*

宣教師ニコライのファンになる

公開日: : 最終更新日:2012/05/28 高野秀行の【非】日常模様


今、「移民の宴」で在日ロシア人取材をやっているので、その資料として中村健之介『宣教師ニコライと明治日本』(岩波新書)を読んでみたら、
意外なほどに面白かった。
なにしろ、ロシア正教なんて、日本人の一般的知識に全く入ってこない。
だから、何を読んでも秘話ばかりだ。
例えば、ニコライが洗礼を施した最初の信者が坂本龍馬の従弟だったというのも一般には知られてない話だろう。(この前、NHKで坂本龍馬の子孫の番組をやっていたから、そこでは
語られていたかもしれない)
幕末、攘夷派で武芸の達人だった沢辺は、異国の僧侶ニコライに敵意を燃やし、
論戦を挑む。
その結果いかんでは「一刀両断」にしてやろうと思っていたら、
ニコライに「私たちの教義を知っているのか? 知らねば、教えてあげよう」と言われ、
勉強をはじめ、やがて「日本という国のために役立つ」と思って洗礼を受け、
のちには激しい情熱でもって布教を行った。
本書では「まるで日本版パウロの回心のよう」と書いているが、
勝海舟を斬りに行って逆に取り込まれてしまった従兄とそっくりの行動パターンと結果である。
沢辺は土佐藩士だったが、初期の信者の核をなしていたのは、主に奥羽列藩の旧士族だったという。
戊辰戦争の敗者は、「新しい国には新しい一つの神が必要」と思っていたが、
薩長藩閥政府を忌み嫌い、これを打倒する新たな神の国を作る志士を自認してもいたらしい。
明治維新になってから「志士」、しかもそれで「ロシア正教」というのが面白い。
なんというか、ロシア正教には、こういう歴史の皮肉じみたものが
ずっとつきまとう。
日露戦争のときは、ニコライは日本人信者に「皇軍のために祈りなさい」と教えつつ、
母国ロシアが連戦連敗する報を聞いて絶望にかられた。
ロシア正教は、「祖国愛」をひじょうに強く教えるので、こういう矛盾が生じるのである。
他の欧米人がロシア人を嫌う程度にも驚かされた。
日露戦争当時、イギリス人が発行していた英語紙「ジャパン・デイリー・メイル」では、
「(ロシアは)実に野蛮で実に卑劣な国であるから、地球の表面から拭き取って消してしまってもまだ仕打ちが足りないくらいだ」と書かれたという。
どれほど嫌われているのだろうか、いったい。
ニコライは祖国の無残な敗北と他のヨーロッパ人からの罵詈雑言に苦しんでいたが、
当のロシア帝国軍の数万に及ぶ捕虜は、日本でけっこういい生活を享受していた。
日本人にとても親切にされていたという。
その証拠に、戦争後、故郷に帰ったロシア軍人たちからニコライのところへ
「日本女性と結婚したいから紹介してくれ。寡婦でもいい」という手紙がたくさん来た。
ロシア人は基本的に能天気であることがわかる。
「将来どうなるかわからないのに、故郷を捨てるような優しい日本女性がどこにいるのだ」と、こっちこそ心優しきニコライ神父は嘆き、花嫁斡旋を断ったそうだ。
ニコライは、日本人を正しい道に導くためにやってきたのに、
仏教や神道を尊ぶ日本人が大好きという人だった。
西欧的な近代化に背を向け、古き良き日本を愛した人だった。
その矛盾ぷりと、でも本人の中には矛盾は一切なくぶれのない人生が魅力的で、
その真っ直ぐで飾らないところが最近取材している今のロシア人とひじょうによく重なる。
著者の簡潔な文体と相まって、私はすっかりニコライ・ファンになってしまったのだった。

関連記事

2015年読んだ本ベストテン<ノンフィクション>

今年はブログをほとんど書かなかった。 というか、最近はブログがあったことすら忘れていた。 とても

記事を読む

no image

ひそやかに『謎の独立国家ソマリランド』完成

2月18日発売の新刊『謎の独立国家ソマリランド そして海賊国家プントランドと戦国南部ソマリア』(本の

記事を読む

no image

思い出探しに来たわけじゃないけれど

現在、チェンマイに滞在中。 バンコクにいると、どうしても「これがタイだ」と思ってしまう

記事を読む

no image

え、「謎と真実」?!

学研「ムー」別冊の、こんなムックでインタビューを受けてます。 なんだか、とても懐かしい気持ちになれる

記事を読む

no image

バトルロイヤル、参戦!

先日「酒飲み書店員(中略)大賞」なるものに選ばれ、千葉と都内東部を席巻している(?)「ワセダ三畳青春

記事を読む

no image

今まだそこにいるんだけど…

ソマリランドの首都ハルゲイサもそろそろ一週間。 ソマリ人との付き合いは二週間。 さすがに最近は慣

記事を読む

no image

スカの時代

とある人からCDをもらった。 What's love?というスカ・バンドの「バイナラ」というアルバム

記事を読む

no image

酒浸りなのかと言われても…

私の数ある悩みの一つは、初対面の人に「これが私の書いた本です」とさっと渡せるような本が一冊もないこと

記事を読む

no image

フロスト警部中毒者に告ぐ

「売れている本はわざわざ紹介しない」というのが私のポリシーなのだが、 全く不本意なことに、ススキノ探

記事を読む

no image

ディアスポラ

エンタメ・ノンフ作家は彷徨うことが宿命づけられている。 本人もそうだが、著書はもっと。 書店に棚がな

記事を読む

Comment

  1. コシチェイ より:

    AGENT: DoCoMo/2.0 N05A(c100;TB;W24H16)
    お久しぶり!寒いですね!誰かが「ロシアは西洋でもなく東洋でもない。いわば中洋だ。」みたいな事を言っていました。スラブ民族はヨーロッパ人とどこか違うんでしょうね。「雪男捕獲騒ぎ」とか平気で無茶苦茶な真似しますし…

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

no image
イベント&講演会、テレビ・ラジオ出演などのご依頼について

最近、イベントや講演会、文化講座あるいはテレビ・ラジオ出演などの依頼が

ソマリランドの歌姫、来日!

昨年11月に、なんとソマリランド人の女性歌手のCDが日本でリリ

『未来国家ブータン』文庫はちとちがいます

6月23日頃、『未来国家ブータン』が集英社文庫から発売される。

室町クレージージャーニー

昨夜、私が出演したTBS「クレイジージャーニー」では、ソマリ人の極

次のクレイジージャーニーはこの人だ!

世の中には、「すごくユニークで面白いんだけど、いったい何をしている

→もっと見る

  • 2021年1月
    « 3月    
     123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    25262728293031
PAGE TOP ↑