映画化を目論む映画監督アベ・ユーイチ氏とプロデューサーでネルケピクチャーズ役員

記事を読む

Comment

  1. 二村 より:

    AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.1; SV1; .NET CLR 1.1.4322)
    高野さんがこういった連絡等をこなしているかと
    思うと何やら感慨深いものがありますね。

  2. k.inoue より:

    AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 7.0; Windows NT 6.0; SLCC1; .NET CLR 2.0.50727; Media Center PC 5.0; .NET CLR 3.0.04506)
    今からドキドキしています。
    伝説の番組になりそうな・・・
    どうだかな・・・?
    ノノさんが特別ゲストで出演される予定はないのでしょうか?
    屋久島から中継でも良いんですけど・・・

  3. NYPD より:

    AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 5.01; Windows 98)
    先週、『アンビリバボー』というTV番組でツチノコの特集をやってました。
    ご覧になった人も多いと思いますが、その中で興味深かったのが、戦前に炭坑口の近くで土を掘り返していたところ、ツチノコが発見されたというもので、その写真と生育記録の一部が公開されていました。
    それを見て思ったのですが、長年に渡って捜索され続けているツチノコが未だ捕獲できないのは、根本的に探す場所が違うのではいかということです。
    『ツチノコ』はその形態が槌みたいに見えることから、昔は『野槌』などとも呼ばれていたそうですが、槌よりもむしろ土で、土中に生息してモグラのような
    生活をしているのではないかと思うのです。
    ですからして、高野さんが、再び『ツチノコ』探しに出られることがあれば、是非、シャベルやスコップを持って草むらを掘り起こしてみてください。
    それと、もうひとつ提案ですが、湖に棲むといわれるUMA探索の際には、ビデオカメラを装着したラジコンヘリコプターを使ってください。
    そうすれば、UMAが湖面に顔を出さなくても水面スレスレを遊泳する姿を捉えることができると思うのです。
    過去に幾度となく行われたTV番組のUMA探査は、いつも岸辺から見張るだけという能の無さに、どうしてそういう策を取らないのか歯痒く思っていますので宜しくお願いします。

  4. ma より:

    AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.1; SV1; .NET CLR 1.1.4322)
    今日高野さんを環八沿いでお見かけしましたよ。
    時々あの道を車で通るので、「高野さんがいたりして?そんな偶然ないよね」
    それがほんとに生高野さんがいらしたとは!
    こちらは運転中だったので、声をおかけすることができずに残念でした。
    稲城でサインしていただいた元妊婦でした。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

no image
イベント&講演会、テレビ・ラジオ出演などのご依頼について

最近、イベントや講演会、文化講座あるいはテレビ・ラジオ出演などの依頼が

ソマリランドの歌姫、来日!

昨年11月に、なんとソマリランド人の女性歌手のCDが日本でリリ

『未来国家ブータン』文庫はちとちがいます

6月23日頃、『未来国家ブータン』が集英社文庫から発売される。

室町クレージージャーニー

昨夜、私が出演したTBS「クレイジージャーニー」では、ソマリ人の極

次のクレイジージャーニーはこの人だ!

世の中には、「すごくユニークで面白いんだけど、いったい何をしている

→もっと見る

    • 「清水さんはエッセイも一級品」と書くつもりだったのに、「清水さんのエッセイは一級品」と書いてしまった。これでは他の仕事が一級品じゃないみたいだ。もちろん全部一級品ですよ、すみません! ReplyRetweetFavorite
    • 清水さんはエッセイは一級品。読みやすい文章に誘われて、中世の人の息づかいを感じることができる。「スマホを手繰る」という斬新な表現にも感嘆した。蕎麦か!? ReplyRetweetFavorite
    • 私と対談本を出している歴史家の清水克行さんが「小説新潮」(9月号)にて「アナーキー・イン・ジャパン」なる新連載を始めた。同誌では私も「謎の未確認納豆を追え」という連載を行っており今月号は「西アフリカのハイビスカス納豆」。二人とも「それ、どうよ?」というタイトルだ…。 ReplyRetweetFavorite
    • 私はニュースの素材になるような取材をしていないから、そういうことをやっている人を尊敬するという意味です。 ReplyRetweetFavorite
    • 「人が表現者として世に出るのに必要なのは才能と運と継続」もけだし名言。 ReplyRetweetFavorite
    • 本棚で別の本を探していたら、大槻ケンヂ著『いつか春の日のどこかの町へ』(角川文庫)が目に留まり思わず再読してしまった。しみじみと明るく切ない名作。オーケンさんは大人になれない大人の話を書かせたら天下一品だ。 ReplyRetweetFavorite
    • 電車の中で親しげに「おう!」と声をかけてきた人がいて、誰かと思ったら弟だった。生きてたんだな、弟。 ReplyRetweetFavorite
  • 2019年8月
    « 3月    
     1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    262728293031  
PAGE TOP ↑