*

今度はUFO…

公開日: : 最終更新日:2012/05/28 高野秀行の【非】日常模様

「未確認思考物隊」は毎週放映である。

しかも私はレギュラーで、毎回現場レポートに行かねばならない。
もちろんそのほかに大阪でスタジオ収録もある。
同時平行で第2回、第3回、第4回の放映分の取材打ち合わせや連絡をやっているから
毎日、いろんなディレクターやADの人、さらにチーフディレクターとプロデューサーからも
電話、FAX、メールがゴンゴンやってくる。
「今度のツチノコ・ロケなんですが…」
「次回、前世占いをやることになって…」
「UFOを目撃したという元JASの機長がいるんですが…」
「超能力のほう、取材先が1月は都合が悪いらしいんで、心霊を先にやることになりまして…」
こんなやりとりばっかりしている。
頭がどうかなりそうだ。
私はオカルトの人間じゃないのに。
で、先週末は大分の別府に飛び、元機長の土居さんという方にUFO目撃談を聞いた。
広島から大阪に向かう途中、巨大な光体が飛行機の前方を横切ったそうだ。
「他の元機長の方々でそういうものを見た人がいませんか?」
と訊ねたら、
「わからないけど、今度、OB会報で呼びかけてみます」とのこと。
おおっ、貴重な証言がこれからいくつも現れるかも!
と、すっかりオカルトの人になってしまっている私である。

関連記事

no image

驚愕必至!

「おとなの週末」5月号が発売された。 この雑誌は実に読み応えがあるのだが、私がいちばん気に入ってい

記事を読む

no image

孤高の学者とゼミ合宿

名著『トルコのもう一つの顔』(中公新書)の著者、小島剛一先生とお会いした。 先生はフランスとドイツ国

記事を読む

no image

僕が、落語を変える

私は自分のことを「文芸人」だと思っている。 文章を芸とする芸人であるという自覚だ。 だから、「芸人

記事を読む

no image

「アンダーグラウンド」は私の理想

下高井戸シネマで、エミール・クストリッツァ監督の超名作「アンダーグラウンド」を観る。 この映画を観

記事を読む

no image

こんな名著が!

たまたまネットで見つけた小島剛一『トルコのもう一つの顔』(中公新書)を読んだら、 あまりの面白さ、

記事を読む

no image

三沢光晴DVD-BOX

10月上旬のバングラ行きまでに片付けなければいけない仕事が山ほどあるが、 そんなときにかぎって、三

記事を読む

no image

たぶん、みんなイライラしている

1月2日、八王子の実家に行くため京王線に乗っていた。 車内は高尾山や高幡不動へ行く初詣の客で混雑して

記事を読む

no image

メモリークエスト依頼者面談、開始!

都内の某高級ホテルのラウンジで、幻冬舎「メモリークエスト」の面談を始めた。 集まった依頼の中で「これ

記事を読む

no image

皇太子にアシストしたらベンツ

サッカーは特に好きでもないのに、サッカー本は好きだ。 とくに非西欧のサッカー事情はひじょうに食欲を

記事を読む

no image

サドゥはバカか

インドにはサドゥと呼ばれる「聖者」がいる。 ヨガをしたり、瞑想したり、 大麻を吸ったり、すっぽんぽ

記事を読む

Comment

  1. 二村 より:

    AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.1; SV1; .NET CLR 1.1.4322)
    高野さんがこういった連絡等をこなしているかと
    思うと何やら感慨深いものがありますね。

  2. k.inoue より:

    AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 7.0; Windows NT 6.0; SLCC1; .NET CLR 2.0.50727; Media Center PC 5.0; .NET CLR 3.0.04506)
    今からドキドキしています。
    伝説の番組になりそうな・・・
    どうだかな・・・?
    ノノさんが特別ゲストで出演される予定はないのでしょうか?
    屋久島から中継でも良いんですけど・・・

  3. NYPD より:

    AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 5.01; Windows 98)
    先週、『アンビリバボー』というTV番組でツチノコの特集をやってました。
    ご覧になった人も多いと思いますが、その中で興味深かったのが、戦前に炭坑口の近くで土を掘り返していたところ、ツチノコが発見されたというもので、その写真と生育記録の一部が公開されていました。
    それを見て思ったのですが、長年に渡って捜索され続けているツチノコが未だ捕獲できないのは、根本的に探す場所が違うのではいかということです。
    『ツチノコ』はその形態が槌みたいに見えることから、昔は『野槌』などとも呼ばれていたそうですが、槌よりもむしろ土で、土中に生息してモグラのような
    生活をしているのではないかと思うのです。
    ですからして、高野さんが、再び『ツチノコ』探しに出られることがあれば、是非、シャベルやスコップを持って草むらを掘り起こしてみてください。
    それと、もうひとつ提案ですが、湖に棲むといわれるUMA探索の際には、ビデオカメラを装着したラジコンヘリコプターを使ってください。
    そうすれば、UMAが湖面に顔を出さなくても水面スレスレを遊泳する姿を捉えることができると思うのです。
    過去に幾度となく行われたTV番組のUMA探査は、いつも岸辺から見張るだけという能の無さに、どうしてそういう策を取らないのか歯痒く思っていますので宜しくお願いします。

  4. ma より:

    AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.1; SV1; .NET CLR 1.1.4322)
    今日高野さんを環八沿いでお見かけしましたよ。
    時々あの道を車で通るので、「高野さんがいたりして?そんな偶然ないよね」
    それがほんとに生高野さんがいらしたとは!
    こちらは運転中だったので、声をおかけすることができずに残念でした。
    稲城でサインしていただいた元妊婦でした。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

no image
イベント&講演会、テレビ・ラジオ出演などのご依頼について

最近、イベントや講演会、文化講座あるいはテレビ・ラジオ出演などの依頼が

ソマリランドの歌姫、来日!

昨年11月に、なんとソマリランド人の女性歌手のCDが日本でリリ

『未来国家ブータン』文庫はちとちがいます

6月23日頃、『未来国家ブータン』が集英社文庫から発売される。

室町クレージージャーニー

昨夜、私が出演したTBS「クレイジージャーニー」では、ソマリ人の極

次のクレイジージャーニーはこの人だ!

世の中には、「すごくユニークで面白いんだけど、いったい何をしている

→もっと見る

  • 2020年5月
    « 3月    
     123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    25262728293031
PAGE TOP ↑