*

英雄の葬儀

公開日: : 最終更新日:2012/05/28 高野秀行の【非】日常模様


 先日、私がチェンマイに見舞いに行ったシャン人の長老セン・スック(別名クン・チャ・ヌー)が亡くなった。私が最後に彼の顔を見てから二日後のことだったという。
 セン・スックは、1935年、シャン人の著名な政治家クン・チャ・ブー(ビルマのアウン・サン将軍とパンロン条約を交わしたシャンの代表者の一人)の息子で、学生時代に仲間たちとシャン独立を目指し、武装闘争に突入。シャン州軍(Shan States Army)の創設に参加した。
1970年から75年まではシャン州軍のリーダーとして、ビルマ政府軍だけではなく
「麻薬王」クンサーの軍隊とも戦闘を繰り広げた。
「クンサーが最も嫌がった男」という評もある。
75年にゲリラ活動をやめ、チェンマイに下りて、「堅気」になったが、
シャンはもちろん、カチンやカレン、モン、パオ、ワなどビルマの各少数民族の武装勢力にも多大な影響力を持ちつづけた。タイの政治家にも太いパイプを持っていた。
そして、没するまで、「シャン州憲法制定委員会」の委員長を務めていた。
1993年、私はセン・スックに初めて出会い、それ以来、14年にわたって「師事」してきた。95年に私がワ州でケシ栽培ができるように取り計らったのも、2002年にカチン州を旅できるようにセッティングしてくれたのも、彼である。
特にワ州での長期滞在は今でもチェンマイの各ゲリラの間で「伝説」となっている。
あまりにワ州が閉鎖的で情報がないので、私の本のコピーを読んでみんな勉強しているくらいだ。
彼らの認識では、行った私がえらいのではなく、行かせたセン・スックがえらいのである。そして、それは100%正しい。
葬儀は17日、チェンマイのシャン寺院で執り行われた。
写真を見る限り、それは「英雄の国葬」とでも呼べるものだった。

市内を、シャンの「国旗」を先頭に練り歩く。

坊さんが多数参加。タイの警察がちゃんと警護している。

棺は「山車」の上に乗せられている。まるで神輿のよう。

息子3人は、いずれも即座に出家したらしい。タイでも格式の高い家では、親しい家族が亡くなると同じように出家することがある。出家の期間は決まってないが、だいたい3ヶ月くらいが多い。
セン・スックはとにかく、プライドの高い人だった。
ここまで立派な葬儀が執り行われ、満足していることだろう。

関連記事

no image

「世にも奇妙なマラソン大会」見本入手

本の雑誌社に行き、2月1日発売予定の新刊『世にも奇妙なマラソン大会』の先行予約サイン本のために、1

記事を読む

no image

ソマリ語翻訳、承ります

ソマリ語と日本語の翻訳・通訳業務を行うことにした。 2年前、私が聞いたところでは、日本に住むソマリ人

記事を読む

no image

スーツでヤブ漕ぎをする人を発見!

読売新聞のインタビュー取材を受けた。 「何か“原点”とか“こだわり”のある場所でインタビューするとい

記事を読む

no image

インド入国(たぶん)OK!

ほぼ三週間ぶりの更新だ。 ずいぶんといろいろなことがあった。 なかでも特筆することが二つある。両方と

記事を読む

no image

バオバブの記憶

ポレポレ東中野にて、本橋成一監督のドキュメンタリー映画「バオバブの記憶」を見る。 西アフリカ・セネ

記事を読む

no image

『異国トーキョー漂流記』新装版

『異国トーキョー漂流記』(集英社文庫)が今年のナツイチ(集英社文庫の夏の百冊)に 入るにあたり、カ

記事を読む

no image

旅いろいろ

私が最近寄稿した雑誌が2冊、ほぼ同時に送られてきた。 どちらも旅の本で、一冊は「バックパッカーズ読本

記事を読む

no image

死んでも「生きるハードボイルド」

肝心の陳会長の話をしていなかった。 私はトリオ・ザ・パンチもイカ天も見たことがなく、したがって内藤陳

記事を読む

no image

小説の強烈な引き

麻雀やカードゲームと同じように、読書も「引き」が強いときと弱いときがある。 引きが強いときには、て

記事を読む

no image

原発君とインド人

今日も原発君は元気なようである。 原発を憎むとかえってよくないような気がして、 親しみをもたせて、心

記事を読む

Comment

  1. 太郎 より:

    AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 7.0; Windows NT 6.0; SLCC1; .NET CLR 2.0.50727; Media Center PC 5.0; .NET CLR 3.0.04506)
    たった今まで、竹田さんがクン・チャヌさんのことを話していたのに
    英雄が消えていくな〜
    合掌

  2. KOW(つ∀`) より:

    AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.1; SV1; .NET CLR 2.0.50727)
    まさに英雄だったのですね……合掌。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

no image
イベント&講演会、テレビ・ラジオ出演などのご依頼について

最近、イベントや講演会、文化講座あるいはテレビ・ラジオ出演などの依頼が

ソマリランドの歌姫、来日!

昨年11月に、なんとソマリランド人の女性歌手のCDが日本でリリ

『未来国家ブータン』文庫はちとちがいます

6月23日頃、『未来国家ブータン』が集英社文庫から発売される。

室町クレージージャーニー

昨夜、私が出演したTBS「クレイジージャーニー」では、ソマリ人の極

次のクレイジージャーニーはこの人だ!

世の中には、「すごくユニークで面白いんだけど、いったい何をしている

→もっと見る

    • RT : ソマリランドの次はえっ?!納豆?!と驚いた高野秀行さんの『謎のアジア納豆』が文庫化されましたよー!新潮文庫です! https://t.co/WQ9LwokyCJ ReplyRetweetFavorite
    • しかも、そのあと場所を変えて、二人でオンライン打ち上げでまた二時間以上喋ってしまった。仕事であってもなくても全く同じように喋りまくる私たちはバカなのかもしれない。 ReplyRetweetFavorite
    • ”相棒”である清水克行さんとオンライン対談。辺境と中世の疫病についてしゃべり倒してしまった。清水さんの引き出しの多さには毎度ながら驚くばかり。すごく楽しかった。オール讀物誌上にて掲載予定です。 ReplyRetweetFavorite
    • RT : 【文庫】新潮文庫5月の新刊発売しました 一木けいさん『1ミリの後悔もない、はずがない』 渡辺都さん『お茶の味』 高野秀行さん『謎のアジア納豆』 高田崇史さん『鬼門の将軍 平将門』など入荷しています。k.s https://t.co/KVWQD… ReplyRetweetFavorite
    • RT : おはようございます。今日は高野秀行さん『謎のアジア納豆 そして帰ってきた〈日本納豆〉』や一木けいさん『1ミリの後悔もない、はずがない』など新潮文庫の新刊が入荷しています。 https://t.co/qWDHW2iiBO ReplyRetweetFavorite
    • RT : 納豆を食べるのは日本人だけではなかった!  世界を駆ける辺境作家が、アジア各地を訪れ、さまざまな納豆民族と絶品料理に出会います。 #高野秀行 著『#謎のアジア納豆 そして帰ってきた〈日本納豆〉』、5月28日発売。 担当Aも毎朝納豆食べてます! ReplyRetweetFavorite
    • RT : 本の雑誌社WEBストアでは、池澤春菜さん、大山顕さん、高野秀行さん、宮田珠己さん、北原尚彦さん、清原なつのさん、沢野ひとしさん、平松洋子さん、荻原魚雷さん、都築響一さん、たくさんの著者の方のサイン本を販売しております。オリジナルグッズや本の… ReplyRetweetFavorite
  • 2020年5月
    « 3月    
     123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    25262728293031
PAGE TOP ↑