*

山口晃、増刷、イベント

公開日: : 最終更新日:2013/04/19 高野秀行の【非】日常模様

2013.04.13akiray
ロマ音楽につづいて私が最近嵌っているのは山口晃。

彼の『ヘンな日本美術史』(祥伝社)はあまりに面白く、読み終わったそばから読み返し、
何度も寝る前に繰り返し読み、鋭い指摘に唸り、論理の明快さに感心し、率直なんだかとぼけてるんだかわからない呟きにプッと吹き出している。
こんなヘンな胸の打たれ方をした本はタマキング以来じゃないか。

勢いを駆って山口さんの『大画面作品集』(青幻舎)『すずしろ日記』(羽鳥書店)も購入し、
少しずつ繰り返し読んで(観て)いるが、絵を見ても文章と同じように唸って感心し笑えるという、もう本当にありえない体験を楽しんでいる。

☆            ☆                ☆

最近は、いいこととそうでないことが交互に私の身に起こり、ジェットコースター状態だが、
今日はいいことがあった。

おかげさまで『謎の独立国家ソマリランド』が来週の朝日新聞で取り上げられることが確定し
(今日ウェブで公表された)、増刷が決まった。
これで累計1万2千部。
今回、ノルマを3万部としているので、あと1万8千部だ。

☆          ☆              ☆

5月から6月にかけて、トークイベントがたくさん予定されている。
興味のある方にはこのブログの「スケジュール」をご確認いただきたいが、
いちおう私が自分の頭で整理するためにもここで書き出しておきたい。

5月8日(水)16:30~18:00 ICCトーク・セッション 「未知を求めて三万里~早大OBノンフィクション作家が語る探検の魅力~」
早稲田大学大隈ガーデンハウス(25号館)1階 無料 教職員・学生・一般対象 先着80名

5月9日(木)NHKカルチャー千葉教室「秘境ブータン紀行」13:00~14:300 受講方法・受講料などはHP参照ねがいます。

5月14日(火)『謎の独立国家ソマリランド』大ヒット御礼!「高野秀行×木村元彦トークナイト」
阿佐ヶ谷ロフト(会場が違いました。大変失礼いたしました)
新宿ロフトプラスワン 開場18:30、開演19:30

※詳しい内容については今後あらためて告知します。

5月18日(土)みちくさ市トーク 内澤旬子×高野秀行「いつかそのうち役に立つかもしれないソマリ語入門 ~語ろうマイナー言語愛」
13:20~ 雑司が谷地域文化創造館 ※明日18日から予約受付開始らしい。

6月15日(土)第四回 高野秀行コミュニティイベント 石川浩司×高野秀行
詳しくは昨日のブログをご参照ください。

今年はもうイベントはこれ以上行わないつもりです。
ぜひこの機会にお越しください!!

※他にもイベントや講演会がありますが、それらは非公開(参加者限定)なので、ここには記しません。

関連記事

no image

のぐそ界のイチロー

日曜日、キノコ写真の第一人者にして、野糞の達人である伊沢正名さんと西荻でお会いする。 伊沢

記事を読む

no image

すばらしき未知動物対談

作家の宮部みゆきさんと対談した。 テーマはずばり「未知動物」。 宮部さんはネッシーをはじめとする未知

記事を読む

no image

Shuto ni modoru

3shukan buri ni shuto no Thimphu ni modotte kita.

