*

英雄の葬儀

公開日: : 最終更新日:2012/05/28 高野秀行の【非】日常模様


 先日、私がチェンマイに見舞いに行ったシャン人の長老セン・スック(別名クン・チャ・ヌー)が亡くなった。私が最後に彼の顔を見てから二日後のことだったという。
 セン・スックは、1935年、シャン人の著名な政治家クン・チャ・ブー(ビルマのアウン・サン将軍とパンロン条約を交わしたシャンの代表者の一人)の息子で、学生時代に仲間たちとシャン独立を目指し、武装闘争に突入。シャン州軍(Shan States Army)の創設に参加した。
1970年から75年まではシャン州軍のリーダーとして、ビルマ政府軍だけではなく
「麻薬王」クンサーの軍隊とも戦闘を繰り広げた。
「クンサーが最も嫌がった男」という評もある。
75年にゲリラ活動をやめ、チェンマイに下りて、「堅気」になったが、
シャンはもちろん、カチンやカレン、モン、パオ、ワなどビルマの各少数民族の武装勢力にも多大な影響力を持ちつづけた。タイの政治家にも太いパイプを持っていた。
そして、没するまで、「シャン州憲法制定委員会」の委員長を務めていた。
1993年、私はセン・スックに初めて出会い、それ以来、14年にわたって「師事」してきた。95年に私がワ州でケシ栽培ができるように取り計らったのも、2002年にカチン州を旅できるようにセッティングしてくれたのも、彼である。
特にワ州での長期滞在は今でもチェンマイの各ゲリラの間で「伝説」となっている。
あまりにワ州が閉鎖的で情報がないので、私の本のコピーを読んでみんな勉強しているくらいだ。
彼らの認識では、行った私がえらいのではなく、行かせたセン・スックがえらいのである。そして、それは100%正しい。
葬儀は17日、チェンマイのシャン寺院で執り行われた。
写真を見る限り、それは「英雄の国葬」とでも呼べるものだった。

市内を、シャンの「国旗」を先頭に練り歩く。

坊さんが多数参加。タイの警察がちゃんと警護している。

棺は「山車」の上に乗せられている。まるで神輿のよう。

息子3人は、いずれも即座に出家したらしい。タイでも格式の高い家では、親しい家族が亡くなると同じように出家することがある。出家の期間は決まってないが、だいたい3ヶ月くらいが多い。
セン・スックはとにかく、プライドの高い人だった。
ここまで立派な葬儀が執り行われ、満足していることだろう。

関連記事

no image

最近読んだ面白い本

ブログを書く時間がなかなかとれないので、お勧め本がたまってきた。 ここにまとめて公開しましょう。

記事を読む

no image

純文学とエンタメのあいだ

三崎亜紀『廃墟建築士』(集英社)を読む。 『となり町戦争』『バスジャック』を読んだときにも思ったが

記事を読む

no image

ワセダ復帰へ

前回、「野々村荘は人気物件で、空き部屋はまったくない」と書いたのに、 その翌日、大家のおばちゃんから

記事を読む

no image

ネアンデルタール人の冬眠性って…

 ケリー・テイラー=ルイス著『シャクルトンに消された男たち』(文藝春秋)の書評を書く。  前に書いた

記事を読む

no image

たぶん、みんなイライラしている

1月2日、八王子の実家に行くため京王線に乗っていた。 車内は高尾山や高幡不動へ行く初詣の客で混雑して

記事を読む

no image

タンデム三輪車「トライデム」

拙著『異国トーキョー物語』の最終章に「盲目のスーダン人留学生・マフディ」という男が出てくる。 本名は

記事を読む

no image

逃亡先としての「辺境」

知人に勧められて、乃南アサの『涙』(新潮文庫)を読んだ。 1964年、東京オリンピックの最中に殺人

記事を読む

no image

飲酒天国ブータン

妻がブータンより帰国した。 話によればブータン人はとにかく酒が好きらしい。 人口たった60万人(一説

記事を読む

no image

天国再訪

東京はたいへん暑いそうだが、チェンマイは依然として涼しい。 ふと、思い立ち、6,7年ぶりにチ

記事を読む

no image

豆腐学生

私が原稿を書いた古本愛好雑誌「彷書月刊」今月号で 内澤旬子さんのダンナで編集者・ライターの 南陀楼綾

記事を読む

Comment

  1. 太郎 より:

    AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 7.0; Windows NT 6.0; SLCC1; .NET CLR 2.0.50727; Media Center PC 5.0; .NET CLR 3.0.04506)
    たった今まで、竹田さんがクン・チャヌさんのことを話していたのに
    英雄が消えていくな〜
    合掌

  2. KOW(つ∀`) より:

    AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.1; SV1; .NET CLR 2.0.50727)
    まさに英雄だったのですね……合掌。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

no image
イベント&講演会、テレビ・ラジオ出演などのご依頼について

最近、イベントや講演会、文化講座あるいはテレビ・ラジオ出演などの依頼が

ソマリランドの歌姫、来日!

昨年11月に、なんとソマリランド人の女性歌手のCDが日本でリリ

『未来国家ブータン』文庫はちとちがいます

6月23日頃、『未来国家ブータン』が集英社文庫から発売される。

室町クレージージャーニー

昨夜、私が出演したTBS「クレイジージャーニー」では、ソマリ人の極

次のクレイジージャーニーはこの人だ!

世の中には、「すごくユニークで面白いんだけど、いったい何をしている

→もっと見る

    • たぶん、どっちかが死ぬ。 https://t.co/yZgTTAsMpC ReplyRetweetFavorite
    • さらに電話でこの友人に問いただすと、「俺にはコスプレとファッションのちがいがわからない」とか「ただの布に10万とか出すなんてどうかしてる」など、迷言の数々。内澤さん、もし続篇やるなら、この男をバーニーズに連れて行ってやってください。鴨田さんとの一騎打ちが見たい。 ReplyRetweetFavorite
    • 私の親しい友人が内澤旬子さんの『着せる女』の写真を見て、「beforeの何が悪いのかわからん」「afterは単にみんな、スーツの人になっただけに見える」などという恐るべき感想を述べていた。村西監督じゃないが「下には下がいる」。 ReplyRetweetFavorite
    • よかった、森の中に捨てられないで。 https://t.co/RHPN5DeTlF ReplyRetweetFavorite
    • 新型肺炎のニュースを見聞きしていると、病気に罹患してないのに気鬱、苛立ち、焦燥感といった各種症状におそわれる。そんなときは全卓樹著『銀河の片隅で科学夜話』(朝日出版社)が効くと気づいた。ひそやかな科学の好奇心が鎮静剤になる。造本も素晴らしい。 ReplyRetweetFavorite
    • 「パラサイト」もびっくり。半地下どころか墓場の地中深くに潜っていたのか、私は。 https://t.co/FspAO48snC ReplyRetweetFavorite
    • RT : 内澤旬子さんの新刊『着せる女』(本の雑誌社)読了。「職質もののファッション」を纏う男性陣に似合うスーツを選ぶ顛末。ビフォーアフターの写真つきです。笑いで免疫力増しましたわ。高野秀行さんの場合が、ビフォーもアフターも破壊的に凄い。 ReplyRetweetFavorite
  • 2020年2月
    « 3月    
     12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    242526272829  
PAGE TOP ↑