記事を読む

no image

新年早々の願い事

今年最初の読書は意外にも(?)村上春樹『めくらやなぎと眠る女』(新潮社)。 装丁があまりに素晴らし

記事を読む

no image

怪物は江川と鶴田だけ

松井優史『真実の一球 怪物・江川卓はなぜ史上最高と呼ばれるのか』(竹書房)という本を書店の店頭でぱ

記事を読む

『移民の宴』重版。ついでにお詫びと訂正

先日、読者の方からこんなメールをいただいた。 「過日、御著「移民の宴」を拝読いたしまし

記事を読む

no image

法隆寺の謎

武澤秀一『法隆寺の謎を解く』(ちくま新書)を読む。 インドの聖地を歩いて回った建築家が建築学と空間

記事を読む

no image

素晴らしき酒飲み書店員飲み会

酒飲み書店員飲み会(ややこしいね)に招待してもらい、一緒に飲む。 千葉周辺の書店員さんたちと出版社の

記事を読む

no image

『怪獣記』がいよいよ…

トルコの怪獣ジャナワール探しの本がようやく手を離れた。 写真にカラーとモノクロがあり、しかも章ごと

記事を読む

no image

大感謝デー

金曜日は『謎の独立国家ソマリランド』大感謝デー。 まずは本の雑誌社の杉江さんと一緒に多磨霊園へ

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

no image
イベント&講演会、テレビ・ラジオ出演などのご依頼について

最近、イベントや講演会、文化講座あるいはテレビ・ラジオ出演などの依頼が

ソマリランドの歌姫、来日!

昨年11月に、なんとソマリランド人の女性歌手のCDが日本でリリ

『未来国家ブータン』文庫はちとちがいます

6月23日頃、『未来国家ブータン』が集英社文庫から発売される。

室町クレージージャーニー

昨夜、私が出演したTBS「クレイジージャーニー」では、ソマリ人の極

次のクレイジージャーニーはこの人だ!

世の中には、「すごくユニークで面白いんだけど、いったい何をしている

→もっと見る

    • なんと、「飛んで埼玉」の中で「埼玉解放闘争」の都市伝説を流していたヤバイラジオ局FM NACK5から出演依頼が来た。早速闘争の同志として参加してほしいということか。私は東京都民だが出身は八王子で都会レベルはたしか「E」だしな。 ReplyRetweetFavorite
    • 昨日「翔んで埼玉」をずっと「飛んで埼玉」と書き間違えてツイートしていた。漢字が読めないと揶揄されている人がいるが、私も同類。 ReplyRetweetFavorite
    • この映画はコメディながらとても普遍性のあるテーマを扱っている。もし私が大学で民族問題を講義するときがあれば、まず「飛んで埼玉」を学生に見せたい。そうすれば、差別や偏見、反抗、弾圧、仲間割れ、利権、再蜂起などの展開がよくわかってもらえるはず。初回の授業は映画で終わってしまうが。 ReplyRetweetFavorite
    • ミャンマー東北部なら、シャン州軍とワ州連合軍が、この映画の埼玉と千葉の関係にちょっと似ている。まあ、ワ軍は千葉というより(この映画の中での)群馬みたいな立ち位置だが。 ReplyRetweetFavorite
    • 最初のうちはただ爆笑していたのだが、埼玉が千葉と抗争を始めるあたりから、なんだか妙になじみのある世界になってきた。ミャンマー辺りの民族紛争にすごくよく似てる。中央政府がマイノリティを切り崩していく感じとか、マイノリティの中でもいくつもに分裂している様子とか。 ReplyRetweetFavorite
    • Amazon Primeで武内英樹監督の「飛んで埼玉」を観た。どんな話か全く知らなかったので、まあ、びっくりしたのなんの。「埼玉解放運動」の“都市伝説”を流しているのが私がよく出演している大宮のFMNACK5だったし。あそこはそんなヤバいラジオ局だったのか。 ReplyRetweetFavorite
    • RT : 内澤旬子『着せる女』(本の雑誌社)内澤さんの最新刊は友人・知人のおじさんたちを素敵に大変身させるファッションエッセイです。出版業界で「ファッションセンス偏差値35あたりを彷徨う」と言われるおじさんたちの変貌やいかに。高野秀行さん、宮田珠己… ReplyRetweetFavorite
  • 2020年2月
    « 3月    
     12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    242526272829  
PAGE TOP ↑